アローエクスプレス単語

アローエクスプレス

アローエクスプレスとは、1967年まれの日本の元競走馬・種である。

な勝ち1969年朝日杯3歳ステークス

概要

原則として旧年齢で表記する。

スパニッシュイクスプレスソーダストリームAirborneという血統。グレイブリンの直系で、イギリスの2歳GⅠを勝った日本に輸入されてからも種として実績を残している。は大種ヒンドスタンダービーバンブーアトラスが出ている系に属し、産駒からも重賞が出ていた良血。は英二冠だが種としては失敗だったらしい。

良血で体も立なものだったが、脚が外向しておりデビューが不安視されたというアローエクスプレス。しかし3歳になり、開業したばかりの高松三太厩舎に預けられて調教が始まると異常な好タイムを連発する。新なら調教1000m65を出せれば勝てるというところ、なんと1000m61で走破し高松時計の故障を疑ったというエピソードがある。

厩舎所属で当時3年だった柴田政人が騎乗し、9月の新戦(芝1000m)でデビュー。なんと589という日本レコードタイ勝利を収める。3歳レコードではない。4歳以上も含めた日本レコードに並ぶ時計である。ありえん
その後も怒涛の3連勝で朝日杯3歳Sに乗り込むが、ここで一度関東トップジョッキーだった「闘将」加賀武見に乗り替わる(3戦にも柴田が盲腸炎に患した関係で加賀代打騎乗していた)。脚部不安に悩む中ではあったが芝1600mの3歳レコードをコンマ8更新し、半身差で勝利。最優秀3歳を手にする。

4歳初戦は柴田に再び手が戻り京成杯に出走。ハナ差でギリギリ勝ちをものにする。柴田にとっては初の重賞勝利であった。
一休みして皐月賞トライアルのスプリングSに出走。ここでアローエクスプレスはライバルと初めて顔を合わせる。3歳戦で9戦7勝と圧巻の成績を残した関西の強タニノムーティエである。アローエクスプレスはいつも通りの先行策を取ったが、ゴール寸前でタニノムーティエに差し切られ初の敗戦を喫してしまう。

とはいえ6戦5勝のパーフェクト連対。大本命として堂々と皐月賞に出走する。しかし、その上には柴田ではなくトップジョッキー加賀がいた。このレースを前に、伊達秀和が乗り替わりを示していたからである。

入厩した時から「このクラシックを」と強く望んでいた柴田にとっては相当なショックで、深をしたあげく師匠高松の元へ駆け込み「自分が何かミスをしたか」と泣きながら詰め寄った。高松も「自分が一番乗せてやりたいが、ファンも納得しない。アローエクスプレスはではなく関東ファンだから関東の代表が乗るんだ。悔しかったら加賀えろ」と泣きながら説得したという。

ただ、伊達からすれば、クラシックを見習いから抜け出したばかりで実績もない騎手に任せるのは不安だったというのは想像に難くない。アローエクスプレスは独学で血統を研究し輸入したソーダストリームが6頭にしてようやく生んだで、伊達にとっても期待の存在であったからなおのことである。

その皐月賞加賀武見がいつも通りの先行策で臨んだが、重馬場が影してかタニノムーティエとの叩き合いの末クビ差で敗戦。NHK杯では2身差でタニノムーティエを下すが、ダービーレース前からイレ込んでおり5着。タニノムーティエに二冠を許す悔しい結果となる。

セントライト記念を感冒で回避し京都杯でタニノムーティエと再戦。しかしアローエクスプレスは2着、タニノムーティエに喉鳴りを発症しており7着と惨敗。菊花賞も9着に撃沈しクラシック冠に終わってしまう。なお、タニノムーティエ菊花賞で11着と惨敗し引退している。

この後、有馬記念ではようやく大舞台柴田に手綱が任されたがスピードシンボリの4着。その後脚部不安で1年の休養を余儀なくされ、翌年のスプリンターズSで復帰するがまたも4着。これ以上無様な姿は見せたくないとして引退となった。

としては宿敵タニノムーティエ全に逆転。血統やスピードも手伝って内産種としては異例の人気を集め、二冠テイタニヤ、桜花賞リーゼクロスオークスノアノハコブネなどを輩出する活躍。1980年、81年にはリーディング種となった。としても、GⅠはいないがマチカネタンホイザなどを輩出している。

アローエクスプレスを下ろされた柴田は、その悔しさをバネに大成、1767勝を挙げる大騎手となった。また、高松三太もアローエクスプレス以後有が預託されるようになりトップトレーナーに成長。伊達秀和も、ソーダストリーム系から活躍が次々と生まれ、自らの研究を明した。なお、柴田1978年ファンタスト皐月賞を勝ちクラシック初制覇を果たしているが、そのファンタスト高松厩舎の所属で伊達の持ち。しかもソーダストリームの孫という、アローエクスプレスと縁の深いだった。

アローエクスプレス自身は1988年に種引退1991年3月5日に老衰で世を去った。ライバルタニノムーティエに召されてからわずか24日後のことであった。

ちなみに、産駒のアローマキヨ(1979年生まれ。引退シャルロット名)は2019年に満40歳を迎えた日本一の長寿である。

関連動画

ない・・・。仕方ないのでアローエクスプレスの出番も多いライバル動画

関連商品

アローエクスプレスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アローエクスプレス

1 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 23:24:13 ID: Zmyo6zNSvT
作成おつかれさまです
91年に立ったってことは、柴田政人悲願の戴冠には生き合わせなかったのか・・・
しかし昭和時代の名たちは本当、よく走らされますなあ。このしかりライバルしかり。