ジェガン単語

ジェガン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ジェガンとは、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアなど、宇宙世紀ガンダムシリーズに登場するモビルスーツMS)である。
形式番号RGM-89

スタークジェガン

概要

逆シャア以降におけるジム役のMS。設計開発・製造はアナハイムエレクトロニクス社(以下AE)。

それまで連邦系の量産機であったGMジム)系列と、連邦に合流したエゥーゴ量産機ネモ系列の長所をミックスして開発された。(その為一部GMファンからはGMに分類されない事がある)またカラーリングはそれまでのジム系とは異なり系である。

それまで連邦軍は「GMは外注しないで自分とこで生産するんだい」とこだわっていた上に、GM装してGMにして、そのGMをさらに装してジムⅢに、と言う、非常にぐましいケチな予算のやりくりをしていた(パーツ交換・装で済ませた機体と、新設計で生産した機体が混ざっているという設定)。
一応それまでのAE製の連邦量産機としては、ティターンズに供与されたマラサイ等があったが、ジェガンはジム系の量産機としては初めて近代修から脱却し、全新規に設計された上で連邦に供給された機体となったのである。

このジェガンがロールアウトした宇宙世紀0089という年代は、一年戦争から丁度10年の歳が流れた時代、即ちGMそのものの歴史でもあった。故にMS開発のノウハウもまた豊富な年代であったとも言える。様々な機体の運用データを結集して作られたジェガンはオーソドックスかつ信頼性の高い傑作機となった。

こうした事に加え、第二次ネオジオン抗争後の軍縮などの動きもあり、採用から30年以上経った「機動戦士ガンダムF91」の宇宙世紀0123においても近代が現役である(GM系列がと現役だった頃すら10年)など、宇宙世紀の中でも記録的な長寿MSである。

基本設計が優秀であるため、重装のスタークジェガンや偵察用のSTガンなど様々なバリエーションが存在する。またジェガンを再設計し発展させた上位機種として特殊部隊用のジェスタ、治安部隊用のグスタフ・カール、更に第2期MS(小MS)用にスケールダウンしたヘビーガンが存在する。

性能

武装はオーソドックスにビームライフルビームサーベル、頭部バルカンの他、シールド内蔵式のミサイルハンドグレネード等を装備している。ビームライフル身が短めで取り回しが良い。これは基本的に小隊(2~3機単位)での戦闘が前提であり、大火力や大の装備によるフレンドリーファイアを避ける思想がある(後の生機では長身のビームライフルを用いたり、特殊な装備で固めた機体も存在する)

機体の基本設計はGM同様ガンダムMk-IIを参考にしたもの。頭部バルカンガンダムMk-II同様バルカンポッド方式になっている。
装甲は高級なガンダリウム系ではなく量産機の定番「チタンセラミック複合材」だが、技術が発展した為一年戦争のガンダリウムα(=ルナチタニウムファーストガンダム)並かそれ以上に"材質としては"堅であるとされる。実際は機体を軽量化したせいで「装甲が貧弱」と摘される事もあったとか。
機体の軽量化に加え、ガンダムMk-II由来の技術であるバックパックのスラスター、バーニア等のおかげで量産機としては非常に運動性が高い。

頭部メインカメラGM系のバイザー式だが、ツリ目のような独特なひし形デザインで、部に集合センサーとしてガンダムと同じいオプチカルシーカー(口っぽい出っり)が付いている等、結構なイケメンである。また上記の画像を見てもらえば解るが、バイザーの下にあるメインカメラGM系統のツインアイではなく、モノアイ式である。これはAE社がジオンのグラナダ工を始めとしたジオン企業を吸収していたため、ノウハウが豊富かつ低コストで製造できるモノアイ方式を採用したためと思われる。

操縦系も一新され、それまでの連邦MSの操縦桿が上から握りこむレバー方式だったのに対し、ジェガンのコクピットでは「アームレイカー」方式の"をはめる"タイプの操縦桿を採用。運用性の更なる向上・多機化を図った。しかし戦闘中衝撃で手が離れやすいなど現場からの不満もあったようで、宇宙世紀0096以降におけるジェガン(D)はスティック式のシンプルな操縦桿に再び戻っている。

活躍

宇宙世紀での活躍

宇宙世紀0093が舞台機動戦士ガンダム 逆襲のシャア劇中では、優先的にロンド・ベル隊に配置され、ケーラ・スゥが搭乗しネオジオン軍ギラ・ドーガしい戦闘を繰り広げた。ハサウェイ・ノア搭乗時は、断発進してクェスを救出しようとするもあえなく失敗。その内、αアジールを撃墜した味方であるはずのリ・ガズィビームライフルで撃墜し、ハサウェイチェーン・アギを殺してしまうが、連邦軍はそれに気付いていない。

終盤、複数のジェガンとジムIIIアムロνガンダムや、ネオジオンギラ・ドーガなどとともにアクシズに取り付き、共にアクシズMSで押すという行動に出るも、自身とシャア以外の犠牲を嫌ったアムロνガンダムが発生させたサイコフレームの共振で発生したによりアクシズから弾き飛ばされた。ハサウェイの搭乗機は戦闘終了後に連邦軍へ収容された(その内、ハサウェイはクェスの死とチェーンの殺によるショックで立ち直れない状態となっていた〔漫画機動戦士ガンダムUC に乗れなかった男」のブライト・ノア回想シーンにて〕)。

また、小説版の機動戦士ガンダム外伝」おいては、主人公ユウ・カジマ(当時大佐)が搭乗してアクシズ阻止に参加しており、逆襲のシャア劇中でギラ・ドーガに手を差し伸べたジェガンに搭乗していたという描写がされている。後のコミック作品ではギラ・ドーガに手を差し伸べる場面はカットされているが、ユウがジェガンに搭乗して戦闘し、アクシズに取り付く場面が描かれている。

その後、機動戦士ガンダムF90機動戦士ガンダムF91舞台である宇宙世紀120年以降も現役だった。この頃も何とか近代修でやり繰りしてきたようだったが、この頃既に30年以上稼働し続けていた旧式の機体であった為、クロスボーンバンガードの次世代MS(第2期/小MS)が登場すると全くが立たなかった。

近年ではジェガンの全盛期といえる時代を描いた機動戦士ガンダムUCではロンド・ベル並びに連邦軍の中核として運用されており、一部の機体には特殊装備などの採用で戦闘力が向上している等、ジェガンの活躍をにする場面が増加している。

宇宙世紀外での活躍

2013年から放送されたガンダムビルドファイターズでは11月25日放送の第8話にて登場、少女アイラの操縦によってなんと地上波デビューにしてデビルガンダムを倒す大金星

これにはジェガンファンも大歓喜。ガンプラなのでDG三大理論はないだろうがそれでも鮮視聴者の度肝を抜いたのであった。

各系列機

生産されて実に数十年という長いスパンがあるため、多数のバリエーションがある。本項では映像作品に登場した機体を中心に時系列順に紹介する。

RGM-89
初登場のジェガン。後述の生機登場後はA型とも。上記にもある通り宇宙世紀0093当時はロールアウトから3年ほど経過しているものの第一次ネオジオン抗争以降戦乱がかった為事実上の最新鋭機であり、ロンド・ベル隊以外にはまだど配備されていなかった。要な搭乗者としてケーラ・スゥハサウェイ・ノア、その他ロンド・ベル兵。
また劇中では搭乗してないが、アムロ・レイリ・ガズィ受領前のコロニー調の際は同機に搭乗していたとされる。
RGM-89B
漫画ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム」に登場。ジェガン
巡洋艦ラハスに配備されていた機体で百式の技術を流用して再設計された機体。ジェネレータ出が高く装甲材にガンダリウム合が用いられるなど強化されている部分もあるが、全周囲モニターリニアシートを搭載していないなど当時のモビルスーツとしては特異な部分も見られ、ジェガンのフレームを転用した別機体とえる。
RGM-89D
機動戦士ガンダムUC」ep1より登場。便宜上「Dジェガン」とも。
基本的スペックにはほとんど変化はいが、後述のスタークジェガンに換装するための各部装甲の変更、操縦系統が「アームレイカー」からスティック式への移行、FCS周りの相違など、実質的なマイナーチェンジ機と言える。またリゼルビームライフル等の他機種の装備も使用している。
RGM-89S スタークジェガン
冒頭の画像がこの機体。Dジェガンに増加装甲・追加装備を施した特務仕様
強化や追加装備の扱いに熟練を要するため、小隊長やエースパイロット向けに優先配備されている。『ガンダムUC』ep1の対クシャトリヤ戦は
RGM-89S プロト・スタークジェガン
ガンダムUC」ep3にて登場。名前の通り、上記のスタークジェガンのプロトタイプであり、運用試験機。ガンダムUC以前の初出媒体「CCAMSV」で設定された機体で元デザイン明貴美加。初期ジェガンがベースになっていて上記スタークと較して明るいカラーリングと大対艦ミサイルが特徴。火器管制が複雑なため副座式。
RGM-89De
ガンダムUC」ep3にて登場。連邦特殊作戦群エコーズ」専用に配備されているDジェガン。Dジェガンをベースに装甲の追加やセンサー系統の強化がされている。マッドブラウンスタイル系統のジェガンシリーズとしては異色の姿で特殊部隊然としている。
RGM-96X ジェスタ
ガンダムUC」ep4より登場。ジェガンの上位機種であり、「UC計画」におけるユニコーンガンダムの護衛・直掩機として開発された。
細身のジェガンと較して全身に装甲が施されたマッシブな体米軍コマンド兵士を彷彿とさせる。評価試験のためロンド・ベル隊旗艦ラー・カイラムに12機配備され、うち3機のパイロット ナイジェル・ギャレット、ダリルマッギネス、ワッツ・ステップニーが優秀で「トライスター(三連)」と称される。続編の「NT」(ナラティブ)にも『不死鳥狩り』ことユニコーンガンダム3号機フェネクスの捕獲作戦特殊部隊シェザール隊仕様として6機が登場。様々なオプションを装備している。
RGM-96X ジェスタ・キャノン
ジェスタの火力強化仕様。追加されたキャノンユニットと増加装甲でより重厚になっている。
RGM-89DEW EWACジェガン
ガンダムUC」ep6より登場。換装により様々な運用が可なジェガンDを偵察に特化させセンサーを向上した機体。センサーユニットを搭載した巨大な頭部が特徴。
RGM-89A2
ガンダムUC」ep6より登場。連邦宇宙戦艦ゼネラル・レビルに配備されている。初期ジェガンをベースに推強化や装備の更新を行っており後述のRベースになっていると思われる。
RGM-89D-ESC
ガンダムNT」で登場。Dベースに増加装甲を装着、非誘導やビーム兵器を排した要人警護用の装備を選択している。
FD-03 グスタフ・カール
ガンダムUC」ep7及び「NT」、「閃光のハサウェイ」に登場。ジェスタとは別ラインアナハイム社が開発した汎用量産型MSで、ジェガンの再設計機。
元々は小説版「閃光のハサウェイ」に登場した機体で、マフティー動乱でのキルケー部隊が運用している。小説版のデザインではV字アンテナのついたスリムなジェガンといった容姿だったが、「SDガンダムGジェネレーションF」にて重MSのようなデザインになり、「UC」「NT」及びアニメ版「閃光のハサウェイ」でもこちらを採用している。
RGM-89(バーナム所属機)
機動戦士ガンダムTwilight AXIS」に登場。劇中組織「バーナムの」が運用するジェガンで、上記のジェガン群が戦後管理が杜撰になったのを裏取引で入手したバーナムの上位組織が修復・修した機体。機体色が薄いを基調にしており、更にゴーグルに追加された特殊センサーが特徴的。武装も大ビームを発振出来るマシンガン装備のランサーを装備。
STガン
コミック版「機動戦士ガンダムF90」に登場。ジェガンのEWCS機であり、上記のEWACジェガンの発展と思われる(登場はこちらがいが)ガンダムF90の性テストモニタリングを担当していたが、F90二号機の強奪により、急遽戦闘配備される。
RGM-89J
機動戦士ガンダムF91」に登場。D較して出・推共に強化されているが、既に時代遅れになっており、劇中ではクロスボーンバンガードの小MSに全くが立たなくなっている。
なお、「F91」の1年前であるSFCフォーミュラー戦記0122」では、ベルフ・スクレットの最初の搭乗機として活躍していたが、ジオン残党組織オールズモビルとの戦闘で損傷してしまっている。
RGM-89R
ガンダムF91」に登場。コロニー内戦闘眼にした近接戦闘体の高機動。前述のA2ジェガンのアップグレード版と思われ推は同時代のMSでもトップクラスであるが、やはり小MSには分が悪く良い扱いではない。
RGM-89M
ガンダムF91」に登場。Jミサイルランチャービームサーベルを追加したスタークジェガンの思想を引き継いだ機体。
RGM-109 ヘビーガン
ガンダムF91」に登場するジェガンの後継機。ジェガンをほぼそのままスケールダウンした機体で、シールドミサイルされたのと頭部バルカンが再び内臓2門式になった以外ほぼジェガンと同じ設計である。
詳しくは当該項目を参照。
ジェガンブラストマスター
ガンダムビルドダイバーズ」に登場するHGUCジェガンの改造ガンプラ制作者はヒダカ・ユキオ(ユッキー)。
ジェガンの名は冠しているものの、その装備はZZガンダムハイメガキャノンストライクフリーダムカリドゥス複相ビームガンダムAGE-3シグマシスキャノン、極めつけはガンダムダブルエックスツインサテライトキャノンという火力の塊である。それ故にコントロールが極めて難しい。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェガン

376 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 00:28:37 ID: +2F7Jw/Ua6
>>367
私は趣味でも仕事でも写真を撮るので、その安定感はわかる。
ここ一番!の撮で使うカメラは、断然、
ハイスペックだけど使い慣れてない新機」より、
ロースペックだけど使い慣れた機(旧)」。

「咄嗟の一」が明暗を分けたりするので、操作や設定を「が覚えてる」のは、とても重要。
安心して被写体に集中できるし、特に仕事は、「奇跡の一枚」狙いより「撮るべきを着実に撮る」ことが大事。

パイロット文字通り命をかけるわけだし、ベテランほど「人馬一体」感を大切にしてそう。
377 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 00:31:44 ID: ONpzvc6ibk
く慣れられるのがエースという人種
そうでないのはベテラン止まりってことでもあるな
378 ななしのよっしん
2020/04/23(木) 19:04:53 ID: Kfps/s/SJz
ネモが先祖って最近知った。
379 ななしのよっしん
2020/06/07(日) 21:55:27 ID: 2OOK7UkrfS
ジェスタはここに統合されてたのか
380 ななしのよっしん
2020/06/12(金) 20:24:18 ID: MTVmN8ZRSo
初期ジェガンセンサー以外はマラサイ以下の性だという現実を見るとグリプス戦役MSてヤバイのばっかりだったんじゃ…
381 ななしのよっしん
2020/06/17(水) 15:31:43 ID: 7ESa9273MA
ジェガンモノアイではあるが、ジオン系の可動式モノアイではなく、固定式で顔の上部一帯を占める巨大なモノアイという連邦系ツインアイも受けた技術統合の徴なのはあまり知られていない
382 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 18:08:08 ID: RcVxu0ZU/q
>>380
なんかマラサイの記事でも似たような事言ってる人いたが、調べたけどマラサイが数値的に上回ってるのは推くらいだったぞ。
センサー有効半径もだが出ジェガンのが上で、全備重量もジェガンのが軽いわ。
あとマラサイが上回ってそうなのは装甲材質がガンダリウム合だからジェガンよりは頑丈かもしれんくらいか?ただしビームの前だとあまり差異はないかもな。
383 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 19:01:18 ID: FOaoPhjCpn
>>382
実際問題、ガンダリウム合のキモは高剛性によるムーバブルフレームの強性の担保がメインで装甲材としては二の次のようだね。つまり多少乱暴扱ってもマラサイは壊れないけどジェガン不良が起こる・・・そこからマラサイジェガンイメージしたかもしれない
384 ななしのよっしん
2020/07/15(水) 07:12:12 ID: MfNbVPQ/Sa
量産機に使われているガンダリウムの品質はどの程度だったのだろうか? アムロリックディアス右手ハイザックマシンガンに撃ち抜かれたり、ネモがジュアッグにコックピットを潰されたシーンを見る限り、量産機に使われたガンダリウムの品質はジェガンチタンとそれほど差はいのでは?
385 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 19:23:04 ID: 7ESa9273MA
>>384
一応、ガンダリウムγの技術のフィードバックチタンセラミック複合材もガンダリウムβ並の硬度を得たって設定はある

あとネモvsジュアッグは本体重量では4倍強、全備重量でも3倍強の差があるので、軽い方の利点が活きない足を止めたチャンバラなら重さで押し負けても理はない
ZZ並みかよってレベルビームコートは意味分からんけど

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

パイセン 西部警察 Fortnite 森下暢仁 となりのトトロ 横浜優勝 ABCスープ 松竹梅

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生