若島津健単語

ワカシマヅケン
4.5千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

概要

小学生編から登場している古参の一人で、若林みたいに怪で大会の参加は遅れた。
対ふらの小サッカー部戦でPKを取られてしまった時、松山が蹴る直前に登場し、見事に阻止して勝利に貢献した。

また、彼はキャプ翼三大義のひとつ飛びの使い手で、全小学生の心を貫いた。

彼の特徴は攻撃的ゴールキーパーという点。三飛びをはじめとした空手を流用した独特な技を持つキャラクターで、『キャプテン翼』のゴールキーパーの中でも最も多くの技を持つゴールキーパーである。この時点では若林と同等の実であった。

中学編

日向の後を追って東邦学園へ入学。2年生のときから正GKとしてゴールを守るが、やはり南には勝てなかった。

またこの頃からぽつぽつと失点も立つようになり、小学生編ほどの迫は感じられなくなった。とはいえ、まともに点を取られたのはと三と対戦した時くらいである。三の決死の猛攻やドライブシュートを防ぐ場面もあり、その実最強クラスであるふたりからも認められた。若林西ドイツへ留学した事もあり、最強ゴールキーパーの地位は不動のものとしていた。

ジュニアユース編

若林が諸事情で試合不参加を決めていたため、正ゴールキーパーとして参加。善試合ではシュナイダーハットトリックを決められた挙句に流血させられる。しかし、距離があったとはいえ一度はファイヤーショットを防ぎ、そのシュナイダーや彼のチームメイト驚愕させた(シュナイダーに関してはこの場面以降も若島津を軽視しているので、「思っていたよりは強い」程度と思われるが)。

ジュニアユース大会のイタリア戦では田と次調子に乗ってオーバーラップしてしまったためDFが手薄になってしまい、なすすべなく失点。漫画を読めばわかるが、人数が違いすぎるので止められるわけがなかった。しかし、以後はしっかり守り切った。アルゼンチン戦ではディアスひとりにに4失点してしまうも、ドライブシュート全に防ぎ、前転シュートも逆に浴びせ蹴りで撃墜するなどの活躍も見せる。続くフランス戦でも4失点した上に、以前シュナイダーに受けた傷が開いて再び流血。一方で一度は失点を許したスライダーシュートを2度はキャッチし、それまで連続ハットトリックを達成したナポレオンは1失点に抑え、彼のキャノンシュートは軽くワンハンドキャッチしている(特殊な回転がかかっているため、闊にキャッチに行くとはじかれるという設定だったのだが…)。引き分けのままPK戦にもつれこみ、右手を負傷しているため次々とゴールを許すも、5人を捨て身の右手の正拳ディフェンスで防いだ。ぶっちゃけると、右手を負傷してなかったら2人で終わっていた(右手でキャッチするも、握力がほとんどなくなっていたためゴールになってしまったという展開なので)。

余談ながら、若林はこの西ドイツ戦で三跳びの発展形である四跳び(仮称)を披露している。とはいえこの場面でくらいしか使っていないので、三跳び=若島津という印は変わっていない。

高校~ワールドユース編

この時も彼は日向と共に東邦学園に入学。ようやく、南を下して単独優勝日向と共に味わった。

後のワールドユースでゴールキーパーとして選ばれるが、オランダユースとのテストマッチでは一戦は6失点、二戦は7失点。と三は不在、日向も怪で実質不在(2試合の終了間際に出ただけ)、岬は大スランプチームに差がありすぎたのでゴールキーパーの実どうこう以前の問題であった。3戦(ただしコンディションは最悪)が復帰してチームが持ち直した事やオランダユースに負傷者が出た事もあり、1失点に抑えている。なお、若林ドイツの一員としてオランダユースと戦っているが3失点している。

アジア予選前、若林海外で活躍しているという理由だけで勝手に若林の方が実が上だと決めつけ、競争もさせずに若林を正ゴールキーパーに据える見上監督の方針に反発。ユースチームを離脱した。この時、若島津若林と競い合った結果、若林の方が上だと認める事ができたら何も言わずにサブに回ると明言しているのだが、見上監督がそれさえしなかった理由は不明。タイガーショットを振り向きざまにワンハンドキャッチし、日向から「間違いなく若林と争える」と認められた。その後は横浜フリューゲルスへと入団、そこで自らの実を磨くことに。しかし、それでも試合が気になるのかきちんとアジア予選の試合は見に来ていた。

その後、日向母親の医療費の肩代わりをし、ワールドユース予選からチームと合流。予選では(まともに描写された試合はひとつもないが)大活躍で、最優秀ゴールキーパーに選ばれた。実績を見ればおかしくないとはいえ、読者視点では前述のとおりの描写なので違和感があるかもしれない。対メキシコ戦ではツインシュートに匹敵するビッグバンシュートをとめたり、ルチャ殺法を得意の高さでのセービングで全にぎ切ると大活躍を果たす。

次の試合はウルグアイ戦。リアルジャパン7だった火野、そしてビクトリーノとの対戦である。この試合では火野のトルネードシュートを股抜きの上にまったく反応できずに失点を喫し、準エース級であるビクトリーノのスライディンシュートダイビングヘッドという何の変転もないシュートも取れず、更には味方のオウンゴールもあって5失点。若島津自身は味方がある程度先制してくれた事で気持ちが攻めから守りに入ってしまったから、と分析しているが、その前にも火野ならともかくビクトリーノに失点しているのであまり理由になっていない気がする。もっとも、この試合はDFが4人そろってボールに一度も触れない(一触れたのが次オウンゴール)なのでそちらの責任も非常に大きいが。また、最終的にはジャンピングトルネードシュートを防ぐ見せ場もあり、その結果ウルグアイの士気を下げて逆転に繋がるプレイも見せている。とはいえ、5失点した後でこの場面くらいしか活躍はなく、活躍も失態もバランスよく描かれたジュニアユース編にべると失態に大きく傾いている感は否めない。

若林が復帰してからはベンチ要員となるが、最終決戦ブラジルにおいて若林が負傷したため、果敢にオーバーラップしてフィールドを駆け巡る若島津の姿があった。若林く、若島津は自分と同等の実であり、攻撃なら自分より上との事。攻撃はともかく、実に関しては作中描写を見ると同等というのはだいぶ理がある気がするが…。若島津に限った話ではないが、作中ではロクに活躍しないのに、台詞では凄い凄いと持ち上げられるのはキャプテン翼にはよくある話ではある(とっくに凡人の域に落ちぶれてしまったのに、台詞ではいつまでも天才扱いされる三など)。

Road to 2002

いつの間にか新田仲良しになっていた。名古屋グランパスエイトで活躍している。特に立った活躍はく、日向イタリアへの見送りをしたぐらいしか見せ場がなかった。余談ながら新田との対戦では勝利している。

ドイツで活躍している若林がいつの間にか攻撃的なプレーをいくつか習得してしまったため、彼の存在価値がやや薄くなってしまった感がある。もっとも若林小学生の頃からオーバーラップして得点するというプレイを見せているのでいまさらではある。キャプテン翼エース級の選手は何でもできてしまうオールラウンダーばかりなので、エース級以外の選手はみんな特徴が薄れてしまうのである。

GOLDEN 23

島津く「また若林との壮絶なゴールキーパー争いがはじまるんだ」

吉良監督の下、ゴールキーパーとしてオリンピック予選のメンバーに選ばれる。そこにはフィールドを駆け巡るFW若島津の姿があった。吉良監督いわく、日向とのツートップは明和時代からあったといい、その攻撃と高さ自体は今までの全日ユースのFWにはいものばかりであった(元々チビが多かった)。その中では異必殺技から数々の新田とのコンビプレイを披露、FWとしては大活躍するという快挙を成し遂げた。全にコンバートしたわけではなく、あくまで兼任。以後もGKとして出場している試合もある。

なお、作者が考案したベストイレブンに選出されている。(外部リンクexit

余談ではあるが、若島津がFWにコンバートされてしまった理由に関して説明すれば、乙武洋匡作者である高橋陽一と対談した際に「若島津をFWに」とリクエストした事も少なからずしている。
武は趣味キャプテン翼の登場人物でスタンディンメンバーを決めたりする妄想をしていたようである。 

必殺技

飛び
キャプ翼三大義のひとつ。この技で全ちびっ子を虜にした。あくまで逆を突かれた時やコースが際どい際に使うの技なのだが……。
若林も使用している。
浴びせ蹴り
ディアスを吹っ飛ばした必殺技テクモ版では敵フィールダーと一対一の状況で使用出来る。
正拳ディフェンス
そう簡単には砕けないらしい。威のある(キーパーを吹き飛ばしたりする)シュートに対して正拳を入れて弾き飛ばす。
ディフェンス
リーチが長くなる。南戦では、来生の3D攻撃を防ぎ、両手での叩きつけでドライブシュートを弾いた。「ディフェンス」と表記された事もある。
若堂流円滑面蹴り
い話が対地タックル
若堂流上弦跳ね蹴り
い話が対タックル
若堂流背面中縦回転蹴り
い話がオーバーヘッドキック
若堂流変幻次元蹴り
い話がフェイント

若島津の実力

実際、若島津の実森崎若林、果たしてどっちに近いか……?という疑問が残る。そんな中で、とあるサイトでは実際の失点数などで割り出した結果、森崎に近いという結果が出たというデータが存在する。あくまで失点数によるものであるため、参考記録に過ぎない。そもそも森崎とは対戦チームレベルが基本的には全然違う為である。森崎の実績は大半が内の学生試合で際試合にはほとんど出場しないため、海外の代表チームと戦う事が多い若島津(と若林)とは単純較はしにくい。

テクモでは

1では、若林が決勝戦限定のみ使用可の為、原作さながらの実を持つ彼には圧倒的なステータス差で負けている。
2では安定の若林必殺技の若島津かの二択になる(クリティカルが発動すれば若林の方が上)。
3では若林弱体化したため、事実日本No.1キーパーとなる。
4ではルート次第では新必殺技「牙飛び」を習得、この技でカルロスコインブラの必殺シュートを止めるイベントがある。ペナルティエリア外のシュートに高い耐性を持つ若林とは基本的に敵チームシュートレンジにより使い分けられる。また、一定確率で手ディフェンスが発動する事も。
5では牙飛びがくなり、浴びせ蹴りも使い難くなっている為、4から変わらぬ強さを持つ若林には少々出遅れている感が。というか、全日本に合流するのがよりにもよって二人一緒の上、多くの試合で若林が強制出場なので、特にこだわりがなければ一度も使われないと思われる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8B%A5%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E5%81%A5
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

若島津健

85 ななしのよっしん
2021/12/26(日) 21:00:22 ID: TInjCeLiAU
>>80
フランス戦はまあ田の退場やホームタウンディシジョンとかの
モロに食らってるからね・・・あの辺はまだ理由あっての大量失点だからいいのだけどワールドユース編はもはや擁護不可能に・・・
86 ななしのよっしん
2022/02/16(水) 21:30:45 ID: 9BNOe+fhtM
至近距離タイガーショットは片手でキャッチできるのに
ビクトリーノ普通シュートは止められないのが
情けないよね。
ここぞの気合を入れた場面しか、シュートを止められない人のイメージ
87 ななしのよっしん
2022/02/21(月) 03:23:59 ID: TInjCeLiAU
>>86
せめてジュニアユース編位の『大量失点はしても仕方がないケースでの失点が多い』時代の強さには戻って欲しい
あの時はカットしたけどディフェンスのカバーが間に合わず立て直す前に再度打ち込まっるとか
初登場の時の様な貫はもう見せて貰えないんだろうなあ・・・
88 ななしのよっしん
2022/03/06(日) 22:21:16 ID: gaFyqGh9Ac
関連項目の「かませ犬」は消したい……
あと、長州力があるのは何故でしょうか
89 ななしのよっしん
2022/04/09(土) 08:06:32 ID: K8ulGVTDBe
久々RONCやってるけどスーパーセーブが一番カッコイイのは若島津だよな
90 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 10:46:46 ID: 9BNOe+fhtM
今回の号でいきなり失点すると予想したけど、しなかった!
味方になって序盤こんなに活躍する若島津を見るの
初めてだなw
毎回敵のエースのかませになるのに。
雑魚に失点しかけたけどw
反町が若林ディスるのいいな。
91 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 14:47:17 ID: yKw+wJs/PA
反町によると、飛び出しなら若林より上か
これまでは若林が若島津上位互換になっていたが、差別化できるのだろうか
ミューラーから得点した新田といい、扱いの微妙だったキャラを活躍させようという思いは感じられる
あのミカエルからも評価されているし
とはいえ、ミカエルはまだ本気じゃないし、これからどうなるか…
92 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 20:28:15 ID: 9BNOe+fhtM
おいおいさっそく失点かよ。
若林なら普通にキャッチできたろうに。
まあ、反応はしてるのでトルネードシュートに動けなかったころよりは
成長してるかな。
93 ななしのよっしん
2022/06/03(金) 01:32:20 ID: gaFyqGh9Ac
仕方がいよ、分かっていた事じゃないか……。
これからリアル時間で2~3年かけて8~10失点ぐらいさせられて、
決勝で若林が2~3失点で抑えるんだ。
94 ななしのよっしん
2022/06/20(月) 11:01:53 ID: TInjCeLiAU
かませ犬じゃなくて若林の引き立て役になっちゃってるからなあ・・・