ラトロワンヌ単語

ラトロワンヌ

1.8千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラトロワンヌ(La Troienne)とは、フランスの元競走馬にしてアメリカの元繁殖牝馬である。

アメリカでラトロワンヌ系と呼ばれる巨大な牝系を築き上げた名
名はフランス語で「トロイ」を意味し、Helene de Troie(トロイのエレーヌ。トロイ戦争の火種になったとされる絶世の美女・ヘレネーのこと)からの連想。

概要

1926年フランス生まれ。Teddy(テディ)、Helene de Troie(エレーヌデトロワ)、Helicon(ヘリコン)。はわりと有名だがそれ以外はよくわからない血統である。フランスで競走生活を送ったが7戦して未勝利(2着1回3着1回着外5回)という散々な結果だった。

フランスで1度種付けし、初を宿したままセリに出されてアメリカに移るとここで繁殖牝馬として大成し、14頭の産駒の中からBlack HelenとBimelechという2頭のアメリカ殿を含む5頭のステークスウィナーを送り出した。

それ以上に、彼女が残したが繁殖へ上がると名を続々と輩出。牝系は凄まじい広がりを見せ、ラトロワンヌ系と呼ばれる巨大ファミリーを築いた。現在もラトロワンヌ系はアメリカ最高の牝系と言われる。

一度に驚いた拍子に致命的なケガを負うが、牧場を所有するエドワードブラッドリー大佐の強い要望により延命措置が行われ一命を取り留めた。この後産んだの子孫に大種牡馬Buckpasserがおり、ブラッドリー氏の判断次第では現代の競馬は存在しなかったかもしれない。

彼女自身は1954年に28歳で大往生を遂げたが、ファミリーの勢いはとどまるところを知らない。日本競馬ファンでも知っていそうなところだけ挙げてみよう。

「文章稼ぎすんな」と言われそうだが、これでもごく一部でしかない。アメリカはもとより、欧州日本でも他に複数のGⅠ重賞がいる。詳しくはWikipediaなどで見ていただきたい。

ファミリーナンバー1号族(競走馬をその牝系始祖をもとにグループ化したもの。1号族とは子孫の英ダービーオークス及びセントレジャーの勝ちが最も多かった牝系の意。現在は内部でa~wの分枝を持つ)の新たな分類として「1-x」のナンバーを付与することも検討されるほど広がったラトロワンヌの牝系アメリカ日本でまだまだ繁栄しており、多分競馬が続く限りは世界に残っていくだろう。

血統表

Teddy
1913 鹿毛
Ajax
1901 鹿毛
Flying Fox Orme
Vampire
Amie Clamart
Alice
Rondeau
1900 鹿毛
Bay Ronald Hampton
Black Duchess
Doremi Bend Or
Lady Emily
Helene de Troie
1916 鹿毛
FNo.1-s
Helicon
1908 鹿毛
Cyllene Bona Vista
Arcadia
Vain Duchess Isinglass
Sweet Duchess
Lady of Pedigree
1910 鹿毛
St. Denis St. Simon
Brooch
Doxa Melton
Paradoxical

クロス:Bend Or 4×5(9.38%)、Galopin 5×5(6.25%)、Isonomy 5×5(6.25%)

関連動画

勝利だし、ラトロワンヌ自身の動画やっぱりなかった。日本の子孫は調べればたくさん出てくると思うよ。

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/06(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/06(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP