映姫 「一度、私の裁きを受けてみる? そうすれば、少しは身を正すでしょう。 貴方も裁きの恐怖を感じられるでしょう」コミュ

日が沈む すべて終わる この先は 闇の

闇を払い真実を知る時、方は耐えられるだろうか?

この闇を恐れず地に堕ちる覚悟があるというのなら真実を伝えよう

日が沈む すべて終わる

このPVの真の構成とΜμさんの誤算

こまで説明してきたPVとしての解説は、とある構成によりある意味ほとんど意味がない。 この動画を視聴して大多数の人が思うPV本編は、壮大なフェイクPVだからである。

exit_nicoseigaexit_nicoseigaexit_nicoseiga

さに注しなければならないのは冒頭の「日が沈む 全て終わる この先は 闇の歌詞である。 「日が沈む全て終わる」とは、全て(PV本編)が終わる事を意味する。 つまり、この歌詞の前にあるイントロ部分でPV完結しているのだ。そして続く「この先は闇の」、日が沈んでこの先は闇と来ればの事になる。 気づいただろうか?このPVパートがあったことを。PV終盤のの宴会の事だ。 つまり、この歌詞イントロPV本編が終わり、終盤のの宴会へと続くと暗示している。冒頭の歌詞から最後の宴会にPVが飛んでいたのだ。

exit_nicoseigaexit_nicoseigaexit_nicoseigaexit_nicoseiga

殿から非想天則までの本編と思われている歌詞部分のPV歌詞にある通り「何もない本当の自由間」になる。自由なので、自由キャラを配置できる。この構成を前提としてBad Apple!!PVの補自由に作っていた。そのため東方project歴史とは違うアリスが仕込まれていたのだ。イントロ部分以外の歌詞部分は本当に自由に構成できるので、この構成のヒントの為に東方project歴史とは違う出来事をあえて入れていたのである。自由間はこのPV制作する者にとって自由となり、どんなPVでも制作できるようになっている。Μμさんが言っている小町に絞ったPV制作であり、この字コンテに囚われないでPVを作る事も可なのである。更にぶっちゃけると東方projectPVである必要もないのだ。つまりなんでもありなのである。この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!その上でΜμさんはBad Apple!!の補PV制作していた。PV内に自由間を作ってしまう発想は発注と呼べる物でありΜμさんの本領発揮である。

、逆に言えば歌詞部分の自由間の考察はほぼ意味がないという事も出来る。自由間はどんなPVを作っても良いコンテなのだ。つまり、Μμさんも触れている6分以上も長いPVの大部分は、どんなPVになるかはPV作者次第である。このコンテに忠実でも良いし、全く視しても良い構成なのである。

ぜこのPVの解説がほとんど意味がないと冒頭で言及したのか理解できただろうか?そこで『本当のPVであるイントロの登場人物に注してみる。小野塚小町四季映姫・ヤマザナドゥ稗田阿求の三名がいる。 ここで注意しなければならないのは稗田阿求の編纂している幻想郷本「幻想郷縁起」の存在だ。 『幺樂団の歴史CDジャケットキャラである稗田阿求とその子孫が登場する事により、PV内でかなりの歴史が進んでいるのが分かる。そして「幻想郷縁起」のアップ東方projectの場面のフラッシュバック。 これは、東方projectの出来事が既に「幻想郷縁起」に記されている事を意味し、東方project歴史そのものである。その後の歌詞「すべて終わる」。────お分かりいただけただろうか?Μμさんは恐ろしい事をやっていた。イントロでの短い間に、東方project歴史全てを包括して終了させているのである。 この先どれだけ東方project歴史が進もうともこPV上では全て終わっていることを示す。

現在進行している東方project作品が全てイントロに入っており、そして将来出るであろう東方project最終作品すら構成に含まれている。つまり、現在過去未来、全ての東方project作品がイントロPVに入っている究極の東方project PVファンの心理として、東方project作品の終了は一番の悲しみだと思われるが、それをΜμさんは表現していたのである。

描きの情報量が少ない事を逆に利用して、東方project歴史を全てイントロに入れてしまうこのセンスは恐ろしいもので、極端な話、本当に東方project作品が終了しなければこのPV完成しない。今現在完成させる事の出来ないPVだったのだ。だが後述するが、『裏技』はあるのである。

exit_nicoseiga

かに構成が優れていても、込められた意味を解読しなければ全体の評価は出来ない。ここでΜμさんも触れている核心部分、小町映姫の対面している人物を解読してみよう。全ての東方project歴史が包括されているイントロPV。 その最初と来れば、東方project歴史が始まる頃の出来事と取れる。つまり、小町映姫は『とある死者』を東方project歴史の最初期に『地』に送った事となるのだ。 その人物とは、東方project1作東方靈異伝」に登場する「魅魔」の事であると推測できる。 魅魔東方靈異伝『地ルートに登場する悪霊であり、このEnd of Daylight原曲が出た東方封魔録ラスボスである。つまり、冒頭の小町魅魔が死んで三途の川を渡る場面になる。小町映姫に会った魅魔※は『地』に送られ、東方靈異伝の地ルート霊夢と対峙したのだ。 この出来事から最初の小町は、東方靈異伝前の時系列東方project歴史の前と解釈できる。つまり、東方projectが始まる前の歴史から、東方projectが終わるまでの歴史を全てイントロで包括しているPVなのだ。この構成を成立させるために、歌詞自由間で、うpされた当時の全東方project作品を入れる必要があった。だからこそ、PVの中盤で霊夢主人公東方靈異伝からの東方project作品が自由間に入っていたのだ。時系列を一旦イントロで終了させることにより、自由間でBad Apple!! PVの補を可にしていた構成の才は本当に感するしかない。

魅魔小町達が会っていたかどうかは公式に設定はいが、魅魔が死んで地に堕ちた時、幻想郷担当の小町達と会った可性はある (幻想郷以外の場所で死んだ可性もあるので、あくまでも2次設定だという事に留意したい)。

ープ演出はΜμさんの特徴の一つだ。制作したPVの最初の場面と最後の場面を繋げるbad Apple!! PVと同じ演出である。PVの一番最後に出てくる魅魔と一番最初に出てくる小町が会合しているのは、流石というべきか。最初明羅が一番最後に来るようになっていたと思われる(ΜμさんのTwitter明羅小町を向き合おうとさせたという趣旨のツイートをしている)が、魅魔小町を向き合わせるため最後の一文を入れたようだ。

しかし、ここでΜμさんは大きな誤算をしていた。

前作Bad Apple!!PVの存在である。 このPVの存在により、End of DaylightPVΜμさんも予期しないPVへと変貌を遂げる。

前作Bad Apple!!PV東方幻想郷から東方地霊殿体験版までの時系列があった。このPVの続編だとすると、東方地霊殿以降の時系列から始まると考えるのが自然だ。 そして、東方地霊殿の後の作品で小野塚小町が出てくる作品がある。 このPVにも出てくる当時の最新作、東方非想天則だ。これにより、このPVは更に悪な顔を見せる。本編と思われたイントロ部のPVすら夢オチとなるのだ。

仮に最初の小町東方非想天則だとすると、当時の最新作であり、 その後の東方project歴史がまだい(現在では東方非想天則以降の作品が出ているので当てはまらないが)事となる。 当時かった東方project歴史PV。 つまり歴史タイムパラドックスになり、PVを作る事が出来ない(東方project作者であるZUNを除く)。 しかし、この問題を解決する方法も東方非想天則にはある。紅美鈴ストーリーだ。紅美鈴ストーリーは最終的に夢オチとなる。 夢なら歌詞にある通り自由間となりえるので、このPV制作になるのだ。これが先ほど言った『裏技』だ。イントロ部分を夢オチとするのなら、どんなPVでも制作となる。つまり、最初の東方非想天則小野塚小町以外全て自由間にできる。どんなPVを作るのかは全てPV作者の思いのままなのだ。

これにより小町と向き合っているキャラ魅魔ではなくなってしまう。小町時系列東方非想天則となり、東方非想天則魅魔は登場していないからだ。 そうなるとこの場合、小町と向き合っている死者はになるのだろう?お忘れだろうか?小町と向き合っている人物がいるのである。

このPV視聴者だ。

つまりこのPVを見ているあなたが小町と向き合い、地に送られているのだ。悪と表現した理由が理解できたとしたら幸いである。

東方projectのPVとして

構成の項で説明した通り、本来は東方project歴史を全てイントロで包括しているPVである。 イントロと終盤の宴会以外の歌詞の部分は自由間なので、PV作者自由制作できるようになっている。現在進行形で現東方project作品全てをイントロ部に入れる事が出来、東方project作品が了しなければ完成しない究極と呼べる字コンテPVだ。情報量が少ない事を逆手に取り、イントロ部でPV完結させ、PV内に自由間を作り出している構成の才と、全ての東方project作品をイントロ部に入れてしまう発想は本当に鬼才であり、Μμさんのセンスが本物だと言える作品である。

が、Bad Apple!!PVを前提とするとこれ以上ない酷いPVとなるのだ(夢オチ自由度が高いが、視聴者を裏切るPVと言える)。小野塚小町仕事サボる事で有名であり、夢オチPV主人公として小野塚小町紅美鈴と並ぶ相応しいキャラなのが偶然とは言えこPVの評価を下げる(上げる?)原因となっている。

この字コンテは前作Bad Apple!!PVの補としての役割を果たすために作られたのだと思われるが、それが災いしてここまで180度方向性の違うPVとなるのは皮と言うかなんというか。 なお、このPVのまとめとしては、イントロ部すら夢オチという悪なPVなので評価することは難しい。 Μμさんの意図通りならば、東方projectPVとして究極とも言えるこれ以上ない評価となるが、苦労してPVを作った絵師さんにとっては、 Μμさんが意図しなかったとは言え夢オチPVとなるこの字コンテは、最悪と評価されても仕方がないコンテとなる。 つまり、才が突出しすぎたため、になってしまったというような評価をしたい。 Μμさんの名誉のために付け加えるが、最初、動画説明文にて、「Bad Apple!!があったから」作ったと説明していたが、小町非想天則に当たると摘され撤回している。 あくまでもΜμさんの想定外だったという事を念頭においてほしい。

Μμさんの意図通りならば最高の字コンテであり、Bad Apple!!PVを前提とすると最悪な字コンテなのである。この二面性がまた面いと思われる。

彼女が泣いていた…。とても辛そうに…。とても悲しそうに…。

実はこのPVにはもう一つ解釈がある。「日が沈む すべて終わる この先は 闇の」=「死」である。小野塚小町の種族を思い出してほしい。死神であり、「全て終わる」は死を暗示していると解釈できてしまうのだ。そう、視聴者を本当にあの世へ誘うPVだ。まだ夢オチと解釈していた方が幸せだったのかもしれない。一番最初に登場する死神小野塚小町に誘われて三途の川を渡り地に送られたのは、あなただったのかもしれない。少なくとも編集者はこのPV小野塚小町に誘われ、臨死体験をしている。このPVに恐ろしい所は、本当に深刻な事態を招くほどの天才的な構成と、人を狂わせるほどの素晴らしいセンスなのである。

────小野塚小町が泣いていた。とても辛そうに…。とても悲しそうに…。このイメージは、編集者を地叩き落した。小野塚小町が泣いていた理由を理解していただけただろうか?彼女の時系列Μμさんとの想定とは違う東方非想天則小野塚小町という矛盾をきたし、あなたを死に誘うPVとなってしまったEnd of Daylight PV。それを悲しんで泣いていたのである。

このEnd of Daylight PVに登場する小野塚小町の本来の時系列Bad Apple!! PV時系列の続編としての矛盾、そして小野塚小町の涙の意味を知った時、あなたはどう思っただろうか?本当に悲しそうに泣いていた彼女がそこには確かに居たのだ。このPV視聴者不幸を招かないよう祈るばかりである。

関連項目

この記事のソースを見ると隠しメッセージを読めますよ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/c/co3930118

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません
コミュニティ記事には、掲示板は存在しません。ニコニコミュニティ掲示板をご利用ください。