栗田貫一単語

クリタカンイチ

  • 11
  • 0
掲示板をみる(270)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

栗田貫一とは、日本ものまねタレントであり、ルパン三世(二代)でもある。

概要

六本木ショーパブでスカウトされたことがきっかけで、「日本ものまね大賞」にてテレビデビュー。世間一般では『ものまね王座決定戦』の「ものまね四天王」の一、あるいは二代ルパン三世として有名。最近ではものまねルパン三世業の他に清水アキラアキカンという漫才コンビとしての活動を行っている。

昭和33年3月3日生まれで、平成3年3月3日に33歳になった。

ものまね

もしもものまね」のパイオニアであり、「もしも細川たかしパトカーサイレンだったら…」などといったネタを知っている人もいるのではないだろうか。また、歌マネも得意としており、中にはドレミの歌で8名の人物を音階毎に演じ分けるという荒業まで存在している。他にもアニメの登場人物のものまねも得意としており、後述のルパン三世も彼のレパートリーの一つであった。

ルパン三世

現在栗田は二代ルパン三世を担当している。
長らくはほぼ毎年恒例となったTVスペシャルルパンのみを担当していたが、2012年には本人も望んでいたTVシリーズLUPIN the Third 峰不二子という女」でも担当することになり、2015年には、30年ぶりのアニメシリーズ峰不二子という女は番外扱い)でも引き続き演じている。

二代目となった経緯

意外(?)にも、初代ルパン三世役の山田康雄とは親交があり、きっかけはお互いの自宅にルパン留守電に用件を吹き込んだ事から。
その後山田が亡くなり、栗田は『くたばれ!ノストラダムス』においてピンチヒッターのつもりで演じたつもりだったが、そのまま二代になったという逸話がある。
一部では山田が直接栗田に託したという噂があったがそれはデマであり、実際は病床で発した「ルパンを頼む」、倒れる前に山田が発した「疲れたから後はクリカン(栗田)にやらせておけよ」という冗談を発したことが噂として広まってしまったと見られている。

余談だが、山田存命時に栗田ものまね番組でルパン三世を演じた際、後ろから山田本人が登場し、Wルパンを披露したことがある。この様子は「ルパン三世永遠に-山田康雄メモリアル-」に詳しい。
今では二代となった栗田が本物さん登場として現れることもしばしばである。

二代目の苦悩

ルパンを演じる際には他の役者からアドバイスを貰いながら、山田ルパンを尊重したルパンを心がけている。
これは「ルパン山田さんの演じたものだと思っている。山田さんを演じる事が自分のルパン」というこだわりからきており、ルパン仕事が入ると数週間前から仕事を全てキャンセルしてイマジネーションを高める作業に入るという。
声優としてルパンの役作りを行う際は、過去作品からのイマジネーションを得てから演じている。この下準備と高い集中が必要になっている為か、収録以外ではルパン突然リクエストアドリブだと上手く出せないという。
アフレコ時も、自身が声優としては素人であったことから、収録後に自分の演技を添削し、不足点があれば自分の収録部分だけ再録を進言することもあったという。

ファンの間では有名な『ルパン三世 風魔一族の陰謀』におけるエピソード物語るように、よりも強くルパン三世愛し、『ルパン三世を一生手放さん!!』と固く誓った山田康雄がいた。
そして実際、クリカン本人は大のルパンFANで、そして大の山田康雄FANであり、ルパン三世再放送を見ているだけでいいんですよぼくは」とハッキリ何度も言をしている。

代役を続けている事に対しても、荷が重いという理由で未だに強い抵抗を示しており、事実がそっくりな山田浩康に本気でルパン役交代をめたことがある(あっさりと固辞されたが)。
生前の山田康雄アフレコの最中に「クリカンがやったって同じなんだから、クリカンを呼べよ」と言った事があるが、当人はもし山田康雄本人が「クリカン、お前でいいんだよ。」と言ってくれたとしても、自分は嫌だと述べるほどである。
それは大きなプレッシャーや「自分でいいのか」という思いから来ている部分が多く、何度か弱音をもらしたこともあったが、すると小林清志納谷悟朗といった共演者から「お前でいいんだよ」と励まされたという。

数年後、々と山田康雄の後継者をやっていた栗田だったが、ある時納谷悟朗から「これはお前の作品(お前役)なんだから、俺達お前に付いて行くからな」「お前の決めたことに従う」という重い言葉を貰い、嬉しさとともに背負っているものの重さを感じたという。

近年では声優交代も起こり先輩格として作品の座長として引っっている。

評価

なお、山田ルパン着のある世代からは「ルパン山田康雄以外に有り得ない」と度々批判は絶えないものの、TVスペシャルシリーズ最高傑作と名高い『ルパン三世 ワルサーP38』や原作監督映画ルパン三世 DEAD OR ALIVE』などは作品の出来そのものもさることながら、栗田氏の演技自体も認められており、較的ファンキーイメージの強かった(2ndシリーズ路線の)山田ルパンべ、「シリアスクールハードボイルド路線(要するに初期路線)の作品の方が栗田氏に合っているのでは?」というもある。実際、そのような初期1stルパンの路線で作られた『LUPIN the Third -峰不二子という女-』はシリーズ初の声優総入れ替えのシリーズでありながら、較的好評を博している。
しかし本人はハードボイルド路線よりもコメディありきの作品のほうが好みなのか、上記のTVシリーズ終了後のスペシャル作品におけるコメントでは「TVシリーズシリアスだったけど今回はコメディルパンが帰ってくる」といった旨のコメントを残している。 

先述のような佳作の存在から、現在継続しているテレビスペシャルシリーズも、栗田氏の演技々よりはシナリオ脚本といった話そのものの出来に問題があるのであり、彼の本来の資質を生かした作品を作れば面ルパン三世はまだまだ作れるはずだとするルパンファンは多い。事実山田氏が存命時には彼自身がシナリオアニメーションの絵に大きく口を挟むことも多々あり、『アニメ原作者』ともいえる立場だったという(漫画原作モンキー・パンチも「山田氏はルパンの生みの親」とる)。このあたりは、『原作者』が不在となり、迷走してしまった末期大山のぶ代版『ドラえもん』の状況とよく似ている。

何はともあれ周囲の励ましを受けつつも、クリカン自身は『ルパン三世は未だに山田康雄で、その山田康雄を演じているのが自分である』との強い意志を持っているのは事実である。

その他の声優業

栗田はあくまでものまねタレントであって、こういった声優業はメイン仕事ではない。上記のように山田康雄ルパンの代役という意識が強いためであり、よほど強いオファーがない限りはルパンの役以外は担当しない。

そのため声優業界についてはあまり詳しくなく、『ルパン三世VS名探偵コナンアフレコ当初、過去ルパンシリーズで共演した高山みなみに「今日は何の役ですか?」と聞いてしまったほど(言うまでもなく、高山が演じるのはもう一人の役・江戸川コナンである)。

こういった姿勢故か、過去の外画吹き替えにおける追加録音は地山田に似ていると評される多田野曜平が担当することが多い。ちなみに『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』では、しく外画吹き替えを担当した栗田と、ゲストで出ていた多田野が共演し、山田仕事を継いだ経験のある二人が会話をするという不思議なシーンを見ることが出来る。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/17(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/17(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP