今注目のニュース
呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
最低賃金「今すぐ1000円以上」「全国一律に」 非正規労働者らアピール
筋トレ中に「なでて~」 無邪気な猫の様子にあるあるの声殺到

リボルバー(遊戯王VRAINS)単語

リボルバー

掲示板をみる(766)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リボルバー(遊戯王VRAINS)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』の登場キャラクターである。CV武内駿輔

さあ行こうか。地獄の概要の始まりだ!

AIたちの世界サイバース世界を滅ぼそうとしているハッカー集団・ハノイの騎士リーダー
同組織に身を潜めている鴻上聖(こうがみ・きよし)は本人

リボルバー」はLINK VRAINS内におけるアカウント名であり、アバターフルフェイスバイザーと弾丸の形をしたピアスが特徴。現実世界での容姿及び本名は長らく不明であったが、42話にて下の名前が『了見(りょうけん)』と判明。43話にて、正式に本名『鴻上了見』を名乗った。

本編開始の5年前にサイバース世界を襲撃するが、AIの一体であるイグニス(=Ai)がサイバース世界ネットワークの回線から切断して何処かに隠したため、現在までAiを追い続けている。

同じくAiを探しているSOLテクノロジー社イグニスり出すために行ったLINK VRAINS内の一斉スキャンに乗じて、クラキングドラゴンを渡したハノイの騎士の刺客を送り込んだ。

ハッカーでありながらネット世界を全て虚構であると否定しており、AIを信用せずデュエルサポート用のものも活用していない。
ハッカークラッカーとしてのは非常に高く、データストームを自在に操ることが出来、「LINK VRAINSを破壊するのは容易いこと」だとしている。

スピードデュエルで所持しているスキル藤木遊作/Playmakerと同じ「Storm Accessストームアクセス)」。同スキルAiく「独自のプログラム」だっただが、彼は同じスキルを行使できる。
先述の通りリボルバーデータストームを自在に操ることができるため、同スキルで手に入るカードの調整が較的しやすく、遊作より使い勝手がいい。
また、遊作同様、「3」という数字に拘りを見せ、何かに言及する際3つのポイントを挙げる癖があり、両者の間に何らかの関連性が疑われている。

ハノイの騎士を率いてサイバース世界を滅ぼそうとする動機も、いまだ詳しく明らかにはされていない。
11話にて、「意志を持ったプログラム」であるイグニスを危険視し、イグニスとそれらの構成物「サイバース世界」を滅ぼすと彼の口からられていたが、「の意志を果たす」「人がネットに魂までも委ねることが世界の破滅を導く」という彼の意は、過去に起きたロスト事件末にその一端を見ることができる。
詳細は『ロスト事件』の記事を参照。

Playmakerに初めて敗北したことで、彼に執着を見せるも、その執着が「三騎士」に時間を与えることとなり、リボルバーを大罪人にすまいと活動した三騎士が次々と倒される。
騎士を失ったリボルバーは遂に、全てのネットワーク現代社会ごと破壊する「ハノイの塔」を起動。その前に立ち塞がったゴーストガールGo鬼塚を一蹴し、完成間近という場面で遂に、立ちはだかるPlaymakerと再戦を果たさんとする。

使用カード

第1話でサイバース世界を襲撃した際にはクラキングドラゴンを使役しており、ハノイの騎士LINK VRAINSに送り込んだ時もこのカードを託している。
後にPlaymakerとのスピードデュエルにおいて自身も使用しており、双方のフィールドトークンを生み出すフィールド魔法ドラゴノイド・ジェネレーター》とのコンボで、召喚難度を緩和しつつ、相手にトークンを送るデメリット発動の際に相手ライフを大幅に削る戦術を披露している。

長年サイバース族駆逐し続けているが、「をもってを制す」という考えにより「Storm Accessストームアクセス)」によって手に入れた良き力トポロジックボマードラゴンも使用している。
その後も「Stome Access」で手に入れたカードは全て「トポロジック」名称サイバース族リンクモンスター

雑誌などでは本編に先駆けて、「ヴァレット」と名の付いた闇属性ドラゴンモンスターを中心とするカード群を使用することが判明しており、作中初のマスターデュエルにおいては本格的にドラゴンデッキを披露。この時はサイバースメタカードを使用しているため、トポロジックボマードラゴンPlaymakerの警に反し使用されなかった。実際のところ、彼の使用しているカードは「ヴァレット」の重がそこまで大きいわけではなく、闇属性ドラゴンモンスターならば「ヴァレット」であるかに関わらず使用する傾向にある。
第11話からついに彼のエースモンスターヴァレルロード・ドラゴンが登場。「ヴァレットモンスターを弾丸としたり、Playmakerエースモンスターファイアウォール・ドラゴンコントロールを奪うなど、モンスター効果を巧みに使いこなしていた。
以降、彼はサイバース族トポロジックリンクモンスターと、各種ドラゴンリンクモンスターの二枚看で戦略を構築している。

リボルバー
リボルバーミラフォを発動させることに成功し、満足そうに高笑いした。

しかし、その実彼は聖なるバリア-ミラーフォース-を巧みに使いこなす武藤遊戯以来のデュエリストである。
カードデッキに投入されていることが判明してからは、それを活かすため、敵の展開の誘導や表示形式の変更など、とにかく手を尽くすプレイングがを引くようになる。
何と「Playmakervsリボルバー(三戦)」時点で成功確率100%という驚異的な成功率を誇る。
しまいには専用サポートミラーフォース・ランチャーまで持ち出し、発動前の安易な破壊まで対策してきたため、その戦術の巧妙さとミラーフォースの切り札級の仰々しい演出も相まって、「ミラフォ太郎」「リボルバーデッキは【ミラフォヴァレット】」などと冗談まじりで言われるようになる。

顕現せよ!我が関連動画を照らす未来回路!

良き関連商品だ

対閃光防御!(シュイン)最終セーフティ解除! くらえ天雷の関連項目!!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP