今注目のニュース
9月26日「大腸を考える日」を制定/森永乳業
アリエル・アトム4 試乗 目的地はシンクロトロン 英国最高の頭脳が集まる場所 中編
『さらざんまい』の聖地巡礼に行ってきました!尻子玉が抜かれるシーンなどの名場面と共に振り返るPART2

小峰徳司単語

コミネトクジ

掲示板をみる(595)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

小峰徳司こみねとくじ、あつし説も)とは、『スーパーロボット大戦K』や『ルミナスアークシリーズシナリオを手掛けた事で知られるゲームシナリオライターである。

概要

フリーシナリオライター。かつてゲームシナリオ製作会社である『シナリオ工房月光』に所属していたという説があるが、当時担当していたとされるゲームスタッフロールにも名前が載っていない等、根拠に乏しい。一部では小(ビショップ小峯)との同一人物説があるが、こちらも根拠は薄い。

としては、「想いの」、「自分の仲間絶望する味方」を前面に押し出す展開のみが見受けられる。

彙の少なさや文章の低さが立ち、ライターとしての評判は非常に悪い。その割に有名作品のシナリオを手掛ける事が多く、そのいずれもがファンの不評を買っている。「本名で呼ぶほど親しめない」という理由から、2ちゃんねる等ではkmnという蔑称で呼ばれる。

スーパーロボット大戦Kの悪評

小峰の悪名が一躍知られるようになったのは『スーパーロボット大戦K(以下『K』)』でのシナリオである。

現在携帯機をなプラットフォームとするスパロボだが、据置き機でスパロボが発売されていた時代から携帯スパロボは一定のファン層を持っていた。据え置き機ではやりにくいクロスオーバーマイナーな版権作品を取り上げる等実験的、意欲的なタイトルが多く、根強い固定客を得ていたのだ。

問題の『K』は当時『Z』が現在も続く賛否両論を巻き起こす最中に発売された。しかし携帯機前作の『W』は概ね評判も高く、『OG外伝』での疑問の残るストーリー変から、それまで酷評される事の多かった『R』が再評価され始めるなど(『R』はGBAで発表された作品で、『OG外伝』は『R』の主人公を含むバンプレストオリジナルキャラクターだけでストーリーが展開する)、携帯スパロボの新作に対する期待が高まっていた時期でもあった。

だが、そんなファンの期待を残に打ち砕いたのが小峰シナリオの『K』である。原作とあまりにかけ離れた参戦版権作品キャラクターの描写、矛盾点や説明不足が多いストーリー展開、そしてオリジナル主人公であるミスト・レックスの問題言動の数々。これら全てが批判の的となり、スパロボファンの信頼を大きく損ねる事となった。

いずれもスパロボシナリオでは頻繁に挙げられる問題点であるのだが、小峰シナリオの問題点の多さと大きさはそれを軽く駕してしまっている。さらにネット上ではミストの言動がネタ化、一時的に蔓延してしまった為(「ミストさん」の項を参照)、他作品の正常な批評すら出来ない状態が長く続いたが、最近では沈静化している。

その為、「スタッフはなぜ小峰を起用した」「二度とスパロボに関わって欲しくない」と、ファンから多大な顰蹙を買っている。『K』のシナリオに関しては「出来の悪いシナリオの代表例」「二次創作クロスオーバー作品を書く初心者反面教師にすべき」とまで言われた程。

彼を起用した反からか、あるいはシナリオ監修の甘さを痛感したのか、携帯スパロボの『K』の続編である『L』では実に7人ものライターを起用するという事態になった。バンナムゲーによくありがちな「極端から極端に走る」スタッフの迷走ぶりがえるが、『ルミナス3』で小峰の拭いを担当した岸本みゆき氏がその中にいるのがなんとも皮である。

肝心の『L』のシナリオ評価だが、いくつかのネタセリフネタキャラは発生したものの(『K』の反動か)おおむね好意的に受け止められているようである。主人公の「南雲一鷹」は前作の「ミスト・レックス」及び前々作『W』の「カズマ・アーディガン」とべてキャラが薄いなどと言われながらもなんだかんだで主人公として手堅く描かれており(むしろ前2作の主人公が濃すぎた)、ネタ成分は版権キャラ変に頼らずに彼のパートナーである「AL-3アリス」などあくまでバンプレストオリジナルキャラが受け持っている。

ちなみに岸本みゆき氏はさらにLの次回作であるスパロボUXでのメインライターに抜され、そのシナリオもかなりの高評価を得ている。

ルミナスアークでの評価

過去シナリオを担当した『ルミナスアークシリーズでも批判が多く、ファンからも「ルミナスゲー(おっぱいゲー)」「シナリオは考えるな」とまで言われていた。こちらも主人公の性格や言動がミストと酷似しており、キャラクターの抽斗の少なさをわせる。こういったキャラクターが受けると本気で考えているのだろうか?
その後のルミナス3で小峰はライターから降りることとなり、ファンはようやく愁を開く事となる。システム等の善もあり、3の評価は概ね好評である。

Fate/Extraに関する噂

また、『Fate/Extra』のシナリオも手がけているという噂が型月ファンを大いに動揺させたが、こちらは後に発売延期され、その際のスタッフコメント原作者(奈須きのこ)が大幅に書き直したことが知らされ、ファンを安心させた。

だが同時に「小峰シナリオのせいで延期、書き直しになったのでは?」という疑惑が浮上。それを裏付けるかのように、公式HPでの奈須きのこの肩書きがシナリオ「監修」からシナリオ担当へと修正され、4月22日公式ブログでは「奈須きのこさんが全文書き直すことになりました」と書かれている。

噂の根拠は「制作会社がルミナスシリーズと同じマーベラスエンターテインメントであること」「Extraの開発時期とスパロボKシナリオが書き終わった時期とほぼ一致すること」「ルミナスシリーズシナリオを手がけていたのに3でライターを降りていること」などとされているが、確はない。理由はどうあれ、全文書き直しというプロにあるまじき事態を引き起こし、そのまま更迭されたライターが小峰であっても何もおかしくはないという認識がの噂の出所であろう。

代表作

関連動画

上記にもある、Kにおけるファフナー勢のエンディング
途中まではまだ悲しい結末とも言えるが2:40からが本領発揮である。

・・・繰り返すがこれはバッドエンドではない。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP