ダニーの奇妙な冒険単語

ダニーノキミョウナボウケン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(61)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ダニーの奇妙な冒険とは、SFCドラゴンクエストⅤプレイ動画の一つ。
動画タイトルから「マイナーモンスターズ」とも。全30話。

概要

通常のプレイではあまり使用されない、いわゆるマイナー仲間モンスターのみでクリアすという縛りプレイ動画である。ドラクエⅤモンスター限定プレイ動画分けと言うべき作品。
タイトルダニーは、このプレイ動画役であるダンスニードルダニーから。

決して強キャラとは言い難いモンスターたちの、常に綱渡りな冒険が最大の魅
うp主の戦略的なプレイによって、特にボス戦において数多くの懸かり的な展開が生み出された。とりわけ溶岩原人戦exit_nicovideoブオーン戦exit_nicovideo、そしてミルドラース戦exit_nicovideoは「ニコニコ名勝負」のタグが付くにふさわしい死闘である。

主人公(ニンゲン)は一切の攻撃、移動中の魔法すらも禁止。強制戦闘参加時は、攻撃しない為、戦闘とは関係のない具を使う。「ビアンカのリボン」や「エッチなしたぎ」を使う様はまさに紳士の一言に尽きる

また、回を追うごとに加速度的に進化していくうp主の編集技術も見所のひとつである。その編集技術によりタンスルーラダンスルーラなど数々の新ルーラを生み出した。
タンスルーラ主人公紳士ぶりは、蘇生禁止モンスターのみでドラクエ5、等の他ドラクエ縛りプレイなどにも大きくを与えている。

ニコニコ動画ファンブックにも取り上げられた。  

 「ドラクエ5仲間にできるマイナーモンスターチームのみでクリアをめざす。
 主人公である人間には絶対に頼らないという縛りプレイで、笑と感動を与えてくれる。
 ラストバトルでは、着のわいたモンスターたちの死闘に、で画面が見えなくなるハズ。
 全30話の大作だ。」

加藤剛敏編 『ニコニコ動画ファンブック』 遊舎 2007年 p51より引用

なお、夏休みうpされる予定だったエスターク編が始まる気配は、今のところない。

  主な登場モンスター

ダニー (ダンスニードル
 本作の役。彼がニンゲンと出会ったことから全てが始まった。
 的には決して優秀なモンスターではいが、本作では何よりも驚異的なしぶとさによって懸かり的な死闘を演出する。
 天空いてつくはどう)と天空(マホカンタ)を駆使し戦う様はまさに「勇者」と呼ぶに相応しい。
 でも基本的に耐性がいので死ぬときはあっさり死ぬ。それもまたダニー

ピーコ (クックルー
 本作のヒロイン
 ニセ太后戦において色々な意味で衝撃的なデビューを飾り、以後豊富な補助呪文を駆使しダニー相棒として最終決戦まで大活躍する。
 ギリギリの状況から何度でも立ち上がるダニーと、傍らでそれを支えるピーコの名コンビぶりはタッグと呼ばれた。

マーリン (まほうつかい)
 いわゆる「四顧の礼」を持って迎え入れられたマイナーモンスターズの秘密兵器
 仲間になった当初は装備もなく的にも低く、溶岩地帯をひとりで歩かされる新人いびりを受けるなど虐められキャラだったが、ベギラマを覚えてからは麗にとして台頭、最終決戦まで欠かせない戦となる。
 ある意味、本作は彼(彼女?)の成長物語であるのかもしれない。

ロッキー (ばくだんいわ
 溶岩原人戦の切り札として投入されたらが特攻野郎。別名宮里藍
 頼んでもいないのに勝手に自爆し、こっちが自爆を命じれば全拒否するフリーダムぶりは多くの視聴者爆笑を誘った。
 その一方で、常にギリギリの戦いを続けるパーティの中で、最後の手段として全滅危機を救っている。
 そして最終決戦における最期まで彼らしい生き様は、死闘を見守る視聴者たちのを誘った。

アイリン (ビックアイ
 回復手段がしかないパーティ颯爽と現れた、イカしたモフモフ僧侶
 どこまでいっても「またッスかwww」なパーティ屋台を支えた。レベルカンスト後はピーコミーナとともに「三姉妹」と呼ばれ、切り札として活躍。
 どこまでも献身的であり続けたその姿は、最終決戦ロッキーとともに多くのを呼んだ。

アジャパ (ネーレウス
 何しろニンゲンは一切の呪文が使えないため、本作では移動中のルーラすら不可能。そんな状況を麗に救うべく参戦したルーラ要員。
 戦闘では立った活躍がかったため最終決戦組ではイマイチ地味な扱いだが、うp主的には一番有り難い存在だったかもしれない。

ミーナ (エリミネーター)
 見たは覆面パンツ野郎、しかしてその実体はパーティの切り札「三姉妹」の切り込み隊長
 というかマイナーなのに普通に強すぎたため、切り札扱いにされてしまったある意味可哀想なキャラ
 パーティ内では圧倒的な攻撃を誇り、火力の足りないパーティを支えた。

ロバート (くさったしたい
 シリーズ最初期、サボテン死体ヘンリー含む)しか居なかった頃の
 装備の足りない中、序盤の冒険を支えていたが、死の火山攻略以降はパーティの戦いだしたこともあり、ほとんど出番がかった。

ミニモン (ミニデーモン)
 チゾットからの下山時、にかかり壊滅寸前だったパーティを救ったキュートアイツ
 耐性とメラミを買われてジャミ戦のメンバーに抜された際には、そのフリーダム過ぎる挙動で視聴者の度肝を抜いた。
 終盤まで戦として使われるが、最終決戦では出番がかった。

ドラきち (ドラキー
 序盤ではパーティ入りを断られ、かなり終盤になってからパーティ入り。
 パーティ入りのタイミング的に活躍のしようもない……はずだったが、うp主の演出精により大神殿で妙な立ち方をすることに。
 ずっとドラきちのターン

アムール (アームライオン
 バカ担当。
 後半戦のとなることを期待されて、デモンズタワーでかなりの時間をかけてようやく仲間に加わった……が、賢さの低さと的な微妙さでイマイチ活躍できず。
 やっぱり二回攻撃できないのは詐欺と言わざるを得ない。

リンガー (シュプリンガー
 最終決戦へと向かうパーティ颯爽と加わったルーキー
 加入直後から強な装備を与えられと期待されたが、しかしてその実体は……。
 ドラクエⅤにおける耐性の重要性を身をもって教えてくれた。

ゲレゲレ(故)
 もちろん本作の縛りでは使用禁止。
 いつの間にかパーティに加わっていたが、そのときは既に死体だった。
 その後の扱いに関しては……ここでのこれ以上の言及は避けることにする。合

ニンゲン
 本来の主人公。だが、本作ではクズ人間
 上記の自慰プレイ以外にも、端を直ぐにギャンブルへ突っ込み、幼馴染みお嬢様の気持ちを弄び、息子にとんでもない名前をつけるなど、非の限りを尽くす。
 モンスター仲間にするだけは優れているが、その実行すらほとんど他人任せである。

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/05(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/05(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP