今注目のニュース
洗顔を邪魔して水を飲む猫さま ひたすら待つ飼い主さんは「これからも猫の奴隷業がんばります」
「娘は元彼の虐待に耐え兼ねて自殺した!」 女子大生の家族が提訴
10歳年上の彼氏から待望のプロポーズ 判明した「貯金事情」に絶句…

右方のフィアンマ単語

ウホウノフィアンマ

掲示板をみる(224)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

右方のフィアンマとは、ライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場する魔術師である。

CV:森川智之

概要

ローマ正教所属、『神の右席』の一人で、右席のリーダー格。

容姿は某ハウルのような髪型に、を基調としたスーツ系の。そして一人称が「俺様」という青年。しかし外見はさわやか且つクセのある美青年(という設定でデザイン発注が出ている)。

ネタバレ注意 ここから下は原作後期のネタバレ成分を多く含んでいます。

る位置は「右」で、対応している天使は『の如き者(ミカエル)』。
ここまで書くと読み込んでる人は解るだろうが、ローマ正教暗部である右席の中でも更に圧倒的なを誇る存在。

独善とも言える独自の正義感と理念を持ち、「全ての人々を等に救う」という十字教の理念とは食い違っている思考を伺わせる。しかし実際の所、フィアンマは自身を基点として世界中の人を全て「んだ形で等に見て」おり、同時に本気で「全てを救わねばならない」と思っている為、長い事その信念が揺らがずに存在し続けている。

前方のヴェントローマ教皇から見てもその歪み方は常軌を逸していたらしく、結果として彼らはフィアンマを諌めようと行動を取っているが、魔術師として高位の領域にあるローマ教皇(当時)マタイリースが、ピエトロ大聖堂の加護を受けながら勝負を挑んだものの、それをで圧倒している。

彼の持つ右席としてのである『なる右』は論、通常の魔術師としてのも恐ろしく高く、後に手に入れた禁書録(インデックス)の10万3000千冊のを利用しながら、遠距離で放つ術式なども上条当麻幻想殺し(イマジンブレイカー)を圧倒していた。この時点での彼のは、『大天使』すらも駕する次元のものに至っている。

結果としてフィアンマは十字教全てを相手取っても、自身の観念に基づく「等」の為に世界に対する存在となった。第三次世界大戦は彼が『倒すべき敵』を浮き彫りにする為に起こした布石である。そして自らの内にある『本来あるべき』の覚醒を促す。

聖なる右

別名『第三の腕』とも呼ばれ、フィアンマの右肩から、不恰好な巨人の腕のようなで禍々しいの塊として発現し、彼の意思のままに動く。
かつて『を掲げる者(ルシフェル)』をり伏せたミカエル右手の武器、それを徴するである。

この腕は「倒すべき敵や試練や困難」のレベルに合わせて、自動的に最適な出を行う。そのため、フィアンマ自身には通常戦闘に必要であるはずの、速度・硬度・知・筋・間合い・人数・得物が必要なく、全ての敵対存在に対してこの腕を振るうだけで「勝つ」事が可である。一言でこの腕の特性徴するなら「万である。
く「RPGコマンドに『倒す』がついてるようなデタラメさ」。他にも移動で遮蔽物がなければ時で3000mを移動するなど、特殊な付与効果も高い。

魔術的霊装から近代科学兵器まで問わず、撃破する事が可。例外的存在である幻想殺し(イマジンブレイカー)に対しても効果は絶大で、常にその効果を封殺出来るレベルでの複雑な術式と出を続けながら、一度はその腕を切り飛ばし吸収している。しかし…。

デメリットとして、現在ここまでのを振るいながらもなる右は本来のを発揮してはおらず、不安定な状態で存在し続けている状態であることが挙げられる。更に、「倒すべき相手」のレベルが下がれば下がる程、そのは大きく削がれていく事になる。

神上

フィアンマの内に眠っていた『本来のあるべき』。

なる右』が持つを全て解放した結果がこの状態であるらしく、この状態にするためにフィアンマめたのは

であった。これらすべてを手に入れ、フィアンマは『』と呼ばれる存在に至り、世界は彼の為に「界」そのものへと姿を変えようとした。

なお、『上』に至った状態であれば、そのは10万3000千冊の内包する破壊をも容易く駕し、惑星に変える事も可である。実際にフィアンマはこの領域にまでは達していた。
更に『第三の腕』が「第三次世界大戦及びそこに潜む世界中の人悪夢」という「敵」を、適切に見定めていた場合、世界全ての科学サイド魔術サイドを一人で葬る事すらできる。単純な破壊でも一振りで大陸を沈め、一突きでを干上がらせるレベルのものであった。

また、フィアンマからは『神の子』(簡単にいうと全な『人』、「世界を救済する者」)についてもられており、上となっていた時のフィアンマはそれと同格のを得ていた様子。しかし「使い方」の問題で、かつて"実在した神の子"の域には辿りつけていなかった。

テレマ教との関係

アレイスター=クロウリーく、フィアンマ的である上は「ホルスの時代(アイオーン)」を見定めてさえいれば、クロウリーの計画(プラン)とも近かったらしい。

私の持論は、『法の書』の完成と共に十字教術式の時代は終わった、というものでね。実際、君は良い所まで行っていたと思うよ。『上(かみじょう)』という着眼点も含めてね。
オシリスの時代……つまり十字教単一支配下の法則ではなく、その先のホルスの時代フォーマットに定めていれば、私と似たような地点をしていたかもしれないな。


……たかが十字教程度で、あの右手幻想殺し……そして『浄(かみじょう)』を説明しようと考えた事。それ自体が、君の失敗だ

とある魔術の禁書目録22 アレイスター=クロウリーの発言より抜

ホルスの時代とは、史実のクロウリーが作ったテレマ教グノーシス的思想である。

上記の通り、テレマ思想でいう「ホルスの時代」を着地点に見定めていれば、更に『』と呼ばれる存在に触れられていた可性も示唆されている。

上条当麻との対比

浄とは事の中心で「浄の討魔」の名を持つ「上条当麻」の事である。

学園都市上条のためだけに創設された、形を変えた「テレマ僧院」らしい。超能力もかつてテレマ僧院で行われていた事(物や暗示を利用した聖守護天使との対話)を元にしている。
そしてクロウリーは意図的に学園都市の警備を緩めてセキュリティを開けたり、非人的な計画で上条を憤らせる事件を誘発させ、上条(何らかの?)の成長を促していた。

それを踏まえて旧約22巻のクロウリーの発言を見てみると…

君(※フィアンマ)のやろうとしていた事は、基幹となっていたフォーマットそのものが古すぎたという事を除けば、私のプランと似通っていた。
異形ので満たされた殿を用意し、その中で右腕のを精練し、そのでもって位相そのものの厚みを再調整し、結果として世界を変ずる思想。学園都市というある種のを封入された小世界とどう違う?
君は自らの行動を別の視点で捉え直すだけで良い。それだけで、あの(※上条の正体不明の)の本質を理解できていたはずだ。……もっとも、それが成功できていれば、君は私よりも一足的を達していたかもしれないな

上記のような共通点を見出す事ができる。

この2つの計画は、確かに右腕を精錬するという点で(テレマ要素を除けば)同じなのだろう。

その後

幻想殺しを手に入れたフィアンマは、用済みとなった上条に向けて惑星を消し飛ばし、十字教のあらゆる神話再現し得る程のを放つが、上条の内から現れたによって容易く切り払われている。

現れたフィアンマにとっても未知の存在であり『上』に至ったフィアンマを圧倒する程のを持っていた。上条の腕はく間に再生し幻想殺しを再び宿す。同時に彼が手に入れた右腕は急速に劣化を見せ、幻想殺しとしての機が失われていった。
更に彼が『救ってやる』と考えていた世界中の人々の心は弱くはなく、様々な因子が重なり、結果として彼が「倒すべき相手」と定めた「世界中の人々の悪意」は、劇的にそのレベルを下げていく事になる。

上条との戦闘敗北し、を失い落下していくベツレヘムのの中で上条にコンテナに乗せられ脱出。
フィアンマが救おうとした世界を自らので確かめる様に言われる。見捨ててもも咎めない、むしろ称賛される敵であるの自分をも救った「上条当麻」という人間性に触れる。

脱出した後にアレイスター=クロウリーに遭遇し、徴である「右腕」を切断されてしまう。
本来なら学園都市にいるはずのクロウリーだが、アンナ=シュプレンゲルエイワス等のシークレットチーフのようにその身はもはや高次的な領域に踏み込んでおり、0と1では表現する事は出来ず同次元に複数同時に存在出来るらしい(これはクロウリーが内に秘めていた10億以上の自分自身の可性であることが新約18巻で判明している)。

フィアンマは「あの男が命を懸けて救った世界を、これ以上踏みにじらせる訳にはいかない」と、勝利することなど不可能の差を理解した上でクロウリーと戦ったが敗北。その場に満身創痍の状態で残され、オッレルスシルビアに助けられている。

暫く登場はなかったが、新約4巻でオッレルスと共に再登場。『魔神隻眼のオティヌスを撤退させた事で結果として上条を守る事に。クロウリーに切断された右腕は変わらず、不安定な状態のままであった。

その後も暗躍を続けていたが、グレムリンとの決戦の終局でオッレルスの後に続いて妖精化を放ち、その結果として誤ってオティヌス全な『魔神』に導く。つまり、オティヌス世界を消滅させる最終的な要因を自ら作ってしまった形に……。
その後、世界は消滅し上条は億~兆単位の年はありそうな地獄ループオティヌスと共に体験することになる。もはや借りを返すどころの騒ぎではない…。

またまた暫くのブランクを経て、新約13巻で魔神「僧正」に追われる上条に助太刀しようと再登場。かつてオティヌスにも使用した『妖精化』の術式をより磨き上げた上で僧正突するも、2ページ後に特に何事も吹っ飛ばされてそのまま退場。肝心の僧正はと言えばピンピンしていた。
その後はすぐに僧正上条鬼ごっこが再開されてしまったため、救急車こそ呼ばせたものの彼の安否は未だに不明。件のシーン読者から「何しに出てきた」「噛ませ犬」「高速回転ニキ」など散々なとなった。

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 222ななしのよっしん

    2019/07/06(土) 15:25:29 ID: i0onXnvTCp

    第三の腕はなる右が空中分解した形じゃないの?

  • 223ななしのよっしん

    2019/07/16(火) 18:56:50 ID: YvL4U2z1UA

    13巻から読んでないんですけど22リバースまでにフィアンマさん出てきました?

  • 224ななしのよっしん

    2019/08/03(土) 01:33:10 ID: ykMVTSIhcO

    >>223
    信じがたい事に一行も登場していません
    新約で出番欲しいね…

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP