もう助からないゾ♡単語

モウタスカラナイゾ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

もう助からないゾ♡とは、エアカナダ143便を担当していたウィニペグのヒューイット管制官の鬼畜発言である。

なんて概要だ、もう助からないゾ♡

1983年7月23日、エアカナダ143便(ボーイング767)はモントリオール空港からエドモントン空港へ向けて高度12000mで飛行していた。ところが、給油量の誤計算 によって飛行中に燃料切れを起こし、すべてのエンジンが停止するという最悪の状態に陥る。
しかし機長ボブ・ピアソンの操縦により機体はギムリ空軍基地に状態で不時着 し、乗員・乗客69人は全員生還 。後に「ギムリー・グライダー」として世界で知られるようになった。

メーデー!:航空機事故の真実と真相」5シーズン第2話「不運の先に待つ奇跡」(MIRACLE FLIGHT)でこの事故が取り上げられた際、作中でヒューイット管制官がインタビューった言葉が、メーデー視聴者に広く知れ渡る事になった。

エンジンが両方とも停止したと聞いて、私は確かこう言ったと思います。

なんて事だ、もう助からないゾ♡

(すでに事解決済みであるため)苦笑とも取れる表情の中、死刑宣告のような発言声優迫真演技に、メーデー視聴者は「これはひどい」と言わざるを得なくなってしまう程だった。

この発言は吹替時の邦訳で生まれたものであり、もともとのセリフ

Holy Cow. I'm talking to a dead man(なんてことだ。私は死人と交信している)

とこれまた厳しい。なお特集編でこの事故が再度取り上げられた際は「もう助からないゾ♡」とは別の邦訳が行われている。

これにより他の航空事故で、乗客やパイロット信用できない 撃者などがインタビューをされた時、「なんて事だ 」と言った後に「もう助からないゾ♡」と視聴者コメントをつける程、シリーズの中でかなり有名な言葉となってしまった。

なおヒューイット管制官はこの事故において、電気系統停止により使えなくなった二次レーダーに代わり、当時使われていなかった一次レーダーを運用、機を捕捉しつつ示を出し続けて基地に誘導している。管制官としての仕事を最大限遂行したことは、彼の名誉のために注釈されるべきであろう。

なんて関連動画だ、もう助からないゾ♡

エアカナダ143便と関係者の「その後」

なんて関連静画だ、もう助からないゾ♡

なんて関連項目だ、もう助からないゾ♡

この記事を編集する

掲示板

  • 309ななしのよっしん

    2023/02/08(水) 19:23:54 ID: Ji/edzmy6i

    >>308
    (あと機長、やめてください!!なんかも…)

  • 👍
    2
    👎
    0
  • 310ななしのよっしん

    2023/03/10(金) 00:33:57 ID: o8Ae5Q0PSj

    要するにホワイトブラックジョークってことね

  • 👍
    1
    👎
    0
  • 311ななしのよっしん

    2023/03/18(土) 21:59:37 ID: mOveYdrye6

    翻訳元の方が酷くて

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/03/22(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2023/03/22(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP