今注目のニュース
多摩川氾濫の一方で…堤防決壊も“報道されない”秋川を取材 “異例が常態化”する懸念
ローソンが「悪魔のお湯」発売
「美しく成長した綾波レイ!?」 “エヴァ熱”再燃の内田理央、綾波コスプレが透明感しかない

.hack単語

ドットハック

掲示板をみる(637)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

.hackとは、アニメ・ゲームマンガ小説等からなるメディアミックスプロジェクトである。
単純に「.hack」とだけ書かれる場合、アニメゲームをさす場合が多い。

ちなみにブラウザに「.hack://」と入れてもエラーを返されるだけなので注意。

俗に無印と呼ばれる.hack//感染拡大~絶対包囲までの一連の作品については「.hack//(ゲーム)」を参照

概要

The Worldという架ネットワークゲーム舞台現実仮想現実の双方からに迫るという仕立てで物語が進行する。

特徴的なのは単一の作品に留まらずゲーム・アニメコミック小説といった様々なメディアを用いて進行するメディアミックスプロジェクトであることで、それぞれのメディアで描かれたストーリーが複雑に絡み合い一つの大きな物語へと帰結する。

作品数自体は多いがに「The World R:1」舞台とした第一期シリーズ、それから数年後「The World R:2」を舞台とした第二期シリーズ、そして「The World R:X」及びそれ以降のバージョンThe World舞台とした第三期シリーズに大きく分けられる為、初見の人はシリーズ毎に触れていくことが推奨される。

正式名は「The World」(R:1は付かない)ですがここでは分かりやすさを重視するため「R:1」という表記をしています。

ここではシリーズタイトル一覧を表記する、詳しい内容は各作品の個別ページwikipediaを参考されたし

第一期シリーズ

The World R:1で起こった一連の事件を描いた作品

一人の天才プログラマーが作り出したネットゲーム「TheWorld
しかしそれはただのネットゲームではなかった……



時系列 .hack//AIbuster.hack//SIGN→.hack//ZERO.hack//(ゲーム).hack//Liminality→.hack//黄昏腕輪伝説

第二期シリーズ

The World R:1の事件より数年後、R:1の続編であるThe World R:2で起こった一連の事件を描いた作品

世界人気を誇ったネットゲームThe World R:1」のデータ消失事件から数年後
新たにサービスが開始された「The World R:2」  だがその影で…



第三期シリーズ

2009年1月.hackシリーズ最終作としてPSP専用ソフト.hack//Link」が発表
コミック版と同時展開していき、2009年東京ゲームショウにて.hack//Linkプロジェクト概要が発表。
今回のシリーズを持って.hackは最終シーズンを迎え.hack//Linkを皮切りにコミックOVA等を展開していくことが発表された。

つまり、.hack//Linkは最終作ではなく最終シーズンを始めるにあたり先立って発売された作品という事であったが、結局.hack//New Worldが誕生した事で終わる終わる詐欺となった。
第一期、第二期とは違い中核と言えるゲームが存在せず、「The World R:X」「THE WORLD FORCE:ERA」「VERSUS:The World」「The World:Armed conflict」の四作が舞台。この内、「VERSUS:The World」はβ版の対戦3Dアクションゲームであり、「The World:Armed conflict」もオープンβ版である。

このシリーズから新たにリアルデジタライズと言う現が登場したが、これに関しては「あまりにも非現実的」「安っぽい設定」「物理法則が崩壊した」と批判も多い。更に伏線りまくり回収しない、しようとしていたとしても今の所成功しておらず、相を知るには資料集が必要な状態である事も強く批判されている。

厳密にはギルティドラゴンは含まれない可性があるが、現時点でギルティドラゴンの立ち位置を明記した資料は確認されていない為ここに分類する。



時系列 .hack//Link2020年)→.hack//Quantum2022年)→.hack//bullet(2023年)→.hack//TheMovie(2024年)→.hack//Versus タナトスレポート(2025年)→ギルティドラゴン2030年

Project N.U.

.hack//シリーズを一から再構成する事をしたプロジェクトとされていたが、ギルティドラゴン本編にて続編に落ち着いた模様。と言うのも電撃Appの対談exitから察するにバンダイナムコプロデューサーである平田の意向により、意図的に.hackシリーズの続編である事を隠していた様である。
舞台はこれまで通り「The Worldシリーズ」であるのだが、当初は意図的にその設定を隠滅しようとしており、開発・販売側に不協和音が発生していると考えられていた。しかし最終的にはゲーム現実の二面性の表現が解禁され、ニューワールドは.hack//New Worldへとゲームタイトルが変更される形で.hackシリーズへの正式な編入が行われた。
なお、改題後に公開された動画exitでは、当初から前戦、例えるならフラグメント(The Worldの原となったシミュレーター、又はネットゲーム)として展開していたので二面性の表現をしていなかった、としているがあまり信用されていない。

現在の所舞台となっているゲームは「The World:Re-vice age」であるのだが、ニューワールドVol.1の時点では「New World」と言う名称であり、「ゲーム展開中に設定が変更される」と言う事態を招いている。また、配信前の2037年と言う設定は撤回されたと考えられており、2032年の情勢が開されている為その辺りだと推測されている。
なお、公式サイトによればニューワールドVol.1と.hack//New Worldは一応区別されている様である。



時系列 ニューワールドVol.1(2032年)=.hack//New World(2032年)

新世代

Project N.U.の続報が絶える中、突如発表された新作。第一期、第二期の物語が新たな解釈で描かれ、Project N.U.の「.hack//シリーズを一から再構成する」と言う的に沿っているが、2017年8月17日の時点では分類は不明。


その他の作品

何れにも含まれない作品、または含まれるが別項にしたもの


関連ページ

関連リンク

掲示板

  • 635ななしのよっしん

    2019/07/24(水) 04:42:03 ID: 31BP2AOxNr

    懐古みたいになっちゃうけど、初代やSIGNはあの頃のインターネットにあった未知なる世界的な雰囲気がよく出てて今も好きだ
    というか今じゃもうリアルネットではどうあっても味わえない感覚だからなおのこと好きになっているかもしれない

  • 636ななしのよっしん

    2019/08/26(月) 20:56:23 ID: DCOjctDsFC

    商品展開をミスった作品筆頭だなぁ
    SAO全に取って代わられた

  • 637ななしのよっしん

    2019/08/26(月) 21:01:51 ID: WOIunvjvX7

    ミスってたらこんなにシリーズ展開してないだろ
    いつまでも好調な作品なんて滅多にないというだけ
    まあ、SAOの名前を出してる時点で対立煽りなんだろうけど

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP