菊花賞単語

キクカショウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

菊花賞(きっかしょう)とは、日本中央競馬会催で開催されるGI競走である。

概要

以下、齢は2000年以前も含め新表記で記述します。

京都競馬場の芝3000m外回りで行われるGⅠ競走。3歳のみが出走できるも、せんは出走できない。
現在までに京都以外で施行されたのは第40回のみである。(修工事のため)

3歳が出走できるレースのうち、菊花賞よりい時期に3000m以上の距離を走るレースJRAには存在しない。
つまり、すべての出走にとって3000mという距離は未知の領域である。
以前までは菊花賞と同じ京都3000mの嵐山ステークスがあったが1999年止された。 

コーススタート直後に”の坂”と呼ばれる坂が存在し、レース中にその坂を2回も通過しなければならない。

この過酷さに耐え抜く身体の強さと、最後まで根性や闘争心を持ち続ける精面の強さが必要になる。
そのため菊花賞は『最も強いが勝つ』と言われている。

近年は2000m前後の中距離と呼ばれるレースで勝てる世界で評価されるようになるにつれて、
菊花賞ではなく天皇賞(秋)ジャパンカップ、賞や斤量面での魅から凱旋門賞に挑戦する3歳も多くなっている。

3000mという長距離故にには過酷で出走するケースは稀。
…→1967年1968年1977年1995年2009年2019年、と1970年頃から少なくなる。
推測ではあるが、1970年75年にはビクトリアカップ京都・芝2400m・3歳)が施行され、1976年からはエリザベス女王杯(同上)が代わって新設された。これによって3歳路線にも3冠ができたため、菊花賞へ出走する必要がくなったと見られる。

菊花賞は二冠(要するに三冠挑戦)以外のダービーとの相性が悪く、東京優駿と菊花賞を制した二冠はたった2頭である。しかもそのうちの1頭のクリフジ優駿牝馬を制しているため変則三冠馬と呼ばれている。それを除けばタケホープ1973年)ただ1頭となる。それ以前も以降も、数多の強ダービーが菊花賞で敗れ去るか、出走を断念するかしているのである。
皐月賞と菊花賞を制した二冠が8頭いる事を考えると「天皇賞(秋)の1番人気は勝てない」をはるかに上回る不気味ジンクスである。なにしろ距離的には皐月賞2000m)より東京優駿2400m)の方が菊花賞に近いのに、である。
(ちなみにの二冠は15頭、三冠馬は7頭)

セントライト記念神戸新聞杯が菊花賞のトライアルレースとして設定されているが、競争成績には如実な差があり、1986年から2017年の成績で見ると神戸新聞杯組からは15頭京都新聞杯(2000年に移設)組からは8頭が菊花賞を制しているのに対し、セントライト記念組からの菊花賞3頭しか出ていない。2015年セントライト記念1着のキタサンブラックが菊花賞となったが、セントライト記念組の菊花賞制覇自体2001年マンハッタンカフェ以来14年ぶりであり、セントライト記念優勝の菊花賞制覇は1984年シンボリルドルフ以来31年ぶりのことであった。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
セントライト記念 GII 中山競馬場 2200m 5週 3着内
神戸新聞杯 GII 阪神競馬場 2400m 4週 3着内

1999年までは11月1週開催だったため、京都大賞典から出走してくるもいた。また、同年までは同じ理由により、さらにもう1つトライアルレースとして京都新聞杯10月中旬ごろに施行されていたが、翌年からは5月に移動しダービーの前戦となった。

歴代優勝馬

開催日 頭数 優勝 騎手 タイム 馬場 備考
第81回exit_nicovideo 2020年10月25日 18 コントレイル 福永祐一 3:05.5 3冠達成
第80回exit_nicovideo 2019年10月20日 18 ワールドプレミア 武豊 3:06:0 最年長勝利騎手(50歳)
第79回exit_nicovideo 2018年10月21日 18 フィエールマン C.ルメール 3:06.1
第78回exit_nicovideo 2017年10月22日 18 キセキ M.デムーロ 3:18.9
第77回exit_nicovideo 2016年10月23日 18 サトノダイヤモンド C.ルメール 3:03.3
第76回exit_nicovideo 2015年10月25日 18 キタサンブラック 北村 3:03.9
第75回exit_nicovideo 2014年10月26日 18 トーホウジャッカル 酒井 3:01.0 レコード
第74回exit_nicovideo 2013年10月20日 18 エピファネイア 福永祐一 3:05.2
第73回exit_nicovideo 2012年10月21日 18 ゴールドシップ 内田博幸 3:02.9
第72回exit_nicovideo 2011年10月23日 18 オルフェーヴル 池添謙一 3:02.8 3冠達成
第71回exit_nicovideo 2010年10月24日 18 ビッグウィーク 川田将雅 3:06.1
第70回exit_nicovideo 2009年10月25日 18 スリーロールス 浜中俊 3:03.5
第69回exit_nicovideo 2008年10月26日 18 オウケンブルースリ 内田博幸 3:05.7
68 2007年10月21日 18 アササキングス 四位洋文 3:05.1
第67回exit_nicovideo 2006年10月22日 18 ソングオブインド 武幸四郎 3:02.7
第66回exit_nicovideo 2005年10月23日 16 ディープインパクト 武豊 3:04.6 3冠達成
65 2004年10月24日 18 デルタブルース 岩田康誠 3:05.7
第64回exit_nicovideo 2003年10月26日 18 ザッツザプレンティ 安藤勝己 3:04.8
第63回exit_nicovideo 2002年10月20日 18 ヒシミラクル 角田 3:05.9
第62回exit_nicovideo 2001年10月21日 15 マンハッタンカフェ 蛯名正義 3:07.2
第61回exit_nicovideo 2000年10月22日 18 エアシャカール 武豊 3:04.7
第60回exit_nicovideo 1999年11月7日 15 ナリタトップロード 渡辺 3:07.6
第59回exit_nicovideo 1998年11月8日 17 セイウンスカイ 横山典弘 3:03.2 世界新記録(当時)
第58回exit_nicovideo 1997年11月2日 18 マチカネフクキタル 南井克巳 3:07.7
第57回exit_nicovideo 1996年11月3日 17 ダンスインザダーク 武豊 3:05.1
第56回 1995年11月5日 18 マヤノトップガン 田原成貴 3:04.4
第55回exit_nicovideo 1994年11月6日 15 ナリタブライアン 南井克巳 3:04.6 3冠達成
第54回exit_nicovideo 1993年11月7日 18 ビワハヤヒデ 岡部幸雄 3:04.7
第53回exit_nicovideo 1992年11月8日 18 ライスシャワー 的場均 3:05.0
第52回exit_nicovideo 1991年11月3日 18 レオダーバン 岡部幸雄 3:09.5
第51回exit_nicovideo 1990年11月4日 17 メジロマックイーン 内田浩一 3:06.2
第50回exit_nicovideo 1989年11月5日 18 バンブービギン 南井克巳 3:07.7
第49回exit_nicovideo 1988年11月6日 18 スーパークリーク 武豊 3:07.3 最年少勝利騎手(19歳)
48 1987年11月8日 18 サクラスターオー 東信二 3:08.0
第47回exit_nicovideo 1986年11月9日 21 メジロデュレン 村本善之 3:09.2
第46回 1985年11月10日 18 ミホシンザン 柴田政人 3:08.1
第45回exit_nicovideo 1984年11月11日 18 シンボリルドルフ 岡部幸雄 3:06.8 3冠達成
第44回exit_nicovideo 1983年11月13日 21 ミスターシービー 吉永正人 3:08.1 3冠達成
第43回 1982年11月14日 21 ホリスキー 菅原泰夫 3:05.4
第42回 1981年11月8日 21 ミナガワマン 菅原泰夫 3:07.1
41 1980年11月9日 21 ノースガスト 田島良保 3:06.1
40 1979年11月11日 28 ハシハーミット 河内洋 3:07.5 阪神競馬場での開催
39 1978年11月12日 20 インターグシケン 武邦彦 3:06.2
第38回 1977年11月13日 18 プレストウコウ 郷原洋行 3:07.6
37 1976年11月14日 21 グリーングラス 安田富男 3:09.9
第36回 1975年11月9日 16 コクサイプリンス 中島啓之 3:11.1
35 1974年11月10日 15 キタノカチドキ 武邦彦 3:11.9
第34回exit_nicovideo 1973年11月11日 15 タケホープ 武邦彦 3:14.2
第33回 1972年11月12日 19 シノヒカル 増沢末夫 3:11.6
32 1971年11月14日 19 ニホンピロムーテー 福永洋一 3:13.6
31 1970年11月15日 16 ダテテンリュウ 田明 3:10.4
30 1969年11月16日 21 アカネテンリュウ 敏栄 3:15.3
第29回 1968年11月17日 16 アサカオー 加賀武見 3:09.0
28 1967年11月12日 18 ニツトエイト 伊藤 3:14.5
第27回 1966年11月13日 19 ナスコトブキ 3:08.5
第26回 1965年11月14日 18 ダイコーダ 栗田 3:13.4
第25回exit_nicovideo 1964年11月15日 12 シンザン 栗田 3:13.8 3冠達成
第24回 1963年11月17日 10 グレートルカ 安田 3:09.5
第23回 1962年11月25日 23 ヒロキミ 高松三太 3:10.7
第22回 1961年11月19日 11 アズマテンラン 好男 3:15.4
21 1960年11月13日 7 キタノオーザ 伊藤 3:15.1
第20回 1959年11月15日 11 ハククラ 安田 3:07.7
第19回 1958年11月16日 9 コマヒカリ 浅見 3:10.0
第18回 1957年11月17日 15 ラプソデー 矢倉義勇 3:16.0
17 1956年11月18日 14 キタノオー 勝尾 3:09.3
第16回 1955年11月23日 7 メイヂヒカリ 蛯名五郎 3:09.1
第15回 1954年11月23日 9 ダイナナホウシユウ 上田三千夫 3:09.1
第14回 1953年11月23日 8 ハクリヨ 安田 3:09.1
第13回 1952年11月23日 9 セントオー 内慶蔵 3:10.1
第12回 1951年11月3日 10 トラツクオー 小林 3:11.1
第11回 1950年10月29日 6 ハイレコード 浅見 3:09.1
第10回 1949年11月3日 6 トサミドリ 浅野武志 3:14.3
第9回 1948年11月23日 6 ニユーフオード 武田文吾 3:13.3
第8回 1947年10月19日 7 ブラウニー 土門健 3:16.0
第7回 1946年12月1日 5 アヅマライ 武田文吾 3:26.4
1945年 第2次世界大戦の影により中止
1944年 コース変更の伝達不備で全頭が3100mを走ってしまったためレース不成立
第6回 194311月14日 8 クリフジ 前田長吉 3:19.3
第5回 1942年11月8日 6 ハヤタケ 佐藤 3:16.3
第4回 1941年10月26日 6 セントライト 小西喜蔵 3:22.3 3冠達成
第3回 1940年11月3日 8 テツザク 伊藤勝吉 3:17.3
第2回 1939年10月29日 5 マルタ 清水茂次 3:22.0
第1回 1938年12月11日 8 ツモ 伊藤正四郎 3:16.0

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

菊花賞

44 ななしのよっしん
2020/06/09(火) 13:02:31 ID: BSPaevJ8jJ
セキステイヤーとか寝ぼけてるのかよ

距離スローなのは別にいいが長距離でやる必要ないくらい遅すぎるって話してんだよ

どうして反論の為の反論するやつってこう中身がないのかね
45 ななしのよっしん
2020/06/30(火) 16:11:52 ID: F/iBg02PFb
宝塚2着いく辺り菊花賞はしぶとい
46 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 16:09:45 ID: BSPaevJ8jJ
今年の菊花賞はどうなるか
例年通りのドスローなら三冠は確実
そうじゃない気あるステイヤーが現れれば見どころがありそう
47 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 11:07:52 ID: BSPaevJ8jJ
>>43 春天みたいに12代刻んで最後の3ハロンで11台でキメるってレースなら別にスローペースでもいいと思うんだけど
菊ってここ数年最後まで12台のドスローか 最後の2ハロンになってようやくスパートするかで到底長距離とも言い難いレースになっている

勝つのはステイヤーばかりなんですけどねと言ってるけどフィエールマンはどうみても中距離向きの体だし近年は勝ってるのほとんどがステイヤーとは?って感じのが多い
ディープ産が勝てるようになってきた地点で長距離の形骸化が進んでるのは確実だと思ってる

まぁそれが悪いかどうかは別なんだけど 中距離重視に移行してるのは時代の流れでしかないしな

ディープ~オルフェまでのラキが多く見えるのは今と違ってギリギリステイヤー血統がクラシックに出れてるのとちょうど長距離の価値が下がり始めたの時期だからだと思う

だからステイヤーが層の薄い菊で勝ってあとはボンクラ成績みたいなのがチラホラいたんじゃないかと
48 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 22:07:32 ID: urVOe+nKjI
そのステイヤーたちが春天を勝ってないのはなぜ?
オルフェもゴルシも(ゴルシは三度で勝ったが)
ゴルシなんてバリクソのステイヤーじゃん
春天フルゲート割れで層が薄いし普通菊花賞が有利ぽいんだけど
49 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 01:08:12 ID: BSPaevJ8jJ
ちょっと揚げ足とるのに必死すぎて何が言いたいかわからん・・・
オルフェ本質的なステイヤーじゃないしゴルシもそれこそ三回で取ったし取れなかった二回は折り合いクソだったじゃん・・・
ステイヤーはスタミナも要るけどそりゃ折り合いだっているよ・・・右か左かでしかモノを離せないのかね・・・


オルフェとゴルシは折り合いという点でステイヤーには遠いしゴルシが勝てなかった年は近代ステイヤーのフェノーメノが連覇した年じゃない・・・
どうにも反論というか屁理屈というか・・・内容がさすぎる

春天は菊勝が有利なのは間違いいと思うよ 春天マシってだけで直線ドスローの傾向は年々強くなってる

最近はドスローあがり勝負こそ最強のディープ系がどんどん長距離G1好成績になってるしね

50 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 01:10:52 ID: BSPaevJ8jJ
そもそもオルフェもゴルシもラキ菊花賞じゃないじゃん・・・ 何が言いたいのかがわからん・・・ 
しかもディープ~オルフェの時代っつってんのになんでオルフェとゴルシなんだよ・・・どっちもその後の時代じゃねえか・・・ ほんと揚げ足取りするにしてももうちょい整理して話せ
51 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 01:13:48 ID: BSPaevJ8jJ
あぁでもこれはにも結構問題があるか オルフェまでの時代ってのは10年までって事なんだがこいつはもしかしてオルフェ引退するまでの時間を計算に入れたのか・・・そりゃ話もかみ合わんわ 
・・・元々かみ合わせる気もないだろうけどあの文章見てると ゴルシ三回ってとうにオルフェ引退した年だもんなぁ・・・
52 ななしのよっしん
2020/10/30(金) 07:02:41 ID: BSPaevJ8jJ
まぁとりあえず揚げ足取りやイチャモンを抜きに冷静に自分の中の結論だけ言うけど 日本競馬めるステイヤーという定義は15年辺りから特にスピード重視で顕在化してきてると思っている

もうステイヤーらしいステイヤーがいないからスローになるのは長距離の意義が薄くなるから個人的には嫌だが時代の流れなので仕方ない面もある

そして定義の変わりつつある今勝ったも、時代に合わせたステイヤーの形であるので彼らがまったくのステイヤーじゃないとまでは言わない 実際キタサンは20年位前までのステイヤーの本質からは遠いだがその時代のレコードよりはるかに速いタイム競馬場の恩恵もあるとはいえ達成している

しかしやっぱりタフな逃げロンスパの先行が上位に食い込むような長距離レースがまた見たいなぁという そういう個人的な感傷の話なんだ


お前らステイヤー持論があるならそれは聞きたいけどただ屁理屈といちゃもんで人の意見にケチつけるだけの意見で菊花賞コメ欄をこれ以上増やしたくはないからこれ以上はおちょくられても
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
53 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 16:38:15 ID: 7wZZqSNe45
コントレイル(第81回 菊花賞)の場合は、ただの三冠ではく、敗の上で三冠です。