今注目のニュース
クレイジージャーニー放送打ち切りでネットに斜め上の意見があふれ返る!
「なろう系」の草分け「無職転生」TVアニメ化決定 新設のスタジオが制作担当
人生を劇的に変えてしまう「アファメーション」の本当の意味とその効果とは

迅悠一単語

ジンユウイチ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

迅悠一(じん ゆういち)とは、週刊少年ジャンプで連載されているワールドトリガーに登場するキャラクターである。

声優中村悠一/増田俊樹(VOMIC版)

概要

ワールドトリガー要四人のうちの一人。(残り三人は空閑遊真三雲修雨取千佳

読者にすら底を見せない暗躍っぷりからどこまでも掴めない男で、主人公一行の内でもボーダーという組織の内でもイレギュラー的な描かれ方をしている。
底が見えなさ過ぎて主人公一行は個別記事を先どられていたが、人気投票では5位に食い込むなどの結果も残しており、別に人気いとかそういうことではない。決してない。風間さんに抜かれてるとかそういうこと言わない。

人物

ぼんち揚げ、食う?」 「サイドエフェクトがそう言ってる。」

年齢 19歳
誕生日 4月9日
星座 はやぶさ
血液型 O型
身長 179cm
好きなもの ぼんち揚げ
女性おしり
暗躍
所属 ボーダー玉狛支部
ポジション アタッカー

見た

サイドを残し後ろにかき上げた髪型と、ブリッジ部のサングラスが特徴。このサングラスは後ろで繋がっており、にかけるだけでなく首から提げていたりもする。
嵐山准とは見た的に色々と被っている…どころか、年齢、身長血液型まで一緒。嵐山隊の時枝充に「双子?」と疑問を持たれていたりするほどだが、現時点では本編にそんな描写はない。
似すぎているためバージョンアップ次第では嵐山のどちらかがアフロまたはモヒカンになるかもしれないことが示唆されている。ドキドキが止まらないぜ!

性格

ぼんち揚げが大好き。くすねた人に単位であげる程に好き。
常に飄々とした態度を崩さず、緩い表情も相まって親しみやすそうでありながら信頼できさそうな雰囲気を出すが、それらに反して大変思慮深く暗躍を趣味とする。没で何を考えているか分からない底のつかめなさで、度々周りの人物をやきもきさせている。ただ成績らしい成績はあまりよろしくはない。
遠征経験もあることから"近界民がみな一様に人間の敵"という考えは持っておらず、遊との顔合わせにも柔軟に対応するどころかさっさと彼をボーダーに入れようとしていた。
にでも人当りよく接していくが、常識に疎く子供っぽい面もありながらどこかいている遊とは昔の自分を重ねていることもあってか兄弟のような関係になっている。その他の面でも修、遊千佳の三人にはかなりの思い入れがある様子。肩を並べたり共闘したりで仲間意識の強さを諸所で見せる。
主人公先輩ということで大人びた性格をしているが、19歳。 19歳である。

戦闘

自称している「実エリート」という肩書に違わず、トリガーの中でも特に強いを持つとされるトリガー""の持ちで、サイドエフェクトも相まって戦闘力はボーダー内でも折り。4巻ではを本部に返上しているものの、それ以降でも多数のトリオン兵相手に一人で圧勝しているあたり強いことには変わりないようである。
余談だが、彼の戦闘体はしく普段着と変わらない姿。暑い時期にはジャケットを脱いで過ごしている様子。結構ダサい。あとそのおかげで要人物中最低バリエーション数となってしまっている。

サイドエフェクト

作中でも屈チート未来予知というサイドエフェクトを持つ。明確にどういった見え方をするのは描かれていないが、「イメージが見える」と発言しているシーンがある。
起こりうる可性のあるいくつかの未来が並列して見えるらしく、ある程度は人為的に操作をすることも可らしい。ボーダーのサイドエフェクトランクではSの「感覚」に分類される。作中で「予測確定」と言う台詞があるため、人間の持つ予測強化版だと思われる。
戦闘での読み合いからセクハラしても大丈夫かどうかの選別までに使われている便利すぎるだが、絶対的というわけではない。見える未来自体がその中にの望むものがあるとは限らず、また良い未来と悪い未来が必ず順番に並んでいるわけではないため最良と最悪の未来が隣り合わせで少しのきっかけで最悪に転ぶ可性もある。会ったことのない人間未来は見えなかったり、小さな攻撃は読み逃がすこともあったり、量が覆せなければ未来を変えることも出来なかったりしている。それでも十分強いのだが。

経歴

詳しい経歴は判明していないが、ボーダーには組織がになる以前から所属していた様子。
過去には師匠である最上宗一と母親が近界民に殺されていることが明かされており、年齢に反し達観した性格はそのことに起因しているのかもしれない。普段のキャラからは分かりづらいが結構重い過去を背負っている。

トリガーを持つ前からかなりの戦闘を有し、総合1位である太刀川慶とはボーダー内で弧月太刀vsスコーピオン)のライバル関係にあった。だが太刀に選ばれなかったことで二人のライバル関係は終わり、決着はつかないままはS級となってしまう。

……本人に直接関することで書けることがこのくらいなレベルで、を多く含む人物である。
以下は作中でのな働きのまとめ。戦歴はまた別項

初登場時~(2巻、3巻)

「もちろんです 実エリートですから」
イレギュラー門の対策で上層部の会議に呼ばれ、そこで2度に渡る隊務規定違反についてのことで呼びつけられていた修と再会を果たす(初対面は修が入隊試験に落ち警区域内に侵入したとき)。あわやクビかと思われていた修に「イレギュラー門の解決に彼が関わっている」と言い処分を保留にさせ、その後イレギュラー門の問題を解決した遊レプリカの手柄を修に移すことで彼をB級に昇進させた。その時、何故か勝手に修の隊アレンジを加えている。

空閑遊真雨取千佳のボーダー入隊(3巻、4巻)

「言っただろ? 「楽しいことはたくさんある」って」
トリガー持ちということで城戸一党に狙われることになった遊うため、ボーダーへと勧誘する。
その際、遊がこちら側の世界に来た的の人物であり師匠でもあった最上宗一は既に亡くなっており、の持つ""が最上の残したトリガーであることを明かしている。
一度は断られるものの、遊と関わるきっかけになった修と、友達を探すためボーダーに入りたがる千佳、こちら側の世界にいる的を見失った遊の三人で話し合った結果、三人ってボーダー入隊、ひいては玉狛支部に転属することになり、三雲隊結成までの第一歩に一役買った。

ハード人生を送ってきた遊に楽しい時間を作ってやりたいとして、トリガー奪取作戦を経てから空閑遊真のボーダー入隊の交渉条件に師匠の形見であるトリガー、""を本部へ返上。争奪戦の際にはかなりの執着を見せていたらしく、トリガー奪取作戦で戦った風間太刀には驚かれていた。

大規模侵攻時(5巻~10巻)

「そうさせないためにおれたちが行くんだ」
侵攻開始に先んじて修が最悪命を落とすことになるのを予知しており、三輪に対し、の使い手に推薦するのを引き換えに修を助けるよう頼みに行っていた。三輪には突っぱねられ気味に断られていたが、それでも自身の持つサイドエフェクトから「きっと助ける」と断言した。

侵攻開始からは修の死を回避するため遊と共に尽し、人近界民・ヒュースを捕虜にする。上記の三輪についても合わせて、直接的ではないにしろアフトクラトル撤退に大きく関わったのは言うまでもない。
しかし結果的には修に大怪をさせてしまい、しばらくの間は落ち込んでいた様子である。

戦歴

トリガー奪取作戦(3巻、4巻収録)

「実エリートとして かわいい後輩を守んなきゃいけないな」
の持つトリガーを奪取しようとしたA級上位の太刀隊、風間隊、隊(の当真)、三輪隊と相対。トリガーに対抗できると判断された部隊が選ばれる遠征部隊に一人では良いとこ五分五分だったが(本人談)、本部長の命によりA級5位の嵐山隊がに加勢し戦闘開始となる。

嵐山隊が三輪隊の三輪屋、太刀隊の出隊の当真を受け持ち、太刀風間隊の3人、三輪隊のスナイパー二人と交戦することになる。本部との摩擦を考えて部隊を『撃破』ではなく『撤退』させようとしていたが、さっさと太刀にバレたため、プランBと称してA級4人を緊急脱出させ他狙撃手である二人を撤退に追い込み""の強さを見せつけた。
その際首チョンパにされた菊地原はこのおかげでそれ以降散々な扱いを受けることになる。

その後、遊のボーダー入隊の条件にを本部へ返上。以降はスコーピオンで戦っている。

大規模侵攻(5巻~10巻)

「悪いがここからは おれが相手をさせてもらう」
「おっと間違えた 「おれが」じゃなくて「おれたちが」だった」
最初は一人で西部を担当するはずだったが、修が死ぬという未来を回避するため西部羽月に任せ、遊と共に雨取千佳を捕えようとしていた人近界民、ヒュースとヴィザの前に立ちふさがる。

はヴィザ、はヒュースを相手取り1対1の戦闘に持ち込む。

地下道に誘い込むもののヒュースのトリガーが保護色になってしまったことで劣勢になったかと思われたが、未来予知による揺さぶりから突進してくるヒュースをバリケードであるはずのトリガーエスクード)で挟み込むなど話題提供奇策を講じ続け牽制の状態を維持し、その間に修と行動していたレプリカの一手により大規模侵攻は終結。アフトクラトル側に見捨てられたヒュースを殺しはせず、「悪いようにはしないから投降しろ」と彼を捕虜として扱った。
このときにはS級からA級になっていたが、それを感じさせない程の戦闘を見せつけている。

これら大規模侵攻においては、C級隊員の援護と人近界民を捕虜にしたことが評価され、一級戦功を上げている。

戦闘スタイル

バリバリのアタッカーで近距離攻撃をとする戦法。だが、戦術の読み合い等に縁がタイプのアタッカーではなく、を仕掛けるといったことも戦術に組み込んでいる。

物体に撃を伝播させ、残弾を表すの帯が残る限りの届く範囲どこにでも攻撃ができるトリガー""の使い手。その性から攻撃範囲はアタッカーにしてはかなり広く、多対1にもつれ込んでもまだ余裕で対処仕切れている程。ゲームでは訓練室の端から端まで効果を発揮するなど本当にえげつない範囲をカバーしている。
また時間差で攻撃を仕掛けるのも可なこと、接近されるとの発動を潰されただのブレード同然になる・残弾が丸見えなため敵にも対処する要素が残っているなどの弱点がカバーできることから、本人の言う通りの持つサイドエフェクトとは相性抜群である。実質A級上位のメンバーに6対1で勝利を掴み個人総合1位と3位を緊急脱出させた。

4巻にてを本部に返上した後はを手にする前と同じスコーピオン二刀流の近距離アタッカーに戻る。ただノーマルトリガーに戻ってもへらっとした顔で相手に揺さぶりをかけていたり、エスクードを使ったを仕掛けていたり、いやらしいに少し寄っている戦法は変わりない様子。
ライバル関係にあったという過去の通りで行くと個人総合1位太刀と同程度の実であり、回が進むごとに段々と浮彫になっていく太刀さんの化け物具合からしてS級を下りたとしても単純にその戦闘が落ちたわけではないことが分かる。あとは今後の出番によりけりだ。

実力派エリート迅

ワールドトリガープロトタイプとして読み切りで発表された作品。どんなタイトル
主人公の名前は一となっており違いも多くあるが、キャラクターデザインや性格などはワールドトリガーに引き継がれている部分がある。作者く、「強すぎ&大人すぎなため先輩キャラにコンバートされた」とのこと。
同じくして玉狛の陽太郎もこちらから続投。読みべてみると面いことがあったりする。

や陽太郎の他にも似たような名前のが………?

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/12/16(金) 10:05:10 ID: 6nT1ANKyXB

    予知予知歩き

  • 8ななしのよっしん

    2018/11/10(土) 22:22:02 ID: lEZHunVyDx

    友人が「さん好きだけど辛いからトリガーになって引退してほしい」って言ってておもすぎる

  • 9ななしのよっしん

    2019/09/22(日) 14:51:24 ID: eXExZp8pOC

    さんの影ぼんち揚げにハマッてしまった

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP