久弥直樹単語

ヒサヤナオキ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(101)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

久弥直樹( ハヤシナオキ / 本名: 直樹 )とは、脚本家ゲームシナリオライター小説家である。

美少女ゲームブランドkeyの創設メンバーの一人として著名。個人サークルCorkBoard催。

概要

代表作には『ONE ~輝く季節へ~』『Kanon』『sola』『天体のメソッド』などが挙げられる。

恋愛描写やキャラクターを魅的に描くことに優れている。久弥の食べ物や口ぐせでキャラクターを立てる手法はエポックメイキングとなり、その後のゲームアニメなどに大きなを与えている。物語中に繊細に幾重もの伏線り巡らし、それらを一気に回収し爆発的に人を感動させるシナリオライティングを行うことで知られている。

極端な秘密義者といわれ、同僚として机を並べて働いていた麻枝准ですら、久弥が手がけるシナリオの内容は完成まで知らされることはかったという(タクティクスプロデューサーであったYET11によると、麻枝スクリプト完成するまでは担当部分を見せたくないと言いったという)。『kanon』では他のスタッフたちに月宮あゆは死んでいるんだと教え、その裏で全く別の話を書きテストプレイで驚かせていた。

かしこれは現代のゲーム制作べたら、スタッフが少なく開発期間も短く通常のやり方では対応出来なかったことで行われた、一種のアクロバティック的手法で、自分でスクリプトまで行えるシナリオライターが二人もっていたからこそ可であったことと思われる。

久弥がkeyを辞めたあとも、このシナリオライター同士が横の連携をしない、曲の発注イベントCG発注において、あまり詳しくは教えないという、keyの特殊なやり方は『CLANNAD』まで続けられていた。

本人の人柄は、すごく背が高くてな性格であるとのこと。口癖は里村茜と同じく「嫌いです」。即断で嫌いですという人だったらしい(YET11談)。「人間追いつめられたなんだって出来る」と述べ、自分を追い込んでシナリオに打ち込むらしい。ライトノベル作家九曜exitとは10代の頃からの友人。『kanon』ではキャラクターに九曜の本名が使われているらしい。食べ物は系が苦手。山羊座専門学校時代はトレーディングカードゲームの『マジック:ザ・ギャザリング』にハマっていた。

舞台に出ることを好まず、情報発信をまず行わないので、数年おきに消息を絶っては現れるを繰り返すのだが、このループを人はいつしか久弥スパイラルと呼ぶようになった。5chの外掲示板bbs pink内にあるleaf,key掲示板では、「お~い、か久弥の行方を知らんか?」という長寿スレシリーズが立っているが、久弥スレの住民たちも特に新たな話題くなると、既出ネタコピペを貼っては会話をループさせ久弥に倣っている。

そこでの久弥は「ヘギョー」と鳴く鹿の姿として認識されている。その起は、はっきりとはわからないが、久弥が飢えて奈良公園鹿に噛み付いていた。すのこを売り買いしていた。パチンコ屋で姿を見た。麻枝から鹿せんべいを貰っていたなどのメチャクチャ情報から、いつしか久弥は鹿となり、奇怪なAAが続々と作られては増殖していったものと思われる。

ちなみに『天体のメソッド』の舞台モデルとなった、洞爺湖にある中島エゾシカが大繁殖していることで有名な地である。同じく舞台モデルの地である札幌にほど近い支笏ではなく、あえて遠い洞爺湖を選んだチョイス鹿が疑わしい。劇中でも「ヘラジカ便」などという宅配会社のトラックが出てくる。

『なにがスパイラルか。
いいかげんにしたまえ。
君たちは久弥の気持ちを考えたことがあるのか。
なにより久弥は人間である。

行方がわかったとき、君らはどうするつもりか。』

                    、まだいるよ
      ∧_∧
     ( ´Д`)
   ___/  /
 σ//  |
  ( _久弥 |
  //|| ̄|| ̄||
 // || || ||
 ∪ ヽ> || ||
     || ||
     ヽ) ヽ)

「本当に面白いゲームは、CGシナリオ音楽が折り合っていて、またそれぞれが助け合っているものだと思います。ユーザーの方が雑誌や広報などを見て、このゲームはこんなシナリオやこんな展開だと予想しますね。しかし、実際にプレイしてみたらまったく違い『これは!!』とユーザーが本当に面がってくれるゲームを作っていきます。

コンプティーク 1998年No.180号特集「明日トップメーカーはここだ!ユーザーの心を揺さぶるゲームを作る Key

ブランド結成直近のインタビュー、『kanon』のタイトル未発表の頃)より引用

略歴

パソコン専門学校に通っていたが卒業間際になっても就職先が決まらず、どうしたものかと思っているときに、クラス友人ソフトハウスの就職試験をシナリオライターで受けるということで、なら自分もと受けてみると二人共あっさりと落ちてしまった。久弥は負けず嫌いのところがあったので次は絶対に受かってやると、ゲーム会社の人に次々と応募を続けていた。

そんなある日、Tacticsタクティクス)がPC雑誌に広告を出した、同ブランドの第一弾であった作品の『同棲』に記載されていた、シナリオライター募集の知らせを見て応募するのだがまたしても落ちてしまう。

ところが後日、久弥のもとにTacticsの当時の代表者YET11から、本当は採用したかったが募集広告が出た時点で別ルートからシナリオライターを採用してしまっていた。ただ、それでは申し訳ないので、正社員として雇うことはできないが、ゲーム制作興味があるのなら見学に来ないかとの旨の電話があり、喜んで見学に行くと、彼が先に採用したシナリオライターだと麻枝准紹介される。

その際に社員として採用は理だが、アルバイトんら明日から来てもいいとの申し出をされ、久弥はこれを快諾し、アルバイトではあったがひょっこりとネクストンに採用された。

以降は同社のブランドTacticsで、『MOON.』(「名倉由衣」「鹿葉子」を担当)、『ONE ~輝く季節へ~』(「里村茜」「川名みさき」「上月澪」を担当)の脚本を手がける。

久弥の担当したシナリオはいずれも業界とユーザーたちに絶賛され、企画メインライターであった麻枝の存在さえもかにませるほどの人気であった。それで心ない者たちは、なんと麻枝のことを「ハズレライター」「凄くない方のライター」と揶揄し、麻枝に久弥をえて評価されるシナリオを描くと一念奮起させることになった。

実は久弥の方も麻枝に見せられたMOON.シナリオクオリティに驚き、これを今えなければ会社を首にされると本気で思い覚悟をきめて書いた結果であった。

1998年ごろ、麻枝准樋上いたる折戸伸治みらくる☆みきぽんしのり~らと共にネクストンを退社し、株式会社ビジュアルアーツに移籍。同年7月21日、この6人で新たにゲームブランドkeyを立ち上げた。

設立後の久弥は『Kanon』の企画・原案、メインシナリオ(「月宮あゆ」「美坂栞」「水瀬名雪」を担当)を手掛けた。

しかしその後、2000年2月22日に次回作『AIR』の制作が発表されたが、同日、下記に引用したように久弥自身から独自に別の企画を行っているとの情報提供されたが、年内にビジュアルアーツを退職したことが明らかとなった。

企画プロデューサーも兼ねてますが、
本音を言うとシナリオに割ける時間がなくなるので兼業はやりたくないです。
そういう意味ではONEが一番作ってて楽しかったかも。
現在、新人シナリオさんに全てを託して、一足先に「AIR」の次の作品を制作中。
そんな訳で「AIR」にはほとんど関わってなかったりします。
まだ表できないですが、他にも色々と動いています。
発表できる段階になれば、keyもしくはこのHPで発表します。
あ。趣味同人やったりもしてます。本作るの好きなので。

久弥直樹 HPから引用

久弥がkeyから離脱した理由については【麻枝准研究室「神様になった日」特設サイト】の会員限定コンテンツ「Soul Searching Journey」第1回 麻枝准・久弥直樹 同時インタビュー「彼らが見つけた“尊敬”のかたち」exit_nicochannelに詳しい。kanon制作で疲れきってしまったのだ。

袂を分かったあとも麻枝からは天才だと述べられ尊敬されている。また久弥も麻枝を尊敬している。余談だが中国keyファンたちからは久弥直樹は「至高」、麻枝准は「大魔王」との称号で呼ばれて格化されている。川名みさき美坂栞ルートは評価が高く朦朧双線」と称されているそうだ。

1999年から2002年にかけて『MOON.』や『kanon』のサイドストーリーを書いた同人誌を発行している。この頃の久弥は同人世界でも一躍人気となり、その存在はとされ、その時代の人気イラストレーターたちと組んで盛んに創作を行っていたが、突然コミケに参加しなくなり消息が不明となる。

2003年同人レーベルBLACK BOXからノベルゲーム『Limit Off』の制作を発表し、ゲームシナリオライターとしての活動を再開する。その主題歌Real intention」では作詞を担当した。しかし同作はその後の進展が凍結されたものと思われる。

2004年に前記のBLACK BOXを前身としたゲームブランドSIESTAが発足。

2005年12月9日に発売された『MOON CHILDe』で、サブライターとしての参加、復活を果たしたのかと思うと、また消息がわからなくなる。

2006年、突如『メカビ』誌 Vol.2で小説家としての復活作『ヒナノアリカ』(挿絵:RINexit)を発表。

2007年には、テレビアニメsola』を発表。原案と同時に自らが一部脚本を担当した。

メディアミックスの一環として電撃大王に掲載されたコミック版『sola』(08年2月に連載終了。作画倍野ちゃこ)でも原案を担当しており、これはコミック版を中心としたスピンオフドラマCDとしても展開され、久弥もその監修に携わった。

また数年動向不明となるが、2012年には新作を製作中と発表され、多くの人に「生きてたのか!」っと驚かれた。

その新作というのがアニメTARI TARI』だという噂があった(公式クレジットにはいが脚本を手伝っていたともいわれる)が、代わりに初の長編小説となった『サクラカグラ』(イラスト岸田メル)の発表があった。

また『sola』放送5周年を記念してBD-BOXが発売されることが決まり、新規キャラクターコメンタリーの脚本を久弥が担当することになった。

2014年、『サクラカグラ』第1巻が発売され、そのにはアニメ天体のメソッド』の原案・脚本を担当することが発表された。

2016年11月18日)、雑誌『Febri』にて10ヶに渡り連載されていた小説彼女たちがじる世界』が、加筆修正され発売された。表は『〈物語〉シリーズ』のキャラクターデザインでも知られる渡辺明夫が担当している。

2018年6月19日にフリューの新作タイトルとなる『CRYSTAR -クライスタ-』のティザー・サイトPV開され、PS4ソフトとして2018年10月18日に発売される事が発表された。

同年12月23日天体のメソッド公式Twitterにて、全新作エピソードとなる第17話『もうひとつの願い』の制作が発表され、クリスマスデザインノエルおよび新キャラキャロルが描かれたティザー・ビジュアル開。 2019年10月11日からyoutubeでWeb配信されている。exit

再生されることのみが次回作への標とされている。続編を望む者は繰り返し観て欲しい。

ハヤシナオキ

インフィニットの代表、永敬之(ナガッチョ)がプロデュースする作品に突如現れる、正体不明のアニメの脚本・構成作家、ハヤシナオキの紹介文は、毎回限りなく久弥であることを匂わせているが、久弥であるとは明言されておらず否定もされていない。だが暗黙の了解として同一人物として扱われている。

お察しください。

何かと2~8年後には動きがある人(鹿)である。

主な作品

ゲームシナリオ

アニメ脚本

小説


関連サイト

関連動画

関連商品

この記事を編集する

掲示板

  • 99ななしのよっしん

    2020/09/12(土) 04:46:12 ID: YD/BilJce7

    Solaの時もメソッドの時もさすがに同一クールではなかったが較的近い時期に被ってたな

  • 100ななしのよっしん

    2020/10/15(木) 13:26:48 ID: Fm+LjACZxB

    自分が原案でないお助けマンのときはハヤシナオキ名義なんだな

  • 101ななしのよっしん

    2020/10/18(日) 18:54:54 ID: wdrDuJ3v8B

    >>100
    なるほど! そういう法則なのか。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP