ふぁみこんむかし話 遊遊記単語

ファミコンムカシバナシユウユウキ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ふぁみこんむかし話 遊遊記(-ばなし ゆうゆうき)とは、1989年任天堂ファミコンディスクシステムで出したアドベンチャーゲーム。「ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島」のシリーズ続編でもある。

動画タグでも使用される略称は「遊遊記」(動画タグexit_nicovideo)。

概要

ふぁみこんむかし話シリーズ2作である。前作「新・鬼ヶ島」同様に前編(1989年10月14日)・後編(1989年11月14日)に分けて発売された。書き換え開始日は同年の10月30日(前編)、12月1日(後編)である。

前作「新・鬼ヶ島」と同じく昔話をモチーフにした作品。前作は日本のいろんな昔話をごちゃ混ぜにした世界観だったが、今作では西遊記モチーフにしている。

システムもほぼ共通だが、より洗練・発展を遂げており、例えば「ひとかえる」(要はザッピングシステム)機で操作するのは前作「新・鬼ヶ島」では男の子女の子の2人だけだったが、今作では場面場面により「ひとかえる」人数の変化はあるものの、合計6人を入れ替えられるようになっている。
こうしたシステムの発展について、スタッフ橋下友茂(メインプログラム)は「圧倒的にフラグ処理が複雑になりました」と述べている。
また、掛け軸のアニメーション良が施され、前作より切り替え時間が短縮されている(今作に慣れると前作がとろく思える)。

音楽も一新されており、今作では岡素世が担当。前作とはテイストが異なったBGMの評価も高い。
一部の効果音や楽曲は前作の同様か、または微妙アレンジが加わっている。 

前作の「新・鬼ヶ島」が他機種への数度の移植・配信やSFCでの新作開発などが行われているのとは打って変わって、今作「遊遊記」は他機種への移植作や再供給などが皆無であり、ある意味では幻の作品となっている。ふぁみこんむかし話シリーズ2作でありながら、ほとんど忘れられた存在であることについて不遇な作品であると感じる人もいる。

ちなみに、本作はテレビCMが放映された最後のディスクシステムソフトである。
テレビCMの内容は「ツアー」と題しサングラスをかけた三蔵たち(同シリーズ金太郎キャラを彷彿とさせる)が飛行機世界各地を巡る手な実写映像で、最後に「お釈迦様には内緒だよ」という歌詞で締めくくられた。

移植や配信などが皆無なため不遇な作品とされているが、今作の評価自体は申し分なく、その拠に次回作の開発が行われることとなり、これがのちの「タイムツイスト」となるのである。

ファンの間からも、今作を出し惜しみする任天堂の姿勢には疑問視のもあるが、その相は神のみぞ知る。
なお、当の任天堂は後年のソフトに同作の登場キャラ及びBGMをこっそり仕込んだりするなどしており、こうしたことにファンは期待を抱きつつ、一方で移植などが全く出てこない状況にヤキモキさせられている。おのれ、黒い任天堂め。 

移植

  • すこしの
     しんぼうじゃ

ストーリー

前作が日本の昔話(おとぎ話)のごちゃ混ぜであったのとは異なり、「西遊記」をベースに展開されている。

登場人物

女の子名前プレイヤーが決める)
主人公その1。チャイナを身につけたおさげ女の子(関連書籍のイラストでは、ぱっつん三つ編み)。
にでも優しく、けなげで一途な心の持ち恋愛小説が好きで、甘い恋愛を夢見ている。特技はピアノ
幼い頃に両親が他界したため一人暮らし。物語序盤で男の子(ごくう)を保護し、家族として生活する。
釈迦様から「ひかりこづち」を手渡され、さらに男の子の捻くれた性格を直す必要があることを聞かされ、一人旅に出ることになる。
男の子と船の上で再開するも、離ればなれになり、牛魔王に囚われてしまう良くも悪くもヒロインらしいヒロイン
シリーズにおいてしく、昔話からの出展ではないオリジナルキャラクター主人公である。
ほぼ公式名前として「ちゃお」がある。(関連書籍の表記ではカタカナの「チャオ」としてる場合もある)
星のカービィ2」「星のカービィ3」にて、ちゃっかりと全クリアに重要な役として登場。
男の子名前プレイヤーが決める)
主人公その2。暴れん坊で捻くれ者の猿。かつて牛魔王とともに侵略を企てたが失敗に終わる。
釈迦様により隕石に閉じ込められ「この世の果て」に追放されたが、前述の女の子と出会う。
その後は、三蔵らとのを通じ、優しさと素直な心の大切さを学びながら成長していく。
ほぼ公式名前として「ごくう」がある(ほぼ、悟空を前提としているが)。
星のカービィ3」にて、前述の女の子とともに登場。
さんぞう(三蔵)
スクーターに乗った長安の僧侶。登場時は「ぱあらだいすう」を連するものの、のちにただのスケベキャラに。
とぼけた性格の生臭坊主。「一生楽して暮らす法」のお経をす。
釈迦様から命男の子に「きんこじゅ」をつけ、輪を締める「ぼんさんがへをこいた」という変な呪文を唱える。
ファミコン文庫 はじまりの森」に登場する主人公おじいちゃん和尚と同様に、どうやらモデルは同一人物らしい。 
はっかい(八
妖怪。姿を変える「術」。遠くを見通す「千里眼」の特技の持ち関西弁で話す。
貪欲でがない性格で、有利な立場に寝返ったりする面もある。
ある村を支配し悪事を働いていたが、男の子に懲らしめられ、心した。
…かに見えたが、「一生楽して暮らす法」のお経を手に入れようとの論見を持って仲間に加わっており、全然心していなかった。
ごじょう(沙悟浄)
河童。人の心を読む特技の持ち。普段はで争いを好まない温和な性格。田舎なまりのある話し方をする。
女性だらけの「おんな村」で銭湯の番頭をしていたが、女嫌いだったため村での生活に嫌気が差し、仲間に加わる。人生に対して諦観めいたものの見方を抱いており、自分の本当の居場所をめている。
りゅうきち(玉に相当)
感情を持つスクーター
元は三蔵が飼っていただったが、いたずらの罰でお釈迦様によりスクーターの姿にされている。
物語の中で、船のチケット入手のために泣く泣く売ることになる。鳴きは「ぶおんぶおん」。 
いったいさん(一休さん)
物語のあちこちで出てくるおじいさん。前作とは違い物語の進行役にしている。
いったいさんコマンドといった、補助機としてでも登場している。 
くもじじい
氷山に住む仙人。筋斗の持ちキツネを飼っている。ご老体のくせに人が行方不明で悩んでいる。
某番組の「くもじいじゃ」とはまったく関係がない。 
ぎゅうまおう(牛魔王
妖怪。冷酷な今作のラスボス男の子とともに侵略を試みるが失敗し追放された。
その後、男の子よりも一足先に地上へ戻り、妖怪たちを率いて地上世界の征を開始する。 
おしゃかさま釈迦如来)
界の統治者。皆を正しい方向へ導き牛魔王を退治させるため、たびたびお告げを与える。
さり気なくネタバレするが、最終章では6人の「ひとかえる」ことになろうとは…。好きよお釈迦様。 
らせつじょ(羅刹女)
牛魔王の妻。美人と称えられているが、実際は大きな顔に手足がそのまま付いた体形。
想像を絶するほど、ひどいぶすです。芭蕉扇を操る。
その正体とは…。
きんかく・ぎんかく(閣・閣)
どうみてもクリボーです。本当にありがとうございました。 
うがいじ(孩児)
牛魔王羅刹女の息子。生意気な性格で強い口をくが、ケンカはからっきしである。
泣きで甘えん坊のわがままなクソガキカラオケの十八番は「ねこふんじゃった」。
え?羅刹女の息子と言うことは…。おっと嫌な意味でのネタバレにもなるからこれ以上書かないでおこう。 

関連ピコカキコ(実はもうあった)

3320
(場合切替時 SE 通常)

3321
(場合切替時 SE なんらかのリアクションがあった時)

関連動画

関連商品


関連作品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2018/12/11(火) 23:54:34 ID: 5C1exSfCIp

    スマブラSP音楽スピリットが登場
    カービィ3以降20年越しのキャラ再登場が実現するとは

  • 8ななしのよっしん

    2020/09/24(木) 11:40:26 ID: 6menO1RDAS

    配信されない理由だけど、ひょっとしたら三蔵や牛魔王に逆らった人々が
    ぱっぱらぱーにされちゃったって描写がひっかかってるのかも。
    後者は外で一心不乱に踊ってるだけだけど、
    前者の場合は事故に巻き込まれてくるってしまったってのが明確に描写されてるからなあ。
    初めてそのシーン見たときちょっと怖かったな。

  • 9ななしのよっしん

    2020/10/10(土) 10:19:31 ID: Q3KwMTZWQV

    鬼ヶ島も好きだけど、どっちかといえば遊遊記の方が好きだな。
    鬼ヶ島キャラクターの掘り下げも特になく淡々と鬼ヶ島すって感じだったけど、
    こっちはキャラクターの掘り下げも増してて深みがあって感動する。
    現代文明と中華がごちゃ混ぜな世界観も、なんちゃってむかし話感が極まってて好きだ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/20(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/20(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP