単語記事: ガンタンク

編集

ガンタンク(Gantank)とは、以下の意味がある。

  1. 『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する人型機動兵器(モビルスーツ/MS:MOBILE SUIT)。本項目で記述する。
  2. 1.に由来する陸上自衛隊の対空自走砲、87式自走高射機関砲の非公式通称。本来の公式愛称は「スカイシューター」。

概要

RX-75ガンタンク by ID: RCV5jZ5qKY ガンタンクスレ#49
ボップが強いんだw ガンタンク by タム ガンタンクスレ#8

『機動戦士ガンダム』における、地球連邦軍V作戦試作モビルスーツの一つ。形式番号RX-75。

RX計画の対MS戦闘車両RTX-44をベースに開発された。

元々は頭部コックピットの砲手と腹部コアファイター操縦席の操縦手の二名で運用していたが、後にハヤト一名だけで操縦出来るよう、頭部コクピットに統合された。つまり本機のコアブロックシステムにはなんの意味もない。

劇中ではリュウ・ホセイとハヤト・コバヤシがメインパイロット。

下部コクピットにはジョブ・ジョンとアムロも乗り込んでいたことがある。

モビルスーツ技術の無い地球連邦軍のAMBAC等のモビルスーツ技術検証実験開発にAFV技術を基盤に開発された。二足歩行技術は使われず、AFV同様クローラー(履帯)が陸上の移動手段として採用され、下半身は戦車の様な姿をしている。宇宙空間ではロケット噴射[1]で移動する。

上半身は人型のため一応モビルスーツには分類されるが、その実態はほとんど戦車そのもの。

V作戦で同じく開発されたモビルスーツのガンダム、ガンキャノンと違ってビームライフル等のビーム兵器は装備しておらず、武装は肩部の120mm低反動キャノン砲×2と両腕の40mm4連装ボップミサイルランチャー(劇中ではほぼバルカン砲と同じ扱い)と全て実弾火砲のみ。(さらにジェネレータ出力はザクより低い)

もちろんこんなナリでは接近戦・格闘戦は不可能であるが劇中でザクレロ相手にパンチをしたことがある。

しかも胴体が回転しないという「戦車」としても最悪の欠点を持っている。ぶっちゃけ61式戦車のほうがマシなんじゃ(ry

劇場用長編映画「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」では登場せず、ハヤトはシリアルナンバー(機体番号)C109のガンキャノンに搭乗した。さすがに宇宙でキャタピラは…[2]

その見た目ゆえにジオン軍がつけた俗称は「タンクもどき」、「MSの出来そこない」。あんまりである。

安彦良和が描く「THE ORIGIN」では主力戦車として多数が登場した。

MSの肩書きが外れた上についにRXシリーズからも格下げである。涙を禁じえない。

量産型や後継機、MSV (作品名)

RTX-44 (モビルスーツバリエーション/MS IGLOO2)
61式戦車に代わる新型戦車として開発されていたが、ジオンのMS開発計画に対応する形でRX計画に統合され、完成した機体。
機動性は61式戦車に劣るほど低かったらしい。
この機体をリファインしたのが上記のガンタンクである。
MS IGLOO2に登場するにあたってデザイン変更が行われている。
RTX-440 陸戦強襲型ガンタンク(MS IGLOO2)
RTX-44をより対MS戦向きに改修した機体。簡易的ながら2種類の形態に変形することができる。
そのうちの突撃砲形態は機動性が非常に高く、ドムにさえ追随してみせた。
3機が実戦投入してダブデ級陸戦艇を破壊したが、結果的に全機大破している。
そこ、普通のガンタンクよりかっこいいとか言わない。
RX-75 量産型ガンタンク(機動戦士ガンダム 第08MS小隊)
存在意義の薄いコアブロックシステムなどを省略して生産された機体。
一般的な主力戦車(MBT)の旋回砲塔同様、砲塔の役目をする上半身の旋回を遂に実現した。
「量産型」の名称はあるものの、形式番号はガンタンクと変わらず、武装も同一。
劇中では終盤の10話「震える山(前編)」に登場。ジオン軍の秘密工場である岩山へ3機が支援砲撃作戦に参加。グフ・カスタムに搭乗したノリス・パッカード大佐の襲撃で2機はあっけなく破壊されてしまい、残る1機もノリスの命と引き換えに撃破されてしまった。この戦闘の際、ノリスには「タンクもどき」と呼ばれている。
ノリス搭乗のグフ・カスタムとジオン公国軍の強敵としての引き立て役・ヤラレ役として登場した。
ヒートサーベルを突き刺されて血飛沫のようにオイルを噴き出す様は強い印象を残すと共に、一部の視聴者にはトラウマを植え付けたとも言われる。
RMV-1 ガンタンクⅡ(モビルスーツバリエーション/機動戦士Zガンダム/機動戦士ガンダムUC)
MSVで設定され、後にZガンダムにも登場した機体。
MSか戦車だか分からない本来のコンセプトから脱却し、純粋に戦闘車両として開発された。
武装も本家からだいぶ増えているが、その実力は映像作品では確認できず、Zガンダムに登場した際はいらない子としてジャブローで捨て駒同様に扱われていた。
RMV-3M 局地制圧型ガンタンク(MSV-R)
RMV-1ガンタンクⅡの改良型。車体前部にショベルが装備されており整地作業にも活用された。
D-50C ロト(機動戦士ガンダムUC)
生産した会社が違うため厳密には関係ない機体だが、後述のR-44のルーツという点からここに紹介する。
可変型の兵員輸送用MSで、熱核反応炉の小型化のおかげで同世代のMSに比べてかなり小型になっている。
コロニー内の戦闘においてNT用MSクシャトリヤと対峙し、ファンネルをネット弾で絡めて無効化するという手法で善戦するも、結局3つ目のファンネルの射撃が直撃して撃破されてしまった。
RXR-44 ガンタンクR-44(機動戦士ガンダムF91)
主人公シーブック・アノーが暮らしていたコロニー・フロンティアⅣの戦争博物館館長、ロイ・ユングが引き取った機体。
元は上記のロトをブラッシュアップした機体であり、さらにこの機体自体が劇中時点で10年以上前の代物(しかもその時でさえ旧型)であったことから、基本設計は実質的に30年以上前の機体となる。ロートルどころの話ではない。
館長はこんなオンボロ機体を引っ張り出し、避難してきたシーブック達まで巻き込んで戦闘に参加しようとした。
しかし、主砲を一発ぶっ放した時点で左側のキャノン砲が経年劣化で破裂、続いて右側キャノンもクロスボーン軍の機体に破壊され、館長は死亡。シーブックも友人の一人であるアーサーを失うことになった。
この際彼が呟く「だってよ、アーサーなんだぜ…」という一言は「だってよ、○○○なんだぜ…」と言う汎用性の高さもあって、ファンから引用される事の多い隠れたガンダム名言の一つである。
その後彼らがシェルターへ脱出するために使用され、さらにクロスボーン軍に攫われたセシリーを救出するためシーブックが単独で操縦するが、奪還はかなわずそのまま放棄された。
大河原邦男は本機のデザインを割と気に入っていたらしく、機動戦士ガンダムSEEDで登場したMS「ザウート」のデザインはこの機体がモチーフになっているらしい。

関連動画

またゲームキューブ用ソフト「軌道戦士ガンダム 戦士達の軌跡」ではカーグラフィックス風にMSを解説(CV.古谷徹で)してくれるモードがあるのだが他MSの解説と比べて明らかにボロクソに言われている。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • SF / アニメ
  • ガンダム / モビルスーツ / 機動兵器 / 架空の装甲戦闘車両
  • リボーンズガンダムオリジン(ガンタンクをモチーフにしたタンクモードに変形)

脚注

  1. *バーニア・アポジモータの用語が宇宙空間移動の主推力としてガンダム世界では使われるが、宇宙工学用語的には適切ではない。
  2. *熟練パイロット不足の連邦軍において、第13独立部隊のエースパイロットの一人であるハヤトの技量に対して、ガンタンクの性能が釣り合っていないとの判断からだと思われる。ジムではなく、生産数の少ない貴重な高性能機であるガンキャノンが宛がわれた事で、ハヤトの技量に対する軍の評価の高さが伺える。ガンタンクは陸上移動の為のクローラーが宇宙空間ではAMBACとして機能しない為、下半身がデッドウェイトになってしまう。運用に当たっても、ガンタンク同様、実体弾火砲、180mm低反動キャノン砲一門装備する宇宙専用機ボールより優れた「対費用効果」(費用対効果 / コストパフォーマンス)が期待出来ない。故に、テストヘッドの役割を終えた後は宇宙戦に投入されず、地球上で運用されたのだろう。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF
ページ番号: 2043412 リビジョン番号: 2189712
読み:ガンタンク
初版作成日: 09/03/18 14:24 ◆ 最終更新日: 15/04/09 22:19
編集内容についての説明/コメント: 局地制圧型ガンタンクと関連項目に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ガンタンク

色塗り中

歪ンタンク

ボップが強いんだW

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンタンクについて語るスレ

107 : ななしのよっしん :2015/03/11(水) 15:17:24 ID: P2OdqXweI2
ボップミサイルの「ボップ」が何なのか、30年以上経った今でもわからない。
108 : ななしのよっしん :2015/03/13(金) 20:15:19 ID: 6EO4cgGFBh
ガンダムの上半身にガンタンクのキャタピラを取って付けた何かが登場したゲームを思い出した
あのゲームは結局なんだったんだろうか・・・
109 : ななしのよっしん :2015/03/23(月) 21:56:52 ID: d2AGq0nLmt
120mm砲弾で射程100km・・・
110 : ななしのよっしん :2015/04/13(月) 21:59:05 ID: duQzuYZ2J1
局地制圧型はトラブルメーカーズに出てたような
111 : ioo :2015/05/25(月) 22:37:58 ID: xYTl/iAXlB
腰が回らないのは、自走砲に近いんだって思えば・・・いいんだろうか?なんにせよホワイトベースの現状じゃ使いづらかったろう
112 : ななしのよっしん :2015/06/26(金) 18:46:15 ID: tDm2r04BKe
>>104 >>105
そもそも火器の威力は口径では決まらんからな
口径だけで言えば警察が使うピストルの方が軍用のライフルよりデカい訳だし
砲身長とか弾丸の種類とか炸薬量etcによってその性能はいくらでも変わる
113 : ななしのよっしん :2015/06/29(月) 11:57:04 ID: uwuR/gBmqu
IGLOO2の活躍は自爆前提だから、本来の使い方ではない。最近イラクで流行の改造自爆装甲ブルドーザーと同じ、戦線に穴を開けるための兵器だ。
114 : ななしのよっしん :2015/07/13(月) 01:05:17 ID: mOxsvk9myd
オリジンで戦車道やってた!(≧▽≦)
115 : ななしのよっしん :2015/07/19(日) 09:26:35 ID: r+VWmJ5CEH
オリジンガンタンクの頭部の必要なさが面白いwww
そりゃロボットアニメみんなそうだけど
リアルっぽいディティールだとすごい違和感を感じるwww
イグルーガンタンクがあったから余計に
116 : ななしのよっしん :2015/07/19(日) 23:26:29 ID: NYF371rfcM
ガンダムは今でこそ深く考えられた戦争のリアルロボットアニメとされるけども
所詮これはアニメですよ感がすごい ガンダムハンマーにはかなわんけども
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015