今注目のニュース
アニメ映画「プロメア」“滅殺開墾ビーム”Tシャツが発売中止に 「集団虐殺(ジェノサイド)」表すローマ字に海外ファンから指摘
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!
「子どもはちゃんと物事を感じている」アニメ『鬼太郎』”攻め”の脚本が出来上がるまで

セントサイモン単語

セントサイモン

  • 7
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

セントサイモンとは、1881年生まれのイギリス競走馬。後に大種天才キチガイ一重を地でいった名である。

概要

期待されない血統、変な体ながら、走れば連戦連勝。10戦10勝という璧な成績を残して種入り。

入りしてからは産駒が走る走る。ノーザンダンサーサンデーサイレンスな大活躍を見せ、イギリスのリーディンサイアーに9回もき、産駒も種として大成功。一気にセントサイモン系を築き上げ、20世紀初頭にはイギリス重賞の半分以上をセントサイモン系が占めたとか。

系こそ繁栄し過ぎて、後述するセントサイモンの悲劇という血の飽和が起こり衰退しているが、を通じてセントサイモンの血は世界中に広がり、現在セントサイモンの血を引かないサラブレッドは存在しないまでになっている。

イギリス競馬の見たおそらく史上最高の競走馬」それがセントサイモンである。

 

セントサイモンの悲劇

・・・・・・とまぁ、競走馬としても、種としても類稀な功績を残したセントサイモンであるが、現代でセントサイモンの名前が出ると、っ先に思い浮かべられるのは、「セントサイモンの悲劇」という、競馬界におけるネガティヴな教訓だろう。

端的に言うと、
セントサイモンの活躍にあやかって、彼自身の交配・彼の後継種の交配数が短期間の内に爆発的に増える。
→多くの種、繁殖にセントサイモンの血が混じる。
→セントサイモン系の種が交配しようとすると、高い確率で2×2、3×2レベルの近親交配が発生。
→血が濃過ぎて不受胎、受胎しても競走馬として使えない貧弱なが生まれる、そもそも近親交配を避けてセントサイモン系の種が敬遠される。
交配が成立し辛くなった結果、後継を遺せず、あっという間にセントサイモンの系種が衰退。

滅。
という、短期間の極端な血の偏りが、却って衰退を招いてしまったという事例である。

当時(19世紀)は、種や繁殖の輸出入(特にを渡るようなレベル)が、現在ほど頻繁ではなく、余計に狭い地域で産界が完結していたため、こういった血の偏りと、それによる交配の袋小路が発生しやすかったと考えられる。かつ、この当時、イギリス駄に誇り高い貴族生産者が、顕著に優秀な結果を出していたアメリカに「血統を汚染」されることに逆ギレして作った、悪名高き「ジャージー法」によってイギリスの生産界からアメリカを締め出し血の偏りを加速させ、自分で自分の首を締めてしまったということもある。
それでもなお、現在においても、交配は数世代先の事も考えて、上手くバランスを取るべきという現代産の考えの基幹を為す、歴史上のめである事は間違いない。

ただし、この「悲劇」は、当時圧倒的な競馬先進国であったイギリスで生じたがゆえにそのインパクトも大きかったが、論セントサイモンの血はイギリスの中に閉じ込められたわけではない。フランスに輸出されたセントサイモンの子ラブレーは、フランスという地に渡ったがゆえに「悲劇」の影の直撃を受けず種として成功し、その子アヴレサックは、セントサイモン2×3, 5という極度の近親交配をされながら、さらに競馬後進国であるイタリアへ渡り、その地で競走馬としても種としても大活躍した。イタリア後進国であるがゆえに、フランス以上に「悲劇」の影からは遠かった。

そして、そのイタリアには、歴史上最も偉大な競走馬生産者の一人である「ドルメロ魔術師」フェデリコ・テシオがいた。テシオの手に渡ったアヴレサックのノガラは、ノーザンダンサーサンデーサイレンス祖である大種ネアルコを生んだ。またテシオがアヴレサックから2代繋いだ系の先には、歴史上最も偉大な競走馬の一頭であるリボーがいる。イギリスでは一度全に途絶えてしまったセントサイモン直系の系も、引退アメリカに渡ったリボーによって残っている。そして全世界にセントサイモンの血を広く残したのは、ネアルコとその孫ノーザンダンサーの功績であることは言うに及ばない。

かように、イギリスからを転じてみれば、むしろこれは悲劇でもなんでもない成功劇にすらなる。「血を広げる」ということの意味を思ってしまう歴史である。

狂気の馬

余談ながら、偉大な名なはずのセントサイモンには、あんまりり伝えたくないような伝説が山ほどある。

それは偏に彼の気性に由来する。彼は物凄く気性が悪かったのである。悪いったって、半端な悪さではないのである。それはもう、あのサンデーサイレンスがかわいく見えるレベルであった。

全盛期のセントサイモン伝説

  • 厩務員は常に命懸けであった。なんとなれば隙あらばセントサイモンが殺す気で攻撃を仕掛けてきたからである。
  • 困り果てた厩務員は「のかわいさでセントサイモンをメロメロに」とか思って房にを入れてみた(この方法で成功した例はキンチェムなどがいる)。ところが、セントサイモンはを見るなり咥えて天井に投げつけ、打ち殺してしまった。ぬ、ぬこぉぉぉぉ!何をするだァーッ!
  • 調教やる気なさげにしていたセントサイモンに、騎手が「ほれ!」とばかりに拍カウボーイの踵についているあれ)を入れると突如暴走騎手は落とされないようにしがみついているのがやっと。厩舎の間をにも留まらぬスピードで駆け抜け、外れまで吹っ飛んでいって、ようやく停止。騎手は「もう二度と拍は使わねぇ!」な顔で叫んだとか。
  • この時騎手が言ったのが「セントサイモンは煮えたぎる蒸気機関車のようだった!」という有名な台詞である。例えがもう生き物ですらない
  • こんな恐ろしいを本気で走らせたら何が起こるか分からないので、セントサイモンはレースを出す事を許された事がかった
  • とあるレース4000m戦)で、騎手は抑えたレース運びをしていたのだが、セントサイモンにはそれが御気に召さなかったらしい。騎手がそろそろ?と手綱を緩めると突如暴走!最後尾から突き抜けてゴールでは後続を20身ちぎり捨てた。それだけでは満足しなかったセントサイモンはゴールも信じ難い速度暴走を続け、1600mも余計に走ったのだった。
  • 常に入れ込み状態で汗だらだらレースの時だけでなく房の中でも。
  • あまりに気性が悪過ぎるので、このまま種入りしたらを殺してしまいかねないと、二年近くも気性善が試みられたが失敗。結局生涯こんなかんじであったという。

しかし、そんな彼にも弱点があった。何故かを見るとビビってしまうのだ。そこでこのことを発見した後はステッキをに見立てて言うことを聞かせたという。

元凶

よくもまぁこんなレース生活を全うし、種になったものだとあきれ果てる(流石に面倒見ていられなくなったのか、一年しか走っていないが)。しかも種として大成功したのだから恐ろしい。サラブレッドにはこのの血が必ず入っているので気性が悪いが出た場合、大体こいつのせいだと考えていいのではないだろうか。

血統表

Galopin
1872 鹿
Vedette
1854 鹿
Voltigeur Voltaire
Martha Lynn
Mrs. Ridgway Birdcatcher
Nan Darrell
Flying Duchess
1853 鹿
The Flying Dutchman Bay Middleton
Barbelle
Merope Voltaile
Juniper Mare
St. Angela
1865 鹿
FNo.11-c
King Tom
1851 鹿
Harkway Economist
Nabocklish Mare
Pocahontas Glencoe
Marpessa
Adeline
1851 鹿
Ion Cain
Margaret
Little Fairy Hornsea
Lacerta

関連動画

セントサイモンで検索したら出てきて吹いたwww

関連コミュニティ

セントサイモンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP