両A面 単語

9件

ダブルエーサイドシングル

4.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

両A面(ダブルA面)とは、シングル盤における概念・商法のひとつである。

本記事では、これに生したシングル盤の商法であるトリプルA面クアトロA面についても解説する。

概要

シングル盤においては、通常ある1曲をジャケットに大々的に書き(タイトル曲)、そのほかにおまけ扱いの曲(カップリング曲)を収録することが多い。アナログ盤(レコード)時代は表と裏にそれぞれ1曲ずつ収録することがしばしばあったので、タイトル曲のほうをA面、裏をB面と呼ぶ習慣ができた。

両A面という呼称はこの習慣の名残であり、表の曲も裏の曲もタイトル曲として発売したことにちなむ。CDシングルにおいてもA面曲を2曲収録した場合「両A面」と呼ばれることがあり、これに生してA面曲を3曲収録した「トリプルA面」、稀にA面曲を4曲収録した「クアトロA面」というシングルの商法も見られるようになった。

実例

ここではダブルA面、トリプルA面、クアトロA面として発売されたCDシングルのうち、年間ヒットチャート上位にランクインしたことのある著名な作品を例に挙げる。

ダブルA面シングルの例

宇多田ヒカルAutomatic/time will tell』
1998年12月9日リリース多田デビューシングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位1999年度年間2位
1曲フジテレビ系バラエティ番組「笑う犬の生活 -YARANEVA!!-」のエンディングテーマ、2曲フジテレビ系トーク番組「ごきげんよう」のエンディングテーマ。当初は8cmCDと12cmCDの2形態で発売され、8cmCDでは3曲に『Automatic』のカラオケ、12cmCDでは3曲に『time will tell -DUB MIX-』が収録されている。
本作は1999年2月17日に12インチアナログ盤も発売しており、こちらでは表に『Automatic』、裏に『time will tell』と『time will tell -DUB MIX-』が収録されている。
中島みゆき地上の星/ヘッドライト・テールライト
2000年7月19日リリース中島の37作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位2003年度年間9位。
1曲NHK総合テレビで放送されたドキュメンタリー番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」のオープニングテーマ、2曲は同番組のエンディングテーマ。3・4曲には、各A面曲のカラオケも収録。
A面2曲共に元々は2000年11月15日発売の中島オリジナルアルバム『短篇集』のみに収録予定であったが、番組の視聴者からの要望が殺到し、急遽アルバムに先行して発売された経緯がある。
なお、本作がオリコンシングルチャートにおいて発売初週に記録した順位は15位であり、週間1位を獲得したのは2002年大晦日NHK紅白歌合戦で歌唱披露した後のことである。
矢井田瞳『Look Back Again/Over The Distance
2001年6月27日リリース、矢井田の4作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間3位、2001年度年間45位。
3曲にはカップリング曲(B面)として『le vent brulantを収録。1曲資生堂「ピエヌ」のCMソング、2曲JALACTIVE 北海道 2001キャンペーンテーマソング、B面である3曲も「F1グランプリ」のエンディングテーマに起用されていた。
本作のように、ダブルA面以上のシングルにA面曲のリミックスカラオケではないカップリング曲を収録する事例も多く存在する。

トリプルA面シングルの例

CHAGE&ASKAHEART/NATURAL/On Your Mark
1994年8月3日リリースチャゲアスの35作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位1994年度年間14位。
1曲東宝配給映画ヒーローインタビュー」の主題歌、2曲は同映画オープニングテーマ、3曲は「アメリカン・フェスティバル '94」のテーマソングとして使用された楽曲。
表記上はトリプルA面シングルとして扱われているが、ASKA本人によれば、3曲の『On Your Mark』は『HEART』のカップリング曲(B面)という位置づけで制作されたという(公式サイトexit)。
福山雅治/ひまわり/それがすべてさ』
2003年8月27日リリース福山の18作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位2003年度年間2位
1曲フジテレビ系ドラマWATER BOYS」の主題歌、2曲福山前川清に提供した楽曲のセルフカバー、3曲大塚製薬ポカリスエット」のCMソングに起用された楽曲。
本作について福山公式では、"トリプルA面シングル"とは異なる"MAGNUM SINGLE"という呼称で宣伝されていた(公式サイトexit)。

クアトロA面シングルの例

浜崎あゆみ『A』
1999年8月11日リリース浜崎の10作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位1999年度年間3位。
収録内容は1曲から順にmonochrome『too late』『Trauma』End roll』、5~8・13・14曲には各A面曲のリミックス(別バージョン)、9曲~12曲には各A面曲のカラオケを収録。1・3曲は「天然水」のCMソング、2曲ホンダジョルノクレア」のCMソング、4曲森永製菓こんがりショコラ」のCMソング(ただし、実際にCMで使われたのは8曲収録のリミックス)に起用された楽曲。なお、ここで記載する曲順は「通常盤」のものであり、当初は「通常盤」を含め曲順が異なる7つの形態で販売されていた。
ちなみに本作のように収録曲名をCDタイトルに冠さないシングルは、この後にも紹介する作品のように他のアーティストでもしくはない。
Mr.Children四次元 Four Dimensions
2005年6月29日リリースミスチルの27作シングル
オリコンシングルチャート最高記録は週間1位2005年度年間3位。
収録内容は1曲から順に未来『and I love you『ランニングハイ『ヨーイドン、5曲には『ヨーイドン』のカラオケも収録。1曲大塚製薬ポカリスエット」のCMソング、2曲日清食品カップヌードル」のCMソング、3曲東映映画フライ,ダディ,フライ」の主題歌、4曲フジテレビ系教育番組「ポンキッキーズ」のエンディングテーマなどで使用された楽曲。

チャート上でアルバムとして集計されたシングルの例

上記に挙げたCDは、いずれもオリコンチャート上で「シングル」として集計された作品である。

明確な定義の記載はないものの、オリコンチャートでは「リミックスカラオケライブを除いた楽曲数が5曲以上となるCD」をアルバムとして集計しているとされる。
そのため、アーティスト公式側がシングルとして宣伝したCDでも、チャート上ではアルバムランキングで集計された作品も存在する(前述の浜崎あゆみ『A』は、収録曲数こそ14曲であるものの、リミックスカラオケを除けば4曲であるため、同チャート上ではシングルとして集計された)。

以下にその事例を紹介する。

EXILEFANTASY
2010年6月9日リリースEXILEの33作シングル
オリコンアルバムチャート最高記録は週間1位2010年度年間11位
収録内容は1曲から順にVICTORY『24karats STAY GOLD『願い』『GOING ON』『My StationMake It Last Forever』MONSTERボーナストラックとして『Angel -Acoustic Version-』も収録されている。1曲2010 FIFAワールドカップ日本代表応援ソング、2曲キリンビバレッジキリンメッツ ワイルドチャージ」のCMソング、4曲トヨタWISH」のCMソング、6曲キリンビバレッジ大人キリンレモン」のCMソング
言うなれば"8曲A面"、あるいは"クアトロA面+クアトロB面"という構成のようで、当時の公式では"ダブルマキシシングル"という呼称で宣伝されていた(当時のニュース記事exit)。しかし、チャート上でアルバムとして集計されたためもあってか、2024年1月現在EXILE公式サイト上では「ミニアルバム」として紹介されている(公式サイトexit)。
Billboard JAPANでは、シングルチャートで集計された。
SuperflyWildflower & Cover Songs: Complete Best 'TRACK 3'』
2010年9月1日リリースSuperflyの10作シングル
オリコンアルバムチャート最高記録は週間1位2010年度年間23位。
CD2枚組であり、Disc1がシングルWildflower』(4曲収録)Disc2が洋楽カバーアルバムCover Songs: Complete Best 'TRACK 3'』(15曲収録)という構成となっている。本作がオリコンチャートアルバムとして集計されたのは、Disc2の収録曲数の都合であると考えられる。
シングルにあたるDisc1の収録内容は1曲から順にWildflowerタマシイレボリューションFree Planet』『Roll Over The Rainbow。1曲フジテレビ系ドラマGOLD」の主題歌、2曲2010年NHK サッカー テーマソング、3・4曲にもケータイCMイベントテーマソングタイアップがついている。
タイトルに冠しているのは1曲の『Wildflower』のみだが、Superfly公式では2曲の『タマシイレボリューション』以降の3曲もA面曲として扱われており、シングル部分だけで見れば事実上クアトロA面シングルである。

関連動画

 ↑音楽産業の両A面とは直接関係ないが、おまけ部分 (?) が本編並にが入っており、動画版両A面というのは言い得て妙かもしれない。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/18(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/18(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP