編集  

3DCG単語

スリーディーシージー

3DCGとは、3次元コンピュータグラフィックスのことである。

概要

3次元の描写を面上投影したCGのことを言う。ゲームをはじめ、CADなど様々な分野に使用されている。2DCGと明らかに違うのは「行き」があるためその分の演算が必要になり、2DCGより高めのマシンスペックが必要である。しかし、動きを作る分には2Dアニメーションのようにパラパラ漫画のように1コマずつ手作業で描く必要がないため、動画を作る分には3DCGが有利である。

3DCGの用途はハードウェアの性向上によりかなり広がっており、携帯ゲーム機でも3DCGが頻繁に使われるまでになっている。また作画技術の向上によりアニメでも3DCGを一部混ぜたり、さながらアニメ絵のようなフル3DCG動画の作成もできるようになっている(トゥーンレンダリング)。

そのため全般的に3DCGを直接処理する場合はスペックが高いマシンが要される。PC向けのゲームでいわゆる「ハイエンドクラス」のスペックが要されるのもこのためで、またPSPDS向けゲーム3DCGべ、箱○PS3向けのゲームだと段違いにクオリティが違うことが多い一因である。

高めのスペックが必要、といっても昔はそれこそ「高価な専用の3DCGワークステーション」じゃないとやってられなかったが現在は「パソコン」の準でも十分な性を持っており、とりあえず興味があってやってみたい、と3DCG入門したいという人ならスペックの心配をする必要はないだろう。本格的なものになると流石にハイスペックマシンが必要になってくるかもしれないが、入門してから腕を磨き知識を得て本格的な作品を作りたくなってからでもハードウェアアップグレードを考えても全然遅くないだろう。

ハードウェアの性向上ももちろんだが、ソフトウェアも時代が経つにつれて充実しており、昔こそは本当に個人には手が出しづらいレベルだった(ハードを合わせるとそれこそが買えてしまうレベル)。が、今ではフリーを含めた1万円未満のソフトでも作者次第で人をひきつけられるクオリティ3DCGが作れるようになっているため、個人でも3DCGを作り、Web上に開している人も少なくない。

アニメ作品と3DCG

概要の通り、キャラクターを動かすぶんには有利で、「まるで実写スタイルや逆にデフォルメした感じに描くのには向いている。が、「日本アニメ絵」には向かないとされている。というのも、完成するモデルが2DCGと混ぜると3DCGっぽさが出てしまい、浮いてしまうためである。

実際のところ、2013年頃には実写との混合や(日本アニメ絵ではない)フル3DCGアニメーションはほぼ当たり前になっているが、ことアニメにおいては未だ3DCGの利用は試行錯誤が続いている状態である。

とはいえ、ずっと手をこまねいているだけかというとそういうわけではない。「3Dっぽい」ことがあまり気にならない巨大ロボなどの機物の作画活用されたり、また技術の向上によって全な別シーンダンスといった動きのし場面の表現に活用されている。作画もかなり2DCGとの違和感が少なくなってきているので、いずれは「手描きかと思ったレベルフル3DCGアニメが登場するかもしれない。

ただ、フル3DCGアニメーションとなると、モデリングに時間がかかることになるため、モブシーンが苦手であったり(同じ格好であるならコピペで十分なのだが)、モデリングの数を決めるために詳細な脚本・プロットが必要となるなど、小回りが効かない。なので、脚本段階で実現可なものに変えてみたり、モデリングをする人物が直接ストーリーを考えたりするなど工夫が必要となる。

結局、3DCGは低予算と言われがちだが、実際は予算を多く使っていたり、時間がかかったりと割と面倒である。

ちなみに2017年現在日本3DCGアニメーション体として、アニメーション制作を行っている会社は、ポリゴンピクチュアズ、サンジゲンヤオヨロズの3社のみである(3DCGアニメーションを使用している会社は、他にも東映アニメーションサンライズタツノコプロなど数多く存在するが、これらの体はあくまで2DCGである)。

近年ではヤオヨロズ制作の『けものフレンズ』がニコニコ動画Twitterを始めとして注を浴びており、3DCGに対する評価が高まるかもしれない。

ニコニコ動画と3DCG

パソコンの性向上により、個人でも3DCG作品を作ることができるようになっているため投稿動画3DCGを使ったものもないわけではないが、やはりニコニコ動画内で一番流行っているのが”MikuMikuDance”(以下MMD)だろう。

ソフトの詳細は該当記事に譲るが、要するにこれとモデルデータ(とあとは作者やる気)さえあれば初音ミクを始めとしたニコニコ動画で知られているさまざまなキャラを動かし、3DCG動画作品を作ることができる。

またMMDおよびモデルデータフリーで配布されていることがほとんどであるため、ソフトを入手したらすぐに手元のマシンで作成を開始することができ、敷居はかなり低い。安価ではあるが、ヒット数・コメント数をたくさん取っている人気の高い動画も存在しており、VOCALOIDキャラクター人気も相まってニコニコ動画内のMMDの使用率は高い。

関連動画

関連商品

主要な3DCGソフト

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/3dcg
ページ番号: 4161301 リビジョン番号: 2578163
読み:スリーディーシージー
初版作成日: 09/09/16 11:01 ◆ 最終更新日: 18/04/09 22:51
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加。<br>を<p></p>に。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

3DCGについて語るスレ

84 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 23:29:06 ID: WOeqxzhPXW
その「ああいう層」がもうノイジーマイノリティだからな
行収入みたいな「客観事実」として、3DCG日本でも世界でも圧倒的なのはもう明だからな

日本ももっとやってほしいわ
アニメ手描きこそ至高!CGゴミ!」とか言ういるんだろうけど、1作ヒットする裏で何十作品爆死してんだよって話だし、駄な拘りなんていらんからと
85 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 23:33:41 ID: MBcV8uLm0Q
3DCGアレルギーなんて今更なのにボロクソ叩き見てショックを受けてる人ってガチでおるん?
ガチだったら申し訳ないがそんな層が準マジリティであるかのように言うのは匿名意見の過大評価だと思う。
86 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 18:19:56 ID: M0pBokiyDi
3DCG手描きよりクォリティの良し悪しが浮き彫りになり易いから一概にモデルが出来たら楽とは言えない
87 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 18:06:27 ID: wOIYNxNcPi
3DCG日本でも世界でも圧倒的なのはディズニーピクサーとかの一部の作品じゃないですかね
日本産のセルルックのクオリティがそれらとべて遜色ないとは口が裂けても言えない
88 : ななしのよっしん :2018/06/30(土) 09:22:20 ID: poGbHsGWe4
ディズニーピクサーのあれってセルルックなん?
89 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 02:24:06 ID: wOIYNxNcPi
セルルックのディズニーピクサーが見たいならFeast見てみよう
宝石の国とかけもフレにしてもそうだけどあれで一応満足できるのってキャラが人間の設定じゃないからだと思う
90 : ななしのよっしん :2018/08/09(木) 15:41:59 ID: NFAHdqHQP4
けもフレはともかく宝石の国戦闘シーン以外はほぼ人間の日常と似たようなもんだし
それもどっちかという漫画手法的な表情・動きが多かったからそうは思わないな
作画オタ手描き好きだけどあんだけ自然に動くCGなら並みの手描きはもうえたと思ったもん
でもあのクオリティ製作できるスタジオはまだどないだろうけどさ
91 : ななしのよっしん :2018/09/28(金) 00:08:56 ID: wOIYNxNcPi
人間はばらばらに砕けたりしないんだが
そういう機質、異質なものと受け入れやすいから自然に見れるんじゃないのと言いたい
でも宝石の国は良かったよね
92 : ななしのよっしん :2018/09/28(金) 00:12:52 ID: cLxfuHoRFf
そもそもディズニーはかかってる泥の差やんか
べる方がどうかしとる
93 : ななしのよっしん :2018/09/28(金) 00:27:04 ID: hYVIqIkFCq
マスコット的なCGなら今でも充分な出来なとこもあるけど、人間を背景も含めて30フル3DCG、少なくとも1クールをってのはまだがかかるし量も足りてないと思う。知ってるやつだろゲームギルティギアXrdは3DCGアニメの中間って感じで、アレアニメ化してもいけると思ったけど、ゲーム開発に相当かかってるだろうからアニメ化は現状難しそう。
セルルックでもどうしても2Dの絵とは違うから違和感アレルギーがある人は少なからずいる。まぁそれでもやらないと成長しないんだからいつかは踏ん切りつけて3DCGに移行しなきゃならないときが来るんだろうけど。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス