真珠湾攻撃

1 ななしのよっしん
2014/03/14(金) 14:13:19 ID: Hj00xBcY8K
初版作成。トラトラトラの隣にパールハーバー並べようと思ったけどニコニコ市場にはいのな
2 ななしのよっしん
2014/04/06(日) 00:30:58 ID: KnRjnL2wE3
記事作成乙

>>1
あれは戦争映画の皮を被った恋愛映画(もしくは壮大なギャグ映画)なんでくても問題いんじゃね?

それにしても「ニイタカヤマノボレ 1208」という暗号電文は本当に作戦を秘匿する気があったのかとツッコみたくなる。
3 ななしのよっしん
2014/05/05(月) 00:40:08 ID: +VNsrICMF3
ここに至るまでの話をみてるとやっぱり
日本は外交がからっきしだなあと思うわけですハイ
4 ななしのよっしん
2014/05/05(月) 00:54:12 ID: 2GEl1LkEOR
出来て結構立つんだな
埋もれてたのか・・・
5 ななしのよっしん
2014/05/05(月) 01:01:35 ID: Kp8GhCF8mf
外交っつーのは内がしっかりしてて初めて駆け引きが出来るわけですよ
最大級の官僚組織かつ最有政治組織が政府の意向を視して動き回る状態で、
政府がまともな外交などやれるわけがない
結局「国家」として日本はかなり以前から破綻しており、1941年12月8日はその破綻が物理的にに見える形で現れたにすぎないのであります
6 ななしのよっしん
2014/06/13(金) 11:32:55 ID: GTJh/gMOky
例の「渡すのが遅れた最後通牒」も、裏で軍と外務省が口裏合わせてわざと遅れさせた、当時の駐大使たちが処罰されてないのはそれゆえだ、ってうちの大学教授が授業で言ってたけど、本当はどうなんだろう・・・。
7 ななしのよっしん
2014/06/13(金) 11:42:28 ID: sCObEyfRB8
開戦に至るまでの流れは開された公文書やらを突き合わせるとリアルに各種のスパイシンパが暗躍してたらしいから陰謀論の巣窟だからなぁ。
今となってはそういう工作活動や各閥の思いの錯綜なんかがすべて最悪な方向に噛み合って日開戦に至ったってことしか分からない
8 ななしのよっしん
2014/06/17(火) 21:34:47 ID: +TlH0nCsa8
>>6
当時の職員の醜態と怠慢を見ると、そういいたくなるのは分かる。2閥の私的な送別夕食会とか突っ込みどころありすぎだもんな。ただ野村大使に対する非友好的・非協的態度を見るとむしろ口裏合わせられかったからあんなことになったんじゃないかと思う。

でも現状の資料だと現地の職員の責任だよ、「何時にても側に手交し得る様」「万端の手配」という本があったし902号電も間に合う範囲で届いてたんだから、それが外務省アリバイ作りという新情報でも出てこない限り。まあそんな人員を送り込んだ外務省責任も大だけどな。
当時の職員もだんまりとごまかしで平成6年までこの事実にならなかったというひどいオチ外務省の見解の「申し開きの余地はないものと考えている」これがすべてだと思うよ。
9 ななしのよっしん
2014/06/25(水) 21:25:17 ID: GTJh/gMOky
↑おお、回答ありがとうございます

しかし、いっそ教授の皮通りだったら、まだ救いがあるというか、
納得できるというか・・・。

現実はやっぱりただの不手際でしたとか、
それでアメさんに末代まで騙し討ち扱いされるとか、
ため息しか出ない・・・。
10 ななしのよっしん
2014/06/28(土) 21:13:36 ID: eiRJg2zO9w
戦艦沈したのはここだけなんだよな。
11 ななしのよっしん
2014/07/04(金) 03:49:24 ID: DlwqizHdaD
たとえ外交文書が間に合ってても背信呼ばわりされるよ。ルーズベルトの演説見れば明らか
「最後通牒の体裁を成してない」とか、「対話の最中に計画的に攻撃してきた」とかけちょんけちょんですがな。
12 ななしのよっしん
2014/07/05(土) 19:34:52 ID: +TlH0nCsa8
>>11
そりゃそうでしょ、ぶっちゃけ間に合おうが結局戦争には何の影もない、これから戦争する相手に対して戦意高揚のために相手をけなすのは当たり前だしナチスと同盟してる時点でアメリカにとってみれば重大な敵とみなされてたんだから。
間に合ったら戦後そのことについて文句を言われなくなったんだから間に合ってた方がいいに決まってるけど。
13 ななしのよっしん
2014/07/06(日) 22:32:15 ID: +VNsrICMF3
まあ宣戦布告うんぬんはおまけみたいなもんでしょ。
とにかく先に相手にパンチを打たせて「々は敵の卑怯な攻撃に断固として抗議し立ち向かう」
って言えばいいだけ
14 ななしのよっしん
2014/07/09(水) 22:40:39 ID: TJKggd/3he
ハルノートを受け入れていればよかったのに。
15 ななしのよっしん
2014/07/09(水) 23:02:39 ID: mXdbW7oD4U
それができる日本ならそもそも対対立していない。
右手が勝手に動き出して他人を殴る病気にかかってる人に
「今から人を殴るな」って要してる構図なのよ

病気だから仕方ないんだ受け入れろ」って喚いてたのが当時の日本だから
そりゃ交渉なんて成立するはずもない
16 ななしのよっしん
2014/07/13(日) 08:46:56 ID: u6kafpfnwr
たぶん、真珠湾攻撃が戦中戦後の外交・軍事に与えた影ドイツポーランド侵攻をはるか
上回ってる。匹敵するのは第一次世界大戦の失敗外交→シュリーフェンプラン発動くらいだろう。
17 ななしのよっしん
2014/07/13(日) 18:53:04 ID: eiRJg2zO9w
ブラウザゲーでは未だにってないよな
18 ななしのよっしん
2014/07/14(月) 01:00:10 ID: +TlH0nCsa8
軍事的にはともかく外交的にはそこまでじゃないんじゃないか、世界史に与えた影は高くないと思うけどね。
19 ななしのよっしん
2014/07/14(月) 21:45:46 ID: eiRJg2zO9w
航空を認めたのが奇襲された側の方っていうね…
奇襲した方は、あくまで戦艦サポート扱い…
20 ななしのよっしん
2014/09/12(金) 01:32:07 ID: XteuaqWx7T
>>18
アメリカがモンロー義を捨てたどころか、資本主義世界トップとしてやられる前にやれ思考でガンガン介入するようになったきっかけの様な気も
21 ななしのよっしん
2014/09/12(金) 07:17:03 ID: +TlH0nCsa8
そんな事もないだろう。戦前世論調査で7割がナチスは打倒されるべきと考えていたことを考えればナチスソ連どちらかが台頭して脅威と感じて西欧の影が低下していけば徐々に内外の要因で資本主義社会の盟にならざるを得ない。まあ同調ではアメリカ自身が戦争によって打倒するのには7割反対していたから代理戦略が盛んになってたかもしれないけど。
22 ななしのよっしん
2014/09/12(金) 22:06:38 ID: eiRJg2zO9w
チャーチル「よし、これで勝った」
23 ななしのよっしん
2014/10/02(木) 00:57:10 ID: J7YAy4WSQR
>>17
そりゃ…もう終わってる作戦だからな…
そもそもシュミレーションフライトシューティングとかならまだしもあのゲームシステム世界観的にほぼ抵抗の敵に圧勝した戦いを再現しても面味に欠けるというかボーナスステージにしかならないからな…
24 NPC
2014/10/05(日) 19:22:48 ID: qDOZULoQpY
>11~13

確かに宣戦布告々は、あまり意味がいだろうね。
アメリカ視点から見ると、日交渉が続いてる時点で、日本は艦隊をハワイに向けて動かしてるんだから、宣戦布告事務手続き以前の段階で、騙し討なのは変わらない。
25 ななしのよっしん
2014/10/22(水) 19:50:54 ID: zfUxQelxV6
実はハルノートが来なくても真珠湾攻撃は実行していたんだよね。筑波山晴れるのは日本側が要した文章が来た場合のみ。というわけでハルクソジジィばかり責めるのはやめよう。そもそもハルノートの内容考えたのハルじゃないし。
26 ななしのよっしん
2014/10/30(木) 22:26:06 ID: RClSgOJfmP
先に撃ったのは米軍駆逐艦ワードなんですけどね
後に特攻で撃沈されたけど
27 ななしのよっしん
2014/10/30(木) 22:33:10 ID: mXdbW7oD4U
まさかとは思うが>>25の反論のつもりだとしたら惨めすぎるぞ
28 ななしのよっしん
2014/10/31(金) 02:35:46 ID: +TlH0nCsa8
好意的に解釈してただ事実を言いたかっただけということにしておいてやろう。ここから発展すると日本が悪いになるだけの事実だし。
29 ななしのよっしん
2014/10/31(金) 18:42:08 ID: E6H1qbNIE5
未だに騙し討ちがうんぬんほざいてるがいるのか(呆れ)
あんなの自民の戦意高揚の為の口実でしかない事くらい分かるだろうに
30 ななしのよっしん
2014/11/14(金) 18:06:05 ID: zfUxQelxV6
まぁ何を言おうと結果的に騙し討ちの形になったのだからアメリカとしては利用しない手はない
サーセンw布告遅れましたww
「おうそうかwしゃーねーなww
とはならんわなぁ…