空想科学読本単語

クウソウカガクドクホン
2.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

空想科学読本とは、特撮マンガアニメなどに登場する設定、現などを科学的な線で考察した本である。

著者は柳田理科雄

概要

1996年2月26日に一作が刊行。考察により導き出される面い結論やユーモアのある文章が読者に広く受け入れられてベストセラーとなり、シリーズ化された。現在シリーズの刊行は続いており、20周年を迎えた2016年には「空想科学読本17」が発売されている。

「2」宝島、「3」・「4」・「5」はSPA!の連載企画、「6」以降(書き下ろしの「6.5」「9」「12」「14」「17」以外)は筆者が全高校高専に配信している「空想科学図書館通信」の原稿を加筆・修正したもの。

元々は筆者が宝島社「帰ってきた怪獣VOW」に寄稿した、特撮番組の科学考察が原。そのため初期の発行所は宝島社だが、計算などを手直しした上で文庫化したかった筆者と文庫版をく出したかった宝島社の間で文庫化を巡って裁判沙汰となり、決裂。裁判は筆者側が勝訴し、その後はメディアファクトリー(現:株式会社KADOKAWA)が出版している。

原作の設定を無視して検証する場合や、単純な計算ミス、強引な仮説、理論展開が散見されるため、批判も多い。その反面、「子供化学興味を持たせている」という肯定的な意見もある。発売当時は「こんなを壊すような本を書くなんて」と言われることも多かったが、のちに実験ショーなどを行うようになると「子供たちにを与えるような実験を」と言われるようになったと筆者は述懐している。

2013年からは児童書レーベル角川つばさ文庫から小学生向けに再編集された「ジュニア空想科学読本」が刊行され、「楽しく読むうちにすっかり理科が好きになる本」としてアピールされている。近年はこちらのシリーズメインで展開されており、2020年には「ジュニア空想科学読本20」が刊行された。

一方で本シリーズの刊行は「17」で一段落し、ナンバリングを冠さない総集編的な文庫版、電子書籍がいくつか刊行されている。書店におけるサブカル系書籍の棚が近年は縮小傾向にあることが理由の一つのようである(雑誌「Febli」vol.58のインタビュー記事より)。

近藤ゆたか氏により挿絵が描かれているが、著作権などの配慮のためか、原作微妙に似ていないように書かれている。挿絵の解説文にもあえてキャラクター名前を書かず、曖昧な表現で描いている。なお原作側から許可オファーを受けて制作された本や原稿など、以下のように原作側が積極的な協を行っている例もある。

また、このほかにもアニメ漫画の出来事を日本法律で解釈する「法律読本(著者:盛田栄一)」や、アニメ漫画の出来事を実際の歴史に当てはめて考察する「歴史読本(著者:円祥之)」などの生本も多い。

モリナガ・ヨウ氏のオブジェが掲載されてるが、「16」以降はusi氏によるイラストが掲載されている。

内容の間違いについて

前述のとおり、本書の考察内容は必ずしも正確なものではない。

計算間違いや設定認識ミスの多さは柳田本人も認め、たびたび新装版などで謝罪、訂正している。例えば96年に出版された空想科学読本(宝島社刊)では「ゴジラは体重が重すぎるため、生まれた間に圧死する。」と導いたが、のちに出版された新装版では「ゴジラは非常に納得のいく体重設定である。」と訂正している。

ちなみに作中では「(編集者の意向もあり)少々強引であっても面い結論を出すことを重視して書いたつもりである」「正確さとわかりやすさの二者択一を迫られるケースでは、思い切って人間の実感を重視した。つまり正確さを犠牲にした場合もあるということだ。」などともられている。

また、「想非科学大全」を文庫本にする際に全面的に構成と計算間違いを手直ししたが、編集者に「前のほうが面みに満ちていて良かったのでは?」と言われて間違いの訂正などに修正を留めるなど、編集者読者める形が原稿(及びその修正)に反映されている面もある。

と学会会長であった山本弘は、こうした問題や不勉強な点をクローズアップした「こんなにヘンだぞ!空想科学読本」という本を上している。こちらは性質上、難しい公式喩などが頻出しており、「原作」からの本格的な引用(「ブレードランナー」においては映画版だけでなく原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」からも引用)が多いため、空想科学読本よりも門外に分かりづらく、記述も一部間違いがあるなど、こちらもこちらで問題を抱えている。

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A9%BA%E6%83%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%AA%AD%E6%9C%AC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

空想科学読本

479 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 03:16:58 ID: YRcOofkRTg
大怪獣のあとしまつ』のお陰で今のヤフコメじゃ理科雄の評価はうなぎ登りだぞ
480 ななしのよっしん
2022/03/03(木) 16:03:25 ID: LMkglrH+LS
柳田先生フィーネが嫌いなんかな?
https://web.archive.org/web/20161019071034/http://web.kusokagaku.co.jp/articles/549exit
481 ななしのよっしん
2022/03/07(月) 23:01:34 ID: /dfX/FaJuk
20年以上前の野暮ツッコミ路線見てた世代とここ10年くらいの毎週毎週図書館通信で理科の副教材的に慣れしんだ世代とじゃそりゃ評価も180度違うよね
482 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 17:11:57 ID: mLFqRrLznR
中学高校位の時はよく読んでたけど今はもう読んでないな
言われてる通り間違いや意図してなのか設定無視とかも多いからな
空想科学大戦だったかの漫画のやつで基本的な間違いしてたのは今でもどうかと思うけど
483 ななしのよっしん
2022/05/02(月) 18:10:24 ID: LcO4zIANBJ
イナズマイレブン科学研究所を出した頃あたりから一気に方向展開入った気がする。
このシリーズ初の公式サイド許可取ってる本。
というのもファミ通イナイレコラムを単行本にしただから当たり前なんだけど
484 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 10:59:43 ID: e32j/2wBte
この本好きな人は批判に対して「ネタにマジレスすんなよw」って言うんだが
この本自体が設定捻じ曲げてネタ変した上でマジレスってことを延々とやり続けてるからなぁ
485 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 11:04:18 ID: HAC825gapJ
>>481
自分もいつの間にか路線変更してるのを知って「評価が分れている理由はこれかあ…」ってなったわ
(新版しか知らない人と旧版しか知らない人がかち合えばこうなるわな)
486 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 14:48:10 ID: Zy9QN1/7sV
シンウルトラゼットン関連の描写でこれ思い出したゾ
487 ななしのよっしん
2022/05/14(土) 18:09:19 ID: Xayj+Ow2mn
シン・ウルトラマンで1兆度をリアルでやるならそりゃそうなるよな、って
488 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 17:35:58 ID: wBAiniGa9S
>>486
自分も作中の説明聞いてて、「そういや空想科学読本で言ってたなぁ…そんな内容…」ってなったわw