今注目のニュース
太田光、加藤美南の騒動に「秋元康が何かいうべき」と苦言 奥真奈美は「売名」とバッサリ
マザーシップ?UFO?不気味な巨大雲が目撃されアポカリプスを感じる人続出(アメリカ)
首相官邸Twitter、安倍首相の漢字読み間違い報道を真っ向から否定

ミシュラン単語

ミシュラン

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミシュラン(Michelin)とは、フランスクレルモン・フェランに本社を置くタイヤメーカーである。

また、レストランホテルなどを紹介するミシュランガイドを出版する企業としても知られる。

概要

1863年に創業、1889年からミシュランの名称を社名に使うようになった。

1946年にバイアスタイヤ良し、ラジアルタイヤを発明、1948年に商品化し始めた。
その後1977年ルノーとともにF1に参入し、それまでバイアスタイヤ流だった中でラジアルタイヤを導入、数年後には他のメーカーもラジアル構造に切り替えた。
そのほかの4輪、2輪カテゴリーにもミシュランが参戦し、モータースポーツでもラジアルタイヤが流となった。

また、日本タイヤとして使われていたスパイクタイヤが、アスファルト路面を削って発生する粉じんによる公害社会問題になると、1982年にいちスタッドレスタイヤを開発。現在、同社のタイヤ日本で開発してヨーロッパなどに輸出している。

ビバンダム

ミシュランのマスコットが、タイヤを積み上げて作ったようなキャラクター、ビバンダム(ビブ、ミシュランマン)である。

1864年にミシュラン兄弟が積み上げられたタイヤヒントに考え出されたキャラクターだが、名前がつき始めたのは1898年からで、"Nunc est bibendum"(ラテン語で「いざ飲まん」)というキャッチコピーから(釘やガラス片などの障物をも飲み込むほどの強さをアピールする意味)、ビバンダムと呼ばれるようになった。

最初はタイヤを積み上げた格好のモンスターのような姿だったが、年々デフォルメされて嬌のあるキャラクターとなった。現在でもミシュランの販売店やモータースポーツの場でも確認することができる。

ミシュランガイド

1900年に、ミシュランがドライバー向けに発行した地図や整備方法をまとめたガイブックが起である。
タイヤメーカーであるミシュランがタイヤの消費を促進するため、より遠くの場所への旅行ドライブを勧める的で作られた。

その後、1930年代からレストランの格付けを(*) で行うようになり、匿名の調員が各レストランを調するようになった。
やがてミシュランガイドでが1つ増えると売り上げが3割増すと言われるようになり、ミシュランガイドは権威のあるレストランガイドとして世界的に知られるようになった。

日本では2007年東京版(現在横浜鎌倉に拡大)が発行され、2009年京都大阪版(2012年神戸奈良に拡大予定)が発行、2012年には北海道版が発行された。

なお、ミシュランガイドは一般的に知られるレッドブックレストランガイド)のほかに、観光地を紹介するグリーンブックがある(グリーンブック日本語版は現在販売されていない)。

MotoGPのタイヤサプライヤー

2016年からミシュランはMotoGPの最大排気量クラスに独占的にタイヤを供給している。

タイヤバイクの走行に与える影は大きく、常にミシュランが話題の中心になっている。

ミシュランMotoGPにおける活躍については、ミシュラン(MotoGP) の記事を参照してください。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/27(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/27(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP