納谷悟朗単語

ナヤゴロウ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(188)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

納谷悟朗とは、テアトル・エコー所属の俳優声優舞台演出である。1929年11月17日生まれ。
なお納谷六朗は彼の実で同じく俳優声優である。

概要か…何もかも皆懐かしい

吹き替えの創生期から活躍するベテラン。『ルパン三世シリーズ銭形警部、『風の谷のナウシカ』のユパ、『宇宙戦艦ヤマト』の沖田艦長等が有名であるが、他にも特撮への出演およびナレーション、洋画の吹き替えなども幅広くこなしている。

多くのベテラン同様に「声優である以前に俳優である」ことにこだわりを持つ。実際、「舞台の役を与えられたのと同じ感覚でやっていた」とっており、『ルパン』や『ヤマト』に関するインタビューでも、「“声優”という呼び方は許さない」とほぼ毎度開口一番に発しているという。とあるインタビュー取材で“声優の納谷悟朗さん”と紹介された途端に、怒って取材を断ったという逸話がある。
また、舞台経験がないまま声優になる人達に対しては「舞台経験をした方がいい。」とアドバイスを送っている他、舞台に立つ声優には積極的に支援している。

ルパン三世関連

銭形警部について

ルパン三世TV第1シリーズから2010年テレビスペシャル『the last job』にかけて39年間銭形警部を演じ続けてきた。
の地は澄んでいる方だが、銭形を演じる時は濁声で喋っている。(これは他の役作りでも同じ事である)
その一方で「銭形はいつまでも歳を取らないけど、は年々歳を取っていくので、合わせるのが少し辛い。」と長年担当している事からの苦労もっていた。
その後銭形役は2011年ルパンスペシャル血の刻印 〜永遠のMermaid〜』からは山寺宏一が後任となったが、今後の機会があればまた銭形をやりたいと述べていたが、2012年に発売された『ルパン三世 Master File 』に収録されている短編アニメルパン一家い』で再び銭形役で再登板している。

ルパン三世(山田康雄・栗田貫一)との交友関係

がとりわけ私共に交が深い役者仲間は、同じくテアトル・エコーに所属していた初代・ルパン役の山田康雄であった。2人は「ルパン三世」や多くの洋画の吹き替えで良く共演したり、仕事を終えては遊びに行ったり、借りておいた千葉の上総にある海の家に帰っては一緒に飲んでいたという。

1995年山田が急逝した際、彼の葬儀で弔辞を担当したのも納であった。
山田遺影に向かって銭形ルパンに怒鳴るような口調で「おいルパン、これからを追い続ければいいんだ」「お前が死んだらを追いかけりゃいいんだ」とながらに呼びかけたという。
その内容は1st最終話の「の大勝負」や2nd32話の「ルパンは二度死ぬ」を思い起こさせるものだった。

山田亡き後のルパンでは山田に代わって作品の重鎮として、特にルパン後任の栗田貫一のことはよく気にかけていた。(「くたばれ!ノストラダムス」で栗田が戸惑う中、納から「お前でいいんだ!やってくれ‼」という言葉をかけたという)。テレビルパン特集でも顔出しで「いつか絶対捕まえるからな」などと登場したこともあった。

特撮関連

また、ヤマトルパンに触れる前の世代には『仮面ライダーシリーズに登場する敵組織の首領役がお染みであった。毎度のごとく、のみでを発し、最終回近くで姿を現し、歴代仮面ライダーとの闘を繰り広げた。仮面ライダーストロンガーでは本来の姿である<岩石大首領>として登場。その後の組織には作品設定によって関わりがあったりなかったりまちまちだが、仮面ライダーBlack RXまで昭和ライダーラスボスたる格を確固たるものとしていた。平成ライダーでは一部映画で納による首領が登場するが、高齢のためか、台詞は少なめだった。この他にも特撮では『怪獣大戦争』のグレンや『ウルトラマンA』のAを担当している。

晩年

晩年は度重なる体調不良によって2008年俳優業を引退し、2012年までは声優業を休止して入退院を繰り返すなど、体的にも役者としての活動にもいていた。
そして2013年3月5日午前3時、慢性呼吸不全により自宅で死去した。享年83。

山田康雄の死から18年後の同じ3月に、ルパンファミリーとしては、山田の次に亡くなった。

なお、「ルパンVS複製人間」の作中のある場面に二人のこんなやり取りがある。

ルパン「見上げたしつこさだね。いや、はさぁ、確か死んだはずじゃなかったっけか?」

銭形馬鹿もん!!お前がたとえ100回死のうとそんなことは問題ではない。ルパンという人間がいる限り、私は日永遠に追い続ける義務があるのだよ。」

今頃二人はきっと天国で生前つかなかった追いかけっこの決着を争っていることだろう。

葬儀族のみで済ませ、同年5月21日に別れの会が営まれた。役者仲間ファンを合わせておよそ300人 が恵比寿エコー劇場を訪れ、その中にはルパン役の栗田貫一をはじめ、原作者のモンキー・パンチ銭形役を引き継いだ山寺宏一アニメブリンク」で共演した野沢雅子もいた。
栗田ルパンで「とっつあん、さみしいねぇ、ずっと追いかけてもらいたかったぜ」と別れの言葉を述べた。
野沢からは「頑るからあちらの世界から絶対見ていてねと、お約束してきました」と想いを寄せていた。

主な出演作品

アニメ

ゲーム

吹き替え

なお吹き替え出演作品は100本以上に及ぶらしい。

彼はトンデモない関連動画を盗んでいきました

ワシの関連商品に見覚えがあるのではないかな?

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 186ななしのよっしん

    2022/04/15(金) 15:54:25 ID: cIgxH6MBzB

    昔のアニメ見てると結構な頻度で名前を見かける声優さん
    独特で含蓄のあるだよなー

  • 187ななしのよっしん

    2022/04/15(金) 16:10:45 ID: f/lFCQzY3Q

    >>186
    この方に限らないんだけど、渋い声優さんや重いの人って亡くなったりして減っていってる気はする

  • 188ななしのよっしん

    2022/08/30(火) 14:15:22 ID: vicveVpfiq

    さんが明確に「衰えた」ていうのがに見えるようになったのっていつ頃だろう?

    ルパンに限って言えば、90年代全盛期べるとハリくなり始めたけどまだ滑舌はしっかりしてたけど、2000年アルカトラズコネクション入った辺りから滑舌も怪しくなり始めたって感じがする。

    他の作品だとメルカッツ提督とかは割と最後まで重厚な演技を維持してたが、同時期にやってたPS版ヤマト沖田艦長がヨボヨボのおじいちゃんみたいになってたな。

    となると90後半〜00年代前半あたりからか?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP