単語記事: スペイン宗教裁判

編集

スペイン宗教裁判スペイン異端審問)とは、

  1. に15世紀以降のイベリア半島で行われていたキリスト教による異端審問、及び弾圧のこと。
  2. 1をネタにしてモンティ・パイソンが創作したスケッチのこと(スペイン宗教裁判)。

本稿では両方を扱うというをやってみる。

概要

事の起こりは8世紀頃のイベリア半島(現在のスペインポルトガルがある半島)にまで遡る。

スペイン異端審問

西暦710年、イベリア半島のほぼ全域を支配してた西ゴート王サラセン帝国ウマイヤに打倒され、以来15世紀までの700年間、半島内ではキリスト教からイスラム教宗することが流行り、ギリシャからアフリカ半島北部を経由してアラビア人が多数流入していた。また、欧州側の、いわば半島の付け根に位置しているバルセロナ周辺には古くから富裕なユダヤ人(ユダヤ教徒)が多数住みついていた。

打倒直後に北方キリスト教徒の後押しを受けて始まった「レコンキスタ土回復運動)」は、1031年の後ウマイヤ滅亡に伴って化、1474年に妃イザベル1世(イザベラ1世)がカスティーリャ女王に即位しスペイン王国(またはイスニア)立を宣言したことで最高潮に達した。やがて1482年にイベリア半島最南端のイスラム教であるグラナダ王国を包囲、陥落した事でレコンキスタは終息を見る。

レコンキスタ後に成立したスペイン王国には、グラナダを中心に残るイスラム教徒やバルセロナ周辺のユダヤ教徒、及びカトリック宗しながらイスラムユダの生活を続ける宗者など、政治的に不安定な要素が数多く残されていた。これら残存勢を一掃するため、イベリア半島カトリックの元に統一させて政情を安定させるため、また諾問機関を設置する事による中央集権機関の発足も期待して、教皇の承諾の下スペイン王国そのものを対にして行われた異端審問を「スペイン異端審問」、または「スペイン宗教裁判」という。

実際の動機は、審問時のスペインフェルディナン2世が当時貸しであったユダヤ教徒から多額の債務を受けており、宗教裁判というシステムを使えば債務を帳消しにできるという実にしみったれた理由からであった。
キリスト教的にはそのようなことで裁判を開いては威信に傷が付くと考えたが、当時のスペイン人枢機卿ロドリゴ・ボルハ(ロドリゴ・ボルジア、かのヴァレンティーノチェーザレ・ボルジアの)の巧みな弁舌により異端審問が開廷されることになった。
なお、この提案によりボルハはスペイン王の後押しを得ることが出来、ローマ教皇に就任した。これが「世俗化した教皇」「堕落した教皇」「史上最悪の教皇」と当時のキリスト教徒に痛批判された人物、アレクサンデル6世である。

しみったれた理由で開催されたので、この裁判期間中は異教徒に対する検閲拷問死刑などが横行し、陰惨な状況を作り出した。特にフェルディナン2世の意図を徹底的に隠すため、ユダヤ人は不意を打って審問され、宗しないとみるや直ちに火刑に処されたという。
ただしこういった裁判の実情は当時のスペイン、特に上述の理由で理やり宗教裁判を開廷させたことに対するネガティブキャンペーンによるイメージが強く、実際に捕まった12万人のうち死刑が宣告されたのは2000人程度、残りは警告や誤認逮捕によって釈放されたという。

後にキリスト世界変させた宗教改革1517年に起きると宗教裁判は弱体化。1808年に「英雄ナポレオン・ボナパルトスペインを支配すると宗教裁判が禁止されたこともあって権の弱体化が急速に進み、1834年に正式に止された。

スペイン宗教裁判

以上の歴史上の流れをモンティ・パイソンと愉快な一行が化したスケッチが「スペイン宗教裁判」である。
スペインでの徹底的な検閲と、自宗をしなかった際の苛拷問、さらには当時の理不尽な理由により行われていた異端審問魔女審問そのものをネタにしている。

前半では、スペイン宗教裁判の話をすると地のような3人のキリスト教徒が現れ、「Nobody expects the Spanish Inquisition!!(まさかの時にスペイン宗教裁判)」と叫びつつ、恐怖やら脅迫やら狂信やらのいきあたりばったり的な武器と罪状をひけらかす。
あまりにも適当に裁判を開く審問官と、まるでスコティッシュ訛り(名古屋弁)にしか聞こえない枢機卿Aの罪状読み上げや、「断頭台(Rack)」と間違えて「食器台(Rack)」を取り出す枢機卿Bなど、適当極まる裁判の様子をギャグにした、「Spam」と並びモンティ・パイソンの中でも屈の知名度を誇るスケッチである。

後半はさらに適当になり、「(老婆、)お前には3つの罪がある…異端思想、言動、行為、動作。いや4つだ」と後の四天王ネタを見越していたかのようなギャグをかましたり、その後も適当な数え間違いをおかしたり、顔に押し付けて窒息させるためのクッションでわきをつついたりとやりたい放題。

後のゲーム、特に英語を話すイギリスアメリカ発のゲームでは他のパイソンネタと一緒によく引き合いに出される。日本でも、かつては一部のコアゲーマーなどがギャグとして用いるのみだったが、ニコニコ動画トロステネタにされたりして色々有名になった。その結果がこの記事だよ!!

関連動画

まさかの時のスペイン宗教裁判

  

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AE%97%E6%95%99%E8%A3%81%E5%88%A4
ページ番号: 4304677 リビジョン番号: 1528718
読み:マサカノトキノスペインシュウキョウサイバン
初版作成日: 10/03/10 18:34 ◆ 最終更新日: 12/05/14 10:57
編集内容についての説明/コメント: 削除された関連動画を削除、全体的な文の見直し
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スペイン宗教裁判について語るスレ

24 : ななしのよっしん :2014/08/10(日) 05:04:41 ID: lArVwz37iE
数を数えられない、というのはむしろフランス人なんだよな。
テンプル騎士団とアルビジョワ十字軍でのフィリップ王の逸話で、特にそう思う。

プロスタントは発祥からし日蓮宗なみのエキセントリックだから、カソリックの方が一貫して現実義だった一面もある。魔女狩りを先導していたのは俗人だし。
論、東方教会こそがなにより理性的なんだが。
25 : ななしのよっしん :2014/08/10(日) 22:05:35 ID: EWbSO/w+u0
>>24
その東方教会ってのは正教のこと? それともアルメニアやコプトとかの?
26 : ななしのよっしん :2014/09/01(月) 00:33:42 ID: wB+om6KUL3
>>24
スペイン宗教裁判かよ!?出待ち
27 : ななしのよっしん :2014/11/03(月) 19:16:46 ID: w2YfmrMGHy
~♪(流れ出すエンディングテーマ
28 : ななしのよっしん :2015/01/23(金) 01:03:22 ID: gVe4fARmaX
おい急げ急げ!!クレジットが流れ出したぞ!!
29 : ななしのよっしん :2015/06/04(木) 20:35:34 ID: akFjhdK65U
くそ「製作」が出た
30 : ななしのよっしん :2015/06/19(金) 22:52:28 ID: rF9dlAORUl
まさかの時の・・・間に合わねぇや
31 : ななしのよっしん :2015/06/24(水) 22:33:51 ID: T/YizKdV+t
THE END
32 : ななしのよっしん :2015/08/09(日) 18:41:31 ID: KuBqXt0jJ1
>>26-31
お前ら大好きだww
33 : ななしのよっしん :2015/11/19(木) 21:24:51 ID: PG6jEd9Src
小学生の時、「ソードワールドTRPGリプレイバブリーズ編で
スイフリーこと水野良氏がパラサとネタにしていたが、

当時はまるで分らなかった。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015