今注目のニュース
たむけん&紗理奈、水曜日のダウンタウンでイチャつく
砕氷艦「しらせ」南極へ 搭載する極地仕様の乗りものとは ヘリや雪上車…犬ぞりは?
ニッチェ江上、電車内で乗客と気まずくなった理由 「早く着いてくれ!」

ルドガー・ウィル・クルスニク単語

ルドガーウィルクルスニク

  • 0
  • 0
掲示板をみる(449)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ルドガー・ウィル・クルスニクとは、テイルズオブエクシリア2主人公。同シリーズにおいて3番20代主人公である。CV:近藤隆

概要

年齢20歳、身長170cm戦闘クラス銃剣槌士(双双剣ハンマー)。

今までの主人公と異なり、シナリオ中にて一切台詞を喋らない(相槌を打ったり、戦闘中に技の名前を言ったりはする)。どのぐらい喋らないかというと、スキット戦闘後の掛け合いすら一切台詞いほど。代わりにシナリオ途中やスキットでは選択肢が出現し、これをプレイヤーが選ぶことで「プレイヤーに取ってのルドガー」を表現していく。(2周以降はこの選択肢ボイス再生が可になる)とはいえ全に個性キャラという訳でもなく、話の途中でいきなりバク宙したり、イバルに合わせて同じポーズを取ったりと、割と天然ボケ系の行動を取ったりすることも。就職後の初出勤日にテロに巻き込まれ、そこで少女エル・メル・マータ」を助けた事が切っ掛けとなり事件に巻き込まれていく。

そしてルドガーる上で欠かせないのが、テイルズ史上1,2を争う幸薄さである。どのぐらい幸薄かと言うと

  • 本編開始が試験官となっている就職試験に落ちてしまう。
  • 何とか就職に成功するが、初出勤日に出会った少女エル)に嵌められ痴漢冤罪を受ける(職も失う)
  • その直後にテロに巻き込まれテロリストと対決することに
  • 紆余曲折の果てにエルと共に生き残ることに成功するが、直後に法外な治療費を吹っ掛けられ多額の借を負う
  • を負ったことで自由を移動できなくなり、の人からはで見られる
  • おまけテロの首謀者として指名手配され、本人も重要参考人として事実上手配されることに

……色々並べてみたが、これらの出来事が全てプレイ開始から数時間の間に降りかかってくる。マジ不幸すぎる。 序盤のとあるモブキャラによる「まだ若いのに人生詰んでるな」という言葉がある意味全てを物語っている。

その後は意を確かめる為、そして知り合った少女エルとの「一緒にカナンの地に行く」という約束を守るため、を返したり、時々変な世界に迷い込んで何か変身したり、エルパパになったり面倒を見たり、を返したりエルを危険から守ったり、やっぱり借を返したりしながら世界中を巡るを始め、ジュードガイアスと言った前作(TOX)のキャラと知り合い交流を深めていく。

そんな旅の途中ルドガーグランスピア社の社長、ビズリー・カルシ・バクーからある真実を告げられる。今まで自分達が迷い込んでいた「変な世界」は自分達の暮らしている世界正史世界から分岐したパラレルワールド分史世界」であり、正史世界を破滅に導く存在であり、その核である時の因子(タイムファクター)を破壊できるのは自身が持つ「変身=骸殻」のみであると。ビズリーによってエージェントにスカウトされたルドガーは様々な分史世界を探索し破壊していくが、その途中では様々な出会いと別れを経験し、時に厳しい決断を迫られることとなる。

そして、路の果てに明かされる分史世界真実とクルスニク一族の悲劇。運命に翻弄され続けるルドガーエルの2人は、最後にどんな選択をし、どんな未来を選ぶのだろうか…

戦闘スタイル

戦闘中ボタン操作を行うことで、武器を双剣、双ハンマー自由に切替できる変則スタイル。武器ごとに使える技が異なり、移動速度リーチも異なる。固有サポートミラーリング』は、マスター(自操作キャラクター)のサポート特性コピーするというものティポレインとかどうやってコピーしているんだ、とは突っ込まない事)

そしてルドガー一番の特色は「骸殻(がいかく)」。戦闘中自動で貯まる専用ゲージを消費することで発動する一種の無敵モードで、発動すると味方を残してルドガーと敵が別間に移動し、一定時ダメージを受けずに一方的に攻撃することが可。敵のあらゆる行動に割り込みを掛けることが出来る為、敵の秘奥義潰しや半壊した戦線の立て直しなどにも役立つ攻防一体の強である。

骸殻について(ネタバレ事項につき以下反転)

上記のように強を持つ骸殻だが、元々クルスニク一族と三大精霊が交わしたオリジン審判に基づいて三大精霊の一クロノスから与えられたもの。を持つのはクルスニク一族の末裔、それも時計を持って産まれてくるごく一部の人間のみで、の使用の為には時計との契約が必須となる。

オリジン審判」の内容は「分史世界100万に達するまでにカナンの地に到達する事が出来なければ人間を滅ぼす。ただし分史世界100万となる前にか一人でもカナンの地に辿り着けたなら、人間を存続させたうえで辿り着いた人間の持つどんな願いもかなえる」というもの。

ネズミ算式に増え続け、100万前となっている全ての分史世界をを消し去るためにはオリジン審判遂し、カナンの地にて「全ての分史世界の消去」を願うしかない。その為に必要なのが正史世界から失われた5つの標」であり、これを各分史世界から回収する事が「分史世界から物・人を正史世界に持ち帰るを持つ者、「クルスニクの鍵」であるルドガー達のの大きな的となる。様々な試練と、大きな別れを経験しながらも標を回収していくルドガー達であったが…

旅路の果てに(こちらも重大なネタバレ事項につき以下反転)

の終盤、5つにして最後の「標」の回収の為分史世界を訪れたルドガー達は、そこでエル父親ヴィクトルと出会い、ある事実を知る。それはエル父親であるヴィクトルは分史世界に生きる「10年後のルドガー自身」であり、エルは分史世界で生まれ育ったルドガーであるというものだった。

ルドガーに成り替わり、人生をやり直す」為にルドガー達に襲いかかるヴィクトル。彼は戦いの中で衝撃的な事実る。骸殻にはを使えば使うほど使用者が時の因子(タイムファクター)化してしまうという大きな代償があり、分史世界を生み出す時の因子は全てを使い果たしたクルスニク一族の成れの果てであると。そして戦いの果て、ルドガーは止むなくヴィクトルを殺してしまう。の死を嘆くエル。が、更なる残酷な事実が2人に追い打ちをかける。

エルに時の因子化の兆が起こっていたのだ。骸殻のを持たない彼女が何故?理由は一つ。今までルドガーが使っていた骸殻のエルを介したものであり、その為にの代償をエルが肩代わりしていたのだ。エルルドガーを共有する、の「クルスニクの鍵」だったのである。そしてビズリーもそれに感づいていた。彼はエルを言葉巧みに誘導してルドガー達から引き離し、自らの望みである人間精霊を従える世界の実現の為にカナンの地へと連れ去ってしまう。

ビズリーを止めるためにカナンの地をす一行。だが、ここでもう一度残酷な真実ルドガーに立ちはだかる。カナンの地に向かうために必要な「魂の」の代償は…「強いを持つクルスニク一族の命」。そしてビズリーがリドウの命でを掛けた今、魂のの代償に足りる命はルドガーの他にただ一人、彼の実ユリウスしかいなかった。

(ちなみにこの際「ユリウスを救う」事を優先し続けるとバッドEDルートに突入する。その内容は、ユリウスを生かすためにルドガー自身がPTメンバー全員を殺する」という凄惨極まりない物である)

苦悩の果てにユリウスを殺し、彼の分史世界を破壊し、ようやくカナンの地へとたどり着くルドガー達。そこで待ち受けるのは「精霊だけの世界」を望む大精霊クロノスと、「人間だけの世界」を望むビズリー。両者を打倒し、漸く再会を果たしたルドガーエル仲間達と共に「オリジン審判」に向かう。

これ以降は選択肢でEDが変わるため下記から一つずつ解説していく。

ノーマルED

ルドガーエルを救うために、オリジンエルを救ってくれと願う。が、それでは分史世界に対処することが出来ず、世界を救うことはできない。苦悩するルドガーを見たエルは自身で分史世界の破壊を願い、最後の時の因子として消滅してしまう。「また会えるよ」という言葉を残して…

その後、クランスピア社の社長に就任したルドガークランスピア社で、エル未来であるラル・メル・マータと出会い、片から涙を流すと共に物語は終わる。その先のルドガーの選択はにも分からない。

トゥルーED

ルドガーエル世界の両方を救うため最期の選択をする。それは分史世界の破壊を願うと同時に、自らがエルより先に100万の時の因子となることでエルを救うというであり、自身の命を捨てる選択でもあった。この選択によって人の価値を認めたクロノスはついに人の存続を認め、オリジンルドガーの願いを聞き届ける。オリジン審判は、の想定も越えた形で果たされたのだ。

分史世界消去までの僅かな時、ルドガーは自分の懐中時計エルに託し、エルを泣きやませるため(おそらく)証の歌をハミングし続ける。仲間達とエルに見守られ、時の因子化から逃れたエル笑顔を見届けてから、ルドガーは最後の時の因子として消滅し、立った。

そしてED後、それぞれの未来へ進んだ仲間達と、成長したエルが前へと歩き出すシーン物語は終わる。

裏設定(ネタバレ及び更なる不幸注意)

本編中、ルドガーの両親や、彼がユリウスと二人で暮らすようになった経緯が詳しく明示されることはないが、サブイベントや設定資料集では過去に起こった悲劇についてられている。

ルドガーユリウスは違いの兄弟であり、父親は作中に示唆される通りビズリーである。ビズリーの家庭教師コーネリア・ウィ・クルスニク(後にバクー姓)との間に産まれたのがユリウス(ちなみにユリウス生誕当時ビズリー若干15歳、コーネリア22歳)。コーネリアにしてバクーメイドクラウディア・イル・クルスニクとの間に産まれたのがルドガーである。

本編中にられるとおり、クルスニクの鍵であったコーネリアクロノスとの戦いに利用され死亡したことでクラウディアは出奔。姉妹父親マルクスユリウスのイベントに登場する爺さん)の手引きで、ルドガーは一族から離れて生まれ育つ。

後から事実を知ったユリウスもを見限り出、荒んだ生活を送るようになった。
その後彼は偶然クラウディアとルドガーに出会うのだが、彼女ユリウスがビズリーに差し向けられた追っ手だと誤解してしまう。揉み合いの末クラウディアは事故死。ユリウスの心情を鑑みたマルクスの戸籍操作により、ルドガーユリウスに引き取られることになる。この時ルドガーは3~5歳だが、事件のショック母親に関する記憶は失ってしまった。

乖離性ミリオンアーサーでは

2015/10/16より開始されたテイルズオブリンクとのコラボ企画の一環で、ゲーム中で使用できる騎士カードとして2015/10/30アップデートより実装された。

原作ゲーム中では特定状況下以外ボイスがなかったルドガーだが、こちらではおそらく当時プレイヤーが聞きたかったであろうセリフの数々をばっちり喋ってくれるという好待遇を受けている。特にカード発動時のボイスは一聴の価値あり。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP