今注目のニュース
味の素の「働き方改革」はなぜできたのか? 業務の進行を妨げていた「時間泥棒」の正体はこれだ!
「一太郎」スマホアプリ登場 写真から自動で文字起こし 開発の理由は
袋大好き猫ちゃん、お気に入りの袋を狙われ猛スピードで駆けつける! 猫ちゃん同士のバトル勃発に「これが本当のキャットファイトだな」の声

キス島撤退作戦単語

キストウテッタイサクセン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キス島撤退作戦とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん〜艦これ〜」に登場するステージの1つである。

概要

軽巡を旗艦とした戦隊または駆逐艦のみの艦隊で、敵包囲下の北方キスに突入!の守備隊を事収容せよ!

艦これ」に登場する第3域『北方域』の第2ステージ提督達の間での通称は『3-2』。
2-4こと沖ノ島海域を突破してきた提督の前に立ち塞がる、更なるである。

このステージの難しさは、上記の作戦内容に明記されている通り駆逐艦中心の艦隊で挑まなければならない事にある。そのため、強戦艦空母など大艦を投入してで押し通る事はこのステージに限っては不可能である。
事実、旗艦に据えた軽巡駆逐艦以外の艦娘を1隻でも含めた編成で3-2へやって来た場合は確実に、針路が変化してボス艦隊まで絶対に辿り着けない仕様になっている。(ただし後述のように、それを利用したレベリングの方法が存在する。)

そのため、鍛え上げた駆逐艦を連れて来なければクリアできないのだが、ボス艦隊へ辿り着くまでには強な敵の戦艦重巡撃を潜り抜け(可ならば撃滅し)、ボス艦隊を倒してこなければならないために結構な苦労を強いられる。レベリング近代修を充分に行った艦隊でも場合によっては運ゲーと化す事もあるため、沖ノ島海域2-4)や北方域艦隊決戦(3-4)と並ぶ難関ステージとして認知されている。

ステージ名の由来は、太平洋戦争1943年に日本軍によって遂行された「キス撤退作戦」であろう。日本軍を包囲する連合軍に全く気づかれずに守備隊全員を撤収させることに成功したことから、『奇跡作戦』とも呼ばれている。

なお、以前は戦隊すら拒み、全に駆逐艦みでし攻略できなかったが、2015年7月17日メンテナンスアップデートから、軽巡洋艦を1隻のみ連れていってもボス艦隊へ辿り着けるよう仕様が変更されている。これに伴い、同日のアップデート改二実装された軽巡阿武隈を旗艦に据えて史実の「ケ号作戦」を再現した艦隊で3-2をクリアするクエストが追加された。

攻略

中には戦艦ル級elite重巡リ級eliteを含めた強な敵艦隊が待ち構えるため、鍛え上げた駆逐艦を連れて来ても敵の撃を受け一撃で大破に追い込まれるケースも少なくない。というより、ボス艦隊直前の戦闘がこの域の門であり、クリアはここを抜けられるかどうかにかかっていると言ってもいい。的はボス艦隊へ到着して勝利することである。中で敗北してもここは割り切ろう。
基本的にはレベル2530程度あれば戦的には問題ないとされるが、その倍以上のレベルまで成長していても、近代修(対未完了でも問題ない)が了していてもやられる時はやられるので油断はできない。

また連れて行く駆逐艦としては基本性の高い雪風島風、また改二まで強化が可駆逐艦夕立時雨綾波他)が人気が高い。陽炎型夕雲型朝潮型など新駆逐艦耐久較的高いのだが、結局は好きな駆逐艦を鍛え上げていけばよい。後で睦月型で来ることになるし・・・。

戦隊で挑む場合、旗艦にはやはり強改二勢などの軽巡を当てたい。特に新任務も追加された阿武隈改二の場合、甲標的を装備すると開幕撃ができ、(気休め程度だが)中の事故確率を減らせるのでオススメである。

上述の通り艦隊の編成によって大体の針路が決定するため、その点に関してはほぼ安心だが、それでも運が悪いとボス戦直前に針路がハズレの方向へ逸れる場合もある。強な敵艦隊の攻撃をかわしてここまで来られたのにゲットで終わりなのか・・・と、失意に陥れられた提督も少なくないだろう。

また、史実に拘る向きには、モデルとなったキス撤退作戦に従事した駆逐艦のうち8隻(途中で念の後退を余儀なくされた「若葉」も含めれば9隻)が艦これでは実装されているので、そのメンバーで艦隊を組んで挑戦するのも良いかも知れない。(下記、2015/7/17追加任務にて、実装済み史実参加艦(朝雲(艦これ)以外)による編成・出撃任務が追加された。)

2015年7月17日アップデート任務

3-2攻略を要求する駆逐隊出撃任務

いずれも、定艦を「含む」編成が要されるため、残り2艦(まで)は任意の旗艦軽巡駆逐1、任意の駆逐2を伴って構わない。定艦のいずれかを旗艦に据える必要もない。

3-2をレベリング・稼ぎに利用する

前述したように駆逐艦以外の艦娘を1隻でもつれてきた場合は針路が北側へ固定され、南東方面のボス艦隊まで進めないようになっているのだが、これを利用して北側ルートへ進行して1回のみ戦闘し帰投することをを繰り返すレベリングを行う方法が存在する。通称「3-2-1」。

この域は基本経験値320 (旗艦 + MVP + S勝利での獲得経験値1152) と多い上、お手軽に重巡戦艦・軽空母ドロップすることも魅である。特に、金剛四姉妹全員がここでドロップすることが確認されている。

3-2北側の最初に戦闘する敵艦隊は駆逐艦軽巡巡のみで構成されているため、潜水艦を含めた編成で挑めば撃戦では敵の攻撃が全て潜水艦へ向かう。そのため、撃戦に入る前に敵を全滅させれば潜水艦以外は傷となる。潜水艦被害を受けたとしても入渠に必要な資や時間は他の艦種と較して少ないため、潜水艦を複数所有していれば「出撃 → 撤退 → 傷を負った潜水艦を入渠 → 次の潜水艦を連れて出撃 → …」を繰り返す事で効率的に経験値を稼ぐことができる。
論、駆逐艦レベルが低くて3-2がクリアできないという場合は、この方法で3-2攻略に必要な駆逐艦を鍛え上げるのもいい。ただし、3-2-1の戦闘の際に敵を傷〜小破で撃ち漏らした場合は撃戦の際に潜水艦以外の艦がダメージを負う危険も少なからず存在する点には注意が必要である。

3-2-1をこなすには、多数の空母を引き連れて開幕攻撃で一気に片を付けたり、弾着観測射撃を利用したりすることが望ましい。育成したい艦を旗艦に据える場合、MVPを取れなくてもS勝利経験値576獲得できるが、MVPを獲得するに越したことはないであろう。旗艦にMVPを取らせたい場合、随伴空母の艦載機を開幕クリティカルが発生しない艦爆に変えたり、弾着観測射撃を狙えるようにしたりするなどの工夫が必要となるが、詳細については検索してみることを勧める。

また、3-2-1から更に北へ進軍すると鋼材が多め(50150)に拾えるため、鋼材を稼ぐために3-2-1から更に進撃するのもいい。この鋼材拾いをして「キスクルージング」(キスクル)と称する。
ただし注意しなければならないのは、鋼材マスを通過した先にはボス艦隊よりも更に強な敵艦隊が待ち受けていることである(通称「お仕置き部屋」)。単に水上艦がられるだけにとどまらず、艦隊に3-2-1で被害を受けて大破した潜水艦が含まれる場合沈する恐れもある。鋼材を拾っても修復にそれ以上支出すれば意味がないため、鋼材を狙いたい場合は潜水艦のみで出撃することが望ましいであろう。
ただし、3-2-1を含めてこの域に出現する敵駆逐艦軽巡は対潜装備を搭載しているため、資回収やクエスト消化を的としたオリョールクルージングのように潜水艦のみの艦隊で挑む場合は潜水艦をかなり鍛え上げていないと、1戦の段階で酷いに遭わされる危険も高い。逆に、お仕置き部屋では空母戦艦が多く出現する分潜水艦を攻撃できる敵艦の数が相対的に少なくなるので、潜水艦のみの艦隊の場合は戦いやすくなる。

キスクルに関しては『オリョールクルージング』の記事も詳しいので、あわせて参照されたい。

なお、ボス艦隊には輸送ワ級が1〜2隻は確実に含まれているので、練度が高い駆逐艦の艦隊なら補給艦狩り系のクエストを消化するのに利用できなくはないが、やはり辿り着くまでが大変。よっぽどのマゾ提督でない限り、オリョクルなどの他の域で狙った方がよいだろう。

第2期の3-2について

第2期になった際、第5域までのほとんどの域がリニューアルされ、それは3-2でも例外ではなく大幅に変更が入り、大きく難易度が下がった。

まずボスまでのルートがほぼ固定になったのが大きい。駆逐6 or 軽巡1+駆逐5の編成のほか、軽巡1+補給艦1+駆逐4でもほぼ確実にボス到達可。特に補給艦が使えるようになったため、速吸を入れることで大幅に中の安定感を上げることが可になる。ただしEマスを経由した場合、稀に外れマスのDマスに逸れることがあるので注意。

さらに高速+以上の統一編成で第1期では門だった戦艦ル級elite旗艦の打撃部隊を高確率で回避可。ただしHマス全回避し、かつ確実にボスマスに到達するには最速統一と複数の電探が必須となるため、装備と高練度がそろった熟練提督向き。ル級マスを踏む可性は考慮しておいた方がいいだろう。

一方で以前の3-2より難易度が上がっている部分として、初戦の艦隊のチ級が全てelite固定になったのと後期駆逐艦が混ざるようになったのが地味厄介。そのため閉幕撃にまでもつれ込むと、最初のマス門前払いを喰らうこともがいともいえない。またHマスを踏んだ場合も閉幕撃は非常に危険。

ボスマス自体は軽巡flagshipが旗艦の艦隊と相変わらず弱く、最強編成でも初戦の編成と較して後期駆逐艦が増えた程度で、ぶっちゃけ毛が生えた程度の強化。ノーマルワ級が随伴するパターンだとむしろ初戦の編成より弱いボスに辿りつけば苦戦する要素はないだろう。ただし随伴の駆逐艦が第1期と異なり全て後期なので、第1期のボスマスよりは手ごわくなっている。

第2期の3-2・稼ぎについて

よほど変な編成をしない限り、初戦はCマスはに固定できるのを利用して、Cマス後に即撤退するという方法で、旧3-2-1に近いレベリングが可

また戦艦+正規空母2以上 or 駆逐3以下でC→A→Bに固定できる。終点のBマスは資マスで、鋼材は拾えなくなったが、弾薬50150拾えるのも大きい。ただしAマスリ級eliteが2隻固定で出るうえ、旗艦の場合は単縦固定なため、低練度だとそれなりに手ごわいので注意。

なお潜水艦単艦で初手Aマスに固定できるため、ダメコンを積めば低コスト弾薬が拾いまくれる。オリョクルが滅んだ2期でもキスクルは健在のままである。ただし潜水艦酷使&敗北数が雪だるま式に加算されるブラック鎮守府まっしぐコースなので、ご利用は計画的に

また正規空母+潜水艦1以下 or 戦艦+空母2以上でG→J→Kに逸れる。このルートは第1期のお仕置き部屋直行コースに相当するもので、終点のKマスは輪形固定とはいえ、ヲ級が2隻とル級がいずれもelite以上で1~2隻確定で出現する悪な編成。基本的には用のルートだが、特殊ドロップがある期間限定イベントの時は話が別で、JとKの両方でドロップするため、期間限定で賑わっていたりする。

なおル級マス軽巡補給艦駆逐艦以外の艦を含んで突破すると、第1期では恐怖の逸れ先となった(小)のマスに固定でいける。ただしに関してはルート固定できないものの、中と大が拾える3-3のほうで集めたほうがいい。

第2期の3-2・余談

第2期では3-2の非戦闘マス元ネタであるキス撤退作戦を意識したメッセージをD~Fマスで見ることができる。Fマスボス前なので問題なく見ることができ、Eマスも割と行くことが多いので見やすいが、問題は外れマスであるDマス。Eマスからの分岐は高速+以上の統一でFマス固定だが、それ以外でもほぼFマスに分岐してしまうため、Dマスに行く方がレアなのである。

Dマスに到達した際に見られるメッセージは一度は見る価値がある。史実の有名な発言と言うだけでなく、艦これプレイヤーすべてに通じるメッセージであるともいえるので。

関連動画

マネしてはいけない攻略方法

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2016/08/14(日) 17:27:41 ID: XnTD8aU8Nv

    ほう・・・

  • 30ななしのよっしん

    2017/04/30(日) 06:38:06 ID: CGWvZ+hOi8

    17イベント北方第五艦隊絡みだから、またこの域に脚を浴びるかもね

  • 31ななしのよっしん

    2018/05/17(木) 09:25:30 ID: /ScnoCLj0h

    今きた。
    本当に駆逐艦だけじゃないと進めないんだな……

急上昇ワード

最終更新:2019/12/06(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/06(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP