甲鉄城のカバネリ単語

コウテツジョウノカバネリ

3.8千文字の記事
掲示板をみる(742)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

甲鉄城のカバネリとは、WIT STUDIO製作オリジナルアニメである。
英字版タイトルは「KABANERI OF THE IRON FORTRESS

概要

フジテレビ系列局の”ノイタミナにて2016年4月から放送されたTVアニメTV放送に先駆け、全3話を「序章」と題して2016年3月16日から1週間限定で劇場開した。

舞台は蒸気技術が発達した極東の「日ノ本」で、突如現れた不死の怪物カバネ」との戦いを描くスチームパンクアクション

最近のテレビアニメではややしいことに、放映当時のネット配信は「Amazonプライム・ビデオ」の1サイトのみの独占配信となっていた。

監督は『進撃の巨人』『ギルティクラウン』などの「荒木哲郎」、シリーズ構成・脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』などに関わった「大河内一楼」が担当した。他にも、キャラクター原案に『超時空要塞マクロス』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』などの「美樹本晴彦」、音楽に『機動戦士ガンダムUC』『進撃の巨人』などの「澤野弘之」などスタッフが名を連ねた。

メディアミックスとして、吉田史朗によるコミカライズ版がコミックガーデン2016年6月号より連載。またアニメ本編前日譚を描いた『小説 甲鉄城のカバネリ 』、アニメ本編内容のノベライズ小説 甲鉄城のカバネリ』上下巻、本編の間に挟まる外伝エピソード小説 甲鉄城のカバネリ 追憶の』などの小説作品もマッグガーデンノベルズから発売された。

また、放映終了後にTV版をめた『甲鉄城のカバネリ 総集編』が前後編の劇場上映作品として、前編が2016年12月31日から、後編が2017年1月7日からの2週間限定で開。1週来場者プレゼントとして本編の後日談を描いたドラマCD『話劇 甲鉄城のカバネリ 時雨』が数量限定で配布された。

2019年5月10日には新作『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が劇場開された。

ストーリー

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の化物が現れた。鋼の被膜に覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後にり人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

極東のである日ノ本(ひのもと)の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。を行き来ができるのは分厚い装甲が施された装甲蒸気機関車(通称、駿(はやじろ))のみであり、互いのはそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。

製鉄蒸気機関の生産をなりわいとする顕(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器ツラヌキ筒(づつ)」を開発しながら、いつか自分のを発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。

そんなある日、前線をくぐり抜けて駿の一つ甲(こうてつじょう)が顕にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒は、義務であるカバ検閲を免除される不思議な少女撃する。

その、生駒が名(むめい)と名乗る間の少女と再会するなか、顕駿暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!顕に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒は走る。今度こそ逃げない、は、ツラヌキ筒でカバネを倒す!

―――こうして、本当にく男になるための生駒の戦いが始まるのだった。

公式サイトINTRODUCTION」より引用

登場人物

  • 生駒(いこま) - CV畠中祐
    • 本作の主人公。顕に住む蒸気鍛冶少年17歳
      過去カバネの襲撃により住んでいたは壊滅、両も失う。
      その時を守れなかった事から、打倒カバネ及び「自分可さに他人を見捨てる」事を由としない信条を持つ。
      また、疑わしい人物や善人と呼べない者相手でも、抵抗である者へ攻撃する事を嫌う。
      カバネに対抗するために「ツラヌキ筒」を始めとする独自の武器を開発している。顕カバネに襲撃された際に、カバネに噛まれながらもツラヌキ筒でのカバネ撃退に成功、自ら開発したカバネウィルスの侵食を阻止する首輪を嵌めることで一命を取り留める。しかし、その代わりに人でもカバネでもない「カバネリ」となってしまう。
  • 名(むめい) - CV千本木彩花
    • に乗って顕にやってきたカバネリの少女。生駒をしい同属として扱ったりする。
      らしい見たに反して1人でもカバネを圧倒するほどの戦闘を持つが、一定時間全で戦うと強制的に眠ってしまう。
      戦闘時は、甲子供たちと遊んでいたり、生駒に稽古や戦闘訓練をつけている一面も見られるなど、12歳にして中々の面倒見の良さを見せる。
      生駒は当初名に死んだの影を重ねていた。
  • 四方 (よもかわ あやめ) - CV内田真礼
    • を治める四方の惣領(跡取り)。
      不在のに代わり、顕の民を率いて甲に乗り込む。
      常に領民の安全を願う領の鑑の様な心の持ちで、荒事になってもうろたえない胆の持ち
      カバネとの戦いの時は守られる立場だが、自らも蒸気式の強を用いて戦線に出るなど非常に勇敢である。
  • 来栖(くるす) - CV増田俊樹
    • 四方に仕える武士
      の腕は一流で忠義に厚い、武人らしい人物。その忠義ゆえ頑固で融通の利かない所が玉に瑕。
      諸々の理由でカバネリをかなり疑っていたが、共闘する内に仲間と認めるようになる。
      当初は他と同じく通常のを使っていたが、吉備土の進言からカバネの首を飛ばす戦いをとしている。
      常にの身を気遣い、必ず彼が警護についている。
  • 逞生(たくみ) - CV梶裕貴
    • に暮らす蒸気鍛冶少年で、生駒の友人
      で危なっかしい生駒に半ば呆れつつも、若干の憧れを抱いている。
      生駒と共にカバネについて調べ、ツラヌキ筒の開発や「カバネ化が祟りなどではなくウイルスによるもの」だという見解を共有している。
      当初こそカバネリ化した生駒を怖がってしまったが、すぐに思い直し彼を助け出すに至った。
      戦闘にも筒を用いて参加する。
  • 鰍(かじか) - CV沖佳苗
    • に暮らす蒸気鍛冶少女
      明るく気丈な性格で、甲事や子守を率先して行っている。
      基本的にも頭が上がらないが、それを利用して威ったりはしない。
      名を信用し、「血」の提供っ先に申し出た。
      買い物上手
  • 侑那(ゆきな) - CV伊瀬茉莉也
    • 日ノ本各地に物資を運んで回る甲の乗務員。
      男勝り職人気質な女丈夫。
      冒頭では見習い扱いだったが、1人で甲の運転を難に取り仕切ってみせている。
      咄嗟の判断が冴えるタイプ
  • 巣刈(すかり) - CV逢坂良太
    • に暮らす蒸気鍛冶少年
      生駒達より若干年下で、彼も過去カバネの襲撃に遭った様だ。
      常に斜に構えた態度を取るが、侑那には弱い。
  • 吉備土(きびと) - CV佐藤健輔
    • 四方に仕える大柄な武士
      温厚な性格で、武士の中では較的話が分かる人物。
      カバネリの2人についても受け入れる姿勢をくに見せていた。
      来栖とは仲が良いらしく、接近戦が有効である旨を進言したりしている。
  • 鈴木すずき) - CVマックスウェル・パワー
  • (びば) - CV宮野真守
    • カバネ退治のために組織された独立部隊「狩方衆」の総長を務める若き英雄名からは様と呼び慕われている。
      将軍長男だが、現在は勘当されている身。
      一見すると総長としての器を備えた、非の打ち所のイケメンなのだが・・・・・・

主題歌

オープニング主題歌KABANERI OF THE IRON FORTRESS
歌 : EGOIST
エンディング主題歌ninelie
歌 : Aimer with chelly (EGOIST)

スタッフ

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 740ななしのよっしん

    2021/07/13(火) 20:22:13 ID: zYTywR+I0h

    あたりで失速したな。途中までは面かったんだが。
    あと鰍がモブすぎた。もっとヒロインっぽい行動させとけ

  • 741ななしのよっしん

    2021/07/29(木) 04:20:46 ID: 0NEsmJ7Ocx

    こんなの作ってる暇があったら進撃やってればWIT制作から外れる事もなかったかもしれんのにアホだなぁ

  • 742ななしのよっしん

    2021/09/29(水) 03:38:29 ID: 5Dwfa+7WEZ

    これは映画までがひとまとまりの作品と見たほうがいい。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/27(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/27(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP