駒田徳広単語

コマダノリヒロ

掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
                       -――- ―- 、
                 /: : : : ´ ̄: : :`´: ̄ `
              /^7: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            〈.  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
              { f': :/ : /: : :/: : /: : :/: : :、: ヽ: : : : : : :ヽ
               〉{∨: :;': : :/ : :/ : : /: : : :} : : |: : : : : : ∨
            / : : |: : :| : ⌒//: : : :∧⌒|: : : : : : : }
            ヽ/: }: : :|: : :| /{ //}/ :∧: : : : :j:.,′
             {: :八: :、 : {fr'j´     fィr'ハ} : : /}/
             {:八 {\: :{i.:ソ       V:ソイ    …こまだ
                  \ーヘ:ゝヽヽ       ヽ/ノ
               / ∨レト、   ´  . イリ   , イ^ヽ
                 /     \ >rz:</ j/  / J- }
             //    -=ニ`くノ}} }_    /  _,ゝーヘ
            /   /     ∨ ノ )  /  /(   }
           /   /      ノ⌒く}}ヽ'   //  _ノ
             /    /     _/    }\)   /  /
         〈 ∠.   -‐=彡      ノノノヽ'´  /

駒田徳広(こまだ のりひろ、1962年9月14日-)とは、奈良県出身の元プロ野球選手一塁手外野手)である。

現役時代は満塁の場面にめっぽう強く「満塁」の異名を取った。2000年2000本安打を達成。

概要

桜井商業高等学校では投手で4番を打つ強打者として知られていた。

1980年ドラフト2位読売ジャイアンツに入団。背番号50

巨人時代

プロ入り後に打者に転向し、3年に一軍に昇格。プロ初打席で満塁ホームランを放つという鮮デビューを果たした(後述)。


1987年よりようやくレギュラーとして定着するが、当時の読売ジャイアンツの一塁は中畑清が守っており、駒田外野手としての出場が多かった。ウォーレン・クロマティ死球で長期離脱した1988年は、多くの試合でセンターを守っている。


1989年藤田元司監督に復帰すると、アキレス腱痛に苦しむ原辰徳の負担を軽減するためにレフトへのコンバートが断行される。いたサードには中畑清が回り、ファーストには岡崎郁が入るという新布で開幕を迎えるが、中が故障で々に離脱してしまったため、岡崎サードに回り、駒田ファーストに入ることになり、最終的にこのポジションが定着した。


1992年より原が一塁手に回り、駒田は再び外野手に戻った。


1993年長嶋茂雄監督として復帰すると、再びファースト駒田サード原に戻されたが、結果的に両者とも絶不調に陥った。打撃コーチ中畑清との確執も報道されるなどチーム内での立場が怪しくなっていたことに加え、この年のオフに導入されたフリーエージェント制度で中日ドラゴンズに所属する落合博満が移籍してくることが濃厚になったため、駒田FA宣言することを選び、横浜ベイスターズに入団した。背番号は10。

横浜時代

当時の横浜ベイスターズはかつて巨人コーチを務めていた近藤昭仁監督であり、恩師藤田元司アドバイスもあったと言われている。


1998年には打率.281本塁打9本とパッと見イマイチな打撃成績に見えるものの、打点81という驚異の勝負強さでマシンガン打線クリーンナップを支え、横浜優勝に貢献。西武ライオンズとの日本シリーズでは打撃不振に陥ったが、第6戦でタイムリーヒットを放ち、貢献した。


2000年に史上29人2000本安打を達成したものの、成績不振で戦力外通告を受けた。本人は現役続行を希望し、大阪近鉄バファローズも獲得の意思を示したものの、駒田が入団テストを拒否した結果お流れとなり、現役を引退した。

引退後

2001年よりニッポン放送解説に就任し、2002年よりテレビ東京解説を兼任した。

その後、2005年東北楽天ゴールデンイーグルスの初代打コーチとして田尾安志監督の下で打撃揮するも、打撃が振るわず二軍コーチに降格。チームは最下位になり、退団した。

2006年よりテレビ東京を中心とした野球解説者として暫くは解説者のを歩んでいた。

2009年、前年90敗を喫した横浜ベイスターズの一軍打撃コーチに就任するが、チーム打率が『マシンガン打線』と呼ばれた当時とはかけ離れた低打率(.239)だったため、再びコーチを退任した。

その後は再び解説者を務めつつ、常磐大学で臨時コーチを務めたりしていた。

2016年から四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグス監督に就任。しかし4年間で優勝なし、NPB入り選手0人に終わり、2019年限りで退任した。

満塁男

プレースタイル

備考

応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 駒田徳広#12 6044
6044
横浜 駒田徳広#11 6004
6004

通算打撃成績

通算:18年 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 2063 7598 6941 810 2006 357 27 195 953 35 28 47 563 19 1113 229 .289 .342

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/05(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/05(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP