今注目のニュース
機内で授乳の母親に乗務員が覆うよう指示 オランダの航空会社に批判
「京アニ放火殺人事件」犯人は精神疾患で減刑かと物議 弁護士に聞いた結果
ありえない待遇に絶句… 会社で「マタハラされた」と感じた瞬間3選

黒後家蜘蛛の会単語

クロゴケグモノカイ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

黒後家蜘蛛の会』とは、アイザック・アシモフによる短編ミステリー小説シリーズである。

概要

原題は『The Black Widowers(ザ・ブラック・ウィドワーズ)』。
シリーズ最初の作品『会心の笑い』は、1972年2月の『EQMM』誌に掲載された。
計66作のうち60作が翻訳され単行本化(全5巻)されており、残る6作は作者の死後、2003年に「The Return of the Black Widowers」として出版された。こちらは単行本としては未訳だが、推理小説誌に個別に邦訳が掲載されている。

このシリーズ舞台は、ニューヨーク5番13丁イタリアンレストランミラノ』である。
そこで話題にのぼったをその場で解き明かす、いわゆる安楽椅子探偵(アームチェア・ディテクティブ)ものである。

〈黒後家蜘蛛の会〉とは「女人禁制」「秘密厳守」「ホストの絶対権限」というルールに基づき、開催される例会である。
メンバーは何れも曲者いの6名で、彼らはに一度集まり、会食と談論発を楽しむ。
その際、
ホスト(メンバーが交代で務める)はゲスト1名を招待。会食後はホストが頃合いを見てスプーンでグラスを鳴らし、ゲストに対する「あなたは何をもって自身の存在を正当としますか?(How do you justify your existence?)」という定の質問から「尋問」の時間が始まる。
〈黒後家蜘蛛の会〉のメンバーは「尋問」によってゲストから提示されたについて推理し、議論する。しかし結論は出ずに行き詰まった所で、傍らに控える給仕のヘンリーが「皆様、ひとつ、よろしゅうございますか?」とを上げ、それまでに出た情報をまとめて鮮やかにを解く……というのがお約束の流れとなっている。

『黒後家蜘蛛の会』で扱われる「」そのものは他ないものであることが多く、複雑な解きを期待して読むと拍子抜けする。だがこの作品の魅は、そこに至るまでに交わされる会話、および問題解決へと至るパターンにこそある。

なお〈黒後家蜘蛛の会〉という集まりは、作者が実際に参加していたSF関係者の会食クラブ戸立て蜘蛛の会(Trap Door Spiders)』がモデルになっている。登場人物のうち、ヘンリー以外のレギュラーおよび一部のゲストも、作者の友人たちがモデルになっている。

主な登場人物

登場人物 職業 人柄等
イマニュエルルービン 作家 偏屈で多弁な、議論好きの減らず口。めんどくさい人。アイザック・アジモフの『友人』だが、アジモフのような『小物』と並べられるのを好まない。の彫像集めが趣味の妻がいる。
モデルレスター・デル・レイ作家編集者)。
ジェフリー・アヴァロン 特許弁護士 初期メンバーの一人。理知的な堅物。シリーズ開始当初は〈黒後家蜘蛛の会〉が解きの会になることに不満を漏らしていた。帳面で、飲むの量はグラスに1杯半と決めている。古典文学歴史への造詣が深い。
モデルL・スプレイグ・ド・キャンプ作家)。
トーマストランブル 暗号専門 初期メンバーの一人。政府情報機関に勤務。彼がいることで、細なが実は国家規模の事件であったことが明らかになる事も。食前に遅れては「死にかけている男にスコッチソーダ割りを頼む」とヘンリーに頼む。好物はペカンパイ
モデルギルバート・キャントジャーナリスト)。
ジェイムズドレイク 有機化学 初期メンバーの一人。メンバー一の博士号持ち。愛煙だが、よく自分の煙草にむせている。三文小説マニア。本職の化学よりも三文小説についてるときのほうが雄弁。口やかましい妻に「友達づき合い」の難癖をつけられたことが、この会の発足のきっかけとなった。
モデルジョン・D・クラーク科学者・作家)。
ロジャー・ホルステッド 数学教師 中学校教師をしている。口数は少なくどもりがち。『イーリアス』『オデュッセイア』などをリメリック諧謔五行)にしていじくり回すが、下手の部類。黙らせるにはの前に料理を置くのが一番。
モデルドンベンスン作家編集者)。
マリオゴンザロ 他のメンバーが軒並み知性で、常に論理的な言説を展開する(もしくは少なくとも論理的であることを装おうとする)中で、一、直観や好き嫌いだけで考えを述べる。ゲスト似顔絵を描く。ルービンとは対抗意識がある。
モデルリンカーター作家)。
ヘンリー 給仕 非の打ちどころがない仕事をする「ミラノ」の給仕。老齢だが顔には皺ひとつない。決して出しゃばらず、議論が袋小路に入った時に控えめにを上げるのがお約束。卓越した推理実な人柄から6人の尊敬を受けており、会の正式なメンバーとして扱われている。
隅の老人、ネロウルフミス・マープルらと並ぶ代表的安楽椅子探偵の一人。実在人物のモデルは存在しないが、アシモフはP・G・ウッドハウスユーモア小説『ジーヴス』シリーズに登場するパーフェクト従者・ジーヴスをモデルにしていると言及している。

関連動画


関連商品


関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP