単語記事: 衛宮切嗣

編集

衛宮切嗣えみや きりつぐ)とは、ゲームFate/stay night』および小説作品『Fate/Zero』の登場人物である。

CV小山力也(子供時代:入野自由

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

>>266さんの衛宮切嗣木大火災に巻き込まれた幼き日の衛宮士郎を救った人物。養子として迎えた士郎やよく遊びに来ていた藤村大河と穏やかな日々を過ごしていたが、5年後にこの世を去った。火災時に一の生き残りである士郎を見つけた時の幸せそうな表情と、彼との最後の会話が士郎の生き方を決定づけた。

その素性は、大災害の発端となった第4次聖杯戦争にてセイバーマスターとして参加していた魔術師。4次の九年前、始まりの御三家たるアインツベルンに戦歴と腕前を見込まれ、雇われのマスターとして迎えられる。またイリヤ母親であるアイリスフィール・フォン・アインツベルンとはこの時に夫婦となり、子を成した。

聖杯戦争参加前は魔術師専門に特化したフリーランスの暗殺者のようなことをしており、魔術師であるが故に魔術師の思考を知り、もっとも魔術師らしからぬ方法で魔術師を追い詰め殺して来たため「魔術師殺し」の異名(悪名)をとる。

勝利のためなら手段を選ばない行動方針から、その戦闘スタイルまさに外道であり、相手の誇りを踏みにじろうが人質を取ろうがほぼ何でもあり。確実な勝利を得るために、謀略や、破壊工作といった非情な手段の数々によって対を追い詰める。それ故騎士を重んじるセイバーとは相性が悪いことを召喚前から予期しており、アイリスフィールを代理マスター代わりにし、セイバーとは基本的に別行動、顔を合わせても視するなど過剰なまでに理解を拒みながら聖杯戦争を戦う。

聖杯に託すその願いは「世界の恒久的平和」。より多くの人と幸せを願って、そのためにとなる少数の人々を殺していった結果、戦いやそれを美化する英雄、人間を殺すことを正当化する自身の正義を呪い憎むようになり、それらの必要としない世界の実現を可とする「奇跡」を可とする聖杯に救済を見だす。

が、木の聖杯は既に「この世全ての悪」に汚染されており、自らの願いがんだ形でしか実現されないと知った彼は令呪によってセイバー聖杯を破壊させ、勝者が決まらないまま第4次聖杯戦争は幕を閉じた。それからは聖杯戦争が二度と勃発しないための措置を施した(だが、第5次聖杯戦争が彼の予想以上にく開催されてしまったことは皮である)。彼が死去してしまったのも、この世全ての悪によって体が汚染されてしまい、それによって衰弱してしまったからである。

余談だが、幼少期の彼を演じたのは入野自由初恋少女であるシャーレイ高垣彩陽である衛宮矩賢を千葉一伸、彼の師である女性魔術師ナタリア・カミンスキー渡辺明乃が演じた。どこかで見た配役なのは多分気のせいである。

能力

殺すための手段として魔術師が忌み嫌う銃器爆弾等の近代兵器く扱うが、それらの通用しない”強敵”に対しては彼も魔術師として戦い、魔術礼装として改造したトンプソンコンテンダーから放つ「」を切り札とする。

弾とは切嗣の一本に魔術加工を施して作りだした、切嗣の起たる「切断」と「結合」の二重属性を発現させ被弾した相手に不可逆の変質をもたらす魔弾。これが魔術師が発動中の魔術に命中した時、その魔術回路を「切」って「嗣」ぐ(修復でないことに注意。適当にくっつけるだけで、治ってはいない)ことで構造を変え、流れている魔暴走させて自滅させる。この魔弾は、大口ライフル弾である30-06スプリングフィールド弾を使用している。防弾チョッキ等の個人用の防具では防ぎきれないため、全に防ぐには強い魔術を使用するしかないのだが、魔術で防御すれば魔術回路を暴走させられダメージが避けられない悪辣な物。
その特性上相手が強な魔術を使っている時に使うほど殺傷が増す。切嗣は起弾の効果を最大限に引き出すために魔術師殺しとしての策謀を用いて相手の強な魔術を誘い、狩る。物語開始前に37発が放たれ、37人の魔術師全破壊してきた。

魔術師としての彼のとしては他に、自身の時間流を加速・減速させる「固有時制御」による高速戦闘やバイオリズムの停滞による隠行がある。仮面ライダーが好きな人ならばクロックアップとかいえば大体伝わる。
これは衛宮の研究していた「時間操作」の魔術を戦闘向けにアレンジした代物であり、解除後に変化した時間流の反動が一気に負担としてかかるリスクがある為、通常は加速は2倍が限界限界えて魔術行使を行った『Fate/Zero』終盤の言峰綺礼との戦いは必見である。つーお前ら人間じゃねぇ

生き様

 命を秤にかけ、一人でも重い方が乗った皿を救うために軽い皿を切り捨てる。それはすなわち多数を生かすために少数を切り捨てる行為であり、衛宮切嗣のこのように、多を救うために少を切り捨てる彼の正義の味方としての在り方は、まさしく反英雄といえるものである。

切嗣は幼少期に死徒になりかけていた家族同然の少女を殺せなかった結果、大好きだったが住民ごと壊滅してしまったというトラウマを持つ。それが罪のない多くの人々の幸せを守るためには、いかに自分の心が痛もうととなる少数の人間を殺さなければという強迫観念となり、その決意は死徒を生む試を研究しの悲劇も気にしていないを殺し、戦闘術の師でもある育ての親もグール数解き放たれて多くの人が犠牲になるのを防ぐために殺し、そして、妻であるアイリの犠牲さえ聖杯による世界救世のために許容するといった形で表に出る。その裏ではすべてを救うことはできないという深い深い絶望を抱え込みながら、である。を殺めた時点で多くの殺し屋が数年がかりで身に付ける『先を心と切り離したまま動かす』覚悟を備えていた事も、彼の進むを決定付ける一因となった。

幼少期は多くの人々の幸せを願って正義の味方に純に憧れていたが、上記の事件などの過酷な現実を通して憧れを喪失し、遂には正義を呪うまでになっていった。しかしそれまで犠牲にしてきた者への思いから降りることもできず深みに嵌っていった。その後ろ向きな在り方故に『正義の味方としての格』は、英霊エミヤよりかに劣る。

後の士郎との生活では彼が自分に憧れを懐いてしまっていることを危惧し、切嗣みたいになると士郎に対して自分のようにならないように
かを助けるという事は、かを助けないという事。正義の味方っていうのは、とんでもないエゴイストなんだ」
を始めとして悲観的に正義の味方るなど、彼が自分の跡を継いで同じ歩くことがないように、憧れを取り払おうとしていた。それでも自分への憧れを取り払うことが出来ず気に病んでいたが、あるの綺麗な士郎がかつて自分が言えなかった、そしていつしか忘れてしまっていた、ただ多くの人々の幸せを願うな思いとしての「正義の味方」になることを口に出して誓ったことで、もし士郎が愚かな自分に憧れたまま同じ正義の味方を歩むことになってしまっても、この思い出を忘れなければ自分のように過つことがないことに希望を見だし、安堵の中で死亡した。 

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%A1%9B%E5%AE%AE%E5%88%87%E5%97%A3
ページ番号: 4533444 リビジョン番号: 2253902
読み:エミヤキリツグ
初版作成日: 10/12/30 09:30 ◆ 最終更新日: 15/08/29 14:35
編集内容についての説明/コメント: 名前にルビ追加。子供時代のCV追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


衛宮切嗣

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

衛宮切嗣について語るスレ

1971 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 19:03:10 ID: efmc8Ko1Ng
ハサン先生のような人にはなれなかったかのかな・・・・
する妻子がいたが山の翁となる為に全てを捨てて人外に成り果てても人としての誇りや他の大事な感情も捨てずにたしかにある人格者になる余裕なんてケリィにはかったか・・・

修正したら全て夢になる話でもパチモン英雄アサシンになってゼロイベントで救済されたり、人類史を救うために立ち上がった英雄の一人になれただけまだマシか。
1972 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 21:27:46 ID: H1pJFzqsoS
>>1971
そもそも本編で救済されてるんですが。正直殺エミヤは救済どこらか逆の生き地でしかないと思うがね。この人にとっての「正義の味方」は既に呪いでしかない以上、救済は「正義の味方」をやめた、その後にしかない。
理想が正しければそれでいい、なんて狂人じゃないんだよ、切嗣は……。
1973 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 00:16:14 ID: derAW4KuqF
>>1972
の言うとおり、狂人ではない。
だけど「正義の味方」が呪いとなったのは、その「正義の味方」をやめてからなんだぜ。「正義」の為に戦っていたけども、選んだは決して幼き日の切嗣が憧れた「正義の味方」ではないし、自身もその夢を諦めたものとしている。
救済されたのは、あの日夢見た「正義の味方」の姿を士郎に見いだせたから。自分のようにを踏み外さないと確信できたから。
エミヤは、理想を呪わずに済んだ1つの可性に過ぎない。
1974 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 17:26:33 ID: 4IoxtjDQrF
切嗣はちゃんと本編で救われてるからね
イリヤと二度と会えなかったのは不幸な事だけど痛みの残るハッピーエンド型月の基本
欠の大団円いのよ
1975 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 23:44:35 ID: 8MTm/Q/dMK
強いて言うなら、士郎の涙腺的には射精管理>養の死なのが気のな人だと思いました。
1976 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 15:14:17 ID: vDFfD3dEkq
zero」の終盤で切嗣聖杯(=アンリ)と対話した時、二隻の船がどうこうという話をしていたけど、当初、あれは聖杯アンリに汚染されてたからああいう答えになってたと思ってたが、
アポクリファ」によると「願いとは設計図であり自分の知らない手段での達成はありえない」と言う事だった(まあ、アンリも同じ事言ってたけど)。

つまり、聖杯が汚染されているいないに関わらず、願う人間が切嗣である以上、聖杯の答えは「人類皆殺し」って事でいいんだろうか」
1977 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 15:34:29 ID: TfYzjldmOg
>>1976
「人類皆殺し」は聖杯アンリマユに汚染されて、あらゆる願いを破壊する/殺すことでしか実現できない状態になってるからってのもあるんじゃない?
まともな聖杯だったなら切嗣がその他に思いつきそうな方法、例えば全人類の意識革なりの手段をとってくれるんじゃないかな?
もっとも、その願いをかなえた後に残るのが本当に人類と呼んでいいかは非常に疑問だが。
1978 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 15:38:27 ID: lsxuiFFo4s
汚染された聖杯はどんな願いであれ「人を殺す」という手段で結果を出そうとするけど、汚染されてない聖杯なら別の手段で結果出すんじゃね?
世界平和達成するなら人間の闘争本消すとか、別の手段で願いをえようとしたのかもしれない。
切嗣も殺す以外での方法を考えるぐらいはしたことあるだろうし。

しかし設計図がければ物を作れないとか、案外聖杯ってできること限られてんのな。
1979 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 23:45:56 ID: vDFfD3dEkq
>>1976-1977

そう。「人類皆殺し」が「聖杯が汚染されていたからこその答え」からともかく、
切嗣自身が殺す以外の手段を持たないのだから聖杯の答えも結局皆殺し」なら
本気で救いがないな、と言う話。
切嗣自身が、「zero」で「それ以外の方法があってくれたら」と言ってる以上、
殺戮以外の方法を知らないと考えるのが妥当。
そりゃまあ、聖杯ったって単なる「大なの塊」でしかない以上、
「願った本人にもよくわからないけどとにかく八方丸く収まる都合のいい方法」
での解決はしてくれないだろーな。
と言うのが「Apocrypha」まで読んだ上での正直な感想。
1980 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 16:33:40 ID: 62RSN2GdNl
切嗣が救いの手段として大を活かし小を生かす殺戮しか選べないのは確かだけど
それを世界平和のための手段とは結びつけて考えていなくてアンリマユによるシミュレートで「これではあべこべだ」「貴様世界中にこれをやる気!?」って怒ってたから
使い手に具体的な設計図がないとえられないってのは少なくともzeroでは違うと思う

願いをえる方法になり得るものを使い手の識る中から「願いの一環」として抽出して、「広義的に見て」えるにたるものにするために理論を埋める的な流れなんじゃないかね
汚染聖杯の場合はそのプロセスの中で結果も方法も可な限り破壊と殺戮を選び抽出する感じで
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015