今注目のニュース
きゃりーぱみゅぱみゅが持論「男はだいたいチャラい」
高橋留美子原作全52作品から選ぶ「全るーみっくアニメ大投票」スタート
「息子が出かけたまま帰宅しない」 埼玉・小4男児の遺体が発見された場所に衝撃

東方家単語

ヒガシカタケ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

東方家(ひがしかたけ)とは、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」及び第8部「ジョジョリオン」に出てくる家族である。この項ではに第8部の方を記す。ジョースター家吉良はこの項では書かない。

第4部の東方家の家族構成と概要

杜王町で警官を勤める祖、その主婦朋子朋子ジョジョ第2部主人公ジョセフ・ジョースターの間に生まれた高校生息子仗助の3人で構成されている。三世代家族である。劇中の年齢で表示する。

第8部の東方家

家族構成

東方家の家紋(劇中内で実際に回想を除いて登場している人物だけを構成員とする。よって、初代東方憲助などは除外する。)
劇中の年齢で表示する。

東方家全員スタンドを持っており、都・定助・岩助を除いて全てのスタンドに「キング」の名前が入っている。

敷地、所有する不動産

フランクロイドライト屋は杜王町の北東部に位置し、庭の階段を下りていくと屋の北東に別棟の小屋がある。震災で崩れてしまったが小屋は果園の休憩所になっていて、に鍵がかかっているが地下室もある。
地下室は助が言うには果の研究や保管、つるぎが言うには東方家代々の石化病を治すための建物らしい。地下室の一室の通気口は震災後の起でに生えている「瞑想」の洞と繋がっているが家族の中でつるぎしか知らない。地下室はほかにも部屋があり、助と豆銑礼だけが知っている果園の特級品の栽培と収穫に使う通路もある。高級果園を持っているためか監視カメラを何台も設置しており、屋の中にカメラ映像確認室がある。
屋を設計したのは八木山夜露で、彼は屋の設計をする時に震災の前まで東方家の地下室のベットがある部屋を使っていた。
震災の時は露が建てた屋はガラス1枚も割れずにビクともしなかったのもあり、この後、助は東方フルーツパーラーの店舗設計も頼んでいた。

園は東方家敷地にもあり、先祖代々受け継がれていた。東方家の三つの戦いでは、東方家の人間によって火がつけられ東方フルーツパーラーの土地5000坪の高額果600本も焼失してしまった。出火原因は不明。

の近くには助が考えて作った、一流ファッションブランド店が立ち並ぶの人々の流れに合わせた東方ふるうつ屋の店と東方フルーツパーラーがある。



来歴

4代助の曽祖にあたる初代東方憲助(ノリスケ・ヒガシカタ)が明治時代の1890年9月に行われたスティール・ボール・ランレース(乗による北大陸横断レース)で2位に入り、その賞100万ドルと縁故を基にして、東方ふるうつ屋を開業して外フルーツを輸入することにより成功した。以後、東方家はその仕事を代々引き継いでいる。

東方家の男子が代々当を勤めており、確認できる初代助以降の東方家の男子の名前にはつるぎを除いて「常」の文字が入っている。当として代替わりした時には、当となったものが「助」を襲名することになっている。

石化病

東方家で大きな問題となっている病。皮膚が木の皮のように硬くなって記憶も段々と失われ、最後は皮膚が石のようになって死んでいく病。非伝染病で医者には治せない。現在、病自体を根本的に解決できる方法はない。

東方家の最初に生まれた子供(長男or長女)がその病気にかかり、長男の場合は代々必ず10か11歳の時に病気になる。このせいで亡くなってきた子供もいたらしい。病を治す前に助・常敏ともそのせいで子供いじめられていた。
病をくすことは出来ないが、交換することはでき、4代助の場合はの伴子と、常敏の場合は自分をいじめてきた子供と一緒に瞑想の根元の洞に入ってや土で覆われることで病が相手に移動された。病が移った方は死に、病があった方は健康に戻る。3代助も交換して生き延びたらしい。
根元の洞でどうして病が交換されるのかはであるが、ジョニィ・ジョースターが「遺体」を使って洞の中で理那に対して行ったことが影しているのかもしれない

東方家は長男が生まれると病気魔物を騙すために「12歳」まで女装で育てる魔除けを代々信じており、同年齢まで「女の子」として教育を受けたらしいとつるぎは言っているが、助や常敏の過去回想描写を見るとそのような描写はなかったので、つるぎだけなのかもしれない。子供はうそつきではないのです。

家業 東方ふるうつ屋

東方ふるうつ屋は高級フルーツを栽培、販売していて、長い間フルーツ食品(果物業界)の分野において業界1位に君臨していた。最近はフルーツパーラー不足や西口モール本店の流れが変わったのもあって、業界2位に後退した。2位じゃだめなのだろうか

助が代表を勤め、跡継ぎである常敏が海外売買販路開拓担当、果栽培人である豆銑礼が高級果実栽培に携わっている。

杜王町前にある東方フルーツパーラーでは庶民が手を出せないような様々な高級果実類を売っている。                                  ↑東方ふるうつ屋
                                       マーク

これとは別に助は売れ残った熟寸前の高級メロンを使ったメロンパフェをパーラー提供している。流線の器の形と9層にもわたるメロンパフェの層が特徴的で、上から食べていくと層が滞留して混ざり合って味が時間と共に変化していく。味に対する驚きを常に提供して常連客となったうえで家族や友人を引き込めるような形の設計に助はたっぷりしてあるのだ。

近年は業界2位に転落したのもあり、高級ブランドをこのまま伝統的に維持する方針助と安価で味が良い果物を輸入して生産するべきだとする常敏で経営方針が対立している。
例えるなら大塚のような構図である。
業の業績を向上させるためもあり、東方家を強くするため、これ以降常敏はロカカカを密輸している田最環達と提携するようになり、東方フルーツパーラーの名前で日本への密輸入を手助けし、密輸利益のマネーロンダリングをするようになる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP