ラ・ラ・ランド単語

ララランド
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド』(原題:La La Land)とは、2016年開されたアメリカ合衆国映画である。

概要

ラ・ラ・ランド
基本情報
監督 デイミアン・チャゼル
脚本 デイミアン・チャゼル
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
製作 サミットエンターテインメント
配給 ギャガ/ポニーキャニオン
2017年2月24日
上映時間 128
映画テンプレート

『ラ・ラ・ランド』は、売れないジャズ・ピアニストと女優の夢と苦悩をミュージカル仕立てで描いたラブストーリー
上映時間は128分。
脚本・監督はデイミアン・チャゼル演はライアン・ゴズリングエマ・ストーン。
制作・配給はサミットエンターテインメント日本での配給はギャガ/ポニーキャニオン

第74回ゴールデングローブ賞で作品賞・男優賞・女優賞・監督賞・脚本賞・主題歌賞・作曲賞の7部門を受賞。
89アカデミー賞監督賞・女優賞・撮賞・美術賞・作曲賞・歌曲賞の6部門を受賞。
その他、多数の受賞歴がある。

地上波テレビでは、2019年2月8日日本テレビ金曜ロードSHOW!』にて本編ノーカットで初放送された。
視聴率は7.5ビデオリサーチ調べ、関東地区)

タイトルのLAが示すように、舞台ロサンゼルス
冒頭、の交通渋滞に巻き込まれた人々が唐突にダンスを始めるシーンで幕は上がる。

「成功を願うなら強く願え」と唄う 叩き続けろ

から始まり、と季節を移ろいながら、5つのパート物語は紡がれる。
色彩鮮やかな映像音楽、そしてダンスで、夢を追いかける男女の心理を想的に演出した。

タイトルの「La La Land」には、ロサンゼルスの他、「現実から遊離した精状態」等の意味があり、マジックアワーと呼ばれる黄昏シーンなど映画の様々な場面で、夢と現実の間で揺れ動く心を徴するテーマとして使われている。

STORY

夢を追いめる人々が集まるロサンゼルス
ハリウッド女優を志望しながらカフェで働くミアは、毎日のようにオーディションに落ち続けていた。
いつか自分の店を持つことを夢見るジャズアニストのセバスチャン(セブ)は、レストランで気が乗らないクリスマスソング演奏する日々。
クリスマスピアノの音色に惹かれて、ミアはセブの演奏する店へ立ち寄った。
やがてふたりはに落ち、お互いの夢を応援し合うが、セブがお金のために旧友バンドに参加したことから、ふたりの心はすれ違いをはじめる……。

CAST

役名 出演者 日本語吹替
セバスチャンワイルダー ライアン・ゴズリング 内田夕夜
ミアドーラ エマ・ストーン 武田
キース ジョンレジェンド 仙勇
ケイトリン ノヤ・ミズノ 石井未紗
ビル J・K・シモン 壤晴彦

STAFF

役割 名前
プロデューサー マーク・プラット
監督・脚本 デイミアン・チャゼル
作曲 ジャスティン・ハーウィッツ
作詞 ベンジ・パセック、ジャスティン・ハーウィッツ
音楽 マリウス・デ・ヴリーズ
振り付け師 マンディ・ムーア
衣装デザイナー メアリーゾフレス

Soundtrack

# Track Sean
1 Another Day of Sun 冒頭のダンスシーンの曲。
2 Someone in the Crowd の部、ミアルームメイトが歌う曲。
3 Mia & Sebastian's Theme の部、セブが弾いているピアノ曲。
4 A Lovely Night の部、ミアとセブが黄昏のグリフィスパークで踊る曲。
5 Herman's Habit の部、ジャズカフェ「THE LIGHTHOUSE」で流れる曲。
6 City of Stars の部、セブが埠頭で口笛の後に歌う曲。
7 Planetarium の部、グリフィス文台でセブとミアが踊る曲。
8 Summer Montage / Madeline の部、ジャズカフェセッションで流れる曲。
9 City of Stars の部、ミアとセブが部屋でふたりで歌う(デュエット)曲。
10 Start a Fire の部、セブがキースバンド演奏する曲。
11 Engagement Party の部、セブがパーティー演奏するピアノ曲。
Someone in the Crowdアレンジ
12 Audition (The Fools Who Dream) の部で、ミアオーディションで歌う曲。
13 Epilogue の部、エピローグで流れる曲。
14 The End エンドシーンで流れる曲。

その他、挿入歌として、a-haの「take on me」、フロックオブシーガルズの「アイ・ラン」等が使用されている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラ・ラ・ランド

3 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 19:19:19 ID: r3zJOo7IdW
ストーリープロット自体はチープな様で最後にセブとミアが自分の夢をえると同時に
お互いのを諦めるのが一味違うところ、音楽も然ることながら「人生は取捨選択」
という切なさをよく表してる中々の良作。
4 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 19:24:53 ID: wIpNZO+Gg7
前作のセッションが鮮すぎたのもあるけど見た当時はちょっと拍子抜けな感じはあった
そういえば最初のクリスマスソング強要店長J・K・シモンズだったけどアレを経て全にジャズ界から干されたフレッチャーだって監督が言っちゃったの
5 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 21:21:10 ID: 6HKv6y4kAG
似たような名前を見た覚えがあった気がしたが「ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど」だ
6 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 01:06:31 ID: qiaX+1Q5Nb
手抜きだけど描いてみた
ラ・ラ・ランド
タイトル:ラ・ラ・ランド
Twitterで紹介する

7 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 01:20:25 ID: 0fWbl5OUBU
>>6
すごーい!絵の事はよくわからんが、ドット絵的な味を感じる。好き。
8 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 01:27:46 ID: Vb1M+Rjf8l
>>6
昔のゲーム画面みたいな絵で良き
9 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 04:10:10 ID: NdXAtqwnyi
あの町山智浩も大絶賛(白目
10 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 14:10:29 ID: UtAs30TGoU
https://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1713exit

良い映画だった。エマ・ストーンの魅が最大限に生かされているよね。結果論だけど、少女時代から女優業を大成功してるエマ・ワトソンが演じても説得なかったかも。

もしも夢も何もかも上手くいったハッピーエンドなら、観客の多くが予想するであろう展開になっていたから、ただの映画として埋もれていたかも。あのラストにしたのは英断だったね。
11 ななしのよっしん
2019/07/09(火) 19:37:15 ID: VTm9MRjlLv
眠すぎて退屈過ぎて劇場を脱走したくなった。
こんなに苦痛だった映画は初めてだった。
12 ななしのよっしん
2019/08/08(木) 21:09:40 ID: W7gfZEIFyw
ある程度人生経験がかったら理解できない映画かも
自分は初恋思い出泣いた

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり