ウルトラの父単語

ファザーオブウルトラ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(96)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウルトラの父とは、日本特撮番組「ウルトラシリーズ」に登場するキャラクターである。

ウルトラマンタロウの実の父親であり、ウルトラマンAの養でもある。夫人はウルトラの母であり、彼女姉妹子供であるウルトラセブンは義理の甥となっている。

CV:梶哲也(A)/鹿島信哉(タロウ)/石田太郎(ウルトラマン物語)/西岡徳馬(メビウスギンガ除くジード)/金子はりい(ギンガ)/飯島肇(ウルトラギャラクシーファイト)

概要

M78にある宇宙警備隊創設者の1人であり、同隊の大隊長を務める。慈性の徴であるウルトラの母と好対照の、威厳と性の徴でウルトラ兄弟からは同然の扱いを受けている。

外見はヒゲが特徴である。初登場時のみ大胸筋が物凄く厚くなっている。またスーツが流用であったのでツノとヒゲは後付け感が漂っていたが、その後は新造されたこともあり、非常に自然なものとなっている。なお、シュワッなどの掛けウルトラマンを低くしたものなっている。

初登場はウルトラマンAの27話「奇跡!ウルトラの父」である。鑼の音色と共に力道山のような堂々たる姿でヒッポリト星人の前に現れた。この時はヒッポリト星人によって、ブロンズ像となったウルトラ兄弟を助けるためにやってきたが、長による疲労によってヒッポリト星人に敗れてしまう。なお、この部分はウルトラマン物語」ではウルトラマンタロウに特訓をしていた為にエネルギーを使い果たしたという設定に変更されている。その後、「復活!ウルトラの父」で再度登場し、この時はサンタクロースに扮して登場した。この際、本人の口からは「魂だけ」と言ってるところから、実体はウルトラで治療しているものと思われる。

その後、ウルトラマンタロウ80にも様々な形で登場したが、その後は従来のウルトラシリーズの流れとは分断されたストーリーと言う事もあり、しばらく登場する機会はなかったが、昭和シリーズの直系である「ウルトラマンメビウス」において久し振りに登場し、新人のメビウス日向に支えていった。

なお、本名はウルトラマンケンという。このケンという名前の由来は初登場時(1972年ごろ)に有名であったケンメリースカイライン(通称ケンメリ)から取られたものと言われている。ウルトラの母名前メリーの発音違いであろうウルトラウーマンマリーとなっている。

という具合であるが、コミカライズされている作品、とりわけギャグマンガ系においてはウルトラの母にしかれている描写がある。

能力等

ジャンプや飛行ウルトラ兄弟とはそれほど差がない。しかし戦闘、ことに直径100キロ惑星を砕けるほどの腕原爆10個分のキック、持ちう線技や特殊はハッキリ言えば、チート同然である。とはいえ、実戦経験が明確な描写があまりなく、初登場時はヒッポリト星人に負けたこともあり、強さが印に残る事がい。直近の戦闘場面はメビウスでジャシュライン登場時であるが、あくまでサポートするにとどまっている。

このようにどんな問題でも解決できる究極の性を具現化している。

さて、ヒッポリト星人との戦いにおいてはエネルギーがあまりない状態での戦いを強いられ、カラータイマーく点滅していた。ウルトラの父はAにすべてを託して、自らのカラータイマーをAに与えた。Aはヒッポリト星人を倒した後にそのエネルギーを他の兄弟に分けたのだが、この時点でAのカラータイマーである。少なくともエネルギー切れ間近の段階で他の兄弟に分ければA自身も危ういはずなのだがケロリとしており、また他の兄弟普通に行動が出来るようである。このことから、ウルトラの父の持ちうエネルギーは例えの状態であっても、少なくとも他の兄弟4人分のエネルギーを充当できるものと思われる。やはりチートである。

また、スノーギラン登場時においては前述の通り、「魂だけ」といっている。なので、この時に戦ったのは実体のない状態である。しかし、渡り合えてるところなどをみると、やはりチートである。

ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」での回想シーンでは、現在よりもが短くヒゲが生えていない昔の姿でウルトラマンベリアルと戦うシーンが拝める。しかし時系列的にはそれよりさらに前のはずの「ウルトラマンメビウス」でのエンペラ星人との一騎打ち回想シーンでのウルトラの父にはヒゲが生えてるしも長く、矛盾ができてしまった。

…と思ったら、ウルトラ大戦争時のエンペラ星人戦で覚醒フォームチェンジした姿現在の長い+ヒゲの状態らしい。いつでも元の姿に戻れるが、かつての戦友であるベリアルと戦うことをためらってフォームチェンジしなかったせいで被害を出した甘さを反省し、以降は元の姿に戻ることを封じてフォームチェンジしたままにしている…という後付け感バリバリ設定が追加されている。

人間体

ウルトラの母タロウの亡きそっくりのおばさんの姿で登場したように、彼もまた人間体で登場している。常に子供たちを温かいまなざしで見守る慈アイコンたるおばさんに対して、サンタクロースの格好である。

この時代において、性のアイコンが何かを考えれば、波平さんのような着物をまとった頑固親父かもしれないが、それではさまにならない。然らば父親子供を喜ばせるために普遍的な人気を誇るキャラクターに扮して子供たちを喜ばせようとウルトラの父は考えたかもしれないが、どう見ても不審者です。本当に(ry

人間体での性格はどこか飄々とした、うっかり秘密をばらしてしまうお茶さんな一面もある。

なお、人間体を演じるのは玉川伊佐夫である。

ウルトラの父降臨祭

ウルトラシリーズ世界において、12月24日頃はクリスマスではなく「ウルトラの父降臨祭」となっている。

復活!ウルトラの父」に登場した超獣スノーギランによって、の人々は失明するという事態に陥った。そもそも、スノーギランナマハゲによって登場したのだが、そのナマハゲは西洋の習たるクリスマスサンタクロースに怒りを覚えて登場した。そんな最中、ウルトラマンAが劣勢に経たされていたところで、ウルトラの父が登場、エネルギーを貰った上でスノーギランを圧倒し、自身もナマハゲを倒した。そして夕子のを借りて、失明した人々を助けた。それはちょうどクリスマスの時期であり、そのインパクトは凄まじいものであろう。その後もクリスマス頃に客演として登場した為、地球の人々はウルトラの父の功績をたたえ、クリスマスに取って代わり(?)ウルトラの父降臨祭が年末の行事となった。

なことにナマハゲの願った西洋の習を払拭したことにもなってしまっているが、それはともかくの中は現実世界におけるサンタクロースの格好に扮した人間に代わって、ウルトラの父のを模した人々が練り歩き、中には降臨祭のポスターが貼ってあったり、ウルトラの父は格化されているようである。

関連動画

初登場のエピソードウルトラマン物語バージョンでは負けた理由が変わっている。

関連商品

関連コミュニティ

ウルトラの父に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/28(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/28(月) 11:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP