今注目のニュース
「クローゼットで誰かが寝てる…!」よく見たらクマだった
盲目のゴールデン・レトリバー、妹犬がガイドに 「2頭はかけがえのない友達」(米)<動画あり>
中山美穗、ドッキリ3回かかり「3回マネージャー殴った」

青木宣親単語

アオキノリチカ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(99)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

青木宣親(あおき のりちか、1982年1月5日-)とは、日本宮崎県出身のプロ野球選手外野手)である。2018年から東京ヤクルトスワローズに所属。

NPB史上初の2度の200本安打、史上2人200本安打、歴代4位のシーズン安打記録を持つ。
2019年現在NPBにおける通算打率の歴代1位記録保持者(4000打数以上の選手が対)。

経歴

東京ヤクルトスワローズ #23
青木宣親
基本情報
日本
出身地 宮崎県日向市
生年 1982年1月5日
身長
体重
175cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 外野手
プロ入り 2003年ドラフト4位
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 2008年
WBC 2006年2009年2017年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。指定校推薦早稲田大学入学するまでは投手をやっていた。

早稲田大学からドラフト4位でヤクルトスワローズに入団。背番号23同期自由獲得で入団し、新人王にいた川島亮が居る。
青木早稲田大学で同学年の選手から4人がプロ入りした(他は鳥谷敬比嘉寿光由田慎太郎)。
1年先輩和田毅、1年後輩田中浩康、2年後輩武内晋一がいる(青木4年時は1番~6番打者が全員プロ入り)。
平成14年から平成15年の4期に早大史上初の4連覇平成15年には早大史上初の10戦全勝全優勝を達成。

ヤクルト時代

プロ1年となる2004年は出場機会に恵まれず、初出場が7月、初スタメンが消化試合となる10月のことであった。しかし、二軍ではイースタン・リーグ首位打者と最高出塁率を獲得し、フレッシュオールスター二軍&若手のオールスター)でMVPを獲得しスターへの登竜門を登った。


2005年は外野レギュラー稲葉篤紀フリーエージェント北海道日本ハムファイターズに移籍したため、開幕から2番センターに抜された。6月からは宮本慎也打順を入れ替えて1番打者に固定され、イチロー以来となるシーズン200本安打を達成。最終的に202安打を放ち、打率.344首位打者最多安打を記録した。2年ではあったが前年の打席数が少なかったこともあり、新人王にも選出された。


2006年WBC日本代表に選手され、に控えながら6試合に出場し打率.200打点1を記録。チームは優勝し世界一を経験。
そのシーズンでは2年連続首位打者は逃したものの41盗塁盗塁王タイトルを獲得。


2007年シーズンは、7月10日に出場373試合での史上最速500安打を達成し、最終的に打率.346を残して2度首位打者と初の最高出塁率いた。

2008年シーズンは開幕から3番を打ち、前年を上回る打率.347を残したものの、横浜ベイスターズ内川聖一打率.378という凄まじい数字を残してしまったため3度首位打者獲得とはならなかった。


2009年は第2回WBCに選出され(2回連続出場)12安打を放ち大会最多安打マーク日本の連覇に貢献し世界ベストナインに選ばれる活躍を魅せる。
しかしレギュラーシーズンでは極度の打撃不振に陥った。しかし最終的には打率を3割台にのせ、さらに出塁率.400で最高出塁率タイトルを獲得した。


2010年背番号を1番に変更。今年も開幕から3番打者を務めるが、5月に成績不振で監督高田繁が辞任すると、監督代行の小川淳司の方針で再び1番打者に戻された。一時期打率3割を切っていたがしっかり立て直し、打率.358で3回首位打者タイトルを獲得した。またプロ野球史上初の2度シーズン200本安打を達成した。


2011年シーズン統一球の影もあってか、7年ぶりに打率が3割を切ってしまった。11月10日ポスティングシステムでのMLB挑戦を表明し、ミルウォーキー・ブルワーズが交渉権を獲得。球団のテストを経て1月17日に2年契約を結び、背番号は7に決定。

MLB時代

2012年4月6日セントルイス・カージナルス戦に代打での出場でメジャーデビュー。しばらくは途中出場が続いたが5月下旬からライトレギュラーに定着し、に1番や2番を任されるようになる。6月にはサヨナラホームランを放つなど前半戦は.301、5本塁打、11盗塁の好成績で折り返す。10月2日サンディエゴ・パドレス戦で日本人ルーキーではイチロー以来となる30盗塁に到達し、最終的に打率.288、10本塁打50打点出塁率.355の活躍でシーズンを終えた。


2013年、開幕戦で日本人史上4人となる開幕戦でのホームランを記録。メジャー2年レギュラーとして活躍し、6月5日オークランド・アスレチックス戦で日通算1500本安打7月28日コロラド・ロッキーズ戦で日通算100本塁打を達成。最終成績は155試合の出場で打率.286171安打、8本塁打37打点出塁率.35612月ウィルスミスとのトレードでカンザスシティ・ロイヤルズに移籍。背番号ヤクルト時代に付けていた23とし、登録名を「Nori Aoki」とすることになった。


2014年アメリカン・リーグに移った影か打撃がイマイチで、6月に軽度の離れで故障者リスト入りした。9月に入ってからは復調し、ロイヤルズ29年ぶりのワイルドカード進出に貢献。その後ポストシーズンでも活躍し、リーグ優勝に貢献。しかしワールドシリーズでは14打席1安打と精を欠いた。シーズン終了後にFAとなった。

おこの年のみ、登録名を「ノリ・アオキNori Aoki)」としていた。


2015年1月サンフランシスコ・ジャイアンツと1年契約を結んだ。背番号23
開幕から打率3割をマークし、8月7日シカゴ・カブス戦で日通算1500試合を達成。しかしこの年は異常死球が多く、6月20日ロサンゼルス・ドジャース戦で右足を死球折。8月9日カブス戦で頭部死球を受け、振とうを起こしてDL(故障者リスト)入り。その後復帰したが本来の打撃は鳴りを潜め打率が3割を切ってしまう。9月5日以降は振とうの後遺症が再発し、以降は欠場した。怪が懸念されたのか契約オプションが行使されずFAとなった。
12月2日シアトル・マリナーズと1年契約を結んだ。背番号は8。


2016年は開幕から打撃不振に陥り、6月24日に故障以外では初めてマイナー落ちを喫した。7月下旬に復帰し、好調を維持したが、左投手が集中する時期に2度マイナー落ち。メジャーで初めて規定打席に到達できず、打率.283に終わった。オフにウェーバーを経てヒューストン・アストロズに移籍した。背番号は3。


2017年WBCワールドベースボールクラシック日本代表MLB日本人選手として一選出される。背番号7。
6月11日の対ロサンゼルス・エンゼルス戦で通算2000本安打を達成。6月30日の対ニューヨーク・ヤンキース戦で、プロでは通じて初めて投手として登板、1イニングを打者6人・1安打2四球3失点だった。MLB日本人野手が投手として出場したのはイチロー以来2人。トレード期限最終日の7月31日トロント・ブルージェイズにトレード移籍した。背番号23。しかしそれから1ヶ後に自由契約となり、9月2日ニューヨーク・メッツに移籍した。背番号は11。この移籍により、青木はア・リーグとナ・リーグ全ての地区に所属した選手となった。オフFAとなった。

余談だが「宣親(Norichika)」という名前が英語圏の人間には発音しづらいのか、アメリカでは「ノリ・アオキNori Aoki)」と呼ばれる。

ヤクルト復帰

2018年に古巣のヤクルトに復帰。背番号235月3日の試合で通算4000打数に到達し、暫定的ながら通算打率NPB歴代1位(.327)となった。交流戦からは2番に定着した後に打撃が復調。127試合に出場し、打率.327、10本塁打67打点を記録した。10月2日に左太もも裏を負傷し、クライマックスシリーズの出場が危ぶまれたが、10月13日ファーストステージ初戦に出場登録されて、試合に出場した。


2019年5月17日DeNA戦で、NPB通算100本塁打を記録。また5月22日阪神戦で、NPB通算1500本安打を記録した。NPB通算1500本安打プロ野球史上126で、1156試合での達成は、日本球界復帰後の松井稼頭央東北楽天ゴールデンイーグルス)が達成した1233試合を抜く史上最速記録となった。9月1日中日ドラゴンズ戦では、NPB史上22となる通算100死球も記録している。

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ヤクルト 青木宣親#20 6026
6026
ヤクルトチャンス時) 青木宣親#22 6212
6212

成績

年度別打撃成績









































2004年 ヤクルト 10 16 15 1 3 0 0 0 0 1 0 0 1 0 6 0 .200 .250
2005年 144 649 588 100 202 26 4 3 28 29 18 1 37 5 113 5 .344 .387
2006年 146 680 559 112 192 26 3 13 62 41 4 1 68 8 78 3 .321 .396
2007年 143 652 557 114 193 26 2 20 58 17 4 3 80 8 66 4 .346 .434
2008年 142 500 444 85 154 29 5 14 64 31 1 3 42 10 47 10 .347 .413
2009年 142 624 531 87 161 23 2 16 66 18 1 4 75 13 65 9 .303 .400
2010年 144 667 583 92 209 44 1 14 63 19 0 3 63 18 61 10 .358 .435
2011年 144 643 583 73 170 18 5 4 44 8 0 0 51 9 55 6 .292 .358
2012年 MIL 151 591 520 81 150 37 4 10 50 30 7 5 43 13 53 6 .288 .355
2013年 155 674 597 80 171 20 3 8 37 20 8 3 55 11 40 9 .286 .356
2014年 KC 132 549 491 63 140 22 6 1 43 17 8 1 43 6 49 5 .285 .349
2015年 SF 93 392 355 42 102 12 3 5 26 14 1 0 30 6 25 8 .287 .350
2016年 SEA 118 467 417 63 118 24 4 4 28 7 5 1 34 9 45 9 .283 .349
2017年 HOU 71 224 202 28 55 12 1 2 19 5 1 4 15 2 29 11 .272 .323
TOR 12 34 32 4 9 1 0 3 8 0 0 1 1 0 5 0 .281 .294
NYM 27 116 102 16 29 7 1 0 8 5 0 0 13 1 10 1 .284 .371
17 110 374 336 48 93 20 2 5 35 10 1 5 29 3 44 12 .277 .335
2018年 ヤクルト 127 567 495 85 162 37 3 10 67 3 0 2 51 19 48 13 .327 .409
2019年 134 565 489 84 145 19 2 16 58 1 1 3 61 11 72 13 .297 .385
NPB:10年 1246 5563 4884 833 1591 248 27 110 510 168 29 20 529 101 611 73 .326 .401
MLB:6年 759 3044 2716 377 774 135 22 33 184 98 30 15 234 48 258 49 .285 .350

タイトル・表彰

タイトル
NPB 首位打者 3回 2005年2007年2010年
最多安打 2回 2005年2006年
盗塁王 1回 2006年
最高出塁率 2回 2007年2009年
NPB 新人王 - 2005年
MVP 4回 2005年8月2007年4月2010年9月2018年6月
ベストナイン 7回 2005年-2011年
ゴールデンラブ 6回 2006年-2011年
オールスターMVP 2回 2006年第1戦、2009年第1戦

関連動画

関連項目

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP