単語記事: ステルスマーケティング

編集
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしば激しい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読み、ほんわかレスに努めてください。
主観的な記事 根拠の無い安易なステルスマーケティング認定は問題になる場合があります。
この記事の[言葉の使用上の注意]の項目をお読みください。

ステルスマーケティング (英:Stealth Marketing) とは、営利を目的とした、宣伝工作の一種である。
主に、消費者に広告だとばれないように広告することなどを指す。略称は「ステマ」。

ステルス=人を盗む、密かな  マーケティング=宣伝広告市場活動

曖昧さ回避
  • ステマ配合 -2ちゃんねるなどで使われる競馬用語。該当記事参照。

概要

ステマ

日本語でいうところの聴衆・一般客の中にで雇った人間を紛れ込ませておき、有利に販売を進める「サクラ」という手法の一種である。
第三者を装って自社の宣伝する事で、直接的な宣伝広告の効果が薄い層や、評価や口コミといったものを気にしている消費者に対し、第三者の評価と錯覚させ、自社製品をアピールすることをができる。卑劣な宣伝手法であるとして、インターネットでは数年前から特に反発が強い。
ただ、昨今ではやり過ぎてあからさまになりすぎた結果、かえって対象商品に対しての消費者の警戒心を煽ってしまい、逆効果となるケースも多々見られる。
日本国内では消費者庁が、景品表示法に抵触する可能性を示す程度にとどまっているが、欧米など先進国の中には明確に法によって禁止されている国も存在する。

以上の通り、企業自身、または企業等から何らかの見返りを受け取った者が、第三者を装いその企業との関係を隠しながら宣伝を行う の条件を満たしていないとステルスマーケティングとは言えない。
単なる宣伝の意味で使ったり、誰かが何かを薦めているだけでステマ認定するのは間違いであり、場合によっては荒らしとみなされるので注意しよう。

また相対的に特定製品を有利にするために、他の企業や製品について悪い印象と憶測を与える行為そのものは、ネガティブキャンペーンもしくはFUDと言われる。スポンサ-の隠蔽とともに喪失する広告倫理もステルスマーケティングの問題の一つである。

インターネット上におけるステルスマーケティング

インターネットが普及した現在では、個人を装ったブログや掲示板書き込みなどによるステルスマーケティングの疑いも急増している。

有名なのはソニーのゲートキーパーが行う2ちゃんねるやブログのコメント欄でソニー商品を持ち上げる書き込みである。匿名で個人特定が難しい2ちゃんねるでは、宣伝に好都合といえる。これに類した行為は古くから行われており、「工作」「業者」「社員乙」などと呼ばれ嫌われてきた。

更に2ちゃんねるの記事をまとめた「まとめブログ」の一部では、アニメ・ゲーム等の作品に対する感想において、作品を賛美する書き込みだけを抽出して記事にして「この作品は素晴らしい」という風潮を作ったり、また対抗作品の批判的な意見のみをまとめて「この作品は評価が低い」という一方的な記事を書いたりする。

まとめブログ等の記事はTwitterなどで記事タイトルだけが拡散されやすくステマを行うには最適なツールでもある。

あくまでブログ管理者による情報の取捨選択における記事作成なので、全てのまとめブログがステマを行なっているとは言えないが特定の会社の作品のみを異常に持ち上げていたりするので閲覧する際は一方的な情報に注意しよう。その一方で、人気作、流行作品に対して「どうせステマだろ」「またステマか」などというように決め付け、貶める例も後を絶たない。そもそもステルスマーケティングは実態や証拠を掴むことが難しく、「口コミ」「ネット上の盛り上がり」といった例からステマの介在を予見することは殆ど不可能である。そのため、しばしばステマ批判は陰謀論と相似し、冷静な議論が成り立たない例もある。

ネットでちょっと褒める程度で見返りが貰えるほど世の中甘くはない。・・・などという事はなく、フジテレビ系列ニュースジャパンの取材によると、ステルスマーケティング業者は月に40~50万の収入を得ているという。またロケットニュース24の記者のステルスマーケティング発覚時では、とある記者が「急に羽振りが良くなり外車などを乗り回していた」事が事件発覚のきっかけとなり、同社による謝罪に至った。ネット広告大手「アイレップ」の紺野俊介社長(38)への産経新聞のインタビューによると、こうしたサービスは2011年ころから増加しているという。

実際の事件

デビットマニング事件

ソニーピクチャーズエンターテイメントアメリカが、架空の映画評論家、デビット・マニング (David manning) に自社の映画を宣伝させていた事件。この事実は、ニューズウィーク誌の記者ジョン・ホーン (John Horn) によって告発された。ソニー社は観客らの集団訴訟に対して、1億6000万の和解を支払っている。

事件の担当者の二名は、停職1か月の処分となった。

Zipatoni社事件

「all I want for xmas is psp(クリスマスにはPSP以外いらない)」という名の、個人ファンサイトがマーケティング会社Zipatoni社によって運営されていた事が発覚した事件。個人サイトを装っていたが、不信に思ったユーザーがwhois(ドメイン情報検索サービス)で検索したところ、Zipatoni社によって運営されている事が判明した。

ソニーコンピューターエンターテイメントアメリカは、同サイトに謝罪文を掲載した。

ばれた。捕まった。やられた。皆さんの多くがすでにお気づきのように(喋りがちょっとファンキーフレッシュすぎたかも???)、ヒップホップ通の ピーターは実在の人物ではなく、このサイトはソニーが制作したものでした。どうやら少々利口にやろうとしすぎたようです。これからはクールな製品を作るこ とに専念して、このサイトはPSPについて本当のことだけを伝えるために使うことにします。

ソニー コンピュータエンタテインメント アメリカ

原文

Busted. Nailed. Snagged. As many of you have figured out (maybe our speech was a little too funky fresh???), Peter isn't a real hip-hop maven and this site was actually developed by Sony. Guess we were trying to be just a little too clever. From this point forward, we will just stick to making cool products, and use this site to give you nothing but the facts on the PSP.

Sony Computer Entertainment America

サイトの動画

http://www.youtube.com/watch?v=HaDgS_N5GGc

 

ウォークマンの宣伝手法

1979年の、初期形ウォークマンの発売時、ウォークマンを装着して山手線に乗り込み一日中ぐるぐる回ることで、ウォークマンが流行していると錯覚させるための宣伝が行われた。

ウォルマートやらせブログ事件

世界最大の小売チェーンであるウォルマートの宣伝担当会社エデルマンが、Flog(やらせブログ)を立ち上げウォルマートを宣伝・賛美する記事を書いたことが米消費者団体とビジネスウィーク誌によって暴露された事件。インターネット上のブランドイメージの悪化を懸念したウォルマート社が事態改善のために仕掛けたものとされているが、結果は全くの逆効果であった。

Google急上昇ワード事件

2009年、Google日本法人が新サービスの「急上昇ワードランキング」の宣伝のために、一部ブロガーに銭を支払い宣伝記事を書かせた事件。ブログでのステルスマーケティングを広く認知させるきっかけとなった。この件に対する本社からの懲罰として日本語版GoogleのPageRankが引き下げられる事態に。

J-Payment社による知恵袋ステマ請負証拠流出事件

2011年、株式会社J-Paymentから店舖等に送られた「Yahoo知恵袋で自作自演のやらせ請負します」といった内容のメールから営業資料が流出。極めて稀なステマの一次資料の流出である。この件は10/24日経BPで記事になり11/3には朝日新聞でも取り上げられた。流出した資料は、この件のまとめwikiから閲覧・ダウンロード可能である。
尚、未だに本件に関してYahoo・J-Payment共に一切公式コメントをしていない。

食べログ事件

カカクコムが運営する人気グルメサイト「食べログ」で、銭を受け取って飲食店に好意的な口コミを投稿「やらせ業者」の活動が発覚。同社は昨年末時点で39業者を特定し、悪質な業者に対しては法的措置も検討しているという。消費者庁もまた同事件の調査を開始している。

ペニーオークション事件

インターネットオークションサイト「ペニーオークション(略称:ペニオク)」の宣伝を目的とした、多数の芸能人を使って行われたステマ。 芸能人たちはお金を受け取ったうえで加担し、落札していない商品を「安価で落札した」旨の虚偽の内容を自身のブログに掲載し、不特定多数の閲覧者をペニオクに誘導した。
しかし、入札自体に手数料がかかり、落札できなくても手数料を払わねばならないシステムである事を悪用し、ボットによる自動入札によって参加者が落札できないようにし手数料を騙し取るという詐欺事件が発生、逮捕者が出た。
これに伴い、ペニオクステマで結果的に犯罪の片棒を担がされる恰好となってしまったほしのあき・小森純や、詐欺事件で告発された会社とは別の会社のペニーオークションで同様のステマを行い謝礼や商品等を受け取っていた綾部祐二(ピース)・永井大などが批判を受け、謝罪するにいたった。

刑事事件としては軽犯罪法の時効(1年)が過ぎていることや、詐欺事件の共謀の事実に関しても嫌疑不十分であったことから起訴には至らなかったが、民事訴訟により被害者側が損害賠償を請求する動きも出ている。

VAIO被災者の掲示板事件

2000年09月7日、VAIOユーザーが愚痴をこぼすための掲示板が個人のHP内に設置される。

7時間後、報告を書きこんだユーザーたちを罵倒する内容が複数かきこまれる。

傍観社 - 00/09/14 08:42:32
複雑

 人生明るく・・さん、がんばれ3さん、淋しいね、あなたたち。
失敗と成功は紙一重。あなたたちの人生、もはや「失敗」です。
ドットヌケは結局は「仕様の範囲」なのですから、いつか改善される日がくるまで
まてばいいんじゃないのかな?
だって、今、あなたたちがなにを言っても、実際に改善できてないんだから。
なんなら、君らが作れるの?オ・タ・クさん。

その後、gatekeeper14.Sony.CO.JP他、少なくとも三種類のソニーからの書き込みであったことが報告された。

はちま起稿ステマ事件

2chのスレッドから転載しコンテンツとする、いわゆるまとめブログの一つだったはちま起稿が起こした事件。
はちま起稿はPSPやPS3等のソニー製ゲームハードやそれ用のゲームソフトを過剰に持ち上げる一方で、ソニーのライバル企業である任天堂やマイクロソフトのゲームハード及びそれ用のゲームソフトを、時には捏造や意図的なレスの取捨選択してまでこき下ろすことで有名だったのだが、個人サイトとされてきたはちま起稿が、実は企業により運営されていたサイトであったことが発覚。営利目的で上のような偏向記事を書いていたことが明らかになり、またソニーやブログ総元締めのライブドアとのつながりも暴露された。
はちま起稿は以前から様々な方向で怒りを買っていたためこの事実は大規模な祭りに発展。日本のネットユーザに「ステルスマーケティング」と言う言葉を広くしらしめるきっかけとなった。

はちま起稿、株式会社KND

『ニセ観光客』事件

ソニーエリクソンは俳優60人を雇い、通行人にソニーの新商品で写真を撮ってくれるように頼み「この製品はクールだ」と伝える宣伝を行った。これを企画したソニーエリクソンのマーケティングディレクター、ジョン・マロンは、CBSの取材に対し 「強引な売り込みだと感じさせない楽しい会話で、簡単に逃げられない状況を作る事ができた」 と述べた。
マーケティングに関する200万部越えのベストセラーを多数書いてきたライター、マルコム・グラッドウェル氏は「明らかに詐欺要素がある。従来の広告手法では考えられない。消費者がカモられた事を知れば、非常に危険な反発が起こる」と述べた。
http://www.cbsnews.com/news/undercover-marketing-uncovered-23-10-2003/

韓国ステマ一斉摘発

2015年1月30日
韓国公正取引委員会はブログを利用したステルスマーケティングを取り締まり、ソニー、エバー航空など20社を摘発した。
ソニーはタブレット端末のステルスマーケティングなど、29件の事案が摘発され2700万ウォンの課徴を課せられた。エバー空港は16件の事案が摘発され同じく2700ウォンの課徴を課せられた。日本産美白サプリなどの輸入を手がけるボリョン製薬は56件の事案が摘発され1300万ウォンの追徴が課せられた。

韓国公正取引委員会は、「事実上の詐欺行為である」とコメントした。

http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/NPC/15/262980/012800008/

2ちゃんねる

2ちゃんねるのデータの利用に関して、原則的に自由ですが、 2ちゃんねるのデータ自体を利用して対価を取る行為はご遠慮下さい。

要するに、2ちゃんねるをモニターして、お金をとってるマーケティング会社の方はご相談頂けないと面倒なことになるかもしれません、、、ってことです。

面倒なことになりそうな会社さんへ

2chのデータ利用についてより

ステルスマーケティング業者の手口

西日本新聞、BCN、夕刊フジなどに執筆するITジャーナリストの 趙章恩氏によれば、ステルスマーケティング業者は人気の出始めたブロガーに声をかけるという。
「ブログを売ってください」
「広告であることを隠して、原稿と写真をコピペした記事を書いてくれれば銭を支払う」
このような誘惑で、人気のあるブロガーはステルスマーケティングの共犯者にしたてあげられてしまう。

個人でのステルスマーケティングに対する心構え

概要にあるとおり、ステルスマーケティングとはインターネットにおけるサクラであるため、インターネット上の情報に対しても安易にそれと同調する事なく、自分の判断で見極める事が重要である。

自分で調べる、自分で試す、信頼できるあるいは直接確認を取る事ができる情報源を見定める、など、要は「発信元の不確かな情報を鵜呑みにしない」ことが大切である。

消費者庁による対応

消費者庁は2012年5月9日、口コミサイト上で行われる「ステルスマーケティング」行為について、景品表示法上問題につながるケースを示した。

飲食店などが業者に依頼して口コミサイトまたはブログに好意的評価を投稿し、あたかも一般ユーザーの多数から好意的な評価を受けてるかのように見せる場合が同法違反に問われる可能性があるとしている。

また同庁は11年10月にも、ステルスマーケティングに対するガイドラインを出しており、これからますます日本におけるステルスマーケティングに対する規制は強まるものと思われる。

ステルスマーケティングの費用

300万~700万のフォロワーをかかえている動画投稿者にステルスマーケティングを依頼する場合、1投稿あたりの報酬は18万7500ドル(約2000万円)になるという。
InstagramやSnapchatならば7万5000ドル(約770万円)、Twitterので3万ドル(約309万円)になる。
5万~50万人のフォロワーを持つ場合、YouTube - 2,500ドル(約25万円)、Instagram - 1,000ドル(約10万円)、Twitter - 400ドル(約4万円)程度の報酬が平均的。
これらはブルームバーグの記者サプナ マヘスワリ(SAPNA MAHESHWARI)が、ステルスマーケティングを請け負う広告代理店Captiv8に対し行った取材によって判明した。
企業から広告代理店に支払われた広告費がこうしたステルスマーケティング費用に充てられている。最終的にこれらの費用を負担するのは、隠された広告に感化され商品やサービスを購入した消費者である。

http://www.nytimes.com/2016/08/30/business/media/instagram-ads-marketing-kardashian.html?_r=0

ステルスマーケティングという言葉の使用上の注意

ニコニコ大百科においては安易なステマ認定は荒らしとみなされ、レス削除対象になっている。また意味を陳腐化するためかは謎だが業界人側から不適切な使用をした場合もあった。


本当にステルスマーケティングが行われた場合、消費者庁がその企業に対して何らかの動きを見せる可能性があり、消費者庁が動き出さない限りステマ疑惑はあくまでも疑惑に過ぎず、疑惑の段階でのステマ認定は、単なるネガキャン・荒らしとみなされる。

平成24年3月28日に行われた福嶋消費者庁長官記者会見において、「ステルスマーケティングを禁止するような法改正は行わないのか?」という質問に対し、「今の時点で法改正を検討するというところまで判断をしていない。推移を注意深く見ていきたい」と答えている。今のところ、消費者庁が行動を起こすことはないので消費者個人で判断を行っていく必要がある。

関連商品

関連項目

  • プロモーション
  • ダイレクトマーケティング
  • サクラ
  • 工作
  • 陰謀論
  • ソニー
  • Google
  • コピペブログ
  • 2ちゃんねる
    • 2ちゃんねるの歴史
    • 第一次ブログ連戦争
    • 第二次ブログ連戦争
    • 運営(2ちゃんねる)
  • 天真爛漫な部下
  • 認定厨
  • ステマ厨
  • ネット言論
  • 見えない敵
  • 一体みんな誰と戦っているんだ
  • メディアリテラシー / インターネットリテラシー
  • 対立厨
  • ステロイドマーケティング
  • ネガティブ・キャンペーン
  • FUD

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 4725468 リビジョン番号: 2403166
読み:ステルスマーケティング
初版作成日: 11/09/18 23:47 ◆ 最終更新日: 16/09/07 09:55
編集内容についての説明/コメント: 重複修正と加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


 

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ステルスマーケティングについて語るスレ

4644 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 13:37:03 ID: EjoPMYmxMJ
けものフレンズはステマ』で死ぬほど草生えた
売るもの無いのにステマ認定って
これでステマ認定厨のステマの認識が浮き彫りになったな……
4645 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 09:02:56 ID: xHM5ubmk2R
自分の気に入らないものは全てステマだと思ってるからしょうがないね
4646 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 00:53:14 ID: xDVV3xwlZN
ソシャゲは既に配信終了済で復活させる気はないと表明してるうえ漫画も連載終了してる作品でステマとかこれもうわかんねぇな
まあ他作品扱き下ろしてまで持ち上げてる信者と対立厨は見ててうんざりするけど
4647 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 01:03:39 ID: TQpnbgHK6N
動物園のステマとしての、けものフレンズという意味かも?
まあ、動物園にそんな大きな広報力ないからこの理論も破綻するんだけど
動物園側、特にサーバルのいるところからしたらラッキーな宣伝になったな
4648 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 01:21:58 ID: JAXNTddVIP
いつもは大量発生するのに残弾1しか残ってないという稀有な状況に
ステマ厨も本記事に少ししか現れない
アプリも漫画も残ってたらこうはならなかっただろうな
4649 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 23:01:56 ID: 5aJHPo2ysI
日々のストレスや不満を「ステマ」という言葉にして処理してるんだろうな、とステマ連呼の方々を生暖かく見守ることにしている
相手にステマじゃないと証明する手段がないから、何のリスクも負わずに言えて気が楽なんだろう
もちろんステマと証明するのもまず無理なんですけどね
4650 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 13:44:05 ID: upMOdz7BMK
実在はするがどれかは分からない、ってのがステマだしなぁ

オレは「これはステマに違いない!」なんて思うことはないけど、臭いな、とか感じることはままあるしね
証拠もなんもないから心の中で打ち消すわけだが、そのプロセス自体にもやっとした事を感じるわ
(迷惑メールを削除している時の気持ちに似ているかもしれない)
そういう疑心暗鬼みたいな状態を作り出してしまうのが最大の罪だわな

ムダな争いの元だし、真っ当にやってる人らの足を引っ張ることにもなるからねぇ

もやっとついでに書くが、こういう個々に対してはちょっとした被害でも対象が何万~億とか行くような悪事って正直死に値すると思うわ、割とマジで
被害を額換算したら数十数百ってレベルで人の生き死にに関わるような額になる筈だよ
4651 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 18:25:09 ID: FsBD45ec7F
仮にある作品に対して本当にステマが行われてたとして
ステマを行った企業を叩くのはともかくステマされた作品やそのファンを叩くのは違うと思うんだよな
4652 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 23:45:04 ID: CF/xVqEptG
今じゃ私は馬鹿ですっていう自己紹介のための言葉
4653 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 23:47:19 ID: l2t56KHjYm
ステマ連呼って、実際にステマしてる企業のバレを隠そうとしてるようにしか見えないんだよなあ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015