今注目のニュース
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増

斎藤隆単語

サイトウタカシ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

斎藤隆とは日本人の名前である。著名人として、に次の人物らが存在している。

  1. 日本アメリカで活躍していた元野球選手。 ← 本記事で解説
  2. 声優。代表作に「ひょっこりひょうたん島」など。1995年に死去。
  3. 東京情報大学教授。経営情報学者。
  4. 日立製作所の特別顧問
  5. 他に、裁判官、自衛官、昭和時代のプロ野球審判員など。

概要

東北福祉大学時代に、一塁手から投手に転向。1991年ドラフト1位横浜ベイスターズ(当時の横浜大洋ホエールズ)に入団。なお、同級生には金本知憲浜名千広がいた。

1996年プロ入り初の二桁勝利マークし、206奪三振タイトルを獲得。

1997年は右肘の手術でシーズンを棒に振るが、1998年4月に復帰し、13勝5敗1セーブで38年ぶりのリーグ優勝、日本一に貢献。カムバック賞、日本シリーズ優秀選手賞も受賞した。

2001年には、森祇晶監督名でストッパーに転向する。7勝27セーブ防御率1.67の好成績を残すが、本人はリリーフでの調整の仕方が分からず、ブルペン先発投手のように投げ込んでからマウンドに向かうこともあったという。
ただ、本人はこの時の経験が後にメジャーで大いに生かされたとっている。

2003年には、山下大輔監督の方針により先発に再転向するが、成績は低迷した。

MLB移籍

2005年オフには球団にメジャー挑戦を申し入れ、了承され自由契約となった。36歳という年齢と成績不振から興味を示す球団はなかなか現れず、2006年2月ロサンゼルスジャーズとマイナー契約を結んだ。4月7日メジャー昇格。6月クローザー名され、守護として定着する。最終的には6勝2敗24セーブの成績を挙げ、プレーオフ進出に貢献した。

2007年6月27日ダイヤモンドバックス戦で、当時の日本人投手として最速の99mph(159km/h)を記録。またこの試合のセーブで、メジャーデビュー以来48度のセーブ機会で45の成功により、44/48エリック・ガニエを抜き、初セーブ機会からの救援成功率のメジャー新記録を立。7月には監督推薦オールスターに出場。8月には日本人投手初の間最優秀救援賞を受賞。しかし、9月19日ダブルヘッターの二戦サヨナラツーランを浴び、チームワイルドカード争いから脱落した。最終的にはナ・リーグ3位の39セーブを挙げた。

2008年も活躍したが、オフFAとなり、2009年1月ボストン・レッドソックスと1年契約を結んだ。6月11日に日通算100100セーブマークした。メジャーでは自己ワーストの記録に終わるも、後半戦は好投した。オフにはアトランタ・ブレーブスと1年契約を結ぶ。

2010年クローザーに次ぐセットアッパーとして起用される。5月30日ピッツバーグ・パイレーツ戦でシーズン勝利を挙げ、日本人メジャー投手初となる40歳代での勝利を、8月8日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、40歳代でのセーブを達成。しかし10月シーズン終了後の自由契約を望んでいたこともあり、解雇された。

2011年1月ミルウォーキー・ブルワーズと1年契約を結んだ。地元が東日本大震災で被災し、4月には左を故障し、その際の痛みから引退を覚悟していたが、ブログファンから励ましを受け、現役続行を決意し、7月メジャー復帰。好投を続けブルワーズの29年ぶりの地区優勝に貢献したが、ワールドシリーズ出場はならなかった。その後FAとなり、アリゾナ・ダイヤモンドバックスと1年契約を結んだ。

ダイヤモンドバックスでは故障もあって結果を残せず、オフFAとなる。日本球界復帰決断の報を聞き、地元の東北楽天ゴールデンイーグルスと古巣の横浜DeNAベイスターズが獲得に名乗りを上げた。両親が地元仙台でのプレーを強く望んでいた(2005年横浜を退団したときにも、楽天に入団して欲しいというコメントを出していた)こともあり、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した。

日本球界復帰後

2013年は序盤は出遅れ、怪の影もあって登板回数は多くなかったが、中盤以降はリリーフの切り札としてポストシーズンまで好投を続け、チーム初の日本一に貢献した。

2014年に右投手最年長セーブ、右投手最年長勝利を記録した。

2015年4月14日に一軍に昇格するも、15日、16日の埼玉西武ライオンズ戦で森友哉本塁打を浴びるなどして2試合連続で失点し、17日にくも登録を抹消される。その後シーズン終盤まで出番がなく、8月16日に現役引退を表明。10月4日福岡ソフトバンクホークス戦で9回表に登板し、細川亨から三振を奪い有終の美を飾った。

人物

成績

通算投手成績

通算:23 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB:16年 403 208 30 8 91 81 55 14 .529 1575.0 457 1331 714 657 3.75
MLB:7年 338 0 0 0 21 15 84 40 .583 338.0 108 400 99 88 2.34

タイトル・表彰

タイトル
NPB 最多奪三振 1回 1996年
NPB MVP 1回 1996年4月
カムバック 1回 1998年
MLB 間最優秀救援 1回 2007年8月

関連動画

関連商品

検索

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP