森鴎外 単語

95件

モリオウガイ

2.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

森鴎外(もり おうがい)とは、島根県出身の日本小説家であり、戯曲陸軍軍医総監。特に夏目漱石と共に、明治期を代表する文として知られる。本名は森林太郎(もり りんたろう)。1862年2月17日生まれ、1922年7月9日

なお、名前の正確な表記は森鷗外であるが、「」が環境依存文字であるため、インターネット上などでは森鴎外と表記されることが多い。

村上春樹が選ぶ「国民的作家10人」のうちのひとりである。

概要

明治から大正を生き、知の絶対性を信じ、日本近代化を進めた官界の文人である。作家として、軍医として、2つの生を生きた。

は官界で職務遂行者として、は表現者としての顔を持っていた。上や前任者との衝突などの怒りを鎮め、己を相対化し、浄化し救抜するために、は表現者になることで二生を生きた。

外はまさに洋才を生きた人である。白人人種的優越感を嫌悪しながらも、生涯西欧文化政治状況を視野に入れていた。西欧文化状況の紹介を持続的に行っていた。

外は国家に関わりつつ、国家を制度上からも道徳上からも良くするために表現者として努を続けた。明治の知識人はそれを責務だと考えていた。

科学技術文明の輸入による強兵のをバク進する国家近代化と、外個人の抱え込んでいる精文化を基とする近代化の方向とは、矛盾やズレが生じてくる。外の明晰な頭と合理的思考はしばしばに突き当たり、その意味では時々刻々と挫折感を味わった生涯であった。

日本西欧科学文学伝統革新組織の対立は、軍医として官界に生きる森林太郎と、創作活動に従事する文界の人、外という2つの生涯を同時に生きる森林太郎、外をラグラと揺さぶり続けた。

外は社会的な事件に対して敏感に反応した。外は最初から書くべきテーマを表現する作家ではなく、常にその世界ビビッと反応して表現者になっていった。

外は「学問の自由研究芸術自由発展とを妨げるは栄えるはずがない」(『文芸の義』)とっている。

外の翻訳小説・戯曲はときに創作を補する意味を持っていた。

の官事からの表現者(創作)への渡しが翻訳文学の口述であった。この口述というスタイルが官事の文体から小説文体への筆らしであった。

庭ではの対立に悩まされつつ、家長として一家をまとめる努を怠らなかった。子供は特に可がった。

留学中の体験などを下に1890年代に書かれた「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」はドイツ三部作と呼ばれる。

来歴

森林太郎(外)は1862年(文久2年)1月山陰の小の身分の低い医の長子として生まれた。明治元に先立つこと6年であった。外の生涯はほぼ明治大正のこののあり様と重なる

明治政府西南戦争が終わると国家の整備を本格化する。才ある知識人育成のため、文部省派遣の留学制度を発足させたのだ。

外は1872年(明治5)6月とともに上京し、戚の西周宅に寄宿し、ドイツ語学習のため私塾・進文学社に入る。外の上京にはし、名を上げることが期待されていた。外は1873年(明治6)11月、第一大学医学校予科(のちの東京医学校、東京大学医学部)に入学。それを経て1881年(明治14)7月東京大学卒業

1881年(明治14)卒業試験の最中に下宿上条出火🔥でノートを焼き、膜炎を患うとう散々なにあう。そのためか7月、28人(予科入学時には57人いた)中8番の成績で卒業した。悪くない順位で19歳6ヶと一番若い学士であったが、外の標とした官費留学は理だった。しかし外のヨーロッパ留学の志は強かった。

学生時代、山東京伝、為ロマンチック恋物語中国の才子佳人の物語を読む一方、滝沢馬琴英雄・偉人たちの歴史や伝記、それらを詠じた(詠史)を好んで読んでいる。後者は立志への憧れを誘導したに違いない。

しかし外の意思とは別にから西周へ、西周から戚の軍医本部長外の就職への依頼があり、9月には軍医に内定している。12月外は留学を断念し、軍医師として東京陸軍病院勤務についた。1882年(明治15)軍医本部庶務課へ異動する。

外は陸軍省医務局へ入局し、1884年(明治17)8月から1888年(明治21)9月まで陸軍省から派遣されてドイツへ留学する。

以降、ブラーゲルプロイセン陸軍軍医組織、法規の実務必携書をもとに『医政全書稿本』の編術に従事し、1883年(明治16)3月、全12巻を完成した。こうして「勉強する子供から、勉強する学校生徒、勉強する官吏」(『妄想』)へのを確実に歩んでいく。

外はドイツ実験に基づく実を学んだ。自然科学の合理的、実が西洋の文明の進歩を呼び込んだこと、また西洋の近代を創り上げた諸制度を支えてきた精こそ<自由と美>にあることを確信して帰した。

外は日本性を切り捨て、欧体験を持つ福沢諭吉や西周をとして日本近代を生きていく。

後、日本近代化に向けて西欧体験のある衛生学者としての発言・提言をしていく。しかし当時の日本にはそれを受け入れる土壌ができておらず性急であった。外は挫折を経験する。外は「文明東漸してその物を伝え心を伝えず」とタメ息である。

外は衛生学者としての発言と同時に、文学近代標を言葉による表現世界革新に置いて翻訳創作活動を展開していく。

軍医として作家として生きる外の存在は、陸軍省内では障りな存在であった。一元的な生き方に従わない外は小倉へ飛ばされてしまう。外は自分を医学者として見る人は小説家だから医学を話すには値しないと言われ、官職として見る人は小説家だから重事をまかせるには足りないと言って、成功をくじかれたのは何度もあると記している。

外は小倉という陬の地にあって、ヒト・モノ・コトに邁進し、現実から学んでいく。そして逆にあって、自己を見つめ直していく。この頃の逆が晩年のへとつながっていく。

(つづく)

家族

以下、2chからのコピペ

303 名前:チラシ メェル:sage 投稿日2008/12/11(木) 11:50:17 ID:1DjEE4Xb0
森鴎外と愉快な子供たち
長男 菟(おっと) 次男 不(ふりっつ) 三男 類(るい)
長女 茉莉(まり) 次女 (あんぬ)

長男子供
章(まくす) 富(とむ) (れお) 樊須(はんす) 常治(じょうじ)

DQNとかそういうレベルじゃないな

代表作

関連動画

参考文献

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/16(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/16(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP