十二国記単語

ジュウニコクキ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

十二国記とは、小野不由美異世界ファンタジー小説。またNHKで放映されたアニメ
講談社X文庫ホワイトハート講談社文庫新潮文庫から刊行中。

概要

麒麟に選ばれた王が治める十二のが存在する、古代中国異世界舞台にした大河ファンタジー2019年現在外伝と短篇集を含めて10作品が発表されている。

十二国記現代の日本から十二世界に連れてこられた女子高生中嶋陽子(王陽子)が一応中心人物的な立場にいるが、基本的にはシリーズ共通の主人公は存在せず、十二それぞれの王と麒麟を中心とした一話完結物語が繋がっていく形式を取っている。

緻密に突き詰められた世界観と、少女小説レーベルの作品とは思えないほど重いテーマを投げかける物語で、少女小説ライトノベルというえて非常に高い人気を誇る。そのため『胥の幽夢』はイラストのない講談社文庫版が先行発売されたりもした。とはいえX文庫版からイラストを手掛ける山田章博美麗イラストも本作の大きな魅のひとつであり、新潮文庫版ではイラストが復活している。

元々はシリーズというわけではなく世界観の共通する単発作品という扱いだったが、ファンの間で「十二シリーズと呼ばれるようになり、のちに「十二国記」というシリーズタイトルが追加されたという経緯がある。また当初本編とは別新潮文庫から出ていた『魔性の子』はシリーズ外伝だが、刊行はシリーズ第1作よりい。こちらは現実世界から十二世界を見る伝奇ホラーであり、先に十二国記を読んでいるか否かで全く印の変わる作品となっている。本編新潮文庫に移籍した際に第0作として正式にシリーズに組み込まれている。

アニメ

2002年NHK-BS2にてアニメ化。『月の影 影の海』『風の海 迷宮の岸』『の万里 明の』『東の海神 西の滄海』がアニメ化され、全45話で一旦終了。原作の展開が進み次第続編制作の予定があるが、何しろ原作の出るペースペースなので、アニメの続編も放映の処は立っていない。

ドラマCD

十二国記夢三章

2003年2月21日ビクターエンタテイメントより発売された。3つで1つ。

BD BOX 特典ミニドラマCD

2009年9月26日より順次発売されたBDBOXの特典。各種BOXに1つずつ付いている。 

新作

2001年以降刊行が途絶え、その後は2008年2009年新潮社の雑誌「yom yom」にて久々の新作中編が1作ずつ掲載されるにとどまっていたが、2012年4月シリーズの刊行元が講談社から新潮社に移籍されることが発表され、yomyom掲載の中編や、新作の刊行が告知された。また完全版として、7月以降既刊の新装版も順次刊行されることとなり、2013年に12年ぶりの新刊となる短編集緒のが刊行された。

そして、新作の発表から6年経った2019年4月、ついに新作の刊行日が発表された。全4巻の大長編となっており、2019年10月12日に1・2巻、11月9日に3・4巻が発売される。また、8月にはタイトル白銀の墟 玄のしろがねのおか くろのつき)であることが発表された。『黄昏 曉の』が刊行されたのが2001年なので、実に18年ぶりの長編となる。18年も長編の新作が出ないでいる間に人気が衰えるどころか、ファンは着々と増え続けていたようで、白銀の墟 玄の』1巻はなんと初版50万部新潮文庫初版部数記録を更新し、各地の書店で発売カウントダウン深夜販売などのフィーバーが巻き起こった。

余談

2019年白銀の墟 玄の』1・2巻が発売された10月12日は、記録的な勢を誇る台風19号関東を直撃。作中では十二世界現実世界が繋がるときに「蝕」と呼ばれるが起こるため、SNSなどではファンがまさに「蝕」だと(ちゃんと発売日に買えるのかという問題も含めて)大盛り上がりとなった。

ちなみに、シリーズで最初に刊行された『魔性の子』が発売されたのは1991年9月25日。このとき何が起こっていたかというと、奇しくも後に「りんご台風」と呼ばれた平成3年台風19号日本に迫っているところであった(上陸は27日)。

既刊

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

十二国記

341 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 17:37:33 ID: Fl+dkbpdod
図南の翼十二国記の中で一番好きだわ
1巻で終わる短さなのに色々考えさせられる内容を詰め込んだ上で読後感が爽やか
342 ななしのよっしん
2020/06/21(日) 11:39:39 ID: nRCQ7+rIue
帰山の石集めてたくだり、昔は何とも思ってなかったけど
あるいは利広の言う「賭け」を実行していて、何かがあって思い直して「回避済み」になった事の暗喩かと今更気付いた
343 ななしのよっしん
2020/06/21(日) 11:52:03 ID: Fl+dkbpdod
を切るかどうかで由を試したり、利広が言うようにはねちっこいんだよ
石の場合は雁州そのものの運を試したんだろうね
試している内に、試すことに飽きてやめたというような説明だったな
344 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 11:10:38 ID: TmWJUwg87E
新刊4巻は正直ガッカリだったな
驍宗・選は2大傑物という設定に反して無能すぎるし、琅の実は味方だったってのも納得できない。斎がひたすら有能だったのはよかった。

驍宗:に嵌められてに閉じ込められるまでは仕方ない。でもようやく脱出できたのはいいが、時間が掛かり過ぎだしタイミングも悪い。に即効で見つかってしまった。
それに即効でに拿捕されたのも無能の極みだわ。味方が斃れていくのをみて諦めて捕まったが、それよりかに多い犠牲を今まで払ってきたし、捕まることで今後も犠牲が増えるはずなので最後まで無様でも諦めずに足掻くべきだったわ。諦めるならに閉じ込められた間に自害せえよ。
驍宗が即効で自害したら王気が斎に移ってもっと上手くいったんじゃないだろうか。
から出てきた後は終始ボーっとして周囲に流されているように見える。暗闇で意地汚く生き延びたガッツを、王はかくあるべしという姿を見せて欲しかった。

選:嫉妬に狂った琅の傀儡、ぶっ壊れ性の琅が居なければ何でも出来なかった無能
王位簒奪後も何がしたかったのか。2大傑物の片割れとして何らかの信念を持っていて欲しかった。これじゃあゲーム友達嫉妬して、チートで勝ったらやる気なくして惰性で雑プレイになった感じやん。

麒麟と違って悪意を持てるぶん麒麟より悪な妖魔使いというチートキャラ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
345 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 11:13:10 ID: TmWJUwg87E
:可くなくなったが、麒麟らしからぬ冷酷さとしたたかさを身に着け魅的でした。使が戻った無敵の泰を見てみたい。饕餮で選残党を皆殺しにして欲しい。

斎:片腕と飛燕を失ってもに尽くすの忠臣。王気見えてない?

について:もう次のは越せないんです~(´;ω;`)という新刊が始まるまでの斎の悲壮感溢れる訴えに反して結構余裕ある感じを受けた。
そら描写外で民がいっぱい死んでいるという設定だろうけど、反乱軍も貧民のはずなのに作中で驍宗探索に時間を充ててなんとなくも越えちゃったのが違和感ある。麒麟が帰したことによる気善なのだろうが、もっとスピーディーに時間的な焦りを見せて欲しかった。探索フェーズがいかんせん長すぎる。

こんなもんか、読んだの半年以上前だけど結構覚えているな、それだけ心にしこりが残ったのだろう。長い文章になった。
346 ななしのよっしん
2020/10/07(水) 01:27:48 ID: 0qLT4KqUjj
>>344
そうかな、どちらかというと反対な印だったな。

斎は本当に人脈に恵まれていたからこそ、という感じで彼女自身が有能とは思えなかったかな。
実際彼女が選んだことによって多くの人が死んでしまったわけだし。
あと、忠臣というのであれば彼女には王気はない。
風来坊の言うように、王はその臣下の理論を踏み越えなきゃ王にはなれない。
臣でいる限り彼女は王にはなれない。

・琅は敵ではないだけで味方でもないと思う。
それこそ敵の反対は味方というのは短絡的過ぎると思うかな。
彼女としては麒麟と王を封じた世界、つまりは王も麒麟もいない、朱の民と同じ環境であればはどうなっていくのか、ただそれを知りたかったんじゃないかと。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
347 ななしのよっしん
2020/10/07(水) 01:30:45 ID: 0qLT4KqUjj
・驍宗、そもそも10年以上洞窟満足に動けないうえにが染みてどうにもならなかったから、どちらかというとその体であそこまで動けたのと、日もない何にもない闇のなかアバウトな感覚で祭事していた時点でおかしいレベル
騶虞を素手で生け捕るとか、もうそれだけで10年分の体使い切ったでしょと突っ込みたかったな。
自害って…王の一番の大罪だからそれはやらないでしょうよ。
また氏変わっちゃう。


選に関しては無能というか、周囲に傑物だと言われて上がったけど、実情彼の中身は空っぽで、自分というものを持って行動していた驍宗とは違うことに気が付けなかっただけじゃないかと。
ほら、現実でも本当の優等生と、そう見せたくて頑って優等生に見せて、いざ社会に出たら前者はそのままバリバリ溶け込んで行けたのに、後者はなーんもなくて高学歴なのに、ていう人少なからずいるでしょ。
だから琅にたきつけられた時に舞い上がって、それを自分のと思って振り回していたらみんなに従うスゲーになり、あー頂点になった標ないしやる気ないわーという、課金しまくってつえーやったやつの末路というか。
そういうやつだったんじゃないかとおもうな。


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
348 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 08:31:05 ID: Fl+dkbpdod
が王も麒麟もいない世界したとして、その動機はなんなのかって所で、
私は琅は王ではい驍宗を得て、王も麒麟もいない世界で共に生きたかったのだと推理しています
選が琅麒麟嫉妬しているとか言っていましたが、ある意味で正解じゃあないでしょうか)

しかし驍宗は彼の意志で民を見捨てることはありませんし、たとえ地の底に閉されても王のままでした
そういう驍宗だからこそ好きになった琅は、彼女の描いたは、最初から破綻していたのでしょう
は破滅に向かわざるを得なかった女であったように思います

選に関しては、彼は努であり才がありましたが、そのために他人を見下す傾向があったのだと思います
驍宗との関わりの中で、自分が見下してきた人間と自分自身の心(本性)に大差がない事に気づき、
それに気づいたという事実(自覚)を、驍宗を自分と同じ所に引きずりおろすことでかったことにしようとしたのでしょうか?
349 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 09:05:17 ID: Fl+dkbpdod
が用意したあの妖魔のは、実は琅自身に使いたかったのかもしれません
あるいは選が選自身に使いたかったのかもしれません

壊れた、気づきたくなかった己の本性、そこからを背けようとして背けられなかった二人
彼らは心に背いた結果、表面的な的は曖昧になり、方針は散逸しますが、
己を止めることは出来ず、行動を起こさずにはいられなかったのでしょう

それは斎や泰、あるいは泰の人々が、を救うために、
謀と知りつつ行動を起こさずにはいられなかった事と同様なのだと思います
あるいは同質でかつ正逆な物として描かれているのかも、と思いました
350 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 05:33:15 ID: /ufBIoCNAq
今更ながらに『白銀の墟 玄の』を読了したー!
全体的には満足だけど、小野上はもう「の上」の世界のことに興味がなくなったのかもしれないとも感じた。

緒の』もそうだったけど、この長編も「民たちの物語」だったと思う。
斎が切り拓いたというよりも、の下で生きる名もなき人たちが紡いでいった。次のを越えられるかも分からないのに、斎たちを繋いだり、支えたりする民たちの姿と、過酷すぎる状況の中でも強くある泰の姿が重なって見えた。
思えば麒麟は民意の具現だから、結局どちらのパートも民たちの苦闘を描いた話だったのかなという気がした。
だからこそ、その代表である去思たちの出番が終わったあそこで幕を閉じたんだと思う。

一方で、琅を初めとして「の上」の者たちについては、やっぱり消化不良な部分があったから、短編集でうまく補されるといいな。