今注目のニュース
ファミマがファイナルファンタジーとコラボ、モーグリの顔みたいな「モーグリまん」登場
会社員の多くが気づいていない「転職のリスク」
全品100円!? 焼肉食べるなら新宿行ったほうがいい。

吉田尚記単語

ヨシダヒサノリ

掲示板をみる(324)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

吉田尚記(よしだ ひさのり)とはニッポン放送男性アナウンサーである。

概要

1975年12月12日生まれ。東京都銀座出身、慶応義塾大学卒業
ニッポン放送に勤めるアナウンサーであり、変態(詳細後述)
また、トーンコネクトの代表取締役CMOも務める。
ちなみに野菜ソムリエの資格を持ったさんと一人がいる。

称の「よっぴー」は西川貴教が考案した。
西川ANNでは、西川の命によりリスナータックルされ折したり、冷を被るつもりが熱湯を被るなど、散々なに遭っているが、同番組が彼の知名度を高めたことには違いないだろう。

声優田中理恵公式とはとても仲が良く、なんだかんだで番組共演が長い。

主な出演番組(終了したものも含む)

オタクアナウンサー

アナウンサーであるが、漫画アニメアイドルなど幅広いアキバ系文化に精通している。

その一例として、

また「練馬産業大学落語研究会」という名義で知人と共にオタク落語(本人く、落語の噺をアニメキャラに置き換えたもの)を製作してコミケにもほぼ毎回参加している。
(ちなみに、練馬産業大学究極超人あ~るに出てくる架大学である)

その知識の量は相当なもので、声優監督漫画家などの関係者ですら時折驚くほど。ただし本人に後ろめたい気持ちは一切いようで、堂々と「自分はオタク」であると言している。

またガンダムSEED DESTINYもやしもんなどの作品において声優の経験もある。

自身の担当番組でもその知識は存分に生かされており、声優ゲストに迎えた際もファンの期待を裏切らない濃密なトークを展開するほか、アニメ関連のイベント会を任されることも少なくない。
最近ではWORKING!Angel Beats!など、人気作品のイベント会も度々行っているので、ラジオリスナー以外でも、彼をにしたことのある人は少なくないだろう。

またその一方で頻繁にライブハウスに通っておりインディーズバンドなども含めて音楽関係の知人も多い。

なお古参リスナーからは「変態」としてよく知られており、自らも時折開き直って「自分は変態」と認めることも多い。
特に2009年から始まったリスナー妄想ワード人気声優が呼んでくれるという「勝手に着ランキングリクエスト)」なる企画においては、自らのことを

変態音響監督・吉田尚記

名乗り、「仕事妥協は出来ない!」と言って自らの理想を追求するべく、数々の有名女性声優に対しマニアックリクエストセクハラになりかねないような発言を連発。やり過ぎとのもある一方で、アニメ好きのリスナーツボを刺する的確なリクエストに対し、最高!、GJ!との賛辞のも多い。

なお、好きな事や気に入った事、リスナーが喜ぶようなことには全くといっていいほど手間を惜しまない、すさまじい行動の高さを持っており、企画書を書いて自ら企画を立ち上げる事も多い。

要するに、地位と行動のあるたちである。

インターネット上で

2ちゃんねるwikipediaを頻繁に利用している他、インターネットSNSなどにも実名で参加している

現在のところmixiMySpaceに参加。
mixiに至ってはマイミクの上限に達しており、吉田ミラーなるものを作って擬似的にマイミク登録をしているらしい。
mixiでは2011年3月28日、ついにmixiアカウントに。これによりマイミク上限の問題はクリアできたが、現在忙しいためマイミク承認が追いついていない。(自動承認にすることもできたが、本人いわく「マイミク承認は、みんなのメッセージ見せてもらいたいので吉田が手動で行ってます……!なので、承認まで時間かかったら、ごめんなさいね!!」とのこと。)
さらにmixi仕様変更で2011年11月末をもって「mixiアカウント」という仕組み自体が消滅、新たに「mixiページ」に移行することとなった。
よっぴーmixiページコチラexit
ちなみにmyspaceアカウントは⇒コチラexit

一時期はyoutubeに自身の番組の番外編アップロードしていた。
またニコニコ動画アクセスしていることも言している。IDは4ケタ台で一般会員だったが
2012年4月に自身のコミュニティを作成したので現在プレミア会員になっている。
2012年8月ニコニコチャンネルを作成。詳しくは後述。

また最近ではtwitterにはまっており、プライベートのみならずtwitterと自身の番組を連動させた企画にも挑戦している(アカウントyoshidahisanori2010年11月現在フォロワーは20000ちょっと)
以前は番組内のコーナーで使用したり、録音放送の際にリスナー実況を楽しむ程度であったが、2010年に入り、ついにtwitterと連動した番組「ミューコミ+プラス」をスタートした(詳細は番組の記事を参照)。
なお彼は日本人アナウンサーとして初めてtwitter認となった人物である。

リンクtwitterアカウントexit

そしてついには自身が執筆した、ツイッター本まで出してしまった。

 

本当に恐るべき行動である。

 

ニコニコ動画上で

2010年12月24日ニコニコ生放送行われた「ニコニコ×ニッポン放送 ラジオチャリティミュージックソン 笑いの泉生放送exit_nicolive」でニッポン放送社屋ロビーに設置される「笑いのステージ側の会として顔出しで登場した。

24日の冒頭のトークでこの大百科記事についても触れ、好意的に受け取ってくれていた。ひょんなことから本人お付きの記事となった。

また、以前app10と題した「スマートフォンアプリ」に関する番組を担当。ニコニコ生放送でもOAしていた。
詳しくはapp10公式ページへ。⇒コチラexit
もちろんtwitterアカウント活用。⇒コチラexit

ニコニコ生放送オンエア情報はこちらを参考にどうぞ⇒コチラexit_nicolive

USTREAMでもオンエアしていました。カメラの画が違ったみたいです。⇒コチラexit
以前の放送もアーカイブとしてご覧いただけます。番組の雰囲気を知りたい方などは一度ご覧あれ。⇒コチラexit

その後app10が終わって以降自分でコミュニティを設立、ミューコミ+プラスオンエア前後にニコ生で配信するようになった。
そしてついには運営へ申請し「チャンネル」を開設。本人いわく「活動の場が広がるにあたり、発信場所を一つにまとめたいと思い開設した」とのこと。

場外ラジオ上で

2013年4月より1のペースにて#jz2 吉田尚記の場外ラジオ」というイベント
ニッポン放送イマジンスタジオにて行っている。(ちなみに「#jz2」はジョーゼツと読む。)

毎回ゲストを招いた上で1対1による台本なしのぶっつけトークを展開する。
チケットは有料で満席になることもしばしばあるが、Ustreamでも生中継されるので安心したい。
また、トーク内容はMacPeopleスタッフによってまとめられ同誌にも掲載される。

2014年2月を持って1stシーズンは終了。現在インターバル期間中。

公式Facebookサイト ⇒コチラexit

関連コミュニティ/チャンネル

関連動画

関連商品



関連項目

掲示板

  • 322ななしのよっしん

    2019/03/23(土) 22:11:07 ID: KCJYLjt8Ee

    ただの会なのにが強すぎてウザい

  • 323削除しました

    削除しました ID: cl3tQ/WsJH

    削除しました

  • 324ななしのよっしん

    2019/06/06(木) 08:18:50 ID: WAS7ctK5p3

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP