今注目のニュース
「どんなセキュリティにも“穴”はあるのよ……ちくわのように」「肉を切らせて米を炊く」 クセが強い女子の1コマ漫画シリーズがじわじわくる
NHK、台風19号一部被災者の「受信料免除」を発表で物議 ネットからはとある疑いが…
19歳少女が乳児をダンボール箱に遺棄 「自宅で産んだが泣き声なかった」

マツダ・アクセラ単語

マツダアクセラ

掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マツダ・アクセラとは、マツダが生産している自動車である。海外での販売名は「Mazda3」。

概要

マツダの代表的種である。内での人気は今ひとつだが、海外では高い評価を受けており、販売も海外となっている。 

マツダでは小に分類されているが、体やエンジンの排気量の大きさから見ると他社の中に当たる種がライバルとなっている。
競合としてスバルインプレッサ(スポーツ/G4)やトヨタ・オーリスなど。

歴代モデル

初代・BK系 (2003年〜2009年)

2003年ファミリアからのフルモデルチェンジで登場した。
ファミリアは所謂「5ナンバサイズ」で、セダン、ハッチバックステーションゴンモデル展開がされていた。
しかしアクセラ海外競争を高める狙いがあったこと、また大人の事情というかの事情というかフォードグループの事情というか、ともかくいろいろあって海外モデルと基本部分を共有する必要があったことから3ナンバーボディになる。
日本など道路が狭いでの使い勝手も考慮し、実質的な全幅となるミラー端間の幅は5ナンバサイズ種と同等以下の幅になるよう、小さくめられた。
モデル構成は1500cc2000cc2300ccで、15Fでは5MTも選択可であった。
マイナーチェンジで、2000ccFF5ATが搭載された。 

一部自動車評論家からは理不尽な評価があったが、マツダ叩きいつものこと
内容についてはマツダの記事を参照。
ちょっとスィグァーに長めのムァッツィで火をつけてくる。

2代目・BL系 (2009年〜2013年)

2009年フルモデルチェンジ
ラットフォームなど基幹部分は先代から持ち越されたが、足回りを中心に熟成されている。

デザイン海外での同クラスの中で個性を出す為に、より強い印を与えるものとなったが、「無気味な笑いを浮かべたピエロ」などのありがたくない評価もYouTubeでは見られる(注:調べ)。
日本では「プジョーパクり」などという意見も。

モデル1500cc+CVT2000cc+5AT(FF)、2000cc+4AT(4WD)、2300ccターボ+6MT
直噴エンジンとなった2000ccFFは、アイリングストップ(i-stop)を搭載。
機関停止時はオルタネータを使ってピストン位置を調整し、再始動は筒内噴射をとしスターターを併用することで、他のアイリングストップ機構とべて半分程度の時間での再始動が可
i-stop以外の環境関連技術では、触媒にシングルナノ技術を用いた新を採用。
これはサポート材であるセラミック表面に金属粒子を埋め込むことにより、金属使用量を70%90%低減することが可となるもの。
従来の触媒が刺身の上にたんぽぽを置いた状態なのに対し、新ケーキの表面にイチゴをねじ込むような違いがある。
発展途上国経済発展とハイテク技術の発展により、金属希少金属の需要が高まっている中で、環境負荷及び資高騰に伴う原価変動リスクを抑制する要素となりうる。
2000ccFFマツダスピードには横滑り防止装置が標準装備され、FFの「E」「S」及びマツダスピードサイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグも標準装備。
またオプションだが、アテンザで採用された後部警レーダーも装着可となるなど、安全装備の充実も行われている。

走りと環境が両立する歓びエコスポーツを提唱している。

2300ccくなった\(^o^)/
MTくなった\(^o^)/

2011年9月マイナーチェンジを実施。ハッチバックセダンの2.0L・FFSKYACTIV TECHNOLOGYを搭載した。2.0Lクラスとしてはトップ(マツダ公式サイトより)の燃費20.0km/L(10・15モード)を実現。JC08モードでも17.2km/L走る。とても優秀だね。ユーロNCAPでもIIHS[1]でも五つを獲得しているアクセラタンだから日本でも人気でるといいね!

3代目・BM/BY系 (2013年〜)

2013年にハッチバックセダン共にフルモデルチェンジCX-5、3代アテンザと同様「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマである「魂動デザイン」を全面採用。両種共にガソリンが設定され、ハッチバックのみクリーンディーゼルが、セダンのみハイブリッド車[2][3]が設定されている。2015年12月にはセダンに2.2Lディーゼルエンジンを搭載した特別仕様の「アクセラセダン XD」が登場した。

2016年7月に大幅良を実施。ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、横Gと前後Gを統合的にコントロールする制御技術「G-ベクタリング コントロール」を搭載[4]し、ディーゼルのみにエンジントルク応答を緻密にコントロールする「DE緻密過給制御」、ディーゼルエンジン特有のノック音を低減させる「ナチュラルサウンド・スムーザー」と「ナチュラルサウンド・周波数コントロール」も搭載している。
また、衝突軽減ブレーキ赤外線レーザーを使用したSCBSからカメラを使用した「アドバンスド・SCBS」に強化され、歩行者にも対応できるようになり、またカメラから速度標識などを認識し、コックピット上のHUD[5]交通標識を表示できるようになった。
ハッチバックの2.0Lガソリン止された代わりに、1.5Lディーゼルを新設。2.2Lディーゼルセダンが特別仕様から通常モデルに変更され、両モデル共に電動パーキングブレーキを搭載し、4WDも追加された。

3代マツダスピードアクセラマダー?

2016年7月現在モデル

同一種でガソリンディーゼルハイブリッドの3種類のパワートレーンを搭載するのはで初となる。また、ハイブリッドを除く全グレードにMTが設定されている。

ちなみに、ハッチバック及びセダンの15Cを除くグレードではナビやソフトウェア更新することにより機を追加できる「マツダコネクト」が標準で搭載されているが[7]公式ユーザーボイスなどではナビがもたつくなどの苦情が噴出している模様。代わりとしてポータブルナビやスマートフォンなどでナビを代用するユーザーもいるとか。
2015年5月マツダコネクト搭載向けに、マツダ販売店によるシステムアップデートとナビゲーション用SDカードの交換を善対策として償で実施。ナビがNNG社製(ハンガリー)からミックウェア製(日本)となり、使いやすさが向上。後にナビゲーション用SDカード更新Windows PCでもできるようになった。

MAZDASPEED AXELA (マツダスピードアクセラ)

初代と2代目に設定されていた、2.3Lターボエンジン搭載のアクセラ変態最強モデルである。

2006年マイナーチェンジ23SのMTと交替する形でひっそりと登場した。2代目からは引き続き追加されている。

マツダスピードアクセラFF駆動のMPV23TやCX-7、マツダスピードアテンザ譲りの直噴ターボであるDISIターボL3-VDT(264)、6速MTのみという今時しいスペックハイパワー前輪駆動から変態とも言われる。

2代目では重量が増し、加速性は初代に劣る。だが、低速トルクが増し先代とべ乗り易くなり、外装はインクーラーのインテークが付き高速域で大きな効果を得ている。乗り心地とインテリア善によって2代目はただの強いパフォーマンスカーではなく、オールラウンドカーになった。

なお、正式な名称はマツダマツダスピードアクセラである。決して、マツダスピードアクセラではない。←これ重要

メーカー名が「マツダ」、種名が「マツダスピードアクセラという事である。略称としては「MSアクセラ」が使われる。

ベストモータリング2009年12月号に収録されたバトルにおいて、井出有治2代目MSアクセラをぶつけている。

教習車仕様

セダンモデルベースに従来のファミリアカペラ教習車仕様の後継として登場。マツダ子会社マツダE&Tで改造される。

初代モデルエンジン1500ccで、ガソリン仕様とLPG仕様の二種類が選択が可

二代モデルは、日本仕様アクセラには存在をしないMT仕様が必須のため、海外仕様にある1600ccエンジン搭載ベースとなる。初代同様にガソリン仕様とLPG仕様が選択可

三代目モデルは、ベース車両よりも1年遅れの2014年4月に登場。エンジンは先代と同じく専用の従来1600ccエンジンで、ガソリン仕様のみとなる。ミッション耐久性重視の5速MTと4速ATとなる。またクラス初のエンジンスターターがプッシュ式となり、教習車仕様にはしいAM&FMラジオが標準装備となる。

教習車仕様は、マツダ売れ筋な事もあり日本自動車教習所で普及をしている。一番はマツダの安売りが効いているとかいないとか。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *それぞれEU、北における自動車衝突安全テストのこと。
  2. *プレマシー ハイドロジェンREハイブリッドに次いで2。かつて法人向けにリース販売がされていた。
  3. *モーターハイブリッドシステム電気無段変速機トヨタ自動車子会社であるアイシンAW製(THS-IIを採用)。2010年3月29日マツダトヨタの連名でハイブリッド技術のライセンス供与に合意している。
    トヨタとマツダ、ハイブリッドシステムの技術ライセンス供与に合意 [PDF形式]exit
  4. *ハイブリッド車を除く。
  5. *これも良され、高精細&カラー化されて見やすさが向上。
  6. *4WDATのみ。
  7. *15Cでもオプションで搭載可

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP