劇場版AIR単語

デザキエアー
3.5千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

劇場版AIRとは、2005年2月5日開された、東映アニメーション製作劇場アニメである。監督出崎統

概要

前作のKanonを受け、製作された劇場映画アニメーション作品。ミニシアターランキングで上位をキープ
Key出崎統監督という、その発想はなかった的なコラボレーション作品である。

キャラクターデザインは、かつてアゴアニメと揶揄され忌避された東映版Kanonの「デザインはちゃんと原作重視」の方針から、大きくアレンジして癖のないものにするという方向性に変わった。
BGMはほとんどがオリジナルだが、Kanon以上に原作BGMアレンジ使用率が増えた。

放送前はTVアニメAIRアゴ立つデザイン、こちらは癖をなくした内容ということで、前評判は劇場版が上だった。

ところがその後、評価は一転してしまった。
劇場版は大胆にアレンジされた設定・内容バリバリ出崎演出などで、ファンの反感を大きく買ったのである。
その拠に出崎統ファンサイトの掲示板Keyファンを名乗る者達によって誹謗中傷の的となり、一時閉鎖になってしまったほどだった。

京都アニメーションによるTVアニメ版とそう遠くない時期(映像開はTV版は映画開後とやや遅め)に情報開されたのも、あるいはまた不運だったのかもしれない。

内容を巡る話題

強い思い入れを持ったファンが多い本作は、原作ファンの怒りを多く買った。
事実として上記のような騒ぎもあったり、東映版Kanonと同じく黒歴史としてみたり、ネタとしてる人が度々いる。 

これに関して、脚本の中村原作にこだわった批判をするユーザーに対し「なら原作をやればいい」と応答している。
実際、映像化作品として後にTVアニメAIRもやることが一応発表されていた事実もあるため、ユーザーには選択の幅は用意されていた。
さらに言うなら上でも記したように中村原作ファンであり、鍵っ子(?)でもあった。 

根本的に言うなら、本作のコンセプトは「もう一つのAIR」なのであり、原作再現めること自体が間違っていたと言えなくもない。
仮にそのコンセプトを知らなくても、90分という短い尺、原作クラッシャーとして有名な監督出崎統という要素から、それを十分予想し得たという点は否定出来ない。
裏を返せば、「当然変ありきの内容」と鑑賞前に考えている視聴者が少なかったことから、こういった厳しい批判が止まらなかったのである。

中村鍵っ子だったこともあってか、所々に原作ネタを仕込もうとしている。例としては「どろり濃厚ピーチ味」「が、がお……」という観鈴の口癖など。出崎だけでは(恐らく)仕込まなかった要素だろう。
また、背景演出は映画らしく非常に凝って作られており、の演出は妙に綺麗である。

本作が不評だったことは出崎にとって悔しかったらしく、リベンジがしたいと意欲を示していた。当時60代だった彼にそこまで言わしめるほどの何かが、Key作品にはあったということであろう。
そしてそのリベンジとなったのが劇場版CLANNADである。詳しくは当該記事で。

また、当たり前とも言うべきかもしれないが、本作を評価するものもまた少なからずいる。
にその独特の演出に惹かれた人が多く、「90分間でよくやった」とするもしばしば見られる。
更に言うと、生の出崎ファンの中には、作品の共通点(演出)が多いことから「これはあしたのジョーの続編である」と本作を評価した人もいるほどだった。

登場人物

トリビア

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88air

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

劇場版AIR

47 ななしのよっしん
2020/01/13(月) 13:32:52 ID: SQB/6mY8Y4
黒歴史の人の動画見て視聴
ぶっちゃけアニメだけで較するならTV版よりこっちの方がわかりやすい
京アニ版は絵も綺麗だし演出も凝ってるけど、原作再現に重きを置きすぎててイミフなところ結構あった
90分って限られた尺の中でお話まとめるって意味じゃこっちの方が丁寧だった
ただ当時は原作に忠実な映像化をめられてて、お話は原作が至高なので手を加えてはいけない
細かい部分はこっちの原作知識で補するからとにかく綺麗で原作に沿った作りにしてくれってのが大多数のニーズで
そんな人たちに限られた尺で頑ったからこれも評価してよというのは酷だろうとも思った
まあも往年のきを失って、ユーザーも落ち着いてきた今なら昔ほどの批判は受けないと思う
そんな人たちが再視聴するとは思えないけど
48 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 12:21:29 ID: gpYWJykIad
Netflixで見た、後半の勢い好き
若干キャラ崩壊してた智代も面かった。と再会するときのシーンも、これから再出発する感じが表現できていて、93分の尺の劇場版というスタイルならこれで十分だ、ていう作品だった。

あと、劇場版AIRも見ようと思ってたのにサムネだけで配信終わってた…orz あれも気になる
49 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 05:53:31 ID: +wnjP5xczw
>>48
君、AIRスレCLANNADを書いているぞw
50 ななしのよっしん
2020/09/24(木) 23:14:37 ID: T94JHditlH
観鈴燃え尽きたぜ・・・真っ白にな・・・」
51 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 19:04:14 ID: 4PF9qEzs2K
観鈴ちんクラスメイト3馬鹿めっちゃかわいい
52 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 19:08:25 ID: qlzGoFCtjo
劇場版AIRという存在もその内容も全に忘れていた
一回は見てるし、最初はTVアニメ版より期待していたぐらいのはずなのにどうしてこうなった?
53 ななしのよっしん
2021/01/14(木) 14:00:37 ID: syE4zd4tgS
少なくとも当時の観客は,AIR劇場版が見たかったのであって,AIRの名を借りた何か」を見たかったのではなかったと思うんだよなぁ.
オリジナル展開をやりたかったら,オリジナルで作れと.
「もう一つのAIR」というコンセプトを受け入れられるか拒絶するかの違いなんだろうけど,>>47さんが書いてるみたいに,今は少しは変わってきてるんかな?
54 ななしのよっしん
2021/03/15(月) 03:06:54 ID: uc9crE2mX8
>>53
東映版Kanonが想像以上に原作を上手く昇していて、AIRキービジュアルが綺麗&出崎監督だから見に行った。
正直原作の敬介が吐き気がする程嫌い(の事ちゃんと思ってるけど言動がクズいし、結果周りを引っ掻き回しているだけ。死んでるのに「前略)の休暇も終わりだ」とか)だったから、殴られてスッキリした。
SUMMER編も原作でも恐れられている人なのに共にザルな警備、追ってくる連中に対しての緊迫感ないし、柳也が陰謀と命挟みにならんのか……?、と原作の不満も多かったし
劇場版の太鼓ドンドコとやかな祭りの対と意味とか、原作では結構冷めてた各キャラクターが最初から生っぽく悩んであがいている姿が鮮だったから、評判悪くて当時驚いたよ。

「ちゃんと、もう一つのAIRじゃん」って不思議だったけど、あの辺りから『エロゲ原作のオリ展開はそろそろマジ勘弁』っていう空気はあったし、劇場版AIRからエンドレスエイトまでの原作再現に注する京アニとして持ち上げられているのをの当たりにして納得はした
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
55 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 10:58:57 ID: gmLWf8wIzO
オーディオコメンタリー本編
56 ななしのよっしん
2021/09/22(水) 03:06:09 ID: 5zt/ynJ65g
・出崎の過去作「ブラック・ジャック OVA しずむ女」のセルリメイク
・太鼓ドンドコは石川県輪島伝統芸能「御乗太鼓」がモデル

この二つが開当初に知られていたら、また世評は変わってたか?

急上昇ワード改

2021/11/27(土)23時00分 現在