今注目のニュース
10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行…犯人へ怒りの声相次ぐ
ダルビッシュ「宮迫さん引退とか嫌やわー」
アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ

サン=サーンス単語

サンサーンス

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns,1835-1921)は、フランス作曲である。

概要

生まれは官吏の庭であり、モーツァルトと並ぶ程の童と称され、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたという逸話が残っている。

音楽家として、作曲オルガンピアノなどでその才を発揮したほか、天文学数学、絵画でも一流であり、多才な人物として知られているが、非常に嫌味な性格を持つことでも有名である。

20世紀初頭、印音楽が台頭する中、サン=サーンス近代音楽批判する立場を取り、従来の古典義、ロマン義を貫いていたため、世間的な評価は不遇であった。印義の先駆けとなった作曲であるドビュッシーは、そのような彼を批判したが、サン=サーンスほどの音楽通は世界広しと言えどもいない///」ともっている。しかしながらサン=サーンスは、このツンデレドビュッシーが書いた作品をことごとく酷評している。かと言って、が全くデレないわけでもなく、組曲動物の謝祭』の「水族館」では、印義の技法を使っていたりする。

そんなサン=サーンスも時代の流れには逆らえず、ロマン音楽現代音楽の転換期に前者の音楽を貫き続けた彼を、当時のフランスは受け入れなかった。歴史の犠牲になった作曲の一人と言えよう。

作品

古典的な合理義を根底に持ちながら、ロマンの情緒を漂わせる作は、穏やかで知的な印をもたらす。

演奏は関連動画を参照のこと。

以下の3つの作品が特に有名である。

組曲『動物の謝肉祭』(動物学的大幻想曲)

1886年作曲、全14曲からなる。元来は、プライべートな会での演奏的で、室内楽編成用で作曲されたものである。他の作曲の曲のパロディ風刺的に用いられており、サン=サーンス2度非開で演奏したきり、「白鳥以外の曲の生前の演奏・出版を禁じた。

序奏獅子王行進曲 ピアノ序奏に始まり、勇壮な旋が弦楽器によって奏される。
と雄 ピアノと弦楽器の鳴きを模倣し合い、クラリネットが登場する。
ピアノしく上下する旋を強奏する。
オッフェンバックの『天国と地獄』のギャロップの旋を、弦楽器がわざとゆっくり演奏する。
コントラバスの独奏曲。軽やかなワルツである。
カンガルー ピアノによってカンガルーが飛び回る様子を描写する。
水族館 ピアノアルペジオが添えられた幻想的な旋。稀少楽器のグラスハーモニカ(アルモニカ)が定されているが、チェレスタグロッケンシュピールで代用されることが多い。
の長い登場人物 第2曲とは異なる驢馬のどかな鳴きを、ヴァイオリンが模倣する。音楽評論家への皮を込めた曲だと言われる。
カッコウ ピアノの静かな弱奏に重ねて、クラリネットカッコウの鳴きを模倣する。
10 大きな フルートが細かで軽やかなパッセージを飛ぶように奏でる。
11 アニス ピアノ練習曲を、わざと下手に演奏する。組曲を連続して演奏する場合は、区切らないで次の曲にそのまま入る。
12 化石 自身の作品である『死の舞踏』や、民謡きらきら』など、様々な楽曲が組み合わされる。
13 白鳥 チェロの独奏曲として有名である。組曲の中で一、生前の演奏楽譜開が許された。
14 終曲 各曲の旋が、再度『天国と地獄』のフィナーレの旋にそって登場する。ファンタジア2000で、オーケストレーションを拡大して使用された。
交響詩『死の舞踏』

1872年に歌曲として作曲され、1874年に管弦楽曲としてまとめられた。サン=サーンスは4つの交作曲したが、本作品が最も有名である。ここでの「死の舞踏」は、死病(ペスト)のことをす。

詩人アンリカザリスの奇怪なを元に書かれた曲である。中の「踊る者どものがかちゃかちゃと擦れ合う音」をシロフォン(高音の木琴)で表現したところ、当時、「作曲者の悪趣味の極み」と非難絶賛された。また、独奏ヴァイオリンは、E線を半音低くチューニングしたスコルダトゥーラ(変則調弦)であり、、冒頭に登場する独奏の減5度の和音(AとEs)が開放弦となる。音のきが均一にすることを意識したものと考えられよう。

交響曲第3番ハ短調 op.78 「オルガン付き」

1886年。サン=サーンスの円熟期に完成された、生涯最後の交響曲である。初演直後に亡くなった友人フランツ・リストに献呈した。

彼自身も管弦楽作品の最後の試みになることを意識していたらしく、技巧的なピアノの楽句や、教会パイプオルガンき、端麗なオーケストレーションが盛り込まれており、まるで彼の生涯を自叙したような作品になっている。

パイプオルガンと2台のピアノが技巧的に用いられているのがこの交響曲での最も大きな特徴である。

2つの大きな楽章の中にそれぞれ2つの結合された楽章が存在するという、4楽章構造のような2楽章構造をなしており、伝統的な形式をから発展させた新たな形式を意識している。

第1楽章 第1部 アダージョの導入部の後、アレグロデラートとなり、メンデルスゾーンの第1題と変ニ長調の穏健な第2題が続く。
第2部 ポコアダージョの静かなコーラルオルガンがピアニッシモで登場し、もの哀しい表情を見せる。
第2楽章 第1部 スケルツォ。再びアレグロデラートの躍動的な弦楽器の旋の後、ピアノ連弾の忙しないプレストが続き、金管楽器が厚くく。
第2部 オルガンが壮大に和音を強奏しハ長調に転調、循環題がマエストーソで高らかに奏でられる。アレグロフーガが始まり、エネルギーに富んだクライマックスを迎える。

関連動画

関連商品

関連項目

余談

まったくもって余談だが姓のサン=サーンスのサンはSaintがあらわすようにを意味する。したがってサン=サーンスを日本語理矢理訳すとすればサーンスのようになる。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP