京成杯単語

ケイセイハイ
5.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

京成杯(けいせいはい)とは、JRA(日本中央競馬会)が開催する中山競馬場の3歳限定、芝2000mの重賞競走である。格付けはGⅢ

ややこしいが、同じ京成電鉄の冠競走であり同じ中山競馬場で開催される京成杯オータムハンデキャップとは別のレースである。また、かつては「京成杯3歳ステークス」という名前だった、現在京王杯2歳ステークスともやはり別のレースである。

概要

1961年創設。開催時期は創設以来ほぼ一貫して1月中旬。1998年までは中山競馬場東京競馬場を行ったり来たりしながら、芝1600mで開催されていた。1999年から中山競馬場の芝2000メートルに変更となり、皐月賞と同一条件の競走となった。

1984年グレード制の導入に伴い格付けがGⅢとなる。同年から外国産馬が出走可となり、1996年には定交流競走となり地方も出走可(2頭まで)となった。2009年際競走となって現在に至る。

3歳限定の、クラシック三冠前の重賞競走ということで、JRA公式exitでは「クラシックレースに向けて各の将来性や距離適性を占ううえで重要な競走」と解説されている……のだが……。

歴代の勝ちを見ていくと、1970年代まではスピードシンボリアローエクスプレスヒデハヤテ、カミノテシオ、テスコガビークライムカイザー現在GⅠにあたるレース勝利したが並ぶ。
ところが1981年のテンモン(オークス)を最後にその流れはピタッと止まってしまい、以降の勝ちGⅠとなったのは40年間でエイシンフラッシュただ1頭のみコンスタントGⅠを出している共同通信杯きさらぎ賞、かつては不出世競走と揶揄されながらも近年はぼちぼちGⅠを出しているシンザン記念と、開催時期の近い3歳混合重賞べても非常にパッとしない競走になってしまっている。
複勝圏内も含めれば、キヨヒダカニッポーテイオーダイナコスモス、スタビライザー、ヒシアマゾンイーグルカフェキングカメハメハナカヤマフェスタなどがGⅠGⅠ級)を勝っているのだが……。

レースのトピックとしては、2000年の第40回にてサラブレッド系種のマイネルビンテージが勝利。これが現在のところサラブレッド系種として最後のJRA重賞勝利となっている。
2002年の第42回では、ヤマニンセラフィムローマンエンパイアが、21世紀最初の重賞1着同着を記録している。
2014年の第54回では、川崎競馬場所属のプレイアンドリアルが勝利し、地方所属としては7年ぶりの中央重賞制覇を果たした。

京成杯の呪い

概要でも前述したが、京成杯を勝った呪いでもかかったかのように走らなくなる

どのくらいの呪いかと言うと、京成杯が芝2000mになって以降、勝ちGⅠどころか重賞も勝てなくなる。酷いと甚大な故障を発生して競走生活すらままならなくなるのである。現に京成杯が重賞初制覇だったは大半が最初で最後の重賞制覇で終わっており、その中でも重大な故障で半年~1年を棒に振ったとか引退に追い込まれたが多数で、重賞2勝を挙げたも3歳の重賞のみで古以降は見るもないほどにオープンで燻っているがほとんどなのである。

そんなバカなと思うかもしれないが、どれほど酷いかは毎年の京成杯の勝ちの競走生活を調べるより京成杯勝ちで後に重賞を勝ったを数える方がく、京成杯の呪いを脱したはオースミブライト、マイネチャールズエイシンフラッシュフェイトフルウォー、フェイムゲームだけ(2022年現在である。呪いを脱した重賞を勝てたのは3歳までで、古以降になっても重賞を勝てたエイシンフラッシュとフェイムゲームだけしかいない。そのくらい凄まじい呪いが京成杯勝ちには降りかかるのである。なおGⅠを勝てたエイシンフラッシュは京成杯ではアドマイヤテンクウと壮絶な叩き合いをハナ差で制しており、2着に敗れたアドマイヤテンクウは、その後は低迷して準オープンを勝ってオープン入りするのが精一杯だった。ハナ差の競り合いで間違って京成杯の呪いがアドマイヤテンクウに降りかかったのかもしれない。

負けた馬の方が走る

京成杯の呪いの凄まじさは前述したとおりである。

まず京成杯自体が前年の2歳王者決定戦とも言える朝日杯FS阪神JFホープフルS(前身のラジオNIKKEI杯2歳S)と言った2歳の一線級がレースを使った直後で強いが集まりにくいのと、中山2000mが小回りで紛れが生じやすいこと、前述したが基本的に強いが集まらないので重賞タイトルが欲しい1勝が多数登録してきてメンバーの3分の2以上が1勝なんて年もしくない。同じ時期の3歳重賞シンザン記念べると強いがそろいにくいのかもしれない。

かしこレース呪い徴するのが、勝ったよりも負けたの方が後々に走るという法則である。

現に京成杯を勝ったはことごとく呪いにかかり、近年は特に呪いが強さを増しておりレースの出走すらままならないが続出しているのに対し、負けたは特に古以降に急速に強くなって重賞を勝ったりGⅠを勝ったり、最終的には京成杯を勝ったよりも賞を稼いでいるがほとんどなのである。

勝ったより負けたの方が多いから当然だと思うかもしれないが、負けを掲示板以内(5着まで)に限定しても京成杯が2000mになって以降、これだけの重賞を勝っていて、京成杯の呪いを断ち切ったエイシンフラッシュとフェイムゲームを除けば、例外なく同年の京成杯勝ちよりも賞を稼いでいるのである。なお近年は呪いが更に強まったのか、勝ちだけでなく掲示板以内のまで低迷するようになってしまっている。

年度 京成杯で掲示板以内だった後の重賞タイトル 京成杯勝ち
2000年 イーグルカフェNHKマイルCなどGⅠ2勝) イネルビンテージ
2002年

ゼニフカレテ愛知杯

イネルアムンゼン(エプソムC連覇)

ヤマニンセラフィム

ローマンエンパイ

2004年

キングカメハメハNHKマイルCなどGⅠ2勝)

スズカマンボ天皇賞春朝日チャレンジC

フォーカルポイント
2005年 シックスセンス京都記念 アドマイヤジャパン
2006年 ネヴァブション(AJCC連覇など重賞3勝) ジャリスコライト
2007年 アルナスライン日経賞 サンツェッペリン
2008年 リトルアマポーラエリザベス女王杯愛知杯 イネチャールズ
2009年

ナカヤマフェスタ(宝塚記念)

モエレビクトリー(営記念※地方出身のため)

アーリーロブス
2010年

フラガラッハ(中京記念

エイシンフラッシュ
2011年 イネメダリスト目黒記念 フェイトフルウォー
2013年 ケイアイチョウサン(ラジオNIKKEI賞

フェイムゲーム

2014年 アデイイザライフ(新潟記念

プレイアンドリア

2015年 クルーガーマイラーズC

ルー

2016年 メートルダール(中日新聞杯

プロフェット

2021年 タイムトゥヘブン(ダービー卿CT

ラティアス

レース結果

年齢表記は2000年以前も現在年齢で表記

第1回~第38回:芝1600m、第39回~:芝2000m
第1回~第9回,第12回,第20回~第35回,第37回~第41回,第43回~:中山競馬場
第10回,第11回,第13回~第19回,第36回,第42回:東京競馬場

回数開催日勝利性齢騎手タイム動画
第62回 2022年1月16日 オニャンコポン 3 菅原明良 2:01.3
第61回 2021年1月17日 ラティアス 3 C.ルメール 2:03.1
第60回 2020年1月19日 クリスタルブラック 3 吉田豊 2:02.1
第59回 2019年1月14日 ラストドラフト 3 C.ルメール 2:01.2
第58回 2018年1月14日 ジェネラーウーノ 3 田辺裕信 2:01.2 sm32583718exit_nicovideo
第57回 2017年1月15日 コマインパルス 3 田辺裕信 2:02.5
第56回 2016年1月17日 プロフェット 3 S.フォーリー 2:01.4
第55回 2015年1月18日 ルー 3 川田将雅 2:02.3
第54回 2014年1月19日 プレイアンドリア 3 柴田大知 2:01.1 sm22704049exit_nicovideo
第53回 2013年1月21日 フェイムゲーム 3 F.ベリー 2:02.3
第52回 2012年1月15日 ベストディール 3 蛯名正義 2:00.6 sm16706948exit_nicovideo
第51回 2011年1月16日 フェイトフルウォー 3 田中 2:00.9 sm13390210exit_nicovideo
第50回 2010年1月17日 エイシンフラッシュ 3 横山典弘 2:03.6 sm9415350exit_nicovideo
第49回 2009年1月18日 アーリーロブス 3 福永祐一 2:02.7 sm9385297exit_nicovideo
第48回 2008年1月20日 イネチャールズ 3 松岡正海 2:02.9 sm5887356exit_nicovideo
第47回 2007年1月14日 サンツェッペリン 3 松岡正海 2:01.6 sm8915408exit_nicovideo
第46回 2006年1月15日 ジャリスコライト 3 北村宏司 2:03.2
第45回 2005年1月16日 アドマイヤジャパン 3 横山典弘 2:07.4
第44回 2004年1月18日 フォーカルポイント 3 横山典弘 1:59.2
第43回 2003年1月19日 スズドリーム 3 蛯名正義 2:01.7 sm5875679exit_nicovideo
第42回 2002年1月13日 ヤマニンセラフィム 3 蛯名正義 2:00.4
(同着)
sm10092173exit_nicovideo
ローマンエンパイ 武幸四郎
第41回 2001年1月14日 ボーンキング 3 D.ハリソン 2:03.2
第40回 2000年1月16日 イネルビンテージ 3 柴田善臣 2:04.0
第39回 1999年1月17日 オースミブライト 3 蛯名正義 2:01.5
第38回 1998年1月11日 マンダリンスター 3 柴田善臣 1:36.8
第37回 1997年1月7日 スピードワールド 3 的場均 1:36.3 sm15759429exit_nicovideo
第36回 1996年1月7日 サクラスピードオー 3 小島太 1:34.6
第35回 1995年1月8日 マイティーフォー 3 松永幹夫 1:35.1
第34回 1994年1月9日 ビコーペガサス 3 的場均 1:33.9
第33回 1993年1月17日 オースミポイント 3 橋本広喜 1:35.8
第32回 1992年1月19日 エーピージェット 3 的場均 1:35.2
第31回 1991年1月13日 ダイナマイトダディ 3 増沢末夫 1:34.8
第30回 1990年1月14日 ノーモアスピーディ 3 安田富男 1:35.2
第29回 1989年1月15日 スピークリズン 3 安田富男 1:36.3
第28回 1988年1月10日 ウシウマリオ 3 柴田政人 1:35.4
第27回 1987年1月11日 スーパーファントム 3 柴田政人 1:35.7
第26回 1986年1月12日 ダイナフェアリー 3 増沢末夫 1:35.1
第25回 1985年1月13日 サクラサニーオー 3 小島太 1:35.6
第24回 1984年1月15日 ハツノアモイ 3 菅原泰夫 1:36.2
第23回 1983年1月9日 ブルーダーバン 3 杉浦 1:37.7
第22回 1982年1月10日 アスワン 3 吉永正人 1:36.7
第21回 1981年1月11日 テンモン 3 嶋田 1:36.8
第20回 1980年1月13日 ハーバーシャレード 3 嶋田 1:42.1
第19回 1979年1月14日 ファーストアモン 3 吉永正人 1:37.3
第18回 1978年1月15日 タケデン 3 岡部幸雄 1:37.1
第17回 1977年1月16日 ヒシスピード 3 小島太 1:36.7
第16回 1976年1月11日 クライムカイザー 3 加賀武見 1:36.4
第15回 1975年1月12日 テスコガビー 3 菅原泰夫 1:37.5
第14回 1974年1月13日 エスタダッシュ 3 伊藤正徳 1:36.9
第13回 1973年1月14日 カミノテシオ 3 加賀武見 1:37.2
第12回 1972年3月19日 ヒデハヤテ 3 福永洋一 1:35.8
第11回 1971年1月15日 ヤシマライデン 3 伊藤正徳 1:38.1
第10回 1970年1月11日 アローエクスプレス 3 柴田政人 1:37.1
第9回 1969年1月12日 ギャロップ 3 1:39.2
第8回 1968年1月14日 ライトワールド 3 樋口 1:39.6
第7回 1967年1月15日 ホウゲツオー 3 加賀武見 1:39.3
第6回 1966年3月20日 スピードシンボリ 3 津田 1:40.2
第5回 1965年1月15日 メジロマンゲツ 3 加賀武見 1:38.5
第4回 1964年1月15日 トキノパレード 3 好男 1:40.5
第3回 1963年1月15日 カネノヒカル 3 加賀武見 1:37.5
第2回 1962年1月15日 オーハヤブサ 3 藤本 1:39.8
第1回 1961年1月15日 モンテカルロ 3 佐藤征助 1:40.6

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

京成杯

1 ななしのよっしん
2022/01/14(金) 13:25:55 ID: YwPDzgBtOq
京成杯初春の方、またはプレー京成杯がこっち
京成杯の方がオータハンデ
2 ななしのよっしん
2022/01/29(土) 19:52:14 ID: hfaGB90Vkc
エフフォーリア京成杯に出る可性もあったのか
でも間に合わなかったので共同通信杯を使ったらしい
3 ななしのよっしん
2022/05/16(月) 15:19:42 ID: /xzE48Sr5Y
ホープフルSG1なったし今後強が出てくることはもっと減るんだろうなあ