カラデシュ!すごい!本当にすごいんだ!単語

カラデシュスゴイホントウニスゴインダ

カラデシュ!すごい!本当にすごいんだ!

──Mark Rosewater

カラデシュのすごさがわかる概要

2016年9月マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)の新しいエキスパンション『カラデシュ』が発売された。エネルギーが溢れる自然と、発明たちが活躍するアーティファクト満載の次元と紹介されたが、これまでのMTGアーティファクト満載のブロックといえば『MoMa』や『親和』といったイカれたデッキを毎回産んできた悪しき伝統があり、『カラデシュ』もそうなるのではないかと心配するプレイヤーもいれば、「何度も失敗してるんだからさすがにもう大丈夫だろう」と考えるプレイヤーもいた。

そして『カラデシュ』のプロモーションビデオ開された。そこには「カラデシュ!すごい!本当にすごいんだ!」とはしゃぐ開発部の偉い人、Mark Rosewater(通称マロー)の姿があった。

ここまでなら「いつものマローか……」で終わったのだが……。

本当にすごいんだ(呆れ)

『カラデシュ』発売後、新しく登場したアーティファクトの“機体”のうちの1枚、《密輸人の回転機》軸にしたデッキスタンダードで大暴れを始めた。機体のほとんどはかつての“装備品”の反からかかなり控えめなだったが、この1枚だけは別格の強さだった。色のアーティファクトでどんな色のデッキにでも入るため、ビートダウンデッキで《密輸人の回転機》を4枚積むのは当然という潮になってしまい、遂には《精神を刻む者、ジェイス》以来の「グランリトップ8に32枚」を達成。

また、6連ガチャこと霊気池の驚異も《約束された終末、エムラクール》というSSRがいたため活躍。結果、『カラデシュ』の次の『霊気紛争』発売と同時に《密輸人の回転機》と《約束された終末、エムラクール》、そして《密輸人の回転機》と一緒によく使われた《反射魔道士》の3枚がスタンダードにおける禁止カード定された。スタンダードにおける禁止カードは《精神を刻む者、ジェイス》と《石鍛冶の神秘家》以来、5年半ぶりであった。

しかし、それだけでは終わらなかった。

『カラデシュ』の続編の『霊気紛争』では守護フェリダーが登場。『カラデシュ』のプレインズウォーカー、《サヒーリ・ライ》と組み合わせることで即死コンボとなるこのカードは、開発部の「We did miss the interaction with Saheeli(々は確かに《サヒーリ・ライ》との相互作用を見逃してしまいました)」というコメントと共に物議をかもし、結果《記憶の壺》以来18年ぶりとなる緊急禁止カードとなった。

そして、《密輸人の回転機》も《守護フェリダー》もいなくなると今度は《霊気池の驚異》が《絶え間ない飢餓、ウラモグ》というSRと共に復活。「4ターンに約10パーセントで試合が終わるのは好ましくない」という理由で《霊気池の驚異》も禁止カード定された。

しかし、これでもまだ終わらなかった。

霊気池の驚異》が禁止されてしばらくすると、『ティムール・エネルギー』というデッキが台頭した。『カラデシュ・ブロック』のエネルギーシステムをフィーチャーしたこのデッキは、あの『親和』と並べて“ブロックの怪物”[1]公式で呼ばれるほど『カラデシュ・ブロック』のカードだけでほとんど完成していた。そのため、その次の『アモンケット・ブロック』、さらにその次の『イクサランブロック』の強カードだけを追加してどんどん強化され、逆に『アモンケット・ブロック』や『イクサランブロック』のシステムを中心にしたデッキティムール・エネルギーとそのデッキ完成度に敵わず駆逐されてしまった。結果、エネルギーデッキの中心カードだった《霊気との調和》《ならず者の精製屋》が禁止された。同時に、ティムール・エネルギー一の対抗だった『ラムナプ・レッド』の《ラムナプの遺跡》と《暴れ回るフェロキドン》も禁止された。ちなみに、《暴れ回るフェロキドン》は《守護フェリダー》に対抗するためにデザインされたのに、登場したときには《守護フェリダー》は禁止カードになっていたという笑えないオチがある[2]。また、《霊気との調和》はコモンカードであり、この禁止により『カラデシュ・ブロック』はコモン、アンコモン、レア神話レアの全てのレアリティでの禁止カードも達成してしまった。

最終的に、カラデシュブロックスタンダードにおける禁止カード5枚、周りのブロックも含めると9枚もの禁止カードを出した悪い意味で歴史に残るブロックになってしまい、《守護フェリダー》や《霊気池の驚異》が禁止になった際には「カラデシュ!すごい!本当にすごいんだ!」とはしゃぐマローの画像が皮交じりにSNSなどで投稿された。

ちなみに、マローは後に「私はウィザーズでの22年近い歴史の間に作ったものの中で『カラデシュ』を一番誇りに思っている(欠点がなかったとは言っていない)」[3]っている。

カラデシュのすごさがわかる動画

カラデシュのすごさがわかるチャンネル

関連項目

脚注

  1. *ブロックの怪物とその避け方exit
  2. *2018年1月15日 禁止制限告知exit
  3. *デザイン演説2017exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5%21%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%21%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%A0%21

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カラデシュ!すごい!本当にすごいんだ!

123 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 00:57:17 ID: QPO/wIENAs
カラデシュの禁止連発は明らかにディベロップの失敗だったという点で不穏だったな…
禁止食らった面子は下の環境で悪さしてないあたり適切なディベロップを心掛けてれば暴れなかった可性が高いという
124 ななしのよっしん
2018/12/10(月) 10:50:44 ID: 9t8l5uH7+D
禁止全体だと終末ムラレガシーPostモダントロンで、反射魔道士モダン人間スピリットで絶賛活躍中
とはいえカラデシュ出身カードだとヘリモダンで少し見るかなって程度なんだよね
125 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 16:00:56 ID: QPO/wIENAs
カラデシュからはむしろバリスタ、プッシュ、バラル、チャンドラと禁止されてないメンツで単体のKPが高いカードのが下の環境で活躍してるという

最初エネルギー見た時あまりにメカニズムとして独立性が強すぎて2エキスパンションしかない中でちゃんとディベロップ出来るか心配だったけどその懸念が的中してあーあってなったな
独立性が高すぎるが故に性が乏しくて見向きもされずに終わるか環境における相対的な強さを高く設定して暴れるかのどっちかだと思ってたがまさこんなことになるとは…
126 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 18:11:10 ID: dIC1+0W4h1
エルドラージそれな
ファイレクシア「ほんとそう」
127 ななしのよっしん
2019/01/31(木) 19:18:03 ID: yFLwd0WiN7
結局デベロップ・チームこれで解散したからな
128 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 00:18:19 ID: 5G4YA7o3QL
ウルザ「それはお気の毒に」
129 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 22:40:33 ID: a+dZuM3+tn
機体は色の生物でもあるから調整が難しかったみたいだね。
今後は有色の機体が採用される可性が高いと。
エネルギーはそれをテーマにしないと採用できないから、当分は見ることないっぽい。
130 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 20:20:42 ID: QPO/wIENAs
エネルギー独立性が強すぎるメカニズムだからな
性に乏しい故に活躍させようと思ったら環境的に強くさせざるを得ないけど干渉手段が限られるから妨が難しく極端に強くなりがちという
131 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 10:56:29 ID: 1F6gZLsWRJ
ナベBAN
ミシッックエディション返
MPL路線変更

全て三週間以内の出来事
頭おかC
132 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 12:31:03 ID: ugW5RYGCz3
>>130
通常干渉不可能な領域にアド貯めるシステム酷いの
2ブロック制でろくに対策カード作れなかったのが追い打ち