単語記事: 藤木遊作

編集

藤木優作

藤木遊作とは、遊☆戯☆王シリーズの第6作遊☆戯☆王ヴレインズ遊☆戯☆王VRAINS)」の主人公である。
担当声優は石毛弥(幼少時は大室佳奈)。

俺の概要を3つ教えてやる

人物像

クールな性格で非常に頭が切れる16歳。状況判断に長け、話相手の考えを察するも高い。
ハッカーとしても相応の実を持ち合わせており、1話の時点で人工知能である謎の生命体を他の勢に先んじて捕獲するなど、非常に高い技術を持っている。
その一方でとにかく立つことを嫌っており、クラスでも存在感が薄い様子。

同級生島直樹や後述のAiに対しても非常に辛辣にあしらうシーンが存在し、リアルでは冷淡な人物となっている。
ただしあくまで対応が冷淡なだけであり、ハッカー集団『ハノイの騎士』の襲撃に巻き込まれた人間を助けているなど、決して冷酷な人間ではない。
善意からすれ違いを起こした財前晃に対しても、彼の意図はむような発言もしており、彼が持ちうる優しさはところどころで推測することができる。

自分の行動で起こってしまったことに関して、絶対に筋を通す、一本芯の通った性格。
ただし、それが行き過ぎて時に、あるいは闊とも取れる行動をとったこともあり、あくまで歳相応の人物として描かれている。

過去に巻き込まれた事件以来、他人に対して心を開かない傾向がある。
ハッカー仲間でもある草薙翔一一の例外であり、彼の過去に関わっている。
自身の過去(記憶)を奪った『ハノイの騎士』に対しては、復讐と形容できる程の強い敵意を抱いている。
最初から敵意を以て行動している主人公遊戯王ではしいが、その真実は凄惨なものであった

注意 この項は、放送中の作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年前に何者かに拉致された遊作は、他の5人の被害者と同様にデュエルを強要させられる。
リアルダメージの発生するデュエルと食事と睡眠以外に与えられるものはなく、生体実験でもしているかのようにただ機械的に襲い掛かる事態、そしてデュエルの結果で食事の質すら左右されるため、否応なしにやらされるデュエルの強制……。
その期間がどれだけだったのか、遊作は知ることはできなかった。

その過酷な環境で、草薙翔一のように精が破綻した人間もいた。
遊作も心が壊れかけていたが、何者かに励ましを受けていたことで、何とかその破綻を回避できていた。
そしてある時突然解放されたが、事件の記憶が遊作を延々と苛み、どれだけカウンセリングを受けようと、悪夢より性質の悪いこの出来事が遊作の中から抜けず、楔となっていた
遊作はその状況から抜け出す為に、一その事件に関わっているであろうハノイの騎士を追っていたのだ。

事件を追う中で、財前晃に事件から手を引くように説得されるが、の経験は「多くの犠牲はあったが自で何とか出来た」もの。
現在進行形で事件に苛まれている」遊作にとって、それは今までの人生を棒に振るレベルの迷惑でしかなく、普段は冷静な彼が本気で激怒したのは、この理由があってのものである。

しかし遊作の復讐は、あくまで自分で事件に決着をつけること。
そして何より、戦いを止めることこそできないが、他人の気持ちをむだけの良心はある。
を下し、10年前の事件『ロスト事件=プロジェクト・ハノイ』への手がかりを得た遊作は、事件に関わってはいけないと彼らに告げ、新たな戦いに向かうこととなる。

ハノイを追う一環で捕獲した人工知能生命体「Ai」との出会いから、彼は多くの決闘者と出会うこととなる。
また、Aiとの関係の始まり、己の失われた記憶の探SOLテクノロジー社関係者の義理のである財前葵ブルーエンジェルであること、以上の3つの要因で、同級生だったを追っていたところ、成り行きで高校の「デュエル部」に所属することになる。

3という数字に非常にこだわりがあり、何かに言及する際よく3つのポイントを挙げる癖がある。
この癖は『ハノイの騎士』のリーダーと言われているリボルバーとも共通しており、何らかの関連性が疑われている。

Playmaker

VR間『LINK VRAINS』ではアカウント名:Playmaker[1]を用いており、同間ではアバターのように姿を変え、髪型も面影を残しながら黄色体としたゆで上がったものに変化する。
LINK VRAINSでは、過去の事件の相をめ、同間に出現するハッカー集団『ハノイの騎士』を追って現れる。

民衆からすれば彼も正体不明のデュエリスト
その状態で、カリスマデュエリストブルーエンジェルを助け、ハノイの騎士を倒したことで、VR間で人気を獲得する。当人はそれらの事情に全く興味はなく、ハノイの騎士の出現情報を追うだけなので、結果的にアバターを模倣した贋物との判別は非常に容易。

しかしネット上の民度現実に近くよろしくなく、ブルーエンジェルの挑戦状をスルーしたら散々かれ、とある事情で対戦したらしたらでプレイ売名カーwwwかれる[2]など、一定数以上どうやっても逆りして煽る連中もいる。

また、アバターの外見やの設定程度なら民間の技術でも簡単に模倣できるようであり、LINK VRAINSに彼が現れた直後は、注を浴びるために現れた偽Playmakerが多数出現し、マスコミすらも看破されていた。
しかし後に、鬼塚豪ハノイの騎士ドクター・ゲノムをおびき寄せるための餌として、Playmakerの偽アバターを使用している。
Aiの勝手なイメージや、偽アバターを使用した塚の言動により、本人があまり崩した表情を見せようとしないにも関わらず、悪な面構えやボイス素材がふいに現れたりする。

ハノイのウイルスに汚染されたブルーエンジェルと戦った一件で、筋を通すべく敢えてに乗ってLINK VRAINSに姿を見せるが、である財前晃と、彼に雇われているゴーストガールに捕縛される。
はPlaymakerに原因があると誤解し、彼からどこぞの先輩のように序盤からお約束の男に対する拘束拷問を受けるも必死ブルーエンジェルの現状を訴える。その最中、ハノイの騎士リーダーされるリボルバーログインと、リボルバーブルーエンジェルを人質にしたことにより、Playmakerをの敵にしていたは誤解を解く。先程誤解から被害を受けていたPlaymakerだが、彼は達の為にもリボルバーと戦う決意をする。

が憎むのは、ハノイの騎士だけだ」

そして宿敵リボルバーとの戦い。終始狙い通り立ち回っていたリボルバーは、意図的に引き分けを起こしつつデータへとPlaymakerを誘い、戦いの場をマスターデュエルに変える。
窮地に陥ったPlaymakerだが、逆転の筋を導き出し勝利し、ブルーエンジェルをハノイのウイルスから救出した。その際にリボルバーは、SOLテクノロジー絡みの意味深なことを話していたが、依然ハノイへの敵意は変わることはなく、真実を見つけるために遊作はハノイとのさらなる戦いを決意する。

デュエルについて

彼の使用するデッキは【サイバース族】。主人公としては初の試みとなる、新しい種族を用いた種族統一デッキ
新要素である「リンク召喚」と密接なかかわりを持つ種族である。
アニメ世界でも非常にしい種族のようであり、登場しただけで観客は大きく驚いた。そのためか、普段はサイバース使いであることを隠しており、他人に見せるためのダミーデッキを用意している。ただし、そのダミーデッキの中身は島直樹が「お粗末なデッキ」と思わず漏らしてしまう程のものであった[3]

「Playmaker」としてスピードデュエルで所持しているスキルは「Storm Access(ストームアクセス)」。
デュエル中一回限りかつライフポイント1000以下で、かつデータ世界データストーム」が強い状態でのみ、未知のモンスターカードアクセス、取得しつつデュエル中にデッキに投入することができる逆転のスキル
初のスキル使用でLINK-3のデコード・トーカーを入手、それによりハノイの騎士を名乗る男を撃破した。

経緯を考えると、以前からサイバース族リンクモンスター自体は多数所持していた可性がある。
しかし切り札級のカードはいずれも「Storm Access」で手に入れたカードであり、エンコード・トーカーらびしょごりゅうことファイアウォール・ドラゴンは、デコード・トーカー同様遊作のとなるリンクモンスターである。

恵まれたカードプールに加え、墓地から発動するカードの多用、素い展開からの多重リンク召喚など、初期から高い実を発揮し続けている。
冷静に状況を見極め、窮地に陥っても動揺することなく勝利を導き出すその姿は、序盤でありながら既に規格外のものである。

近年のカードゲームのように、カードを実体ではなくデータとして所持しているDen cityの住人としてはしく、遊作は実体のデッキと、それを読み込む旧式のデュエルディスクを使用している。
先述のスキルデータストームから拾い上げたモンスターは、データから実体のカードに起こすことが可なようであり、一度拾い上げたカードは次からも問題なく使用可となっている。
ハノイの騎士はこの旧デュエルディスクを手掛かりに、旧ディスク使用者を強制的にLINK VRAINSログインさせ、Playmakerと思わしき人物を捜索する「Playmaker狩り」を行っている。

「あのさぁ遊作、ちょっと余談があるんだケド……」「黙れ」

情報の初開はジャンプフェスタ2017であり、その時は名前とビジュアルのみ明かされていた。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX以来となる高校生主人公

髪型遊戯王キャラクターの例に漏れず極めて独特で、前青色ピンクが別々にって分かれており、かなり立ったものとなっている。アニメプロデューサーによると、スケボーに乗ってデュエルを行う作品だから、主人公髪型スケボーのようにしようということになったのだとか。

初報開の時から、ファンからは苗字も名前も弄られ放題だった。
しかしそれを抜きにしても、1話にしてホットドッグごと吸い込むというシーンがあり、そのせいでヤギ扱いされたりもする。

本作のメインテーマは『一歩踏み出し、トライしよう!』であるが、そのメインテーマ主人公がどれだけ意識して、踏み出して行くかが注される。

関連動画

関連商品

関連を貫く静画だからこそ、描かれるのは俺だということだッ!!

俺の復讐に引きずられて、闇に堕ちる必要はない。
お前たちは、光差す関連項目を歩いてくれ。

脚注

  1. *この「Playmaker」は本名の「遊作」を一文字ずつ英訳したものと思われる。(遊=Play 作=Maker)なお、実際の単としても「(集団競技の)」としてこの単は存在しており、それに名前をかけているものと思われる。
  2. *映っていた作中の掲示板上でこの表記を使われている。原文ママ
  3. *この際、過去に店舗で無料配布されたお試しの「ハーフデッキ」のカードが映っており、たとえば現在では上位互換がごまんと存在するゴブリンの秘が入っている。は人のデッキ馬鹿にしたことで部長に叱責を受けたが、お粗末と言われても仕方ないレベルのものでもある。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%97%A4%E6%9C%A8%E9%81%8A%E4%BD%9C
ページ番号: 5461695 リビジョン番号: 2533990
読み:フジキユウサク
初版作成日: 16/12/22 21:49 ◆ 最終更新日: 17/10/20 09:21
編集内容についての説明/コメント: 最新話まで追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤木遊作について語るスレ

814 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 08:24:51 ID: 4nwnoD7GfH
>>811
自分が狙われているせいで大勢の一般人が巻き添え食ってるわけだし、ましてその現場を撃したんだから動揺して不自然な行動をしてしまったのでは。
815 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 00:59:36 ID: I1qvjIkk23
>>811
遊作のことを強いて悪く言う訳ではないんだが、闊な行動はVRさまの時もだな。だと分かっていながら対策も取らずに飛び込んで結局捕まっちゃったり。今回のマコトの容態の件も、いつも通り病院内のカメラをハッキングすればいいし。
狙われているのが分かっているのなら、それなりに対策を取っている描写が欲しい。遊作のハッキングスキルや頭の良さの説得が増すし。
816 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 01:23:13 ID: /dkvcDVINI
>>813
質が塚に似てるし濱野さんかなって思った
ダメ絶対音感持ってないから合ってるかどうかはわからん
817 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 16:53:24 ID: kxIHvezir7
>>815
それだと本当に人間臭さなくなりそう、良くない方向で
16歳少年なら814の言うような感じで良いんじゃないかな
818 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 01:55:01 ID: I1qvjIkk23
>>817
遊作は既に充分人間臭いじゃない。
ハノイの騎士に対する怒りや草薙さんと一緒にいる時の表情の緩み、女の子と話しているところが想像できないと言われた時の顔、AIちゃんの理解できない感情の機敏(から脱出できたのにデュエル続行)とか。これまでにも遊作が人間らしいことは充分描写されてきたよ。
それに、対策とか用意はむしろ人間臭さ(らしさ)の描写にもなるんだ。それをするってことは、危険な状況に身を置くことに対して遊作が心配や不安を抱えていたことの裏付けになりもするから。
819 : ななしのよっしん :2017/10/18(水) 20:02:58 ID: 8iBWgq+VwV
>>815
基本的にこの主人公は技術と過去以外は普通なんだと思う。
塚戦とか結構はっちゃけているし。
主人公に足りないところは草薙さんが十分すぎるほど補っているしいいコンビなのではないだろうか?
820 : ななしのよっしん :2017/10/19(木) 02:56:09 ID: I1qvjIkk23
>>819
それ言ったら草薙さんも、SOL侵入時に遊作に渡したような危機回避用のツールをこれまで様々なセキュリティクラキング仕掛けてきた中で作って来なかったのか(例えばダミーのアバターとか)って話になっちゃう。
それに、デュエル続行の件とか草薙さんが補っても止められなかったこともある。病院訪問の件も(身バレに繋がりかねないから下手に動くなと忠告していたなら別だけれど)草薙さんが補えるようなことでもない。
それらが主人公の資質として悪いと言っているわけではないけれど、個人的に遊作の危うさ(自分のしていることが如何に危険なことなのかという認識や、下手をすれば自分と繋がっている草薙さんの所業がバレて逮捕されかねないことの認識の欠如)が少し心配なのさね。
821 : ななしのよっしん :2017/10/20(金) 23:26:51 ID: kxIHvezir7
>>818
人間臭いって言葉が良くなかった
自分が言いたかったのは人間はどうしたってミスをするし、遊作が動揺して闊な行動をしてもある程度は仕方ないのではないかということ

メタ的な見方になってしまうが
16歳少年だからそこから成長や仲間の支えが描けるならアニメの描写としては伏線に収まる範囲だと思う
ブルエンの誘いにだと承知で乗ったことで財前兄妹との繋がりもできた

遊作の人間性についてはあなたの言うとおりで、自分もそういう所好きだよ

で、思い返してみると利リスク視して感情で行動したとき、遊作と他者の間にリンク(繋がり)ができているんだよね
そこは脚本が狙ってやってるんじゃないかと思ってる
822 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 09:00:14 ID: I1qvjIkk23
>>821
・偽ブルエンの誘いにだと~⇒
いや、乗るな(リスクを取るな)と言うなというんじゃなく、だと承知した上で飛び込むならリスクヘッジした上でめて会話を続けるもあったでしょう、ということ

・で、思い返してみると⇒
GO鬼塚ブルエンと繋がりができたのはそもそもハノイ案件の疑いがあったからだよ。どちらも確かに感情(ハノイ憎し)で行動してはいるけれど、利リスク視した突発的な情で動いてはいない。VRさまとはブルエン繋がりだし。
むしろハノイを倒すことはPMにとって的を少しずつ達成する(もしくはリボルバーのような上位の敵を引きずり出せる)わけだから、広い意味で利益にもなっている。

仲間の支え⇒
そもそも遊作は塚戦で草薙さんのサポートをふいにしてしまっているよ。支えを生かすも殺すも遊作の選択次第に。
上記の理由と現時点でのサンプルの少なさから、悪いけれどどうしても方の説明は作中の言葉を使ってもらしく表現したように思えてしまう。それに成長というけれど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
823 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 10:18:04 ID: I1qvjIkk23
>>821
連投して悪いけれど、「自分が言いたかったのは~」に答えてなかったからこれも。
確かに人間は年齢に関わらずミスはする。けれど判断を失うような精状態でもない時に、だと事前に分かっていて、かつそれを警告されて尚飛び込んで結局危機に陥るのはミスでは済まされないよ。16歳だって横断歩の時に渡ればに轢かれる可性があることぐらい分かる。少年だからこその面は、デュエル部の時の感情の揺れ(?)や強調されている持ち前の正義感で表現されているし。
それに、マコト君の件で動揺していたというのも好意的な解釈だと思う。確かにの前でアバターが起こったけれど、それは予測していたことで、かつ遡れば自分の所為で同じ状況に陥った人間はブルエンを初めとして何人もいる。や表情や瞳にも「動揺している」という説明的な表現はかった(あればいい訳ではないけど)。
ましてや遊作は立場が特殊。犯罪行為にも手を染めているし、好奇心の対でもある。だから危機意識も人一倍持っていても良いんじゃない。脚本的にも「を回避したと思ったら相手にさらにその上を行
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829