平清盛単語

タイラノキヨモリ
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

平清盛(たいらの きよもり / 1118~1181)とは、平安時代末期政治家・武将である。

同名の大河ドラマについては平清盛(大河ドラマ)を参照。

概要

忠盛の長男として生まれる。1153年、・忠盛の病没によって督を継ぎ、平家の棟梁となる。1156年の保元の乱後白河天皇方に付き勝利1159年の平治の乱ライバル源義朝を破り、平家一族の武門の地位を高める。1167年に武士として初めて太政大臣に就任するが、翌年重病となり、快癒した後に出した。

当初は後白河法皇密な協体制を築き、・徳子を後白河法皇の皇子・高倉天皇がせて外戚関係となり、間に生まれた安徳天皇の外祖となっては更に権勢をふるった。しかし、徐々に平家の勢増大を警するようになった法皇と対立を深め、以仁王の反乱を機に再起を挙げた源氏との戦いが始まる中、マラリアと思われる熱病に倒れ、1181年に数え64歳で病没。そのわずか4年後、平家一族は壇ノの戦いで滅亡した。

詳細はウィキペディアを参照。exit

後世の評価

社会の成立において重要な功績を残した人物にもかかわらず、一般的な清盛の印は芳しくない。その最大の原因は、「平家物語」でおごる平家は久しからずの代名詞とも言えるような悪人とされてしまい、そのイメージが定着してしまったことにある。また、源平合戦においては最終的に「源氏=勝者、平氏=敗者」となったことで、敗れた側の平氏に関する史料は散乱し、勝者である源氏方により不当な評価をされて貶められたのも大きい。

元々平家物語法師が口伝でり継いだものを数十年経て軍記物語としてまとめたものなので、フィクションや誇も多く、文学的価値は高くとも歴史史料としては信憑性に欠けるところがある。例えば、孫の資盛が藤原基房に恥辱を受けたことに対して報復した話が平家物語にあるが、実際に報復したのは(平家物語では諫める役回りの)子の重盛である。歴史的評価の高い英雄ながら、長らく物語などで悪役に位置づけられていた点では、三国志曹操に通じるものがあるだろう。

出生の謎

表向きには忠盛の長男とされる清盛だが、生前からその誕生には様々な噂が立っていた。最も有名なのは白河法皇の落胤説であり、法皇の寵だった園女御もしくはその近者をもらい受けた忠盛が、清盛の母親となる人物が既に法皇の子を妊娠していたのを承知の上で、後を継がせたというものである。

なぜこのような説が生まれたのかというと、清盛の朝廷における出世のスピード・忠盛や祖・正盛とべものにならない程かったからと言われている。但し、落胤説への異論も多く、大河ドラマ「平清盛」の時代考を務める本郷和人はこの説を否定している。

幻の都・福原

伊勢平氏は忠盛の代から、大輪田泊(現在神戸港)を拠点に(南)との交易を行っていた。日貿易である。教科書ではあまりれることはないが、あくまで国家間の交流だった遣唐使以上に、民間で交易が行われた日貿易が日本に与えたは計り知れない。平氏が急速に勢を拡大した背景には、日貿易で獲得した大な利益によるところも大きいのである。

1180年、清盛は大輪田泊に福原を作り、遷都を行った。その理由としては、院や寺社勢が強い平安京を離れ、自分たちの本拠地に移すことでそのを削ごうとしたからである。しかし公家たちの反発が強く、以仁王の反乱など社会情勢が不安になったこともあって、1年も経たずに平安京に戻ることとなる。翌年、清盛は病に倒れてこの世を去るが、東大寺焼き討ちの仏罰源頼朝をはじめとする源氏の裏切りに苦しめられながら絶命した「平家物語」の描かれ方と異なり、新しき都へのを打ち砕かれた挫折による失意こそが彼の死期をめたのかもしれない。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%B3%E6%B8%85%E7%9B%9B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

平清盛

73 ななしのよっしん
2022/07/06(水) 08:14:33 ID: f3uIjyojtR
なんでこの人は頼朝伊豆に流したんだろ?、伊東大庭景親がいるから大丈夫だと思ったのかな?、でも関東全体なら義朝シンパだった人って結構いたし、土佐にいた同の稀義は頼朝に合流する前に始末されてる訳だし
74 ななしのよっしん
2022/07/10(日) 10:46:52 ID: S/x/qhPtXd
頼朝視点からは「清盛は自分を殺さなかったせいでああなった」と分析して参考にできたというお話であって、清盛がそこまで先読みするのは厳しいんじゃないかな
平治の乱の頃の清盛は「やっとこれから全盛期がやってくる」というタイミングだし、そんなタイミングで血に飢えた羅刹みたいにになる事には一定のマイナスもある
75 ななしのよっしん
2022/07/11(月) 09:38:51 ID: f3uIjyojtR
清盛頼朝を生かした理由はそれで説明つくと思うんだけど、流す先は西日本の何処かってならなかったのが不思議でね、義仲は北陸宮担いでる時点で後白河法王が利用価値を見いだせないだろうし、平家下人の地位から転げ落ちるのは防げないだろうけど、頼朝関東にいなきゃ頼朝、範頼、義経の三人や大江広元三善康信辺りの頼朝に仕えた公家わずに平家全に滅びることはかったんじゃないかな
76 ななしのよっしん
2022/07/13(水) 10:14:03 ID: uT8e/L2fMY
頼朝の身柄考える場合、流罪という制度についても考慮する必要がある。
京都較的近い場所に流されるのは、いずれ戻っておいでという意味。平氏にあらずんば人にあらず、のあいつとか。
逆に遠流は、お前は二度と中央に返り咲くことはない。という公式な意思表示。
そして、当時は西より東の方が辺であり低く見られていた。
特に伊豆は地の果て。そこで朽ち果てるがいい、という趣旨のとてつもなく重い処分。
ついでに、流罪は流す先が受けてくれるか、という問題もある。クーデター実行犯の息子なんか、居候させるのやーよ。と言われたらそこまで。
清盛の立場じゃ、地盤である西に迷惑かけたくないだろう。死刑はやりすぎ。されど厳罰を、となれば史実が一番妥当なんだな。
77 ななしのよっしん
2022/07/13(水) 11:13:25 ID: f3uIjyojtR
なるほど、処刑を除けば一番重い罰をを受けた頼朝が自身や回りのや偶然が重なってあそこまで出来たのなら、それ以降根絶やしがデフォになるわけだ、返信ありがとう
78 ななしのよっしん
2022/07/13(水) 11:59:16 ID: S/x/qhPtXd
高倉院があまりにナイスすぎるタイミングで死んでるから、「後白河天皇最大の宿敵」たる平家一門のその後はどのみち相当厳しくはあったと思うよ
平家の滅亡で始まって承久の乱で頂点を迎える「朝廷vs幕府」の対立については頼朝がいなければ朝廷側にかなり有利だった、というかそもそも対立がなかった可性はあるけど、朝廷にとっても源氏にとっても殺したい存在である平家にはあまり関係ない
79 ななしのよっしん
2022/07/15(金) 09:16:50 ID: vZcfFLSllq
>>76
あまりられないけど異の希義は普通四国に流されてるし西への配慮なんてあったかなあ?
源頼政木曽義仲』って本だと、頼朝の流罪地選定は単に明法に則った処罰で特に政治的意図はないってかいてあったな
80 ななしのよっしん
2022/07/15(金) 20:41:18 ID: uT8e/L2fMY
>>79

なんかお忘れじゃないか?
頼朝たちとは違い、着て太刀持って戦った。要するに、クーデター未遂の共犯なわけだ。引いた者たちのかたわれよ。
西に流すなんて甘いし、危なくて都の近くにおいておけない。源氏の本拠地摂津河内に近すぎる。ついでに、西過去源氏に何度もひどいに合わされてる。義とか為とかね。
付け加えると。後に比叡山の明伊豆に流されそうになると、山法師たちがぶちギレて官軍襲って奪還した。
二度と戻れない場所だし、社会的に死ぬことを意味する。比叡山もおしまい。とても納得できないから。
伊豆送りはそれぐらいヤバく厳しい罰だったのだよ。
81 ななしのよっしん
2022/07/16(土) 15:08:16 ID: f3uIjyojtR
>>79
申し訳ないが、稀義は頼朝の同じゃなかったか?、生きてたら範頼や義経よりも頼朝からは高い待遇受けてたかもな
82 ななしのよっしん
2022/09/26(月) 22:04:54 ID: vOQNBVpML8
平家の世は、壇ノで安徳と共にの藻と消え去ったが、実はの1人が藤原房と卿にいでおり、その曾孫が西園寺姞子といい、後嵯峨天皇の中宮として、後深天皇亀山天皇を産んでいる。つまり、北も南も全ての天皇清盛の子孫であり、現在皇室は北の流れを組んでいるので、今日いても清盛の血は天皇の中に流れている。