今注目のニュース
桃月なしこ・五木あきらがバズった理由は? 名刺文化にしみじみ
日米地位協定の闇。米軍基地の「日本人警備員」の知られざる実態
あおり運転も悪質だけど… 当て逃げされたことある?

ディエゴ・ブランドー単語

ディエゴブランドー

掲示板をみる(242)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ディエゴ・ブランドーとは漫画ジョジョの奇妙な冒険」、第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物である。…というより、どう見てもDIOです。本当にありがとうございました。

 

ネタバレ注意 あなた・・・『覚悟して来てる人』・・・・・・ ですよね。
この記事を読むって事は、逆に「ネタバレ」を見せられるかもしれないという危険を、
常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね・・・


 

教えたところでどうなる?概要は直らない……宿命のようにな

Dioジョジョの奇妙な冒険の代表的な悪役にして、ヤングジャンプインタビュー作者に「実質的な主人公」と言わしめたディオ・ブランドーに酷似したキャラ作者く「石仮面のない世界でのDIO」。ヴォイスコミック版においては、加藤将之を担当している。
人間性もディオ・ブランドーと同じく功名心と銭欲が強く大悪そのもの。いずれは政治家ニューヨーク市長)にもなりたかったらしい。ちなみに父親の名前は第1部と同様で「ダリオ」という。
イギリス下層階級出身だが、名門貴族に育てられ競馬界で認められた実者の天才ジョッキー通称「Dio」。シルバーバレット

元々は赤ん坊の頃、両親に捨てられる予定だったのだが土壇場になって母親Dioを捨てられなくなり二人一緒に急流に巻き込まれてしまう。そして通りすがりの農場の男に助命される。
だが数年後Dio5歳の時に、その農場の男はDioママチョメチョメを迫りDioママはそれを拒否。すると農場の男は報復にDio親子の食器にをあける。
Dioママ息に食事をさせるために両手を容器代わりにシチューを受け取るが、その翌年に破傷により23歳の若さで他界。Dioの手のヤケドの傷から入った菌が病気の原因だと信じ、農場の男が母親を殺した原因だと直感的に理解した。以後Dio母親と自分を見捨てた社会を厭悪するようになる。

成長したDioジョニィ・ジョースターでも勝てないぐらいの熟練騎手となり、自分よりかに年上(83歳)である財産老女結婚して遺産を手にしている。なお老婆はDioに殺されたというのが大方の見解。
優勝賞当てでシルバーバレットと共にスティール・ボール・ランレースに参加したDioは序盤にのクセを見抜く観察眼などでベテランぶりを見せつける。レースの途中にフェルディナンド博士スタンド恐竜にされて上でラリッてたかと思えばジャイロ・ツェペリ達を強襲し、仲間踏み台にして崖を飛び越えるなど情な判断を発揮。さらに遺体の「左眼球」を手に入れた事によりフェルディナンド博士恐竜化のを継承する。

スタンド使いになった後はジャイロに競争で勝ったり負けたり、大統領にマンハッタンをせがんだり、砂男(サンドマン)を利用したり、(運命の糸があると一方的に想われてた)マジェント・マジェント使い捨てたり、ウェカピポを騙したり、ホット・パンツを利用したりと大忙しである。的も優勝賞に加えて遺体のパワーを手に入れる事になっていた。やがてはホット・パンツと共同戦線で大統領と戦い、貫手を叩き込んで別世界からやってきた大統領達を倒すなど奮闘するが、あと一歩のところで列車に轢かれ戦死。

・・・と思いきや、これで物語から退場したともが思っていた矢先大統領の最後のによって別世界からと共に連れてこられる事で、一人予想していなかったであろうまさかの大復活を遂げる。そして彼の背後にはも予想していなかっただろう、「あのスタンド」の姿が!
しかもレースメインの本作では時停止を利用した攻撃も、ナイフを投げる以外にも「進路上にワイヤーり巡らせる」「ガソリンをぶちまけ、点火したマッチをばら撒く」などパワーアップしている。しかし停止した時の中でもジョニィタスクACT4はDioを戦慄させるには充分なを見せ付けた。

こうして、別世界から召喚される形で復活を遂げたDio大統領に代わり人の遺体を巡って、最後の攻防を繰り広げた。その末、最後は自分の右足を代償に「タスクAct4」の限の回転ジョニィ自身へ返す事で勝利を収め、 大陸横断レーススティール・ボール・ラン」優勝という栄誉を飾るのだった。
そして、大統領の遺言に従いコンプリートした人の遺体を全て地下シェルターへと収める事で一時は名実共に Dio世界の頂点に立ち完全勝利に終わった、と思われたが、最後の仕上げに一連の事情を知っているスティール夫妻を始末しようとした折にルーシーが抱えていた「列車事故の現場から持ってきていた、この世界Dioの遺体(頭部)」を見て逃亡を図るも右足を失っていたため満足に逃げる事もままならず、違う世界Dio同士が接触した事で頭部が破壊され死亡。さらに列車事故の現場のそばでレースに登録されていたこの世界Dioが発見されたため(を交換したとみなされ)本人行方不明のため弁明いままルール違反で『失格』とされ優勝も取り消しになってしまった。

最終的にスティール・ボール・ランの優勝者はポコロコとなり、限の回転を返され消滅の危機に立たされたジョニィはスティールの助によりレース失格(他者のに騎乗したため)となる代わりに限の逆回転を自分へ撃ち込む事で復活を果たし、最後は事に帰る事となった。

スタンド能力

スケアリー・モンスターズ

元々はフェルディナンド博士スタンド人間ネズミなどあらゆる生物恐竜に変えるである。 恐竜の外皮には自己顕示欲の強いことにDioという模様が入っている。こので自身の身体を向上させるほか、恐竜の探知網をつくったり相手を恐竜ランプスタンドにしたりしている。また普段から自身も嗅覚が鋭敏になって動体視力も高くなっている。石を飛ばす事も可

THE WORLD(ザ・ワールド)

世界からやってきたDioの、言わずと知れたあのスタンド。詳細は「ザ・ワールド」の記事を参照。 なお、先述の「スケアリー・モンスター」のを持ったDioと区別する為、読者及びファンからは通称「世界Dio」と呼ばれている。

担当声優

勝利の風はこのDioの関連動画から追って吹いている…

『関連静画』だ………オレは「関連静画」が欲しい………わかりやすいだろ?

オレに何が言いたい?死ぬ前に関連商品でも欲しいのか?

おまえはこうするためにこの関連コミュニティに来たと考えろ 感謝するよ………ウェカピポさようなら

なあいいだろう!取り引きしようぜ!損はないだろォ!!オレに関連項目をくれッ!!

一般項目

関連人物

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP