三菱自動車水島FC単語

ミツビシジドウシャミズシマフットボールクラブ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

三菱自動車水島FCとは、岡山県倉敷市を本拠地とする、中国サッカーリーグ所属のサッカークラブである。

略称は「三菱水島FC」で、Wikipedia側の記事タイトルはコチラになっている。

ホームスタジアムは、倉敷市お隣にある笠岡市岡山県陸上競技場であるJFL所属時代は倉敷市内にJFLの規格を満たせるスタジアムがかったため、このスタジアムを使用していた。そして、その名残やリーマンショック時に笠岡市からクラブ存続をめられた経緯もあってか、現在においてもホームスタジアムとして使用している。

概要

中国サッカーリーグ
三菱自動車水島FC
基本情報
創設年 1946年
クラブカラー

ホーム
スタジアム
岡山県陸上競技場[笠岡市]
ホームタウン 岡山県倉敷市
前身クラブ 三菱自工水島FC
サッカークラブテンプレート

第二次世界大戦後の1946年、ヴィッセル神戸の前身である「川崎製鉄水島サッカー部」も本拠地としていた倉敷市水島地区の三菱自動車工業水島製作所に、サッカーであった複数の工員が集まって創設された。1946年の創設ということは、後に三菱自動車工業本社のサッカー部ともなった浦和レッドダイヤモンズよりも創設がく、歴史が古いことになる(レッドダイヤモンズは1950年中日本重工業(後の三菱重工業サッカー部として創設されている)。

その後クラブは、1979年中国リーグへ昇格、しかし3年後には岡山県リーグに降格してしまう。その後、1990年中国リーグへ復帰した後は、JFL昇格を決める2004年までの間に5度のリーグ優勝を成し遂げる。

さて、ここまでにおいて、特にネット上でのサッカーファンの間でクラブの存在が知れ渡るようになったキッカケと言えるのが、第28全国地域サッカーリーグ決勝大会である。この大会ではファイナルラウンドまで進み、見事優勝を飾る。また、翌年のJFLへ、大学連盟の推薦で参加した2位の流通経済大学サッカー部と、ある事件により繰り上げ昇格が決まった3位のホンダロックSCと共に昇格することになる。

JFL昇格後、クラブリーグを自退会(リーグから降格)する2009年まで、大きな苦しさを味わい続ける破となった。その理由は選手達の本業における労働環境にある。本業は2交代勤務+1週間毎に勤も行われる労働環境であったため、ベストメンバーを組むことが出来ない状況で臨まなければならない試合が多かった。中には勤明け直後のリーグ戦に出場する選手もいたので、チーム全体のコンディションは他チームべて低調であった。なお、選手は全員期間工である

それだけでも大変だったのに、2008年リーマンショックの影で、親会社である三菱自動車工業水島製作所からは予算を削られることになる。ちなみに水島製作所は後に、直営の三菱水島病院閉鎖している。そして、2009年、毎年支払うJFL加盟料(1000万円)を含む、全リーグで戦う年間予算が事実上捻出できなくなり、リーグ終盤にJFL退会届を出し、受理され、下位リーグに自降格することになった。ただ、社会人連盟の規約上から、中国リーグから受け入れを拒否されたため、2010年は2カテゴリ下の岡山県リーグ1部から再出発することになった。JFLへの所属経歴があるクラブが県リーグにまで降格した例は、2010年3月に解散したクラブチームエストレーラ宮崎」以来となる。

2010年岡山県リーグ1部で闘うことになったクラブは、降格の影で戦ダウンは必至であったが、同年のリーグ戦で上位争いをしていた2位のR.K.クラシックに勝ち点9もの差をつけて優勝を果たし、中国リーグ昇格をかけた中国地域県リーグ決勝大会へ、R.K.クラシックと共に進めることとなる(天皇杯については、岡山県予選でR.K.クラシックに敗れため、出場はならなかった)。そして、決勝大会で準優勝を飾り、優勝した富士ゼロックス広島SCと共に中国リーグへの昇格を決め、1年遅れながら中国リーグ復帰を果たした。

地域密着型実業団クラブ

三菱水島FCは他企業からのスポンサードも受けている実業団クラブである。スポンサーどが岡山県内の企業である一方で、三菱グループ内からのスポンサーは、(一応)三菱自動車工業本社と西日本三菱自動車販売のみである。また、スポンサーには、フジテレビ系列局の岡山放送も加わっており、ファジアーノ岡山FCとの岡山ダービーも行われたJFL時代からユニフォームの胸スポンサーともなっている。これら複数のスポンサードを受けたことが縁となり、リーマンショック後の不況で期間工をクビになってしまった選手が、スポンサーの下で再就職することが出来るようになったなど、ある意味社会人野球における「広域複合企業チーム」のような面も持ち合わせている。

また、クラブとしてサッカーの普及活動も行っており、現在は各々の少年サッカークラブへの出前形式によるサッカースクールを行っている。過去には、小学生女子を対としたクラブ直営の少女サッカーチームレッドアダマントFC」を所持していた(決して「ロリコンが生じて作った」わけじゃないぞ)

その他、JFL時代に使用したホームスタジアムの所在地である笠岡市からは、リーマンショックでの不況時、存続をめられたことがあった。

チーム愛称

チーム称は「レッドアダマント」で、佐川印刷SCと同じく「チーム称を持つ実業団クラブ」としても知られている。アダマントギリシャ語ダイヤモンドを意味し、由来は浦和レッドダイヤモンズと同じく、三菱グループロゴマークである「赤色のスリーダイヤ」だと思われる。なお、現在のところ、この称をチーム名称に加える予定はい。

Jリーグへの道

クラブ公式サイトには「Jリーグへの」という項がある。コレは初めてJFLに昇格した頃には既に掲載されていたことが確認されており、2010年現在でも削除されていない。JFLに昇格した当初、この項のお陰で、将来的には倉敷市を本拠地にJリーグ昇格をすのではないかと、一部のサッカーファンの間では思われていたが、その後の流れもあって、現在そのような噂は聞かれていない。

関連動画

辛うじて動画が残っていて吹いた。www

関連商品

「オフィシャルグッズの販売は終了しました。」exit

関連コミュニティ

関連項目

クラブ公式サイト

三菱自動車水島FC 公式サイトexit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%B0%B4%E5%B3%B6fc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱自動車水島FC

1 daru
2015/08/22(土) 23:45:49 ID: 4B41K9ojtl
自身が倉敷出身で身内が三菱自工にお世話になってるので、正直ファジアーノより応援したいんですが、Jリーグ理っぽいからなぁ~。
2015年天皇杯ネクストとの試合を見に行って、雰囲気良かったので機会があればまた応援したい(`・ω・´)

急上昇ワード

2019/10/21(月)16時更新