SCP-447単語

エスシーピーヨンヨンナナミドリノスライム

5.4千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Item #: SCP-447 - Ball of Green Slime (緑のスライム)
Object Class: Keter Safe

特別概要プロトコル

SCP-447オリジナルの文章exitインターネット上に掲載されています。英語理解できない職員に向けた翻訳文章exitも存在します。閲覧は全てのクリアランスレベルの職員が利用可です。

SCP-447と死体を接触させてはなりません。死体と接触しなければSCP-447-2は非常に有益な性質を持つ物質です。職員はSCP-447-2と死体が接触した場合にどうなるかと言う事を考えるのに駄な時間を費やすより、死体との接触の恐れが限りなく低い分野におけるSCP-447-2の有用性の研究を行ってください。SCP-447と死体との接触の危険性は明であり、O5により、死体との接触に関する研究は禁止されています。違反者は予告なしに殺もしくはクラスD降格となります。重ねて言いますが、SCP-447と死体を接触させてはなりません。

説明

SCP-447は、英語圏のシェアワールド創作作品群「SCP Foundation」に存在するオブジェクトの1つです。特に断りのない文脈である場合、通常はSCP-447-2の事をしてSCP-447と呼ぶ傾向にあります。SCP-447は2つのオブジェクトにより構成され、それぞれSCP-447-1とSCP-447-2と呼ばれます。

SCP-447-1は直径約5cm、重さ1.37kgの緑色をしたスポンジのような球体です。触ると人肌程度に暖かく、中心部は更に若干高温なようです。アメリカ合衆国カリフォルニア州█████████████████で回収されました。SCP-447-1を回収した際に事件が発生し、SCP-447の危険性が判明しました。この為一時的にSCP-447はKeterに定されました。

SCP-447-2はSCP-447-1から生成される性の高い緑色の液体であり、口語的に「緑のスライム」と呼ばれます。SCP-447-1は1時間当たり約10ccの割合でSCP-447-2を生成します。足りない質量がどこから生成されるのかは不明です。SCP-447-2は悪臭がありますが、本質的に性、非腐食性、非放射性であり、食用可です。死体に接触しない安全対策が施されている限り、輸送は通常のプラスチックガラス容器で十分です。様々な物質にSCP-447-2を混合すると、あらゆる性が、大抵は2倍に向上する傾向にあります。ただしこの性向上は、場合によってはデメリットになる場合もあります。食用では、特に野菜ドレッシングに有用である事が判明しています。食の味も善しますが、ステーキ死体に含まれる恐れがあるため生きた状態で接触し、その後加工の過程で除去されます。また、を受けた物質は大抵緑色になり、SCP-447-2を食べた人物の息や、燃やして発生した煙はミントの香りがするようになります。蒸留プロセスAppendix 447-Cで精製されたSCP-447-2は、優れた潤滑剤として財団の保有する装置へ利用する事が許可されています。ただし死体を潤滑するのに使用される事はありません。

SCP-447-2の危険性は、死体と接触する事です。その初期効果は[O5により抹消]。この為、SCP-447が収容されている透明な50ガロン (約190リットル) のプラスチック容器に常に保存され、溢れないように監視します。最低1日1回、クラスD職員によって回収されます。SCP-447-2と死体が接触するリスクを最小限にする為、SCP-447保存区域はレベル1クリーンルームに保たれ、埋葬所・死体示所・霊安室から10km以上離れていなければなりません。SCP-447を取り扱う全ての職員は自殺死体好、殺人の傾向がないか、ポリグラフテストを通過する必要があり、加えて職員は健康かつ良好な体調である必要があります。敷地内では死体を出さない安全対策が保たれている必要があり、職員はそれを順守する必要があります。これが理由でブライト博士SCP-076-2はSCP-447との接触が禁止されています。

このように、SCP-447は本質的に危険な性質を持ちますが、その性質が現れる条件が明化されており、管理された状況では安全に取り扱う事が可です。正確な性質が判明した事によりSCP-447はKeterからSafeへと格下げされました。これは、SafeとKeterの違いを学んだり、Safeは危険性がいというよくある誤解を否定する良い例です。一方で、保管にはクリーンルームが要請されながら、微生物死体で溢れている生体に浸したり食用にしても問題ないなど、微生物死体カウントされるかは謎です。微生物そのものにはをもたらすようです。

SCP-447と死体との相互作用で何が起こるのかは論争の対ですが、結果がせられている事から不明です。「ゾンビになる」「生き返る」「地球が大変な事になる」など、様々な回答のどれかは正解かもしれませんし、全て間違っているかもしれません。ただし結果について考える事は禁止ですし、実験はもっての他です。禁止と明示されている以上、SCP-447と死体を接触させてはなりません。絶対にです。

実験記録447-a

以下は「実験記録447-aexit」から抜したものです。明らか駄な物や、死体との接触可性が高そうな実験が多そうなのは気のせいです。

通常物質との試験

SCPオブジェクトとのクロステスト

その他

SCP-2798 (この死にゆく世界)

SCP-001 (SCP-001-kln) の封じ込めの為、財団はエネルギー場であるSCP-2798を維持しています。その維持に重要な化合物Z21-バイオレット合成にSCP-447-2が他のSCPオブジェクトと共に使われています。SCP-447-2は、化合物Z21-バイオレットの効果範囲を指数関数的に拡大するための触媒として用いられた。これにより1954年前半からSCP-2798を運用し、SCP-001の封じ込めの維持に成功しました。ただしSCP-2798は2005年から指数関数的に強度が減少しており、近い将来消滅すると予測されています。

2016年11月2日SCP-2798は機を停止しました。SCP-001は未収容です。世界規模の緊急プロトコルを実行中です。

創作記録447

447-A: 映像記録

447-B: 静止画記録

「君たち、本当にそんなに難しい事か?死体しだと言ってるだろう?全く、決して、絶対にだ。考えるのも冗談にするのも、ましてや試すのは絶対に駄だ!まったく。」

A. クレフ博士

関連付録

拡張リンク記録

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2019/05/17(金) 23:33:06 ID: 39WhYvydky

    さ わ や か

  • 10ななしのよっしん

    2019/06/13(木) 16:27:07 ID: 0Tjdakshcb

    さ わ や か

  • 11ななしのよっしん

    2019/10/25(金) 18:55:00 ID: SPOj3eo51c

    さ わ や か

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/09(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/09(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP